1
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
【オイランドロイド・アンド・アンドロイド】#6
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
(あらすじ:ネコネコカワイイの大規模ライブを煽動し暴動へ変えんと企む、闘争革命組織イッキ・ウチコワシ。予備機体無しのネコネコカワイイの代役として、ステージに立つユンコ。ハッキングで彼女をサポートするナンシー。スタジアム屋上ではニンジャスレイヤーとアンサラーの因縁の対決が続く…!)
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「打倒!破壊!進歩!革命!」革命闘士が雛壇中段で煽る!「「打倒!破壊!進歩!革命!」」大観衆の怒号!ズンズンポコポコポコッピポコッピ、エウー、エウー!無思考誘発重低音電子音楽!「5万円ー」「見せてあげる私のIPアドレスー」真正面から煽情対決を挑むネコネコカワイイの歌とダンス! 1
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
何たるケオス!スタジアムには無数のモッシュめいた大渦巻き!「「「打倒!破壊!進歩!革命!」」」拳を振り上げた暴徒が熱狂した猛牛の群れめいて行進!ズンズンポコポコポコッピポコッピ、エウー、エウー!「ロマンチックー」「それで貴方も、大きいところでしょうー」飛び跳ねる!踊る!殴る! 2
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「「「打倒!破壊!進歩!革命!」」」「「「ネコ!ネコ!カワイイ!ネコ!ネコ!カワイイ!」」」「「「打倒!破壊!進歩!革命!」」」「「「ネコ!ネコ!カワイイ!ネコ!ネコ!カワイイ!」」」「「「打倒!破壊!進歩!革命!」」」「「「ネコ!ネコ!カワイイ!ネコ!ネコ!カワイイ!」」」 3
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「「「打倒!破壊!進歩!革命!」」」「「「ネコ!ネコ!カワイイ!ネコ!ネコ!カワイイ!」」」「「「打倒!破壊!進歩!革命!」」」「「「ネコ!ネコ!カワイイ!」」」「「「進歩!革命!」」」「「打倒!破壊!進歩!革命!」」」「「「打倒!破壊!進歩!革命!」」」徐々に押し負ける! 4
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「まだ煽情パワーが足りないというのか……!」主任は拳を震わせながらステージを見た。もはや一個の革命的単細胞生物と化した大観衆は止められず、堤防決壊は免れられぬ運命なのか……!?ネコチャンとユンコは、そしてカチグミとオムラ技術班は、数十万暴徒により無残に蹂躙されてしまうのか!? 5
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「主任……」技術者がシェルショックめいた状態で膝をつく。「死力を尽くせ!特殊機体起動準備に向かえ!」「しかし1500秒以上…」「彼女が生還する前提だ!当然だろうが!」「ダメです…手が、震え…」「弱音を吐くな!彼女は、数十万暴徒の矢面に立ってるんだぞ!俺たちは裏方だ!やるぞ!」 6
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
暴動が発生しようとしているのは、この会場だけではなかった。NSTV社のライブ中継が突如タマ・リバーのラッコに関する特番に変わり、十数分間もそれが続いたため、中継映像を使って疑似ライブを提供していた各地の会場でも同様の事態が発生!そこに狡猾に割り込む、ウチコワシの煽動電波映像! 7
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「「イヤーッ!」」スタジアム屋上では、ニンジャスレイヤーとアンサラーの斬撃めいた激しいカラテチョップが再び激突!SWASH!赤い火花が散る!鍔迫り合いめいて押し合う!両者ともに、ここまでチョップしか繰り出していない!「「イヤーッ!」」拮抗状態から、両者は同時に連続バック転! 8
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
Szzzzzzt……燃え盛る両者の腕に重金属酸性雨が降り注ぎ、即座にケミカル臭を放ちながら蒸発。二者はタタミ五枚の間合いを保ったまま、円を描くようにじりじりと横歩きした。「もはや大決起は止められぬ。これは無数の闘士の死を礎石として築き上げられた革命的勝利だ」アンサラーが言う。 9
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「イッキ・ウチコワシ。どうやらその欺瞞的体質は、何ら進歩を遂げていないようだな」死神は憎悪を新たにして返した。「その壊れたスピーカーめいた御題目の羅列を止め、今からオヌシ自身の頭でハイクを考えておくがいい、アンサラー=サン。オヌシは敗北し、死ぬのだからな」 10
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「欺瞞は君だ。この暴力革命はアマクダリと暗黒メガコーポの主導する戦争行為に革命の楔を撃ち込むものだ。君はそれを邪魔し彼らを利するというのか?……思想なき者に私は倒せぬ」アンサラーが左腕を大上段に構える!「では試してみるとしよう」ニンジャスレイヤーは一切動じずカラテを構える! 11
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「欺瞞の上に築き上げられたカラテが、いかに弱々しく安普請なものであるかをな」死神の赤い瞳が、アンサラーの革命的視線と交錯!周囲には一触即発のアトモスフィアが漲る!直後、両者は再び色付きの風と化し、高速で斬り結び合った!「イヤーッ!」「イヤーッ!」「イヤーッ!」「イヤーッ!」 12
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「「イヤーッ!」」斬り結ぶ!「「イヤーッ!」」斬り結ぶ!「「イヤーッ!」」斬り結ぶ!!絶え間ないカラテ激突とムーブにより、二者の周囲には再びドーム状のカラテ力場めいて重金属酸性雨除けの傘がかかる。…彼らは地上の煽動合戦に介入などできない。ただ目の前の宿敵とのカラテあるのみ! 13
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『YCNAN:AIの状態はどう』『JUNKO:悪くない。全体の状況は?』ユンコはサイバネ視界でナンシーとのIRC通信を行う。いまや機体操縦はAIに全てを託している。『YCNAN:ジリー・プアー(徐々に不利)』『JUNKO:どうすればいい』『YCNAN:同期率を上げる』 14
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『JUNKO:有線直結しかないってこと?』ユンコは隣で共に戦うネコチャン1号機を見た。『YCNAN:そう、IRC経由ではタイムラグが大きい。同期率が高まれば、煽情パワーが乗算されるわ』ナンシーはIRC監視により技術者たちの会話を全て監視。その可能性を導き出していたのだ。 15
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『YCNAN:重低音電子音楽とダンスと後方大型モニタの煽情マンデルブロ集合、全てが完全に同期すれば、いける』ナンシーは技術者たちの答えを代弁した。直結チャンスは次のダンスパートにある扇情ボディタッチ時のみ。『JUNKO:深呼吸したい気分。そういえば、プールとか嫌いだった』 16
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『YCNAN:直結したら私がシステムを同期させる』直結の瞬間だけはユンコが自身で体を動かす。一瞬同期率は大幅に下がるだろう。この代役が露呈し、NERDZが怒濤の如く押し寄せる危険もある。『YCNAN:リラックス。いいイメージだけ』『JUNKO:踊ってる時のイメージ。大丈夫』 17
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
『YCNAN:あと10秒!』ズンズンポコポコポコッピポコッピ、エウー、エウー!「IRCから聞こえーて来ますー」「逃げ場無しのミッションー」直結チャンス!論理肉体のナンシーすらも、その額に汗を浮かべ、成功を祈る!『JUNKO:イヤーッ!』ユンコの手がケーブルを伸ばし……直結! 18
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ニューロンのスパーク!『YCNAN:GO!JUNKO!GO!』論理肉体ナンシーが伝説的タイピング速度でシステムを連結させる!インジケータが目まぐるしく荒れ狂う!そして同期!パワリオワー!電子的ファンファーレが制御室に鳴り響き大型モニタに2機のワイヤフレム画像が映し出された! 19
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
制御室がどよめく!「何だ!?何が起こっている、主任!これは……予備機体じゃないぞ!だが完璧な同期だ!どうなっている!彼女は何者なんだ!?」波形技師が涙を流しながらIRCで問う。完璧な非人間的同期ダンスを見ながら主任は答えた。「彼女は……モーターカワイイだ!全力で支援しろ!」 20
NJSLYR / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「モーター……カワイイ?」そのコードネームを知る者は少ない。だが技術者らは何をすべきか瞬時に理解した。「モーター……カワイイ!」「そうだ!我々の努力は無駄ではなかった!何ひとつも!」「ハイ……ハイ……ハイヨロコンデー!」爆発的な歓声が制御室を覆った。全ての歯車が噛み合った。 21
残りを読む(85)

コメント

オスツ🍣 @alohakun 2014年2月22日
オイランドロイド・アンド・アンドロイド #1 http://togetter.com/li/611635
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする