編集可能

#空想の街 の #うどん屋【花の目覚め・海の目覚め】

2014年1月23~27日に開催された「#空想の街~花の目覚め・冬の目覚め~」における、#うどん屋 さん関連のまとめです。 [今回の公式まとめ] 1日目■http://togetter.com/li/619852 2日目■http://togetter.com/li/620225 続きを読む
空想の街 冬の目覚め うどん屋
3
空想の街公式アカウント @humptyhumtpy
たくさんの不思議が眠る街。1月23日~27日の5日間を、あなたもこの街で過ごしてみませんか? #空想の街 静かな時計塔の音が、あなたの冬を彩ります。
空想の街公式アカウント @humptyhumtpy
【告知】空想の街告知です!1月23日〜27日、街の設定にのっとって創作してみませんか?Wiki http://t.co/SC8GrGEpDx 主催@harasaraha @siduku_xxx 参加前に各自設定(街・花の目覚め・海の目覚め)の確認をお願いします。 #空想の街
甘酒ミルククッキー @_urt
#空想の街【花の目覚め・海の目覚め】#イメージ地図 第9弾(ツイッター公式からの写真投稿)《たぶんホントに最終版!》中央区辺りが微妙に変化。全体版5つを並べてみると今回の街の変化がよくわかりますw http://t.co/vmK9Aem9LO
拡大
甘酒ミルククッキー @_urt
#空想の街【花の目覚め・海の目覚め】#イメージ地図 第9弾(フォト蔵から投稿)《たぶんホントに最終版!》中央区辺りが微妙に変化。全体版5つを並べてみると変化がよくわかるw http://t.co/mUS0LZxprJ
拡大

はじまりはじまり

空想の街公式アカウント @humptyhumtpy
何処にもない、何処にでもある街。空想の街。時計塔の街での5日間。はじめましての貴方も、おかえりなさいの貴方も、街は全てを受け入れます。どうぞ、お楽しみください。 #空想の街
お母さんの足跡を辿るトウコさん
雲行き@空想の街 @_kumoyuki_
母の遺品。カメラをはじめとする機材や大量の写真とネガフィルム。取りあえず何箱もの段ボールを空いてる部屋に押し込めていたけれど、大掃除の時期、整理しないわけにはいかなかった。 #空想の街 #露光
雲行き@空想の街 @_kumoyuki_
ファイルには一つ、手帳サイズの薄いノートが挟まっていた。一頁目には「花の目覚め、海の目覚め」と書いてある。どうやらこの地で起こる自然現象のことらしい。確かにこのファイルには花の写真と海の写真が多かった。 #空想の街 #露光
雲行き@空想の街 @_kumoyuki_
そのノートには街での滞在記のようなメモがぽつぽつと綴られていた。そしてその中にも「#横峰写真館 」の文字を発見する。夫婦で切り盛りしている写真館、ここに母は滞在させてもらっていたらしい。「横峰氏に預け物。いつか取りに行くこと」。 #空想の街 #露光
雲行き@空想の街 @_kumoyuki_
#仕立屋 でワンピース新調。特別な布で作ってもらう。薄紅色の絶妙さ」 「きつね橋の #うどん屋 、出汁の加減が最高」 などなど。読んでるだけでも興味がむくむくと湧いてくる街の様子。そして「トウコにも見せたい」 #空想の街 #露光
雲行き@空想の街 @_kumoyuki_
一体この街はどこにあるのだろう。ノートにはご丁寧に簡単な街の地図まで書いてある。ふ、と大量の写真が詰まったダンボールとは別の思ったより軽いダンボールを思いつきで開けてみた。 #空想の街 #露光
雲行き@空想の街 @_kumoyuki_
中からは畳紙に包まれた洋服らしきもの。そおっと畳紙を開くと、中から出て来たのは薄紅色のワンピース。写真の母が着ているものと同じだ。それとショップカードらしきもの。#仕立屋 と書いてある。のんびり行っても1日あれば着ける距離。 #空想の街 #露光
雲行き@空想の街 @_kumoyuki_
正月休みも使ってゆっくりと母の写真を整理した。それでもやはりあの街が、母が「トウコににも見せたい」と思った街のことが気になっていた。正月明けには得意先に連絡を取り、長期休暇の都合を付けた。 #空想の街 #露光
雲行き@空想の街 @_kumoyuki_
もともとクリスマス前・年末は忙しく、年度末前の3月も繁忙期だ。でもその間に挟まれた1月2月は比較的仕事が少なく、休みもあっさりと調整がついた。祖母にはリフレッシュの為に旅行に行くことにしたと言った。 #空想の街 #露光
雲行き@空想の街 @_kumoyuki_
バックパックには写真のファイルと小さなノート、自分のカメラと母が使っていたというカメラ。そして薄紅色のワンピースをシワにならないよう一番上にふわりと詰めた。 #空想の街 #露光
雲行き@空想の街 @_kumoyuki_
【設定 #露光】トウコ→30歳のしがない商業カメラマン。母の形見から街のことを知り目覚めの時期に合わせて行ってみることに。栗毛色のベリーショート、バックパックに動きやすい服装が基本。 #空想の街
そしてお馴染み、朝の早いうどん屋では
甘酒ミルククッキー @_urt
「ぅ、う゛ん」#うどん屋 の二階で少年は寝苦しさから目を覚ます。(何だろう凄く、重たい。もしかしてこれが金縛り……?)のろのろと腹の方を見やるとそこには、見覚えのある赤い髪。うつ伏せで顔は見えないけれど確かに頭のてっぺんが一束跳ねている。(これは“ぼく”じゃあないか!)#空想の街
甘酒ミルククッキー @_urt
布団で隠れているけれど、きっと着物の裾からはふっさりとしたタヌキの尻尾が出ているに違いない。金縛りじゃなかったのは良かったけれど、さてこれはどうしたものか。よく寝ているタヌキの子を起こしたくないが、そろそろ #うどん屋 の仕込みを手伝いに下へ降りなくてはならない。#空想の街
甘酒ミルククッキー @_urt
困ったなぁと思いながら少年は腹の上のあたたかさを思う。――弟や妹とこんな風に寝たことはなかったけど、もしもそう出来ていたのなら、こういうこともあったのか、な? そうやって優しく微笑んでいるが、布団から出てしまっている肩や腕もかなり寒いはずだ。 #空想の街 #うどん屋
甘酒ミルククッキー @_urt
思わずぶるりと震えたところで、赤い髪がもぞりと動いた。(いけない、起こしてしまったかな?)そっと抱え直すと「ふぬぅ」っと、これまた聞き慣れた声が漏れてきた。そしてもう一つ聞き覚えのある声が振ってきた。「おやまぁ、これは困らせてしまっていますねぇ。」 #空想の街 #うどん屋
甘酒ミルククッキー @_urt
少年の部屋の戸口から顔を見せたのは、紅白の斑の髪をおろした青年……いや、中年……年齢不詳の男である。「案の定、テルさんのところでしたか。それじゃあ、お寒いでしょう?」「いえ、大丈夫です!お久しぶりです、いらっしゃっていたんですね?」 #空想の街 #うどん屋
甘酒ミルククッキー @_urt
「ええ、またこの子にせがまれましてね――」言いながら少年の腹の上から子を抱き抱える。「また暫くご厄介になるかと。」「はい、それはもう喜んで。花の目覚めと海の目覚め、“ぼく”もきっと楽しみでしょう」少年は“ぼく”と呼んだその子に自分の綿入れを掛けてやる。 #空想の街 #うどん屋
甘酒ミルククッキー @_urt
綿入れを受け取りながら男も言う。「おや、それは私もかなり楽しみなんですよ!」その少しおどけた顔を見て少年は思わず「それを言ったら“僕も”です!」と笑い合った。 #空想の街 #うどん屋 「そういえば“お父上”様、この子の名前はどうなりました?」
残りを読む(270)

コメント

甘酒ミルククッキー @_urt 2014年2月1日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする