巴マミの叫びと向き合ってみる

『魔法少女まどか☆マギカ ポータブル』マミ編「あなたが側にいてくれるなら」をプレイ中。悲しすぎて今まで放置していた巴マミの魔女化ルートを閲覧する予定です。ようやく,マミの叫びと向かい合う機が,自分の中で熟しました。 まとめはプレイの進行と共に,順次更新します。
ゲーム 魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ
4
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
(小さい頃……。テレビに出てくる魔法少女は、私の憧れだった)(悪者達から人々を守る、強くて優しい、正義の味方)(誰かのために命を懸ける、華麗なヒロイン……) #魔法少女まどか☆マギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
(私も、そうありたい)(……ううん。そうでなきゃ駄目なの)(きっと、それが……私の最後の……生きる意味だから……) #魔法少女まどか☆マギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「……当たり前じゃない。怖いに決まってる」とキュゥべえに対して感情を高ぶらせる。「命懸けだものね。もしかしたら、負けちゃうかもしれないし」。そして声をのトーンを低めてぼそりと言う。「私がここで死んでも、誰も気づいてくれない……」 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
(私、いつも自分に自信がなくて……。そのくせ1人は寂しいから、人にいい顔ばっかりして)(テレビの中のかっこいい魔法少女は憧れだったけど……自分がそうなれるなんて、全然思わなかった) #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「けど…」「人間、やればできるものね。こんな私でも、誰かの役に立てる」「戦って、悪い魔女から皆を守る。……今となっては、これだけが、私が生きてる意味だもの」「……私、頑張らないと」 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ 本当に「角砂糖マインド」ですよ,マミちゃん。
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「皆で外食なんて、久しぶりね。今日行くお店って、あの有名なお店なんでしょ?」「人気店だし、行ってみたかったんだ。楽しみー」 あのまさかなのですけれど。マミが紅茶を嗜むようになった切っ掛けって,ひょっとして…!? #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
マミが家族と外食する予定にしていた人気店。そこは紅茶が美味しいと評判の店。その日はマミの想い出の中で両親と過ごす記念すべき日になるはずであった。あの交通事故が起きるまでは。紅茶はマミとマミの両親を繋ぐ,未完に終わった暖かい想い出。だからマミは紅茶を嗜む…みたいな。
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
自分で書いて自分の精神を削るという簡単なお仕事。自分のバカやろうー!
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「君のソウルジェムは、どんな輝きを見せてくれるのかな」…もしかしてキュゥべえの言う「輝き」とは「希望と絶望の相転移」のことなのでしょうか。そうだとしたら,よくもまあこんなどうとでも解釈できる言葉をわざわざ選んだものだと,感心しますよ(もちろん皮肉です)。
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「……っ。……た……けて……。……たすけて……」「助けて!! 私、死にたくない……!」 巴マミの心の奥底は,この交通事故の日で時間が止まっているはずです。願い方次第では両親も助けられたのに,自分だけが助かるように願ってしまって,と。 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
自らが死ぬという恐怖に曝されて。その恐怖はキュゥべえにより増幅させられ,自らのみを救う願いへと向けさせられて。そして,願った先に待っている孤独とまとわりつく死に曝されて。あまりにも残酷ではないですか! #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
(皆同じね。『気の毒』とか『かわいそう』とか……同じことを言うのね)(……仕方ないよね。他人事だもの。自分の身に降りかかったことじゃないんだもの……) #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ …そうか!だから,自分と同じ立場に立ってくれるまどかの言葉が,マミの救いになるのか!
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「でもそれが魔法少女の使命だよ。行くしかないんだ。奇跡の代償に、君は、それを受け入れたんだから」…よくもまあぬけぬけと言えますね,キュゥべえは。あなたたちが欲しいのは感情エネルギーであって,魔法少女そのものではないくせに。 #魔法少女まどかマギカポータブル
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「魔法少女は魔女から皆を『守る』存在」「マミにはその力がある」というキュゥべえ。その言葉を聞いて「そう……そうよね。キュゥべえ……私、頑張る」というマミ。キュゥべえは憎いくらいに事実だけしか言っていない。マミが勝手に励まされているだけ。 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
『魔法少女まどか☆マギカ ポータブル』マミ編「あなたが側にいてくれるなら」をプレイ中。マミの魔女化ルートを閲覧する予定です。ようやく,マミの叫びと向かい合う機が,自分の中で熟しました。
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
初戦後のマミ。「はあ……はあ……っ」「私……、勝ったのよね?」「……ふふっ」「……ほっとしたの。とっても怖かったから」「怖かったのに……。すごく、嬉しいの。可笑しいよね」「魔法の力ってすごい。こんな私でも、悪い奴を倒せるんだ……」 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「お父さん、お母さん……。すごいでしょ?私、魔法少女になっちゃった」「この力があれば、皆を守れる。今までみたいな、弱い私じゃない」 初戦を終えたマミの独白。「今までみたいな、弱い私」という言葉が引っかかります。 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「今までみたいな、弱い私」という発言に加えて,初戦直後の「こんな私でも」という発言も引っかかります。これらの発言は,マミの自己評価が低いことを示しています。でもどうしてこんなに低いのでしょうか? #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
交通事故が起こる前のマミは,大好きな両親に囲まれて幸せそうでした。それが今は「こんな私でも」だの「今までみたいな、弱い私」だのと言うマミ。両親を救えなかった自分が,マミには許せないのかもしれません。 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
もしそうなら,夜な夜な交通事故の現場を夢に見て,自分の両親に手を伸ばそうとしているのかもしれません。『[新編]叛逆の物語』のほむらじゃないですけれど,過去の自分の幻影に,銃を向けたこともあったのかもしれません… #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「お父さんとお母さんが死んで……私、何のために生きていけばいいのか分からなかった……」「もう私には、何も残ってないと思ってたの」 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
「でも、違ったわ。私にはこの力がある。この魔法の力で、皆を助けることができる」「こんな私でも……魔法少女として、みんなの役に立てるんだよね」マミの台詞から, 魔法少女をすることは,マミにとって,最後に残った道しるべであることが伺えます。 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
魔女の結界に取り込まれた男の子を追って魔女の結界へ。しかしマミのリボン攻撃は魔女に通用しない。悔しさ堪えつつ,結界の外へ。最後に残った道しるべだと思っていた「魔法を使ってみんなを助ける」ことを達せられず,打ちひしがれるマミ。 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
篠ノ目くぬぎ_CNS @CrushedNumbers
自身が再定義した存在意義を折られたマミ。彼女が独りであったのなら,ここで魔女化してもおかしくはありませんでした。しかし彼女は,纏う武器を強靱にする方向へ突き進みます。それは皮肉にも,キュゥべえが「そばにいてくたから」。 #魔法少女まどかマギカポータブル #巴マミ
残りを読む(75)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする