西之島2013年11月噴火

11月20日1020、海上自衛隊が噴煙発見。1620海上保安庁が新島確認。スルツェイ式噴火でタフコーン形成。 11月22日1600、タフコーンの中腹を破って流れ出た溶岩確認。タフコーンの上にストロンボリ式噴火でスコリア丘をつくっている。 12月4日 マグマの噴出率は毎秒1トン程度。 12月25日 旧島と接合(朝日新聞社機) 東京の1000キロ南の太平洋上にある小さな島のそばの海中から噴続きを読む11月20日1020、海上自衛隊が噴煙発見。1620海上保安庁が新島確認。スルツェイ式噴火でタフコーン形成。 11月22日1600、タフコーンの中腹を破って流れ出た溶岩確認。タフコーンの上にストロンボリ式噴火でスコリア丘をつくっている。 12月4日 マグマの噴出率は毎秒1トン程度。 12月25日 旧島と接合(朝日新聞社機) 東京の1000キロ南の太平洋上にある小さな島のそばの海中から噴火が始まった。マグマと海水が接触してスルツェイ式噴火をしている。円形の火口をもつスコリア丘が海面上に成長している。1973-1974年噴火とほぼ同じ位置からの噴火である。(11月21日にこの欄に置いた文章)
HayakawaYukio 13046view 0コメント
40
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする