2013年11月16日

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』がフランスの文学賞、マスタートン賞とズーム・ジャポン賞を受賞

伊坂幸太郎のデビュー作『オーデュボンの祈り』(2000年)が2012年にフランスで、ホラーやダーク・ファンタジー、サイコ・サスペンス、SFなどを対象とする「マスタートン賞」を受賞していた。 マスタートン賞公式サイト: http://masterton.noosfere.org/ 『オーデュボンの祈り』仏訳版(2011年2月刊): http://www.amazon.fr/dp/280970242X 続きを読む
1
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』が昨年3月にフランスの小説賞を受賞していたことを先ほど知ったのでいくつか連続でツイートします。ホラーやサイコ・サスペンス、SFなどを対象とする「マスタートン賞」という賞で、最終候補になったチャイナ・ミエヴィル『都市と都市』などを破っての受賞でした。

2013-11-16 12:10:36
都市と都市 (ハヤカワ文庫SF)

チャイナ・ミエヴィル

Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

マスタートン賞(Prix Masterton)は2000年創設のフランスの小説賞。マスタートンはイギリスの作家グレアム・マスタートンのこと。この作家はホラーを中心にミステリやSF、ファンタジーなども発表している作家で、この賞もやはりホラーなどを中心とするジャンル小説を対象とする。

2013-11-16 12:11:06
黒蝶 (ハヤカワ文庫NV)

グレアム マスタートン

Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

マスタートン賞には「フランス語長編部門」「翻訳長編部門」「フランス語短編または短編集部門」の3つの部門がある。対象は前年に刊行・発表された小説で、フランスの作家や評論家からなる審査委員により毎年3月頃に受賞作が選出・発表される。

2013-11-16 12:12:32
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』は2012年の翻訳長編部門の受賞作。この年の他の最終候補作はチャイナ・ミエヴィル『都市と都市』、Georges Mannの未訳作品、Aliette de Bodardの未訳作品だった(賞の公式サイト参照 http://t.co/cwp6gDzz0p

2013-11-16 12:12:55
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

ちなみにマスタートン賞翻訳長編部門の過去の受賞作は、ギレルモ・デル・トロ&チャック・ホーガン『ザ・ストレイン』、ジャック・ケッチャム『オフシーズン』、クライヴ・バーカー『冷たい心の谷』、ディーン・クーンツ『汚辱のゲーム』、ポピー・Z・ブライト『絢爛たる屍』など。

2013-11-16 12:14:23
ザ・ストレイン

ギレルモ・デル・トロ,チャック・ホーガン

絢爛たる屍 (文春文庫)

ポピー・Z. ブライト

Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

『オーデュボンの祈り』はフランス語に翻訳された最初の伊坂作品で、2011年2月刊行。フランスではほかに『重力ピエロ』が2012年1月に刊行されている。フランスamazonのリンク→ http://t.co/chGtl6fHeC http://t.co/OIM413m8NQ

2013-11-16 12:15:01
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

マスタートン賞の審査員は3か月ごとに優秀作を選んで公表している http://t.co/rftAJL7FES 。今年の第3四半期には筒井康隆『ヘル』 http://t.co/l7MqW8AoJD が選ばれているので、もしかしたら来年のマスタートン賞にノミネートされるかもしれない。

2013-11-16 12:15:50
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

筒井康隆『ヘル』は日本の文化庁の「現代日本文学の翻訳・普及事業」(JLPP)で仏訳出版されたもの。第2回選定(2005年11月)で選出され、英訳は2010年、フランス語訳は2013年9月に刊行。JLPP公式サイトの『ヘル』紹介ページ→ http://t.co/lv65AREsRj

2013-11-16 14:07:01
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

JLPPでは『ヘル』と同時に筒井康隆『おれの血は他人の血』のドイツ語への翻訳も決まっていた。こちらは2006年に刊行済み。ドイツamazon→ http://t.co/jGuUNchJa8 JLPPの『おれの血は他人の血』紹介ページ→ http://t.co/kAsV5WutOs

2013-11-16 14:10:03
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

なお、フランス語長編部門の受賞作で邦訳されているものはない。2002年の受賞者のジャン=ピエール・アンドルヴォンは短編が2編邦訳されているようだ(Webサイト「翻訳作品集成」参照 http://t.co/806FA5vA1p )。マスタートン賞については以上。

2013-11-16 12:16:44
  • ↑ リンク切れ。現在のアドレスは「こちら」。
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

賞の名前になっているイギリスの作家グレアム・マスタートンの邦訳状況についてもWebサイト「翻訳作品集成」に詳しい情報がある→ http://t.co/LJ2sz4NfLs

2013-11-16 13:10:34
  • ↑ リンク切れ。現在のアドレスは「こちら」。

マスタートン賞 翻訳長編部門受賞作一覧

  • 2000年 米国 ポピー・Z・ブライト『絢爛たる屍』
  • 2001年 英国 クライヴ・バーカー Galilee(仏題 Galilée)
  • 2002年 米国 ディーン・クーンツ『汚辱のゲーム』
  • 2003年 イタリア ヴァレリオ・エヴァンジェリスティ Picatrix. La scala per l'inferno(仏題 Picatrix, l'échelle pour l'enfer)
  • 2004年 イタリア ヴァレリオ・エヴァンジェリスティ Black Flag(仏題同じ)
  • 2005年 英国 クライヴ・バーカー『冷たい心の谷』
  • 2006年 英国 グレアム・ジョイス The Facts of Life(仏題 Lignes de vie)
  • 2007年 スペイン フアン・ミゲル・アギレラ El sueño de la razón(仏題 Le sommeil de la raison)
  • 2008年 米国 クレイグ・スペクター Underground(仏題同じ)
  • 2009年 米国 ジャック・ケッチャム『オフシーズン』
  • 2010年 ギレルモ・デル・トロ(メキシコ)&チャック・ホーガン(米国)『ザ・ストレイン』
  • 2011年 米国 ゲイリー・A・ブラウンベック Prodigal blues(仏題 Mais c'est à toi que je pense)
  • 2012年 日本 伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』
  • 2013年 英国 ミシェル・ペイヴァー Dark Matter(仏題 40 jours de nuit)
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

翻訳長編部門、2003年の受賞作はイタリアの作家ヴァレリオ・エヴァンジェリスティの《異端審問官ニコラス・エイメリッヒ》シリーズ第6作。第1作のレビュー(日本語)はシーライトパブリッシング( @clight_pub )のサイトで読める。 http://t.co/VL3Ft1hadr

2013-11-16 13:07:04

マスタートン賞、2014年の結果発表

Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas

フランスのマスタートン賞(ホラーやサイコサスペンス、SFなどが対象)の今年の受賞作が数日前に発表になっていた masterton.noosfere.org/index.php?rub=… 。翻訳長編部門はチャイナ・ミエヴィル『クラーケン』が受賞。ちなみに2年前には伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』が受賞している。

2014-03-06 19:49:06

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月16日
誰が翻訳したのか気になったんだけど、うまく調べられませんでした。それよりも表紙は、ジョン・ジェームス・オーデュボンのフラミンゴじゃなくてリョコウバトにするべきなのではと思った。
0
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas 2013年11月16日
『オーデュボンの祈り』と『重力ピエロ』の仏訳者はコリーヌ・アトラン(Corinne Atlan)という方で、調べてみると村上春樹を10冊ほど訳しているほか、村上龍、平野啓一郎、池澤夏樹、辻仁成、浅田次郎、井上靖、司馬遼太郎、夏目漱石、森鴎外、野坂昭如、有吉佐和子、大庭みな子、赤坂真理といった多くの作家の作品を仏訳しているようです。原尞『そして夜は甦る』や鈴木光司『らせん』もこの方の訳です。
0
Dokuta 松川良宏 @Colorless_Ideas 2013年11月16日
俳人の黛まどか氏のサイトにこの方の紹介文がありました→ http://madoka575.co.jp/pub/kouyuuroku/kouyuuroku09.html
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月16日
Colorless_Ideas ああ、アマゾンの表紙に書いてあった人でいいんですか。日本では訳者と著者同じぐらいの大きさですけど。フランスではなんか小川洋子が人気あるみたいなんですが、それもこの人ですかね(自分で調べます…)。
0