2014年2月18日

百合マンガの消費構造~「桜Trick」の軽さの理由

「桜Trick」がどうしてあんなに軽いのか?その事情を「オクターヴ」「青い花」「ささめきこと」といった他の百合マンガ作品との比較で考えてみました。
16
波のまにまに☆ @namima2

「オクターブ」「青い花」「ささめきこと」「桜Trick」。これ全部百合モノの漫画なんだけど、どれもこんなに「女×女」へのアプローチが違うんだよね。女性向けの「男×男」漫画にも、やはり多様なバリエーションがあるのだろうか?

2014-02-18 10:49:47
波のまにまに☆ @namima2

「女×女」漫画には、はりと顕著に「依存と自立」が描かれている場合が多く、「女×女」の関係性は女性の特有の「甘え」が見てとれる。もちろん同性同士の関係性ではあっても「タチ」と「ネコ」はいるわけで、「タチ」側の持つ男性性が「女×女」の関係性の永続を望まないパターンか、(続く)

2014-02-18 10:53:14
波のまにまに☆ @namima2

(続き)「ネコ」側の漠然とした不安と自立によって、関係性を破綻させる。「オクターブ」と「青い花」はわりとこんな感じ。ところがこれに「萌」の要素を導入しはじめると、とたんに関係性の永続が目的化する。「女×女」の関係性から「タチ」の男性性が排除されることによって、(続く)

2014-02-18 10:56:03
波のまにまに☆ @namima2

(続き)「女×女」の関係性が継続されることを望むようになる。ここで「萌」とは女性のかわいらしさを好むことと、その女性のかわいらしさの永続性を求める視線だとすると、「萌」が「ロリータ・コンプレックス」と同義になってくるので、わけがわからなくなる。(続く)

2014-02-18 10:59:43
波のまにまに☆ @namima2

(続き)「青い花」や「ささめきこと」では主舞台である学校という舞台を使いながらも、社会とちゃんとつながっている部分が多いため、「女×女」の関係性にある漠然とした不安や否定感を表現できている。ところが「桜Trick」には学校という主舞台以外がほぼ登場しない。(続く)

2014-02-18 11:02:36
波のまにまに☆ @namima2

(続き)「桜Trick」の原作1巻を読んで驚いたのだが、あまつさえ主人公たちのいる学校は3年後に廃校合併となる道筋が示されている。このことによって「女×女」の関係性に否定や不安を喚起させる要素を否定しており、主人公たちの思うままに「永続」まで望める状況ができている。(続く)

2014-02-18 11:04:56
波のまにまに☆ @namima2

(続き)つまり「桜Trick」にあからまさに表現されている百合の軽さは、社会性の排除に他ならない。問題敵の部分がまるっきり抜け落ちているから、その背徳的な部分を感じる必要性がないから、少女たちの思うままに「女×女」の関係性に埋没できる。(続く)

2014-02-18 11:06:59
波のまにまに☆ @namima2

(続き)そしてまた少女たちのかわいらしい百合の状況をながめる消費構造があるがゆえに、社会性が欠落した百合はジャンルとして消費されていく。「萌」の消費構造の一端には、「社会性の自発的排除」が不可欠であるのではないか? エロ同人漫画にも百合ものがなくならない事情でもある?(続く)

2014-02-18 11:10:10
波のまにまに☆ @namima2

(続き)「桜Trick」に特筆すべき点がもう一つあって、主人公たちの学園が廃校となるがゆえに、後輩が入ってこない。インターフェイスである主人公たちの関係性が保持される以上、関係性を揺るがす要素もうまく排除してしまっている。ところが先輩はまだいるのよね。(続く)

2014-02-18 11:12:21
波のまにまに☆ @namima2

(続き)ところが「桜Trick」における先輩たちというのは、この作品における社会性の象徴であり、「女×女」の関係性の背徳感に気付いている存在であるがゆえに、主人公たちの関係性にちょっかいを出して物語を彩りはするけれど、関係性に大きく影響しない。どこまでも排他的。(続く)

2014-02-18 11:14:46
波のまにまに☆ @namima2

(続き)最初の4作品に話を戻せば、道徳的な問題提起による話を重さを持つ「オクターブ」、それでも関係性より人の想いを重視する「青い花」や「ささめきこと」に比べて、「桜Trick」があきらかに軽く感じるのは、「萌」の消費構造と社会的背徳感の排除にある。(続く)

2014-02-18 11:18:46
波のまにまに☆ @namima2

(続き)しかも「桜Trick」には「女×女」の関係性に特化して、しかもより先鋭化させる設定があるがゆえに、より軽く、消費しやすくなっていると。今後の百合モノ漫画はおそらくこうしてどんどん消費されていくのではないかと。いやすでに「百合姫」とかの雑誌で消費されている現状なのかも(終)

2014-02-18 11:20:59
波のまにまに☆ @namima2

(追記)「萌」というのは純粋な女性らしさ(かわいらしさ)の鑑賞であり、主体からの男性性の排除であり、視線はあくまで男性性のみ(たとえ視線の持ち主が女性であっても)という構造が浮き彫りになる。しかもその女性らしさやかわいらしさとは視線側の独自性でしかない(続く)

2014-02-18 11:26:41
波のまにまに☆ @namima2

(続き)その視線の独自性ゆえに、同じ趣向の持ち主は横のつながりを欲してしまう、ネット環境の広がりと並行して、いわゆるオタクが水平方向につながっていくようになったのも、この「萌」の文化ゆえかと。個人の独自性がものを言わしていたオタク第1世代とは隔世の感がある。(終)

2014-02-18 11:29:56
波のまにまに☆ @namima2

ご指摘いただきました。「オクターブ」は「オクターヴ」が正解ですね。ごめんなさい。

2014-02-19 08:31:44
波のまにまに☆ @namima2

まとめてから時間をおいて気がつきましたが、「ゆるゆり」や「ひだまりスケッチ」、「かなめも」なんかもどれも百合っぽい。作中にはちゃんとタチとネコが出来上がっているし、どれも社会的なつながりが断絶されていて、背徳感を排除している。

2014-02-19 08:40:33
波のまにまに☆ @namima2

「ひだまりスケッチ」が意外に百合っぽく見えないのは、百合カップルであるサエとヒロが主体とならないからだが、2人の関係は実体としてはかなり百合なんだけどね。「ゆるゆり」や「かなめも」はあまりにも百合っぽくしすぎているけど、コメディ側にふることで、背徳感を逃がしている。

2014-02-19 08:43:21
波のまにまに☆ @namima2

「桜Trick」もそうだけど、こうした百合っぽい漫画やアニメには、物語の中で問題提起する気がまるでなくって、その関係性と萌としてのかわらいさを消費するだけ。「男×男」の作品群に残された背徳感は、もはや最期の砦なんじゃないか?

2014-02-19 08:47:14

コメント

二神 バシル @nigamiba 2014年2月19日
言葉は選んでいるようですが、この作品が大して面白くないということを名言されているだけですね 笑
0
アロ @a6u 2014年2月21日
あんまり賛同できないなあ。BLはむしろ同性愛=カルマ的な縛りはとっくにクリアしてるし、本格百合作品には背徳感が必須なんだって考えは停滞しか生まない気がする。桜Trickの舞台が社会的に閉じたものであることと百合としてつまらないこととは別問題だよ。
0
波のまにまに☆ @namima2 2014年2月21日
あれ?「桜Trick」が面白くないなんてこと、書いてないんだけどなあ。むしろこの「ライト百合」みたいな作品が愛好される事情を考えてみただけなんだけどなあ。
0
波のまにまに☆ @namima2 2014年2月21日
んで、参考にした3作品と比較して、あれがないこれがないって削ぎ落してみたモノをひろってみたら、こういうことかって自分なりに納得できたら面白かったんでまとめてみましたが、あまりに不勉強だったようで。
0
他者が恐くて仕方がない @A_kyabia 2014年2月23日
社会性がない→背徳感がない→消費、って考え方はすこし一面的すぎでは…とりあえずキャラに苦悩させて切なさを演出、みたいなのも十分消費っぽいし、だいいち桜Trickって軽いというより胃もたれする作品だと思うんだけどなぁ
1
他者が恐くて仕方がない @A_kyabia 2014年2月23日
桜Trickの「甘さ」を際立たせてるのって、あのキスの前にやる茶番じみた駆け引きが妙に共依存っぽいムード作るとこで、じつは茶番をやるためにキスしてるんじゃないの?って思うことが割とある。そういう本末転倒さを露骨に見せてるあたりシンプルな作品とも思えないのよね
1
波のまにまに☆ @namima2 2014年2月24日
A_kyabia 「桜Trick」という作品において「キス」は、ロボットアニメにおける「必殺技」のシーンと同様であり、「キス」に至るための「百合」だという認識はありますよ。普通は百合があってキスがある主従関係が、この作品では逆転しとるんですよね。
0
波のまにまに☆ @namima2 2014年2月24日
A_kyabia 胃もたれするって表現はいい得て妙だと思えます。「キス」やその道程がクドいんですけれど、それはそもそもこの作品が4コママンガのアニメ化による事情があるかと。4コママンガのネタをつなぎ合わせていることで、区切られていたネタが連鎖的に表れてしまうアニメの構造ゆえかなあと。
0
波のまにまに☆ @namima2 2014年2月24日
a6u いまさらの返答で申し訳ありません。背徳感、あるいは社会的問題意識を削ぎ落したことのほうが、よりタコツボ化して停滞を生むのではと感じます。むしろ社会的な問題意識を持ち込んだほうが、世相を取り入れやすくなり、展開が望めると思うのですが。
0
波のまにまに☆ @namima2 2014年2月24日
wikiを読む限り、昨今の「百合」の扱いの軽やかさは、90年代からの潮流だそうですが、その流れの一端の事情として、「桜Trick」はわざと作品世界をタコツボ化することによって、「百合」の扱いを軽くして、とり回ししやすくしてくれたと。
0
波のまにまに☆ @namima2 2014年2月24日
百合のマンガ雑誌が発刊されたりする昨今の事情を理解できる、よい例だたなと思えますよ。なお私自身は毎週楽しく「桜Trick」を見ておりまして、決して本作が面白くないなんて思っておりませんので。
0
アロ @a6u 2014年2月24日
namima2 まず桜Trickがつまらないというのは僕個人の感想です。文脈から作品を肯定的に捉えているかどうか図りかねた為に、社会的に閉じたものであるという指摘と自身の否定的な考えを単に並べてしまっただけですのでその点はお詫びします。
0
アロ @a6u 2014年2月24日
で本題ですが、BLが社会背景や実際的な問題を含めたゲイを描くものばかりでないように、百合も表現上の独自なものとして自由にあってほしいと考えています。極端にいえばジャンルとしての独立性を失うかわりに一要素として広がりを持てるのならそれは発展といえるのではないかなと。
0
波のまにまに☆ @namima2 2014年2月24日
a6u ご返答いただき、ありがとうございます。ともに発展を願っているのに、社会的な問題を作中で扱うことの是非に、私と真逆な意見を持っていらしたということに、いまさら気付きました。どちらにしてもジャンルが発展して面白いことになってくれるなら、どっちでもいいかなとw コメントありがとうございました!
0
アロ @a6u 2014年2月24日
何が言いたいかというと、@namima2さんの言う『「女×女」の関係性にある漠然とした不安や否定感』を盛りこむほうが百合でなければ描けないドラマは面白くなるかもしれませんが、いっぽうで一要素として百合を採用しつつ本旨は別にあるものは必ずしもそれを必要としないだろうということです。後者についてそれは百合なのかとかという意見もあるでしょうが、それはまあ価値観の問題ですね。
0
波のまにまに☆ @namima2 2014年2月24日
a6u そうですね。「桜Trick」でいろいろネットを徘徊している時、「これは百合ではなく、キスを楽しむ作品」と書かれているのを読んで、なるほどと思いました。百合は手段だったんですね。こうやってライトに使われている百合が、ジャンルの消費としてたどる見つ筋の一系統としてちょっと面白いなと思います。
0