10周年のSPコンテンツ!

【執事の館】建築係の橘が、内装を検討しております。

「先月松原のTwitterにて、意匠係の高岳が選んだ内装サンプルの画像をご報告しました。これに寄せられた様々なご意見、わたくし自身の考えもふまえた上で、あらためて本日、わたくし橘が選定した内装素材をご覧頂けますでしょうか。」とのことです。
東海 執事の館 名古屋の仮住まい
2
@tachibana_arc
執事の館・準備委員会の建築設計を担当しております、橘(たちばな)でございます。仮住まいを設えるにあたり、みなさまに随時進捗のご報告をさせていただいております。(やや現実的な内容も含まれますので、閲覧にあたってはご留意くださいませ)
@tachibana_arc
明日から工事が再開する名古屋の仮住まい。いまは途中まで内部の解体が進んでいます。いわゆる「スケルトン」の状態に近いところまで一旦内部を取り払います。 http://t.co/qUTW5f5nu8
拡大
@tachibana_arc
左の開口部の奥は冷蔵コンテナになっていて、以前は食品庫として使われていました。この写真ではすでに扉が取り払われています。 http://t.co/OGg2VdClb5
拡大
@tachibana_arc
解体された木材が搬出を待って並べられていました。きれいに見えますが、細かい釘などが大量についていて再利用は難しそうです。 http://t.co/bTD37J2zhF
拡大
@tachibana_arc
あ、冷蔵コンテナの扉がありました。 http://t.co/TFZPFuzG9D
拡大
@tachibana_arc
ここは天井の下地や設備を再利用しようとして残してあります。…なにかこう、廃墟感がいい感じですね…。 http://t.co/9vGqB632UV
拡大
@tachibana_arc
高岳さんから提案いただいた内装の仕上材を参考にしつつ、私なりの解釈で仮住まいの内装仕上げについてサンプルを組み合わせてみました。かなり抑制的な組み合わせとなりますが、お嬢様旦那様がどのようにお感じになられるかご意見をいただきたく存じます。(続)
@tachibana_arc
まずはエントランスホール。高岳さんが選んでくれた深い紅の絨毯にマホガニー系の木目の壁、壁の上部は白い壁紙に切り替わり、そのまま装飾の入った白い天井につづきます。家具や調度品を邪魔しない控えめな内装を目指しました。(続) http://t.co/g9WvIg3pMK
拡大
@tachibana_arc
エントランスホールからつづくホール(暫定的にクロークと呼んでいます)やや落着いた色調で一旦気持ちを落ち着かせます。ホールや廊下の絨毯は基本的に深紅で統一。マホガニー系の木目に合わせた色調の中から少し暗めの壁と天井を選びました。(続) http://t.co/7oiKVKiQPV
拡大
@tachibana_arc
廊下はほぼエントランスホールとおなじ仕上げ。エントランスホールに比べて天井が低い分、壁上部の白い壁紙を省略します。(続) http://t.co/toFURmfseH
拡大
@tachibana_arc
こちらは白の部屋。壁面をあえて淡いブルーとして、カーテンや装飾部材の白色を際立たせるねらいです。また、お嬢様の肌の色や、ピンク系統のお花などが、壁とのコントラストでより美しく見えることでしょう。(続) http://t.co/milaCI9wep
拡大
@tachibana_arc
お手洗いの一案です。タイルを使う案もありますが、私が一番推しているのはこの組み合わせ。水まわりであっても居室のようにゆったりとした気持ちで過ごしていただきたいという思いから、あえて他のエリアと同じような雰囲気に揃えています。(続) http://t.co/SZkSEQqhi1
拡大
@tachibana_arc
こちらは裏方になりますが、配膳室の仕上げです。床は取り替えやすいように50cm角のタイルカーペット、天井は既存のまま黒く色を塗るだけにいたします。とくにこれといった工夫もございません。廊下から覗き込んでも何もありませんよ…。(続) http://t.co/nQ6V9ec3nG
拡大
@tachibana_arc
最後に、こちらは工房の内装です。配送業者さまくらいしかご覧になる機会はないかもしれませんが、忙しい作業の合間にほっと気持ちが落ち着くよう、落着いた色調の内装にしようと考えております。 http://t.co/mvwD6kzfgI
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする