まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

「名探偵の殺人防御率」から「事件を未然に防ぐ名探偵」へ

「名探偵の殺人防御率」なんて無駄なデータを解析してしまったものだから、いまだにこうして喧々諤々。 それぞれの主張をまとめてみました。
文学 書籍 探偵
37389view 29コメント
82
ここなし@原稿と狩人見習い @Coconashi
金田一耕助さんは殺人防御率が低いことで評判だけど、連続殺人モノって標的の被害者が全員殺されてからタネ明かしされるもんだから、殺人防御率高い探偵役の主人公っているのかな。
ほしなみ@( 'ω'o[RT獺祭魚]o @hoshinami629
金田一さんは殺人防御率低いのがまた良いところだと思います。というのも、人の感情というものを大切にするからこその名推理、という気がするので。殺人への欲求の根底にある感情を、何処かで肯定……までいかなくても、人間の悲しい性として認めている様なとこがある気がして。
ほしなみ@( 'ω'o[RT獺祭魚]o @hoshinami629
あと多分金田一さんが防御率低く感じられるのは、殺人が起きてから依頼されるよりも、何か不安だから依頼するってパターンが多いからでは?
木魚庵 @mokugyo_note
この対策については、「連続殺人が起きている最中は他の事件にかかりきりで関与しない」「ワトソン役を主人公にして、探偵は謎解きにしか登場しない」「みんな殺されてから事件の依頼を受ける」などが考えられます。御手洗潔あたりは防御率高そう…?
きかいじゅう @kikaijyu
@mokugyo_note 御手洗もののアレらは名探偵が名探偵としてある為の策ですからねえ。
木魚庵 @mokugyo_note
名探偵は瞬時に真相を悟るものだから、長編では事件に絡ませない、というのは島田荘司あたりからできはじめて、京極夏彦で花開いたセオリーだろうか。
紅 侘助@因州牢人・戯作屋 @beniwabisuke
(んー……探偵の殺人防御率の低さで言えば,二階堂蘭子とか矢吹駆も低いと思うんだが……)
ⁿ¹ @wiiiti
@mokugyo_note 鮎川哲也氏の星影龍三シリーズとかもありますね。
砂時計 @y_m_sunadokei
@mokugyo_note 金田一耕助矢吹駆京極堂に連なる「事件を積極的に止めようとはしない探偵」の走りとする見方もできるかも、と思ったりして(そこには獄門島での失敗による影響が、とか)・・・
芦辺 拓 @ashibetaku
黒崎緑さんがそういうことを語っておられたので、認識としては島田氏以前にさかのぼると思います。名探偵の無謬性。RT@mokugyo_note:名探偵は瞬時に真相を悟るものだから、長編では事件に絡ませない、というのは島田荘司あたりからできはじめて、京極夏彦で花開いたセオリーだろうか。
芦辺 拓 @ashibetaku
鮎川哲也先生の作品で、鬼貫警部星影龍三の登場がどんどん遅くなっていったこと、ついには事件の話を聞き終わると同時に謎を解く三番街のバーテンに行き着いたことからも、島田-京極以前にさかのぼるものと思います。名探偵には試行錯誤も許されないという姿勢。@mokugyo_note
きかいじゅう @kikaijyu
誰かが言ってたけど、Y先生が表した事件は、耕助本人が「推理小説として面白くなりうる事件」を選択している可能性が有るのよな。つまり彼が簡単に解決してしまった事件を勘案した時の殺人防御率が低いか高いかはわからないのですよ。
古臭い事務員 @furukusai
金田一耕助氏は,殺人防御率が低いのではなく,取り扱う事件が多いのだと思っている。小説になっていない事件などで殺人は沢山防いでいるが,殺人が起こらなかったら読み物にはなりにくいのでなっていないだけ。殺人を防ぎました。と言われても,「へー。」と思うくらいだ。
KmKm @kmsmkm
推理モノ・探偵モノの殺人防御率の高低もまあその探偵のひとつのパラメータではありますが、私としては刑事役・探偵役が関わることで事件が加速する「殺人押し出し率」もぜひ検討していただきたい。
つなあみ @amiri0827
殺人防御率が低いって文句言った人がいるのかな?なんとなく殺人防御率低いよね〜って言っただけとかではなく?なんとなく思って言った事に対して防御力高くても文句言うんじゃないの?って攻撃的に言われたら私だったら困ってしまうなぁ。
木魚庵 @mokugyo_note
@amiri0827 いや、それを汚名と感じている人がいるんですね。事実とはいえ、金田一耕助がそんなことでねたにされるのが許せないっていう熱心なファンがいるんですよ。
芦辺 拓 @ashibetaku
金田一耕助の殺人防御率が低いとかいうけど、探偵が実際に未然に犯罪を防止したら文句言うのではないか。現に森江春策何人もの人命を救った作品を書いたけど、今いちパッとしない評判だった。
石川誠壱 @ishikawasei1
@ashibetaku 本当に「防御率」を計算するんだったら死者数に9を掛けて全登場人物数で割らないといけませんから、金田一耕助が「しまった!」と言っているのは被安打数の多さなのではないでしょうか。それは打たせて取るピッチングの結果なので、むしろ問題は勝率です!
橋川桂(CV・山下大輝) @hashikawa_kei
@mokugyo_note @ishikawasei1 @ashibetaku あと、金田一の殺人防御率がひどいというのは主要十作品で見た場合で、登場全作品で計算すると他の名探偵とくらべて特別悪い数字にもならないそうですが。 ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91…
諏訪菜子 @suwanaco
その殺人防御率へのツッコミをファンがし出した所為で、要らん「対策」で探偵は最後まで出てこない、出馬を要請してもいかに素人捜査が駄目な物かを助手役に説教垂れる事でページを費やす等と言った、悪い文化が蔓延るようになったか!殺人防げなかった系の事を滔々語らってきた戦犯許せネェ…!>RT
諏訪菜子 @suwanaco
「探偵小説」を衰退させたのは「社会派の台頭」みたいな論調をしばしば「新本格」界隈の本文中で見かけたけど、それは違うと思うようになった。「探偵小説」の衰微の原因は、作中の殺人防御率云々を論ったり、警察と民間人の協力体制を揶揄したりして「愛ゆえのツッコミ」を入れたファンどもの所為だ。
諏訪菜子 @suwanaco
今年は本当に「金田一耕助」を読んで、作品の豊潤さに圧倒された。そして後続の作家に大きな大きな影響を与えた事と、後続達が「悪貨が良貨を駆逐する」を瞬時に体験したような気分にもなった。
諏訪菜子 @suwanaco
探偵には最初っから最後まで出ずっぱりでいて欲しい派です。
諏訪菜子 @suwanaco
あと作者が自分の作る探偵キャラに萌えすぎて、かえって出し惜しみして最後まで出さない…みたいなのが窺えるときが超絶萎えるのであります。
琴瀬美沙 @K_misa_maguro
それこそ、殺人を未然に防ごうとあれこれ立ち回った結果、どんどん事件の様相がひねくれていく『虚無への供物』みたいなことでもしないと、事件を未然に防ぐ名探偵というキャラクターを使って面白い話を作るのは難しいと思う。
残りを読む(39)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2013年11月30日
ドラえもんにもあったな、事件を防ごうとして、のび太がさんざんな目にあう話
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2013年11月30日
「それは打たせて取るピッチングの結果」に笑かされた。ww
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2013年11月30日
作者:「鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様な殺人を望むか?」 読者:「殺人! 殺人! 殺人!」 なのだから、防御率が低いのはしょうがないだろうとは思う。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2013年11月30日
どうでもいいけど、たいていのミステリーは様式美として殺人が起こったあともしくは起こりそうなときに呼ばれるので、防御率もクソもねえだろというアタリマエのことを申し上げますwww
sezmar @sezmar 2013年11月30日
表に出ない対テロ担当がこの定義に当てはまる名探偵かも(失敗も成功も両方ある)
耳の人 @he_noki 2013年11月30日
予告通りに犯行を行えば犯罪者としての格が上がる世界観にしよう! 予告状出さなかった犯罪者が不届きものとして仲間に狙われ探偵に泣きつく展開もあるな。
足立淳@コミティア127の08b @adatijun 2013年11月30日
金田一少年の基本スタンスは「もう2、3人死ぬまで待とう」ですよね
冷たい熱湯 @Tuny1028 2013年11月30日
「全ての殺人事件を、発生する前に消し去りたい。すべての宇宙、過去と未来の全ての殺人事件を、この手で」
neologcutter @neologcut_er 2013年11月30日
というか「殺人シーンとそれに至るまでのトリック」が目当てで、推理小説を読んでいる人は結構いるのでは?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2013年11月30日
コナンとか金田一とか、「そんだけ容疑者減ったら猿でも当てるだろ(メインキャラ4~5人は頭から除外されてるから)」ってトコまで削られる事もしばしばだけど、やっぱそういう様式美なんだと思われ。
永沢壱朗 @Nichilaw 2013年11月30日
そういや「なぁばす」の安藤ちゃんは炎上後の火消し役、肉だるまは先発完封メインな印象。
Peculiar News JP @digdagzigzagu 2013年11月30日
tikuwa_zero あ、少年のほうね。>金田一▼そこはいっそ少女の「金田はじめ」の方でw▼防御率どころか生存確率ゼロ%の限界に挑戦してますよ。 http://www.amazon.co.jp/dp/4592142535/
手花供 @agmtj1379 2013年12月1日
最近だと事前に防ぐことに重きを置いてるのは 「名探偵マーニー」とかか
@させぼ @Atsasebo 2013年12月1日
そもそも刑事事件にすらしないことがある加藤元浩作品(Q.E.D.とか)や古典部シリーズや古くはパズルゲームもひっそりと評価されるべき、かもしれない。
オタ小児科医 @otapediatrician 2013年12月1日
金田一耕助は、映画で被害者が今まさに襲われてる最中にどっしり腰を据えて事件の解説をやたら丁寧にしている印象が強すぎるのではなかろうか
レフ@港音頭で大陽気 @perfectspeIl 2013年12月1日
北山猛邦「猫柳十一弦」シリーズだな
汀こるもの@レベル95試練と挫折 @korumono 2013年12月1日
逆に俺は「完全犯罪を狙っているのになぜかわざわざ毛利小五郎や金田一の孫をパーティーに招待するアホ犯人」の方を糾弾したい。
きかいじゅう @kikaijyu 2013年12月2日
「探偵が渦中に入ってから起きる殺人」に対する防御率の低さが目立ちやすい金田一ですが、殺人防御してる作品もあるんだよね。後「百日紅~」や「車井戸は~」とかは外部情報のみで事件を解決しているし。
Ryuuto Kirisawa @ryuuto 2013年12月2日
誰かが死ぬことが前提でしょうから、犯人死亡率で比較するのはどうでしょう?
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2013年12月5日
korumono ぐ、偶然、奴らが来ることもあるから……っ(必死
Rick=TKN @RickTKN 2013年12月8日
「犯罪を未然に防ぐ」で思い出すのは「かまいたちの夜」。ペンションの客に被害者を出さずに終わらせると「他の誰かが殺されていた可能性もあったのだろうか」とか主人公が思ってる。まぁ、ゲームならではの手法だね。
とーこ @touko_kuroda 2014年2月27日
「七回死んだ男」の久太郎君は頑張っているよ!
Lefty @khazad_lefty 2016年9月19日
「金田一耕助さんは殺人防御率が低いことで評判」ん?防御率は低いほうがいいんじゃないの?
言葉使い @tennteke 2017年8月2日
2013年のまとめだけど、最近は「探偵が早すぎる」てのが出たぞ。
アヴァンゲール @Konfederacja_xx 2017年8月3日
防御率の意味を検討せず使ってるようだが後期クイーン的問題といい他所の用語を曲解して盗用する人文学的衒学趣味をミステリ界隈は反省した方がいい
いちごみかん @yumemegakuma 12月1日
殺人防御率はともかく連続殺人防御率が低いのは非難されるべき
小川靖浩 @olfey0506 12月1日
個人的には殺人防御率もそうだけど「連続殺人完遂防御率」のタイトルも気になるところ。こっちは「最低一人殺害予定の人を救えればセーフ」な感じで。「推理が間違ってても殺害対象を救った」とか「対象全員殺害前に犯人を指摘した」とかが主な達成目標で。まぁこれでも金田一のじっちゃんは低スコアなのは避けられんだろうけど。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする