「左翼の神話」:米帝・軍産複合体陰謀論者との対話

トンデモ系陰謀論者の間だけでなく、比較的正統的な左翼・リベラルの間でも、ともすれば自明のものとして受け入れられがちな、「軍産複合体が利益のために戦争を起こしている」「反米国家における民主化運動は全てCIAの陰謀だ」といった、比較的オーソドックスなアメリカ帝国主義についての陰謀論。 特にオバマ政権も二期目に入ったいま、そうした言説と現実との乖離は、ますます大きくなっているように思います。 その格好のサンプルとの対話をまとめました。
国際 コメント欄が本番 軍産複合体 陰謀論 反米
88
pollyКORPIO @korpio
もう英米NATOがウクライナのネオナチ支援してるのがばればれなんだよ。どんな馬鹿でもネット検索すれば分かる。 https://t.co/gha3ijDjYp こんだけ出てんのに、大手メディアは一切無視。黙認。消去に忙しい。日本版wikipediaでもウクライナのネオナチ記述は消去
bcxxx2 @bcxxx2
岩上さん@iwakamiyasumiがRTしてるこの人。https://t.co/5CERW6NlxJ ウクライナの親EU勢力に極右民族主義者が居ることを過剰に捉えて、欧米がネオナチを煽って対ロシア工作をやってると決めつけてる。プーチンのプロパガンダを丸ごと受け売り。
bcxxx2 @bcxxx2
何やらウクライナに行ったこともある人らしいが、未だにアメリカ=ネオコンとか言ってる時点でひど過ぎるし、日本のメディアが極右民族主義者がウクライナの革命勢力に居ることを報じていないなどという事実はない。ちゃんと報じてる。岩上さん騙されないでね。@iwakamiyasumi
bcxxx2 @bcxxx2
ウクライナの民族主義勢力も相当に危なっかしくてカオスだが、プーチンが親ロシアの腐敗した独裁者を傀儡として、ウクライナへの支配権を維持しようとし、それに民衆が怒って蜂起を起こしたのは自然な流れだ。何でもかんでもCIAの工作なわけがない。@iwakamiyasumi
政治・社会的正義 @SeijiBanashi
@bcxxx2 @iwakamiyasumi アメリカは未だにネオコンだよ。ブッシュ以来から。オバマはそれを変えていない。
bcxxx2 @bcxxx2
未だにネオコンって何だよ笑。ネオコンてのは具体的に個人やシンクタンクなどの団体の集合体だよ。彼らが今どんなポジションに居るか言ってみろ。 RT @gorash アメリカは未だにネオコンだよ。ブッシュ以来から。オバマはそれを変えていない。 @iwakamiyasumi
政治・社会的正義 @SeijiBanashi
@bcxxx2 ネオコンとは基本的に外交的に好戦的でタカ派の思想家。基本的に反共と反イスラム主義。軍産複合体や軍部と繋がっている。オバマはそれを止めていない、いや、止められない。
bcxxx2 @bcxxx2
軍産複合体や軍部が戦争を起こすというのは虚構の陰謀論。戦争は政治的な目的があって起こされる。RT @gorash ネオコンとは基本的に外交的に好戦的でタカ派の思想家。基本的に反共と反イスラム主義。軍産複合体や軍部と繋がっている。オバマはそれを止めていない、いや、止められない。
政治・社会的正義 @SeijiBanashi
@bcxxx2 分かっていないね。軍産複合体がもう政治の方針と一体化している。アメリカとはもう大企業と軍事産業に乗っ取られている国。軍事産業がないとアメリカの経済が崩壊するほど巨大化している。軍産複合体とはもう独りでに歩んでいる、誰にも止められない怪物化したシステムだ。
bcxxx2 @bcxxx2
分かってないねじゃねえよ笑。お前実際のアメリカの政治、何も知らねえだろ。 RT @gorash 分かっていないね。軍産複合体がもう政治の方針と一体化している。アメリカとはもう大企業と軍事産業に乗っ取られている国。軍事産業がないとアメリカの経済が崩壊するほど巨大化している。軍産複合
政治・社会的正義 @SeijiBanashi
@bcxxx2 軍事産業がないと、アメリカの経済はなりたたない。それを止めるわけにはいかないし、止められない。だからイラク侵略のような無意味な戦争ばっかり始めている。戦争がないと軍事産業は成り立たない。
bcxxx2 @bcxxx2
この陰謀論世界観、左派リベラルの中に結構信じてる人居るんじゃない?間違いだよ。→ RT @gorash 軍事産業がないと、アメリカの経済はなりたたない。それを止めるわけにはいかないし、止められない。だからイラク侵略のような無意味な戦争ばっかり始めている。戦争がないと軍事産業は成り
政治・社会的正義 @SeijiBanashi
@bcxxx2 1962年にアメリカの元大統領、アイゼンハワーが政治的、経済的、アメリカの精神にまで巨大な影響を与えて、国が乗っ取られるような巨大な軍事産業と政府の共同を軍産複合体と退任演説で呼び、警告した。まさにそれが今アメリカで起きている。
bcxxx2 @bcxxx2
出すと思った。今や米軍はオバマ政権からの予算確保に苦闘してるよ。 RT @gorash 1962年にアメリカの元大統領、アイゼンハワーが政治的、経済的、アメリカの精神にまで巨大な影響を与えて、国が乗っ取られるような巨大な軍事産業と政府の共同を軍産複合体と退任演説で呼び、警告した
政治・社会的正義 @SeijiBanashi
@bcxxx2 ウォルフレンの「アメリカと共に沈む自由世界」とか読んだ方がいい。何でもかんでも陰謀論と呼んでいればいいのではない。
bcxxx2 @bcxxx2
もちろん軍産学複合体は存在する。戦争が起きても起きなくてもアメリカの軍備によって儲かる巨大な利権集団だよ。しかし彼らが国家を操って、兵器を消費させること自体を目的に戦争そのものを起こさせることができるというのは根拠のない陰謀論だ。@gorash
政治・社会的正義 @SeijiBanashi
@bcxxx2 それはイラク戦争などがかなり不人気だったので当たり前。しかしオバマがリベラルだと思うなど、かなりナイーブ。オバマは右翼と変わらない。むしろ、もう軍産複合体やブッシュ政権以来の「極右化」は大統領でさえ変えられないと見られている。アメリカはもうじき、自爆して崩壊する。
bcxxx2 @bcxxx2
オバマ政権はイラクから撤退し、無人機や特殊部隊を活用しながら対テロ戦争を最適化して、世界的に米軍を縮小している。戦争大統領だった子ブッシュ時代には大きな利益を得ていた軍産複合体は、オバマ政権のもとで冷や飯を食うはめになりつつある。@gorash
bcxxx2 @bcxxx2
お前は吹き込まれた与太話を簡単に信じるバカだし、アメリカは自壊なんかしないよ。RT @gorash それはイラク戦争などがかなり不人気だったので当たり前。しかしオバマがリベラルだと思うなど、かなりナイーブ。オバマは右翼と変わらない。むしろ、もう軍産複合体やブッシュ政権以来の「極右
bcxxx2 @bcxxx2
朝鮮戦争で日本の産業界は凄まじい利益を上げ、それをバネに高度成長を達成した。では朝鮮戦争を始めたのは日本の財閥か?それと結んだアメリカの軍産複合体か?違う。金日成だ。@gorash
政治・社会的正義 @SeijiBanashi
@bcxxx2 戦争がないと巨大な軍事産業の存在は正当化されない。アメリカで大統領選挙に勝つことが必要なのは、献金だ。それがどこから来るのか。大企業と軍事産業。
bcxxx2 @bcxxx2
そのカネはオバマ政権には現に通用してない。 RT @gorash 戦争がないと巨大な軍事産業の存在は正当化されない。アメリカで大統領選挙に勝つことが必要なのは、献金だ。それがどこから来るのか。大企業と軍事産業。
政治・社会的正義 @SeijiBanashi
@bcxxx2 無人機は何千人もの罪のない人や子供までも無差別に殺している、違法に近い操縦機械。マララの本「私はマララ」でも、パキスタンで無人機は罪のない人達を無差別に殺し、タリバンなどの過激派を余計に怒らせて迷惑だと言っている。
bcxxx2 @bcxxx2
無人機がそういうものでないとは一言も言っていない。ただ対テロ戦争の縮小とテロリストの暗殺に成功している。 RT @gorash 無人機は何千人もの罪のない人や子供までも無差別に殺している、違法に近い操縦機械。マララの本「私はマララ」でも、パキスタンで無人機は罪のない人達を無差別に
政治・社会的正義 @SeijiBanashi
@bcxxx2 そりゃ嘘だ、陰謀論だと言ってしまえば、おしまいだ。しかしこれもあなたの直感的な確信しかないだろう。
残りを読む(51)

コメント

Satavy@ちえりすと @satavy 2014年3月5日
アメリカの軍需産業がトヨタ一社にすら劣る経済規模だという事は説明しておくべきだと思うなぁ。
犬山しんのすけ @shinnosuke_inu 2014年3月5日
もうね、答えが先に有る人達は、左右関わらず信用しちゃダメU´ ω`U
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2014年3月5日
軍需産業が儲かるなら、グラマンもノースロップも合併されてねーって…
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2014年3月5日
イギリスに至っては、ブラックバーンもホーカーもBAe、なのはまだわかるとして、アームストロングもヴィッカースもソーニクロフトもBAe傘下、とかわけのわからんことになってるし。
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2014年3月5日
2個上を「ノースロップ」は「ダグラス」に訂正すべきかも。…というか、ノースロップグラマンもロッキードに買収されてたと勘違いしてたのは内緒だ。
七七四未満六四以上 @zy773 2014年3月5日
「軍産複合体」って雇用される国民も含んだ構造の事ですよね? 要は特殊で巨大な公共事業みたいなもんで、国民の支持が得られるから、っていうか短期的には国民にメリットがあるような構造になってるから仕組みとして回るので、何時かは止まりますよね。あれ?違いました?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
http://clicccar.com/2013/05/09/219407/によると、2013年度のトヨタの売上げは約22兆641億円(ダレン計算で約2206億ドル)です。91億度と言う数字のソースは?また2012年度の売上は、18兆5836億円でドル90円で計算して約1430億ドルになる。(続く)
ゆきかぜまる(24) @ykkzmr 2014年3月5日
トヨタも軍事関係(防衛関係)の売り上げがあるし、米国の軍事産業も民需による売り上げがあることを忘れて論ずるのは愚かであるとしか言い様がない。
Satavy@ちえりすと @satavy 2014年3月5日
[c1404223] トヨタの2013年の売上高は22兆円(2150億ドル)です。0.91億ドルってどこから出てきた数字なのでしょうか。純利益の9600億円(93億ドル)を間違って10000分の1で計算したらそのくらいになりそうですけど。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
あ、ドルレートも書いてあったわ。13年度を1ドル83円で、12年度を79円で計算すると13年度が約1831億ドル、12年度が1468億ドル。ちなみに、12年度のロッキードマーチンの売上は、以下によると471億ドル。http://www.tokaitokyo.co.jp/pdf/products/foreignstock/stockinfo/lmt_fd.pdf
Satavy@ちえりすと @satavy 2014年3月5日
[c1404241] あと、従業員数もおかしいですね。アメリカの労働人口は約1億5000万人です。軍需産業の上位10社だけで労働人口の1/15を吸収できるはずないでしょう。常識的に考えて。
Satavy@ちえりすと @satavy 2014年3月5日
[c1404241] 実際に数えてみたら、5位のレイセオンまでで54万人くらいなのですが、もうこの辺で残りを数える気になりません。残り5社で950万人も雇えるものでしょうか?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
ですからそのソースは?私のソースで13年度のトヨタの利益は1兆3208億円、1ドル83円で計算しても114億ドルなんですが?91億なんて数字どこから出て来たの?あとあなたの提示していた「虚偽的な米日協定の素性」読んだけど、出鱈目としか言いようがない。(続く)
ゆきかぜまる(24) @ykkzmr 2014年3月5日
米軍事産業上位10社の純利益の数は兵器売上のみです。 <<嘘ですなあ。
ゆきかぜまる(24) @ykkzmr 2014年3月5日
つうか、売り上げなのか純利益なのかはっきりしろよ……帳簿の基礎を理解してねぇ人間が経済に及ぼす影響云々とか言ったって信憑性が全くない。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「[1] 沖縄での効果は、アメリカ軍は人口稠密な南部にある大規模基地のいくつかを明け渡すが、それを沖縄島北部に集中させ、拡張するということだ。」とあるが、辺野古移転を含む米軍再編計画では、南部より北部の基地の方が多く放棄されている。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「新協定第3項は、例え両者が、揺るぎない沖縄県民の反対に直面して、それが可能だという希望を事実上あきらめても[すなわち2014年迄に]」のだとうたっている。」と記されてるが、実際は「普天間飛行場代替施設の建設は、2014年までの完成が目標とされる。」です。“目標とされる”と言うのがなぜに“例え両者が、揺るぎない沖縄県民の反対に直面して、それが可能だという希望を事実上あきらめても”となるのですかね?(続く)
ゆきかぜまる(24) @ykkzmr 2014年3月5日
あ。ナニが嘘かって、売り上げと純利益の区別がついてないって他に、今時の大企業の売り上げでは兵器と民需との区別がつかないってのがあるんだよね。
ゆきかぜまる(24) @ykkzmr 2014年3月5日
兵器の範囲なんて幾らでも拡大できるし、民需の範囲だって幾らでも拡大できる。そのあたりの区別をつけてしまうのは、恣意的判断でしかない。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「日本政府は、これを拘束力のある協定として解釈しているが、アメリカにとっては、議会の承認がない、単なる“行政協定”だ。」についても、おかしいでしょの一言。行政協定と言うのはね、「“既存の条約・国内法により認められた事項について”外国と締結する協定。」だから、議会による承認を“必要としない”のです。意味は説明せずともわかりますよね?(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「[4] 協定で、日本は、沖縄にアメリカ用の一つの新基地総合施設を建設し、費用を支払い、グアムにもう一つの基地を建設する為に、かなり莫大な金額を負担する義務を負う」とあるが、辺野古移転は“日本がアメリカにお願いして”実現したものだということを無視てない?日本の都合で行われるのだから、日本が負担するのは当たり前でしょ。(続く)
牙王獣太 @k2train 2014年3月5日
>『別に91億ドルと114億ドルなんてほぼ同じ』 どこをどう叩けばそんなセリフ出てくんの???
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「[5] 更に、グアム協定は、アメリカ法に違反している可能性もある: 歳入を増大させる手段として(60億ドルの金額が」とあるが、「グアムにおける施設及びインフラ整備のため」と、ロードマップにキチンと記されてるんだが?歳入を増大させる手段であるというのならば、具体的にそれを証明しなければならないのは、そのような事実があると主張する側。(続く)
ケイ @qquq3gf9k 2014年3月5日
オチが懐かしい。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「協定は違憲だ。憲法第95条の下、「一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。」グアム協定は、明らかに、沖縄という単一の県にのみ適用される特別法」これ、おかしいとは思わないのですか?国内法と条約をごっちゃにしてるでしょう。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
まだ沢山あるけど、これまでにしとく。これを根拠として持ってくる時点で、だめでしょとしか言いようがない。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「とにかく、アメリカの軍事産業は巨大なのは分かった。」ですか?では聞くけど、どうしてその巨大な業界が絶賛縮小中なんでしょうね?アメリカの軍需企業が合併吸収を繰り返しているのは、軍需産業が全く儲からないからだよ?軍需と言うのはパイの大きさが限定されるため、競合が激しいと儲けが果てしなく小さくなるんです。だから合併することにより共食いをさけている、パイが大きいならば合併する必要もありませんし、経営状況がよければ合併されることもすることありません。吸収も対等も含めて同じです。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
フォーチューン500によれば、アメリカの企業ランキング1位はエクソンモービルで売上約4500億ドルでトヨタの2倍以上、2位はウォルマート、3位はシェブロン、4位もコノコフィリップス、5位がジェネラルエレクトリック。オイルメジャーが1.3.4位を占めている。ちなみに、例瀬音が112位、ノースロップ・グラマンが75位、ロッキードマーチンはアメリカはもとより世界最大の軍需企業ですが、57位でしかありません。ボーイングは民需部門の活躍により35位につけてます。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
これで巨大ですか?ランキング1ケタ皆無の業界が?ではオイルメジャーはなんと表現しますかね?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
あ~、2つ上の誤字訂正。「例瀬音×」→「レイセオン○」ね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
あ~、もう一つ訂正。5位はゼネラルエレクトリックじゃないよ、ゼネラルモータースだよ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
>だからアメリカの大企業がアメリカの政治を牛耳っているのじゃない?軍事産業もこの一部  軍需産業はほとんど影響力ないのに牛耳ってるの?おかしいでしょ、それ。あなたは「1962年にアメリカの元大統領、アイゼンハワーが政治的、経済的、アメリカの精神にまで巨大な影響を与えて、国が乗っ取られるような巨大な軍事産業と政府の共同を軍産複合体と退任演説で呼び、警告した。まさにそれが今アメリカで起きている。」と言ってるでしょ。(続く)
牙王獣太 @k2train 2014年3月5日
自分がデタラメと定義した内容を具体的に反証出来てないから、全く説得力ない。自分が『アメリカの大企業がアメリカの政治を牛耳っている』と言うのなら、その証拠を提示してない限り脳内妄想じゃん。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
それが陰謀論だって突っ込まれてるんじゃない、現実とかけ離れてる事はもう理解してるよね?確かに1960年以前なら、アイゼンハワーの言葉は間違いとは言えないが、現代では明らかに間違いだ。戦争の経済学によれば、戦争により軍需企業が儲けを出せたのは朝鮮戦争までで、ベトナム以降ではむしろ戦争により収益ダウン。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「国が乗っ取られるような巨大な軍事産業と政府の共同を軍産複合体」が事実であれば、どうしてF22の調達は百数十機で打ち切られたのか?なぜにF-35の調達数はコマンチはなぜ採用されなかったのか?なぜに業界が縮小しているのか?実態としては軍需企業には、影響力がほとんどないというのが実態です。ボーイングは空軍の空中給油機の選定がなかなか決まらず、リストラを余儀なくされてたりするんだが、これ、アイゼンハワーの言葉が正しかったらありえない事態だよね。政治的影響力を駆使して、うまく乗り越えてるでしょう。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2014年3月5日
ネオコンの影響力がそんなに残ってるんなら、日本が大使や国務省にハシゴ外されて外交敗戦でボロボロになったりせんのです
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
『だから今のアメリカの軍事費が歴史上最大でそれのどこが「現代では違う」なの。』上で説明してるとおり、全く影響力がないんだが?ベトナム戦争以降は、戦争を起こすたびに収益ダウンしてるんだが?現代の軍需企業は戦争がはじまると収益が減る、なのにアメリカが戦争をするのを止められずにいる。どこにアイゼンハワーが警告した軍産複合体の姿があるのですかね?具体例を提示してもらえるかな。アイゼンハワーが正しい実例を。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
軍事費の伸びは必ずしも、軍需産業の利益を意味しないんだよ。アメリカの軍事費を見ると、イラク戦争時までは上昇を続けており軍産複合体が利益をあげているように一見見えますが、弾薬やガソリンの消耗費、軍隊の滞在経費、人的補償や外部傭兵雇用などなどに多くがまわされており 、軍産複合体の中核となる巨大軍需企業の主目的である、儲けを出す大型兵器の生産受注、さらには開発研究費は減らされているのが現実ですよ?
牙王獣太 @k2train 2014年3月5日
軍産複合体が米帝サマの経済牛耳るレベルなら、世の中は並べて四六時中ドンパチやらないと立ち行かないのが現実になるんじゃね?紛争レベルの軍事衝突しか発生し得ない現代社会でそんな弄れた思考出来る方が凄いわw
牙王獣太 @k2train 2014年3月5日
>『トヨタでさえ日本の政治や経済に膨大な影響力がある』 それはトヨタの存在とその経済活動が衣食住全てに置いて我が国民の生活に影響するレベルなのか?1業界だけで曲がりなりにも世界第3位の経済大国しょってる様な言い方はどうかと思うがねぇ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
『だからこれだけ経済的に規模が大きい産業が』ですか?軍事企業No1のロッキードマーチンですら57になのに規模が大きい?なにを言ってるんでしょうか?自分の言ってる事がおかしい事に気づいて下さいな。私は影響録を行使できなかった事例を提示して、全然だめな事を実証してるんですがね?「「影響力ない」なんていうことが全くのナンセンス」と言うのならば、その影響力を行使した実例を提示してくださいな。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「アメリカは違法にイラクを侵略して、戦争を始めたのですけど」ですか、軍需産業は戦争がはじまると利益は却って落ちるんですが?軍需企業が巨大な影響力を備えてるのならば、アメリカのイラク侵攻は起きなかったはずですが?あなたが提示した例は、あなたの主張を否定して私の主張を裏づけるものですよ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「あとアメリカの軍事費が歴史上最大なのだが?」ですか?でもそれは軍需企業の利益になっていない事は説明済みのはずですが?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「別に国と国の本格的な大戦争が始まるとは言っていないし、それは今の時代では無理だろう。しかしそれでも紛争が起きると、地域的な秩序は乱れる。」ですか、そして軍需企業の利益はより落ちると、アイゼンハワーの時代は遠くなりにけりですな。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
『まあもうちょっと経済を勉強した方がいいんじゃね。こんなの常識だと思うから…「トヨタが日常的な影響を及ぼすわけがない」とか思っている人に何言っても無駄だろう。』ですか?誰もそんな事は言ってないんですが?私は影響力が駆使できなくて軍需産業が不利益を被っている実例を提示しましたが、あなたはまだ、軍需産業がその影響力を行使して自社の利益を保護している実例を提示してないですよね?実例を提示してもらえますか?
こぎつね @KogituneJPN 2014年3月5日
軍需産業にとって一番おいしいのは冷戦期のように安定的に高額兵器の受注がある状態であって、戦争状態じゃないんですわ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
また「アメリカの軍事費が歴史上最大」は間違いですな。http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_int_america-anpo-kokubouyosanによれば、2010年以降はむしろ低下傾向にありますよ。
こぎつね @KogituneJPN 2014年3月5日
第一次大戦でアメリカや日本で戦争成金が発生した記憶が受け継がれているんじゃないかと思いますが、これも欧州という豊かで屈指の工業地帯が戦場になったという最良の条件化で怒ったことであって、地域紛争ごときで儲かるとはおもえないですな。
こぎつね @KogituneJPN 2014年3月5日
地域紛争ではたいてい中国製や中古品といった安い兵器の需要ばかり需要があって高価な兵器は売れません。ウクライナはロシア系の高性能兵器を売りまくって顰蹙買ってましたけど、それだってそれなりの国で無いと売れてない感じです。
こぎつね @KogituneJPN 2014年3月5日
そもそも左翼の人たちがこう考えるのは人間が理性的に話し合えば戦争がおこるはずはないみたいなことを信じてるからじゃないですかね。現実はそうでもないので誰か悪いやつの陰謀が必要になるんです
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
「軍産複合体とは、軍事産業、軍部、政治そしてマスコミともつながっていて、密接に癒着しあっている。」ですか?で、その影響力を駆使してなぜに自社の利益を保護しないんでしょうね?自社の不利益が起きるのををなぜ止められないんでしょうね?影響陸がないとしか言えませんな。影響力がある実例の提示はまだですか。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月5日
追伸、軍部も不利益を被ってるんですが、それも無視ですか?利益をあげている実例を提示してくださいな、出来ないのならそのような事実は無いということになりますが?立証責任くらいはご存知ですよね?
愚者@ C97申込済 @fool_0 2014年3月5日
コメント欄で熱心に中二病語ってる人が居ると聞いて
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
「それでもブッシュ時代の軍費を維持または上まっている」ですか?それは“アメリカの軍事費が歴史上最大”が間違いであることを否定しませんが?一見関係ありそうで関係のない事を云うのは詭弁ですよ。また軍の規模は却って縮小してるんですが?あと影響力の実例まだですか?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
「全く何も分かってもしていないのに、推測だけでベラベラとしゃべる。」ですか、鏡に向かって話していないで、実例の提示をお願いします。まあ、出来ないからこのような言葉が出てくるんでしょうけど。実例が提示できない時点で、あなたの主張は否定されていおるのですがね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
私名実例を提示している、あなたは実例を提示できない。まったく何も分かっていないのはどちらでしょうね?推測だけでしゃべっているのはどちらでしょうね?実例がないにもかかわらず、自分の頭の中でしか通用しない世界観をべらべらしゃべってるのは誰ですかね?繰り返しますが、実例に提示をお願いします。まあ、出来ないから詭弁に逃げることしか出来ないのでしょうけど。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2014年3月6日
最近思うんだが、軍産複合体神話にしろ月着陸なかった真理教にしろ、「言っている人はそれが嘘だとわかって詭弁を弄している」んじゃないかと思ってるんだけど
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
「素人がごちゃごちゃと推測だけで言っても、意味が無い。」ですか?鏡に向かって話さないでと言ったはずですが?私は実例を提示してます、あなたは実例を提示できずにいる。推測(有体に言って妄想)で話してるのはどちらですかね?「私はただ信憑性の高い本などに書いてあることを」ですか、ではソースを提示してくださいな。あなたの頭の中だけの「信憑性の高い本」の可能性が高いと思いますが、キチンとダブルチェックしてますか?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
「あなたには分かりません。」まあ、ソースすら提示できないのだから、あなた以外には理解できないでしょう。あなたの妄想は。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
「実際に経験があったり、勉強をしはっているのです。」そういうのなら実例を早く提示してくださいな、出来ないのはそのような実例が存在せず、あなたの主張があなたの頭の中だけの妄想であることの証明でしかありませんが?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
「安倍は帝国主義者のファシストだが」ですか?少なくとも私はそんなこと言ってないけど?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
「アメリカ研究・分析の政治学などの本を最低でも10冊(ry」ですか、これはあなたが立証責任すら理解してない事を自白してるのと同じですよ?立証する必要とその責任があるのは、そのような事実があるとする方であり、それが立証できるまではそのような事実は無いとするのが学術上でも当たり前ですが?具体的に何のどこに書いてあるのかを提示できない時点で、あなたの主張は根拠なしでしかありませんがな。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
そもそも、あなたが実例を提示すればそれで済む話なんですが、なぜできないんですか?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
「bcxxxの話をしている。」それはどうでも良いですから、自説の立証を。立証責任はあなたにあります。
牙王獣太 @k2train 2014年3月6日
結局回答できないのは、単なる脳内妄想なだけかw
ソフトヒッター99(ネトゲでは17歳JK設定) @softhitter99 2014年3月6日
全部目を通しても…銀行業界が立ち行かなくなった時、日本ではメガバンクが生まれた。それと似たような現象が、アメリカ軍需産業界でも起こった…というだけでしかないようなw
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404569] 『「大企業は政治に影響力はない」とか言っている人に、説明してもそもそも無駄』と言われますが、私はそんなこと言ってないのですが?勝手に人の発言をねつ造しないでもらえますか。アイゼンハワーが言ったような影響力はないと言ってるだけです、で、それを指し示す実例も提示しましたが、あなたは自説を証明する実例を提示できてませんね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404642] 『これぐらいは読んでほしい。 「軍産複合体は本当だ、そして前よりずっと大きい」』題名からして現実を無視してますな、軍需企業は統廃合が進んで絶賛規模縮小中です。ところであなた、自分が提示した資料の内容キチンと読んでる?これ、汚職の可能性を指摘してるだけであり、あなたが言うような事は全く言ってないのだが?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
と言うかあなた、前にも「オバマ対鳩山: 不平等で、違憲で、違法で、植民地的で、虚偽的な米日協定の素性」をソースとして提示してたけど、内容が出鱈目なのはすでに指摘済み。これでよく「私はただ信憑性の高い本などに書いてあることを」などと言えたものです。信憑性という言葉の意味、理解できてますか?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404645] 駄目じゃんこれ(「戦争の裏に巨額の金: 軍産複合体」(Al-jazeera))も、『企業と政府の利益を予算を拡大しながら(以下略)』とか書いてあるけど、予算が拡大しても企業の利益につながっていない事は指摘済みなんだがな。なんで儲かっている業界が、統廃合による縮小を繰り返してるんだよ、ありえないでしょ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
まあ、結局あなたは自分好みの情報をつまみ食いしてるだけであり、その情報うをきちんと検討する作業を怠っていると言えますな。だから私が何度も、何度も、何度も、実例を提示しろと言ってるのに、一つも提示できないんだよ。この事実が、現実がどうなのかを表しておりますな。アイゼンハワーの言葉は、彼が政治家でいたころは正しかったが、未来予想としては誤っていたというだけです。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
繰り返しますが、立証責任はあなたにありますよ。あなたの主張を裏づける実例を提示できない以上は、あなたの主張は否定されますな。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
言っとくけど私は、軍産複合体の存在は否定してないよ。そもそも「軍産複合体」ってのは政治学の用語にすぎないって知ってた?アイゼンハワー発言の前から存在してるんだよ。アイゼンハワーが平和を阻害する一要因のごとくに使ったもの(おそらくアイク自身の理解が足らなかったのだろうね)だから陰謀論に利用されてるけど、本来は学術用語だ。軍産複合体とは政策決定のスタイルがエリート主義のシステムの一類型であり、ミルズという学者がその著書「パワー・エリート」で発表したのが最初。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
条件1『政策決定のアクターとして、軍及び産業界のリーダーが大きく力を持っている場合』、条件2『軍と産業界の意思決定の方向が概ね一致している場合』、そして1と2が重なっている場合に、軍部と産業界を一体となした複合体と呼ぶ事が出来る。もちろんこれは政治学上の分析モデルに過ぎないわけで、実際にはより多くの意思決定のアクターが政策過程にアクセスしている。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
だがミルズと同時期の米国の政治学者は、ミルズと逆の方向で分析を積み重ねていく。基礎自治体の政治、州の政治、連邦の政治と分析を積み重ねてゆく。丹念に政治アクターを分析し、政策によって得た利害得失の星取り表を作るみたいな分析を、より下位の政府から順々にさまざまな政策課題に関して積み重ねていく。そうすると軍産複合体以外にもあるはあるわ、政府の意思決定に強い影響を与える主体が数限りなくあらわれて来たんだな、これが。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
要するの軍産複合体と言うのは、政治学上の『見方の一つ』でしかないんだよね。そもそも『軍』と『産』で分ける考え方そのものがおかしいと言えるわけで、軍需企業はたいてい民需も持っており、しかも民需の利益が軍需の4倍程度はある。つまり『軍』よりも『民』のウエイトの方がよほど大きいわけ。だから下手に戦争を起こせば、『民』の収益が減って(ちなみに現代では『軍』ですら戦争をすると減る)却って不利益になる。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
“ちょっと考え”ればわかる事なんだが、これほど資本主義が異常に成長した現代では、民需をうまくコントロールしたほうが企業は儲かる。今でも米国では軍産複合体の死に損ないがいくらか存在しますが、民需でうまく立ち回らないと会社が立ち行かないのが現状です。たとえばF-15などを開発生産していたマクドネルダグラスは、湾岸戦争に端を発する航空不況を乗り越えられずにボーイングに吸収合併されてしまった。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
軍需では好調だったのにね。また米軍の受注額ベスト3は全て航空機メーカー(ボーイング、ロッキードマーチン、ノースロップグラマン)だが、軍用機の発注は増えるどころか減らされる傾向にある。トップでこの状態なんだから後は推して知るべし。しかもいずれも民需の方が規模が大きい、戦争が起こると空輸のコストが上がるため、それを補うために30年で買いかえる予定だった機体を35年使ったりする。そうすると航空機メーカーは大きな痛手を受ける。マクドネルダグラスは、それを乗り越えられなかった。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
なぜ自陣営の不利益になる戦争を、“軍産複合体”は“その影響力”を行使して阻止しなかったんでしょうね?それはそんな力が、“軍産複合体”にはないからです。業界合わせても二百億ドルの利益“しか”(メジャー大手1社にすら及ばない)あげられない“軍産複合体の影響力”なんて、この程度のモノです。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
しかも今後ますます、「献金によって議員に対し影響力を持つ」ことは少なくなる事が確実だったりする。ネット献金がすべてを変えた。インターネットによる政治献金が可能になったことで、大統領候補などの政治家にとって献金集めの意味が完全に変わってしまったのだ。今では候補者は献金者を求めてお願いしまくる必要はなく、人々にアピールする強力なメッセージを発信すれば献金はネットで向こうからやってくる。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
“アイゼンハワーが危惧したような”軍産複合体なんて、どこにも存在しないのです。その証拠に、あなたは今までその影響力の実例を提示できないでいる。それはそんなものが曲種にすぎず、事実上存在しないに等しいからにほかなりません。(終わり)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
誤字訂正「曲種×」→「極小○」
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2014年3月6日
[c1404700] 日本だけの独善的な正義よりははるかにマシだと思われ>アメリカの正義
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404784] 「そんなことは全く書いていない。ウソをつかないでほしい。」いや、書いてあるんだが?「But the combination of real threat and opaque multibillion-dollar budgets leads inevitably to a lack of transparency and accountability. 」とね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
上の翻訳は「しかし、 本当の 脅威 と 不透明な 数十億ドルの 予算 の 組合せ は、必然的に 透明度 と 責任 の 欠如 に 至ります 。」となります。透明度の欠如と責任の欠如、これは汚職の温床なんですがね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] 「殆どのアメリカや諸外国の評判の高い記事とその深い研究や調査によると、軍産複合体は存在する! 2) 専門家の大学教授も軍産複合体は存在すると言っている!3) 無数の政治学などの専門家の本には、軍産複合体は存在すると書いてある! 」ですか、そりゃそうですよ、上できちんと説明してますが、政治学上の用語ですから。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] 「しかし……あるツイッターのお仲間達によると…軍産複合体は神話でありフィクションであり、陰謀論なのだ…!」軍産複合体が“存在する事”は、あなたと私の共通認識なんですよ。神話なのは「アイゼンハワーが警告した軍産複合体の脅威」であり、陰謀論なのはそれ(アイゼンハワーの警告)を膨らませてまるでアメリカを裏から操っているというような言説です。、読んでいないようなので、以下に軍産複合体についてコピペ再掲(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] 言っとくけど私は、軍産複合体の存在は否定してないよ。そもそも「軍産複合体」ってのは政治学の用語にすぎないって知ってた?アイゼンハワー発言の前から存在してるんだよ。アイゼンハワーが平和を阻害する一要因のごとくに使ったもの(おそらくアイク自身の理解が足らなかったのだろうね)だから陰謀論に利用されてるけど、本来は学術用語だ。軍産複合体とは政策決定のスタイルがエリート主義のシステムの一類型であり、ミルズという学者がその著書「パワー・エリート」で発表したのが最初。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] 条件1『政策決定のアクターとして、軍及び産業界のリーダーが大きく力を持っている場合』、条件2『軍と産業界の意思決定の方向が概ね一致している場合』、そして1と2が重なっている場合に、軍部と産業界を一体となした複合体と呼ぶ事が出来る。もちろんこれは政治学上の分析モデルに過ぎないわけで、実際にはより多くの意思決定のアクターが政策過程にアクセスしている。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] だがミルズと同時期の米国の政治学者は、ミルズと逆の方向で分析を積み重ねていく。基礎自治体の政治、州の政治、連邦の政治と分析を積み重ねてゆく。丹念に政治アクターを分析し、政策によって得た利害得失の星取り表を作るみたいな分析を、より下位の政府から順々にさまざまな政策課題に関して積み重ねていく。そうすると軍産複合体以外にもあるはあるわ、政府の意思決定に強い影響を与える主体が数限りなくあらわれて来たんだな、これが。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
要するの軍産複合体と言うのは、政治学上の『見方の一つ』でしかないんだよね。そもそも『軍』と『産』で分ける考え方そのものがおかしいと言えるわけで、軍需企業はたいてい民需も持っており、しかも民需の利益が軍需の4倍程度はある。つまり『軍』よりも『民』のウエイトの方がよほど大きいわけ。だから下手に戦争を起こせば、『民』の収益が減って(ちなみに現代では『軍』ですら戦争をすると減る)却って不利益になる。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] “ちょっと考え”ればわかる事なんだが、これほど資本主義が異常に成長した現代では、民需をうまくコントロールしたほうが企業は儲かる。今でも米国では軍産複合体の死に損ないがいくらか存在しますが、民需でうまく立ち回らないと会社が立ち行かないのが現状です。たとえばF-15などを開発生産していたマクドネルダグラスは、湾岸戦争に端を発する航空不況を乗り越えられずにボーイングに吸収合併されてしまった。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] 軍需では好調だったのにね。また米軍の受注額ベスト3は全て航空機メーカー(ボーイング、ロッキードマーチン、ノースロップグラマン)だが、軍用機の発注は増えるどころか減らされる傾向にある。トップでこの状態なんだから後は推して知るべし。しかもいずれも民需の方が規模が大きい、戦争が起こると空輸のコストが上がるため、それを補うために30年で買いかえる予定だった機体を35年使ったりする。そうすると航空機メーカーは大きな痛手を受ける。マクドネルダグラスは、それを乗り越えられなかった。(続く
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] なぜ自陣営の不利益になる戦争を、“軍産複合体”は“その影響力”を行使して阻止しなかったんでしょうね?それはそんな力が、“軍産複合体”にはないからです。業界合わせても二百億ドルの利益“しか”(メジャー大手1社にすら及ばない)あげられない“軍産複合体の影響力”なんて、この程度のモノです。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] “アイゼンハワーが危惧したような”軍産複合体なんて、どこにも存在しないのです。その証拠に、あなたは今までその影響力の実例を提示できないでいる。それはそんなものが極小にすぎず、事実上存在しないに等しいからにほかなりません。(終わり)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] わかりますか、軍産複合体と言うのは、政治学上の一見方にすぎないのです。その存在は否定されておりません。否定されているのは、“アイゼンハワーが警告したような軍産複合体”です。誤魔化してないで、早く実証してくださいな。そのような事実があるというのならば、実例を提示してください。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] その通りですが何か、既述ですが詳細は以下で。(続く)>軍産複合体は神話でありフィクションであり、陰謀論なのだ…!な、なんと、これは画期的だ、これは、これは正しいに違いない!!!!!
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963]本来750機のはずだった F22の調達数は187機で打ち切られました、“国が乗っ取られるような巨大な軍事産業と政府の共同体”である軍産複合体は、なぜその影響力を駆使してそれを阻止し得なかったのでしょうか?国家を乗っ取るような力があるんですよね?(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963] 公費380億ドルとボーイングの持ち出し80億ドルを投入したコマンチはなぜ採用されなかったのか?“国が乗っ取られるような巨大な軍事産業と政府の共同体”である軍産複合体は、なぜその影響力を駆使してそれを阻止し得なかったのでしょうか?国家を乗っ取るような力があるんですよね?(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
[c1404963]軍産複合体の影響力なんて、こんなものなのですよ。私はその存在を否定しておりません、というか認めてます。但し、その影響力については「アイゼンハワーの警告は、現代では的外れ」でしかないと言ってるのです。ポール・ポーストの著書「戦争の経済学」によれば、戦争で軍需産業が潤ったのは朝鮮戦争まで、それ以降は戦争では儲けていないと結論してます。100社合わせてもオイルメジャー1社に及ばない軍需企業は間違っても“国が乗っ取られるような巨大な産業”ではありません。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
あ、ちょっと勘違いしてた。380億ドルと言うのはコマンチの取得費用だ、開発費ではない。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月6日
話を纏めると、軍産複合体と言うのはとどのつまり「圧力団体」の一つであるが別に飛び抜けているわけじゃないということ。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月6日
いわゆる「軍産複合体」でいくと、フォーチュン500などの企業のトップテンは全部軍事関連会社になります。ちなみに、2012年版がここに。 http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune500/2012/full_list/
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月6日
また、トップテンに入ってるゼネラル・エレクトロニクスの軍事部門の売り上げは全体の28%であり、アメリカ最大の航空機会社であるボーイング(フォーチュン500では39位)ですら、48%しかありません。 ロッキードやジェネラル・ダイナミクス、レイセオン、ノースロップグラマンなどは五十位にすら入っていない事実を考えても、 tetteikaikyouさんがおっしゃられるように、一圧力団体に過ぎず、死の商人ならぬ「瀕死の商人」です。
牙王獣太 @k2train 2014年3月6日
まあそもそも、日本と国家戦略が異なり過ぎる変態紳士の変態島国を引き合いに出してまで、常識的な防衛力をキープしようとしている現政権のフツーな行動を揶揄して何が楽しいのかw
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月6日
余談ですが、F15のライセンス生産や90式・10式戦車を生産し、各種護衛艦・潜水艦を建造している日本最大の軍需企業である三菱重工業ですら、軍需部門の売り上げは総売上高の10%しかありません。三菱重工ですら残りの九割が民間向けです。だからこそ、他国の軍需産業のような統廃合の流れが起きていないわけですが。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1405624] >2010年における軍需産業企業トップ100の世界販売は32兆4769億円(4111億ドル)   あの・・・2012年のフォーチュン500ですと一位であるエクソンモービルの売上高は約4529億ドルなんですが、そのソースだと軍需産業百社よりも、モービル一社の方が遙かに発言力が高いことになりますが? それに、私ら別に軍産複合体というものが「ない」とは言ってません。あるにはあるけど、サイボーグ009に出てくるようなブラックゴーストみたいな力はないと言ってるに過ぎません。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
>期待されたような 「平和の配当」 による平和でかつ民主的な世界の実現は幻想に終わった。 世界各地で民族・地域紛争が相次いで勃発し、「冷戦時代の遺物」 であるはずの軍事同盟と巨大な軍産複合体が存続することになったからである。 まず、この大前提が大間違い。むしろ冷戦という軍拡競争と緊張感があったからこそ、民族紛争が押さえられていました。その一番の例が、史上最悪とまで言われたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
ボスニア・ヘルツェゴビナがあるバルカン半島は、WW1の引き金になった民族紛争が絶えない地域でしたが、WW2終結後、パルチザンとしてナチスドイツと戦っていたチトーの元でクロアチア、セルビア、モンテネグロ、ボスニア、マケドニアなどの地域がユーゴスラビア連邦として統一されていました。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
ところが、チトーが病死し、冷戦が崩壊したと同時に、それぞれの民族間における緊張感が解け、あっという間にユーゴスラビアは崩壊、特にクロアチア人とセルビア人、そしてムスリムが入り交じったボスニア・ヘルツェゴビナでは三国志のように血を血で洗うような壮絶な内戦を引き起こします。そのインチキ教授の理屈だと、冷戦が終結したら、ユーゴスラビアは崩壊することは無かったでしょうね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
自分で影響力の強さ認めてどうするんですか? エクソンモービルはかのロックフェラー財閥の源流であるスタンダードオイルから独占禁止法で分離した会社です。 オイルショック以前まではそれこそ、世界は彼らの言い値で石油を買わされていました。言っておきますが、石油メジャーのほうが遙かにあなたの中の「軍産複合体」よりも巨大な組織です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
>とにかく、軍産複合体はない、もしくは影響力は小さい、なんて言っている専門家や研究者は、なぜか一人も出てこないね。 あなたのソースの人も別に「専門家」ではないですよね。少なくとも「軍事」と「政治」と「経済」の。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
すでにF22の件でもあったように、アメリカ海軍は艦載機をF14からF/A18に機種転換しましたが、最大の理由は「F14は金食い虫」だったからです。映画トップガンなどでも有名な機体ですが、高額な火器管制システムや燃費の悪さと、可変翼を採用したことによる整備性の悪さなど、兎に角、運用するのに金がかかったので、アメリカ海軍はF14からF/A18に切り替えたわけです。あなたの理屈でいくと、金がかかればかかるほど儲かるはずですが、これはどういう理由なんでしょうか?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
チャルマーズ・ジョンソンって普天間から海兵隊撤退させようとした人ですね。ちなみに、アメリカは中国に近い韓国から在韓地上軍を完全に2016年をもって撤退させるつもりですが。また、在韓米軍はニクソンからカーター時代から削減が続いている状況ですけど。 で? こうした流れをあなたが言う「軍産複合体」があるとするならば説明がつかないんですけど。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
あなたが言う「軍産複合体」のイメージは、かの石ノ森章太郎先生のサイボーグ009のブラックゴーストとしか思えませんね。二次元における「悪」としての定義は斬新ですが、現実は百社そろってエクソンモービル一社と同じ売上高しかない(しかもトップテンにすら入っていない)存在に、そんな力があるのか? この「疑問」が論点であることをお忘れなく。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
>普天間から海兵隊撤退させて何が悪いのだよ 中国の備えはどうするつもりです? まさか憲法九条が日本を守ってると未だに信じてるような、元寇の時に神風が吹いたのは俺たちのおかげだ!と幕府に恩賞くれと押しかけた貴族や僧侶のような絶滅種ですかなあなた?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
>ロイター通信にこんなのが。 >http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPTK827057020130108 米「財政の崖」回避法の制定で2013年度国防費削減額は170億ドル減=国防総省財務責任者
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
>軍産複合体は兵器や機械やロボットの製造のことだ、軍隊が減っても軍事産業は減らない。つまりこの傾向は軍産複合体を説明している。 誰も減らないとはいってませんが? 私らが言ってるのは「だったらなんでこんなに儲かってないの?」と言ってるんですけど? 
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
「基地」は日本を守らんでしょう。守るのは「アメリカ政府」であり「アメリカ軍」なんですから。第一、アメリカと軍事同盟を結んでいる国は日本だけじゃありませんし、ユーゴ紛争もコソボもアメリカはNATOに加盟していたからぎりぎりまで地上軍を投入せず、結局参戦しました。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
で? あなたがいうエクソンモービル一社にも敵わない軍産複合体百社の実力って何なんですか?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
>http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37282 >>強制削減からは、現役将兵の給与と戦費(現在進行中の軍事作戦に直接関連する費用)は特別的な例外とされる(中略)現役軍人の給与はカットしないため、人件費総額を9%カットするためには現役軍人以外の国防省・軍関係者の給与を削減して帳尻を合わせる必要がある。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
で? あなたがいう漫画の世界みたいな「軍産複合体」ならぬ「ブラックゴースト」は本当に存在するんですか?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405594] その中身が出鱈目なのは指摘済みなんだが?検証能力がない時点であなたはだめだめです。>キミたちは専門家なの?政治学者なの?研究者?ちゃんと研究・分析したの?私は無数の専門家や研究者やジャーナリストを言及したのだが?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
誰が儲かっていないなんて言っているの? だったらロッキードやBAEをウィキってください。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1405709] 湾岸戦争もベトナム戦争も、朝鮮戦争も、全部先に手を出したのはアメリカじゃないんですけど。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405601] リクエストに答えましょ、【突っ込みその1】『冷戦終結時において、 ワルシャワ条約機構のみならずNATOも日米安保条約も消滅するはずであった。』ですか?少なくとも日米安保に関しては全く当てはまらない。極東では冷戦構造は崩れておらず、北朝鮮の弾道弾実験や核開発などナチス張りの瀬戸際外交が実行され、中国は南沙・西沙で周辺国と対立していた。マーフィーの法則にあるように「すべての解決は新たな問題を生む」>はよこの大学教授が言ってることが間違っていると証明しろよ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405601] 【突っ込みその2】『その最初の大きな契機となったのが湾岸危機・戦争(1990~91年)であった。(中略)米国単独あるいは米国主導の 「有志連合」 (NATO軍や多国籍軍、 国連PKOの平和強制部隊を含む)による一方的な武力行使が繰り返され、 存続の危機に直面していた軍産(学)複合体が息を吹き返すにいたった』どうしてこの短い文章の間に、ここまで間違いを犯せるのか?以下で詳細に突っ込む。(続く)
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1405717] そりゃ単なる取引高でしょ。ロッキードマーティンの売上高における軍事費の割合は世界一のなんですから。ちなみにそのソースだと、拳銃や自動小銃まで作ってるそうですが、ロッキードマーティンがそもそも何を作ってる会社かあなた知ってますか?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
突っ込み2-1、湾岸危機・戦争(1990~91年)、ソマリア(1993年)、ボスニア(1995年)、 スーダン(1998年)、コソヴォ(1999年)等これらはすべて、アメリカもしくはNATO以外の勢力が引き起こした武力行使に対する対応である事。無視した方が事態は悪化する。
ソフトヒッター99(ネトゲでは17歳JK設定) @softhitter99 2014年3月7日
日本的な官界と業界の癒着にも、巨大な超科学のフィクションの陰謀組織の存在にも、簡単に使用できてしまう便利な用語だよね~w 使用の幅も、学術論文や大統領の演説から市井の陰謀論者まで…ある種のモンスター概念だよなw
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
突っ込み2-1-1、湾岸戦争は“イラク”が“クェート”に侵攻した事により引き起こされている。なお、クェートはアメリカの同盟国であり、アメリカが対応するのは条約に法るものなんだが?ソマリア、ボスニア、スーダン、コソボもその国家や地域の内戦を止めるための活動です。ソマリアは国連PKF活動の一環だし、ボスニアとコソボは(アメリカ以外の)NATO主導でアメリカはお付き合いしてるだけ。スーダンは単なる事実誤認(既にアルカイダを追い出していた事をつかんでいなかった)から。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
突っ込み2-2、ちっとも軍産複合体が息を吹き返していない件、この木村教授、全然現実が見えてない。大手軍需企業のマクドネルダグラスは、湾岸戦争が遠因となり会社がつぶれてるし、ほかの大手軍需企業もドル箱の大型兵器の開発の遅れを招き、中には計画が中止になったものもあるなど、むしろその収益は悪化したのが現実。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405601] 【突っ込みその3】『このようなNATOによる域外への武力行使の発動は、21世紀初頭に行われる対アフガニスタン攻撃でも再び繰り返される』ですか。いや、これは域外も何も、アメリカというNATO加盟国に対する攻撃に対してのNATOによる反撃なんだが?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405601] 【突っ込みその4】『核兵器を 「使える兵器」 として位置づけ、その先制使用を 「選択肢」 の一つとするという方針を打ち出していることだ。 (中略)これら 「ならず者国家」 「テロ(支援)国家」 に対しては核兵器による先制攻撃を行うのが最も効果的だ、と表明した』ですか、事実は違いますが。アメリカは「核兵器の先制使用」をそもそも否定しておりませんし、ならず者国家に核の先制が有効だとも発言しておりません。そのような事実があると言われるのなら証拠を提示してください。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405592] 【突っ込みその5】『この 「ブッシュ・ドクトリン」 を先取りしたのがアフガン戦争だとするならば』ですか?アフガンは911への反撃です。終了。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405601] 【突っ込みその6】『(前略)アイゼンハワー米大統領が1961年1月の告別演説で警告した軍産(学)複合体の存在である。(中略)目下急速に進められようとしている 「ミサイル防衛構想」 「宇宙への軍事化」 や 「戦争の民営化」 がそのことを如実に示している。』ですか?BMDは消耗品を扱うだけに儲けはかなり薄いのですが?戦争の民営化も同じ、PMCで企業ランキングの上位に食い込んでいる会社は無い。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405601] 【突っ込みその7】「 米国の正義が必ずしも普遍的な正義ではないことが明らかになった現在」ですか?いや、そんな当たり前のことを言われてもですよ。と言うかそもそも、国際関係を見るのに「正義」を持ち出す方が非常識、国際関係は利益か不利益かで見るのが、地政学の常識です。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405601] 【突っ込みその8】『日本国憲法が禁止する集団的自衛権の行使』ですか?そんな条文はどこにもありませんが?そもそも日本国憲法は、自衛権を否定しておりません。それは第9条でも明らかなんですがね。国際紛争の解決のための武力行使を禁止するという事は、それ以外の武力行使は全くOK(条件を指定して禁止している以上論理的にそうなる)なんですが?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405601] 【突っ込みその9】『武器輸出禁止原則の緩和』ですか?これは武器輸出3原則を盛大に誤読してるか、そもそも読んでなくてテキトーな事を言ってるかのどちらかですな。武器輸出3原則は“原則として日本の武器輸出を認めている”んですけどね。武器輸出3原則は「3つの条件のどれかに当てはまる国には武器を輸出しない」という内容であり、それはつまり3つの条件に当てはまらない国になら輸出してもOKなんです。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405601] まだまだいっぱいあってとてもすべてには突っ込みきれないのでこの辺に、これをソースとして持ってくる時点で、あなたが駄目であることが明白なんだが?あなたは「ミたちは専門家なの?政治学者なの?研究者?ちゃんと研究・分析したの?」と言ってるが、これはあなた自身にこそ言える事なんですよ?あなたは専門家ではないし、研究者でもないでしょう?その点で私たちは対等であり、あなたは私の指摘にまともに答えられずにいるじゃないですか。まずはキチンと、自説を立証する事から始めて下さいな。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
武器輸出3原則の捕捉、ではなぜ日本は武器輸出が“ほとんど”行われていないのかと言えばそれは、政府が自主規制しているからにすぎません。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405608] だから、基礎がわかってないのはあなたの方。軍産複合体で癒着や汚職が問題なのは当たり前でしょ、あなたが言ってるような政府を裏から操るような能力がないと言ってるんだがね。>そもそも軍産複合体とは原発ムラと同じく、癒着と汚職が問題なのだが?そんな基本的な概念も分からず、軍産複合体のことについては語らないでほしいね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405616] 『素人が匿名でツイッターでごちゃごちゃと何とでも言える。』ですか、今あなたがそれを実行してるじゃないですか、鏡見ろですね。『しかし、何の検討もなくそれが正しいわけでもない。』ですか、同じくあなたが検証した形跡が見られないんですが?『当たり前だ。「軍産複合体はない」はデマにしかすぎない。』ですか?人の主張を捻じ曲げないでもらいましょうか?“あなたが言うような事実は無い”と言ってるだけで、軍産複合体自体は否定しておりません。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405624] それが全然、軍産複合体の儲けになっていない点について答えて下さいな。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405657] 私への発言ではないけど見てられないので、これはそのままあなたにも言える事ですね、素人がごちゃごちゃ言っちゃいいけないのなら、まずはあなたが黙るべきですな。>だからお前らみたいなド素人が勝手にごちゃごちゃと言うなって。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405709] あらゆる専門家ではなく、一部の専門家ですな。専門家が間違えないとでも?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405683] あなたが漫才でしょう、人の反論にろくに再反論d系てないんですから。この時点でだめなんですよ。キチンと反証できない時点で、あなたの言説は否定されます。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
軍産複合体陰謀論を成立させるには、軍産複合体が戦争で儲けていると言う事実を指摘するだけで済む。ですが一向に出来ないのはなぜですか?そのような事実が存在しないからです。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405706] そのハイテク兵器の研究開発がストップし、生産が打ち切られたり減少したりする戦争を起こすのは、軍産複合体にとってマイナスでしかないと指摘してるんですがね?ハイテク兵器が軍事産業のドル箱だというのを勝手に否定した事にしないでくれます?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405713] ええ、政府を含んでますよ。戦争は政治により行われるものですからね。ですがそれは、軍産複合体陰謀論の否定に他なりませんがね。なぜなら戦争は、軍需企業にとっては儲けを減少させるからです。ですが軍需問いは、政府がその主要発注先であり、軍需産業は政府には逆らえません。つまり、政府と軍需産業は切っても切れない関係にあるが戦争においては、その利害が対立するんです。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405727] 陰謀論は売れるからね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405728] まずは戦争で軍需が儲けているという事を証明してくださいな、それが出来ない時点であなたの主張が否定されるだけです。専門家だろうが素人だろうが、言うだけならだれにもできるんですよ。ですがそれが定説となり事実であると認定されるのには証明という過程が必要です。証明なしに事実認定された事例はありませんが?ところで軍産複合体陰謀論はいつ、定説となり事実認定されましたか?キチンとと答えて下さいな。
牙王獣太 @k2train 2014年3月7日
[c1405820] 詭弁のガイドラインそのものじゃんwww 指摘された事に対して回答出来ずに論点逸らす。 寝言は寝てから言って下さい。
牙王獣太 @k2train 2014年3月7日
[c1405886] 莫迦かw tetteikaikyouさんが既に『大手軍需企業のマクドネルダグラスは、湾岸戦争が遠因となり会社がつぶれてるし、ほかの大手軍需企業もドル箱の大型兵器の開発の遅れを招き、中には計画が中止になったものもあるなど、むしろその収益は悪化したのが現実』→『まずは戦争で軍需が儲けているという事を証明しなさい』と言ってるじゃんwww 文脈読もうねw
たちがみ @tachigamiSama 2014年3月7日
そんなミラクルでサイキョーな企業なら暴露本とか出版させないし、作者も闇に葬ってしまう()のじゃないのかなー
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2014年3月7日
「トヨタも軍需品を輸出している!その証拠に、アフリカなどの紛争地域で、機関銃やロケット砲を搭載したトヨタのロゴ入り車両が走り回っている!トヨタ テクニカルで画像検索してみろ!」とまぜっかえしてみるテスト。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1405951] ウォールストリートジャーナルやニューヨークタイムズやワシントンポストは非上場ですけど? 未上場の企業をどうやって買収するんですか? というか、あなた、上場と非上場の区別分かってます? 
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1405940] そのソースはどこにあるんですか? ちなみに、フォーチュン500のトップテンの営業利益ですら、約1400億ドルなんですが? さらに、ロッキードマーティンの純利益は約27億ドル。エクソンモービルは約410億ドルです。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1405920] http://www.sjac.or.jp/common/pdf/kaihou/201203/20120304.pdf 正確には2013年度予算は6,139億ドル。しかも、オバマ大統領は十年で4,869億ド ル削減、一年で約489億ドルも削減することを一昨年から実施してますが?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
さらにこのソースだと、装備品調達費は1,085億ドル、研究費は697億ドルと、2012年度に比べて特に装備品調達費は二百億も減らされてます。さらに予算の半分以上がが作戦行動費と、人件費ですから、あなたのいう「年間2000億ドルの利益」はどこから捻出したものなんですかね?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1405940]その理屈でいくなら、リーマンブラザーズは倒産することはありませんね。ということは、リーマンショックも起きません。そもそも、リーマンショックってなんだか知ってますか? 何事にも限度というものがあります。アメリカ政府は打ち出の小槌を持ってるわけじゃないんですよ。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1406228] おっと失礼。ワシントンポストはこちらのミスですが、年々削減されてる「研究費」と「装備品調達費」はどう説明するつもりなんですか?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1406228] トヨタと同じぐらいの規模のアメリカ車会社GM。 GMは2003年時点でGMディフェンス社というM1戦車やストライカー装甲車を製造する子会社を、ジェネラルダイナミクスに売却してます。ちょうど2003年といえば、イラク戦争が始まった年ですが、あなたの理屈だと、何で格下のジェネラルダイナミクスに「莫大な利益がでる軍需部門」を売ったんでしょうか?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1406249] ソースは出しました。ではあなたの根拠はどこにあるんですか? 否定するだけの数字と論拠をお願いします。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405920] 『戦争でどうやって軍需が減るのかを、説明してください(ry』ですか?一度でも調べればわかる事だろうに、確かにアメリカの軍事費を見るとイラク戦争時までは上昇を続けており、一見すると軍産複合体が利益をあげているように見えるのだが、実際の予算の使い道は弾薬やガソリン代、軍隊の滞在経費、人的補償や外部傭兵雇用に多くがまわされており、軍需企業を潤わすハイテク兵器や大型兵器などには全く予算が回らなくなる。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405920] 燃料屋や弾薬生産業者や被服業者や民間軍事企業はそれなりの収入増になるが、ハイテク兵器など大型兵器に比べ利ザヤが薄い(必要経費でほぼ消える)ものばかりで、軍需大手から見たらその経済規模は遥かに小さく、これらの業者が軍産複合体に含めて良いのかは、かなり疑問だ。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405920] そして予算が有限である以上、燃料弾薬代や輸送滞在費や人件費(手当増額など)などの戦争遂行費用をどこからか工面しなければならない。そしてそれをどこから持ってくるのかと言えば、研究・開発予算からなのです。アメリカの軍事予算はGDP比で約4%前後、そのうち約1%を研究開発予算に充てている。(続く)
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月7日
[c1406293]あんたアメリカは「日本なんか守ってくれない」とか言ってましたよね。どんだけ主張が二転三転してるんですか? 私らが言ってるのはあなたが主張する「軍産複合体は莫大な利益を生む」「軍産複合体は絶大な権力を持つ」というのはおかしいと主張してるんですが? 論点ずらしはやめてもらえます? 
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405920] 研究・開発されるはずだった兵器を受注できなくなり、軍需大手は痛手を受けます。そして研究開発費以外にも、金のかかる大型正面装備(含むハイテク兵器)の生産を遅らせたり、発注数が減少したり、下手をすると受注がキャンセルされる場合もある。大型正面装備は大手軍需企業のドル箱であり、これが減るとダイレクトに収入が減る。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405920] たとえば2008年度の世界軍需企業売上2位のボーイング社の売上高は3208000万ドルですが、2005年度は5484800万ドルで、軍事予算は増えているのですがボーイングの収入は減っているのです。380億ドルの大型受注になるはずだったコマンチが開発中止になるわ、次期空中給油機はなかなか決まらないわで泣きっ面に蜂状態です。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405920] そして正面装備の発注減少は、ただでさえ限定されていたパイの大きさが、さらに縮むことを意味します。市場縮小の影響は業界内競争の競争激化を生み、企業の統廃合が進んでゆきます。さらにその影響が政府内でも展開され、軍産複合体としてひとまとまりの勢力であることができなくなっているのが現状なんですよ。軍事費の増大が軍需企業を潤さないのはすでに説明済みのはずですがね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1406276] 実際に大幅削減されてるんですが?見事に外してますね、その予想。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1405930] 上にも記しましたが、被服業者や燃料屋や民間軍事企業など利ザヤの少ない企業の利益なんてタカが知れてるんですよ。どの業種も企業ランキングの2ケタにすらランクインしない企業です。軍需大手の(軍需部門の)収入は、却って減っている。>アメリカの軍事予算が一年間7000億ドルで、その多くが軍事産業に送られ、それが経済的な影響力はないだと
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
[c1406320] 論点ずらしてるのはあなたの方ですな、私が指摘してる『“国が乗っ取られるような巨大な軍事産業と政府の共同体”の影響力の実例』の実証から逃げ回ってるのはどなたですか?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
軍事ライター・井上浩司氏のブログに、アメリカの航空宇宙・防衛産業が集まって構成する業界団体・AIA (Aerospace Industries Association) がまとめた報告書の要約(http://kojii.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_e266.html)が載っている。それによれば、『国防予算全体の伸びと比べて、装備調達・研究開発関連の伸び率は低い。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月7日
(続き)これは、(進行中の戦争のために) O&M (Operation and Maintenance) 経費、兵士の待遇改善のための経費、戦闘で損耗した装備の修復・補充にかかる経費が嵩んでいるため。そのせいで、装備の近代化に必要な調達や研究開発に回る資金が不十分になっている。』だそうな。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月8日
で? その流れでいくなら、アメリカはイラク戦争で大利益を得たでしょうし、サブプライム問題も起きなかったでしょうし、したがって、リーマンショックも起きなかった。新聞を毎日きちんと読んでればそれがトンデモ話であることは自明の理というものです。逆になんで、現在の流れになったのか、説明してくださいよ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月8日
[c1406826]映画がソースになると思ってる時点でダウトでしょ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月8日
[c1405714]それが全然できてないから、大した影響力を持ってないと指摘してるんだが?自分の頭の中だけでしか通用しない妄想ではなく、現実を見なさいよ、現実を。>軍産複合体は「悪」でもない。ただ金儲けや現状維持や利権のために、システムを存続させているだけだ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月8日
[c1406826] 巨大化する軍産複合体ねぇ、苦笑しか出てこねぇな。戦争のおかげで市場が縮小して、統廃合が進んでだんだん小さくなってる業界なのに。
牙王獣太 @k2train 2014年3月9日
結局自説のソースすら映画ってwww
ねらっずーり @Nerazzurri1972_ 2014年3月9日
まだ軍産複合体とやらは実は軍人の天下り構造だというのを理解しない人がいたのか。
バラライカ宮崎 @b_miyazaki 2014年3月9日
アイゼンハワー時代の軍産複合体の問題は、「冷戦のおかげで戦争が無くても軍需産業が儲かるシステムが出来てしまった」ということなので、冷戦が終結すればシステムが崩壊するのは当然かと。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月9日
[c1408610] それはあなたの単なる思い込み、天下りは日本特有の現象ではないんだよ。ヨーロッパの多くの国では中途退職した官僚が、関連団体のポストにつくことがしばしば行われている。アメリカにおいても退官した軍人、ワシントンD.C.の官僚が関連団体に迎えられるのは決して珍しくない。ただし名目上のポストに回される日本の場合と異なり、彼らは実権のあるポストにつき、影響力を行使する。>天下りは米国ではあまり存在しない
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月9日
[c1408610] 例えば1968年には、主要軍需業の3分の2以上をやっていた100社は、その給与名簿に2072人の退役した高級軍人(大佐以上の階級の将校)を抱えていた。天下りは外国でも、普通に存在するんだよ。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月10日
[c1408610] あるよ。元軍人や官僚や情報機関の人間がシンクタンクで働いたり、普通に関連企業に再就職したりする。特にシンクタンクとかだと政治家と結びついているロビイストと、手を組んだりしてる。 それより、こちらの質問にも答えず、勝手に逃亡してデマをまき散らすのはやめてほしい。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月10日
[c1409221] 反論、あなたの提示した資料で正しかった例は「一つも」ない。だったらフォーチュン500を公開しているアメリカフォーチュン社に直訴でもしてきてください。門前払いされるのがオチでしょうけど。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月10日
[c1409221] で? じゃあ何でイラク戦争で利益が出るはずだったのに、そのまっただ中でGMはM1戦車を生産していたGMディフェンス社をジェネラルダイナミクスに売却したのか? 何で、ロッキードマーティンを含めた、各国軍需企業は合併し続けているのか? 何で、湾岸戦争でマクダネルダグラスはボーイングに吸収されたのか? 教えてくださいよ。戦争で儲かるんでしょ、軍産複合体は?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月10日
[c1409221] 都合の悪いコメントを消してる人に正しさの是非を問う視覚すらないと思いますが?その手段を使った時点で名誉毀損も何も、もはや失われる名誉すらあなたにはありません。将棋で言うなら完全なる詰みです。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月10日
[c1409221]http://togetter.com/li/640169ちなみに、あなたが消したコメントは一応、こちらに保管されてるので。私ならここまでされたらツイッターやめますけどね。恥ずかしくて。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月10日
[c1409221] あなたの意見が正しいのなら、なぜにブロックしたり反論を削除したりする必要があるのですかね?自分に都合が悪いから、そのような手段を取らざるを得ないんでしょう?この行動(ブロック&削除)は、あなたの主張が間違っていると、あなた自身が認めているのと同じなんですけどね。>お前らの言っていることの正しかった例がない。
マルンボーリ @tandaji 2014年3月11日
そもそも今や軍産複合体に力はなく、医産複合体と呼べる業界が幅を利かせるようになってるそうです。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
tandaji むしろ、医療関係、特に病院と保険会社はアメリカで幅を利かせてますらね。あの国には健康保険が存在しませんから。その結果、法外な医療保険を組ませたり、法外な医療費を請求してます。クリントン政権や現在のオバマ政権でも健康保険制度を唱えると、すぐ彼らは圧力をかけてきますからね。軍産複合体よりもたちが悪い連中です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
ちなみに、世界の医薬品市場は約八十億ドルと言われております。軍需産業の倍ですし、ファイザーなどのメガファーマは売上高の10%が営業利益と言われます。また、製薬会社は一度新薬の特許を取れば、最低十年は黙って利益が入る仕組みになってますので、金回りという意味ではよっぽど製薬会社の方がマシです。
マルンボーリ @tandaji 2014年3月11日
1xuVLqH3kQ アメリカの医療制度は、中流階級だけピンポイントで死ぬシステム(医療控除も限定的で医療保険があっても詰んだりするそうで…)になっちゃってるのをどうにかすべきだと思いますね。
Domeki @Domeki 2014年3月11日
陰謀論は一旦信じ始めたら、それは間違っているよという説得や、事実の指摘ですら「敵対者の陰謀」と思い始めるからなぁ。3.11がロシア(またはアメリカ・中国)の地震兵器だの、9.11はアメリカの自作自演だのそういうのはフィクションで楽しむだけにしないか。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
tandaji 外務省のデータですと、一番高いニューヨークで例えば,急性虫垂炎で入院し手術後腹膜炎を併発したケース(8日入院)は7万ドル,上腕骨骨折で入院手術(1日入院)は1万5千ドル,貧血による入院(2日入院,保存療法施行)で2万ドル,自然気胸のドレナージ処置(6日入院,手術無し)で8万ドルの請求が実際にされています。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
さらにえぐいのは治療費は,診察料,施設利用料,血液検査代,画像検査代,薬品代などとそれぞれ別個に請求されるとのことで、日本ですと同じケースで大体三十八万ほど、三割負担で十一万ほどで、さらに入院保険などに入ってれば、さらに軽減されますから、いかにアメリカの医療システムがクソなのかがよく分かります。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
[c1410460] 都合が悪いコメントを消して、自分の城に立てこもって悦に入ってる人の話を信じろという方がおかしいでしょうに。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
[c1410477] そもそも、大学教授であろうが誰であろうが、おかしいものはおかしいのですし、それこそ、戦前の軍国主義下にあった政治体制、臭いものには蓋、大本営発表と同じでは? 偉い人がいっているから正しいとか、それこそ、あなたが批判している「原発推進派」の主張と同じでしょうに。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
[c1410460] どうでもいいですけど、いい加減こちらの質問に答えてください。軍需産業が儲かるなら、何でイラク戦争中に、GMは軍需部門を売り渡したんですか? また、そこまで軍需が儲かるしろものなら逆になんで日本は軍需の比率が先進国の中でも低いのに、ここまでの経済規模になったんですか?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
[c1410460] 我田引水してるだけの癖に、よくもまあ人に向かって何も考えてないとか言えますね。もう一つの質問ですが、イギリスは冷戦中に正規空母であるアークロイヤルを退役させてます。この理由についてもお聞かせください。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
[c1410827] 私が言ってるのは、2003年のイラク戦争の時にGMが何でM!戦車などの兵器部門を担当する、GMディフェンス社を売却したのかということ。あなたの論理、すなわち戦争によって軍産複合体が利益を得るならば、どうして戦争まっただ中にそんな選択をしたのかについて質問したんですが? 意図的に間違えるのはやめましょう。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
[c1410796] 第一位のロッキードマーティンですら、売上高約466億ドルに対して、利益は26億ドル、5%です。大体、製造業の平均営業利益率は5%ですから、健全とはいえても儲かっているとは言えませんね。ちなみに、同じ製造業のゼネラル・エレクトロニクスは約1471億ドルに対して約141億ドルと、製造業としては破格の十パーセントと、非常に高い利益率を誇っております。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
[c1410796] ちなみに、ゼネラル・エレクトロニクスの軍需部門の売上高は全体の28%で、ロッキードマーティンは92%ですから、軍需と民需、どっちが利益が出るのか非常によく分かる数字です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
ジェネラルダイナミクス社も同じく利益率十パーセントほどですが、軍事比率は79%ですし、ノースロップグラマンも77%。レイセオンは98%で利益率7%と、一応儲かってはいますが、極端に利益が出ているわけではありませんね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月11日
[c1410783] 政治の腐敗とは政治家が賄賂を受け取ったことではなく、賄賂を受け取ったということを批判できない状態のことであるとは、言い得て妙な例えですが、自分にとって不都合な発言を消すあなたの信用度は0です。0は足してもかけてもひいても割っても0のままです。不都合な事実を消した時点で、あなたの主張は破綻しているも同然です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1410783] ちなみにフィンメッカニカは2000年に民営化された会社で、それ以前は国営でした。これも、あなたの理屈だと「不利益だから売却した」という図式になるわけですが、軍需産業は儲かるですよね。何でイタリア政府は国営から民営化したんですか?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1410830] あなたに最強の嘘つきになれる方法を教えてあげます。それは「無口」になることです。言わざるならば誰にも批判されませんし、論破もされません。したがって恥もかきません。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1410783] ちなみにこれは最強の討論家になれる方法でもありますので是非、お試しください。お礼はいりません。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1410796] ちなみに国鉄が民営化した最大の理由は、大赤字だったことと、あまりにもマナーとサービスが悪かったことですが、基本、国営事業が民営化するのはこういった、利益が出ないケースが大半です。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410783]難癖ではなくて、事実の指摘ね。反論できない御仁が難癖と言っても、ギブアップ宣言でしかないよ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410796]「儲かっていない=赤字」と言うのはあなたが勝手に作ったあなたの基準でしかないな。(続く)>そもそも軍需産業が儲かっていないなんて言うのがまたまた全く根拠のないデマ&神話。このサイトによりと、軍需産業上位10社で唯一赤字なのは、フィンメッカニカと言うイタリアの会社。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410796]私が指摘してるのは、「国家を自由に操れるほどの影響力を行使するほどの金を稼いでいない。」と言う厳然たる“事実”に他ならない。これに反論するには、それだけ(国家の方針を自分たちの都合のいい方向に誘導するだけ)の金を軍需で賄っている事を証明しなければならないが、出来てないよね。あなたも、あなたが論拠にした人たちも。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]いやあ、軍産複合体陰謀論を唱える人に言われてもねぇw。実際の売り上げや利益を提示して全然儲かっていない事を立証して、それに反論すら出来ずにいる人に言われてもねぇw。鏡見ろの一言ですw。>つまり、経済オンチで単純すぎるw。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]あなたがしなければならないのはね、自説の証明に他ならないのよ。戦争をすると軍需企業の利益は落ちる事は、数字を提示して証明済み。戦争が発生して軍事予算が上がっても、人件費の上昇や輸送・滞在費用、弾薬燃料代などに消費されて、しかも金を稼げるハイテク兵器・重装備などはは中延期や数量の減少、酷い時は開発の中止すら行われ、民需にすら悪影響を及ぼす。大手軍需企業にとって良いところがない。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]軍産複合体に自分たちの都合のいい方向に国家を操れるだけの影響力があるのならば、戦争はそもそも起きないはずなんだけどねぇ。すでに提示済みだが、「戦争の経済学」によれば軍需が戦争で儲かったのは朝鮮戦争までだ。あなたがしなければならないのは、「それが誤りであり、現代でも戦争が起これば軍需産業が平時より潤い、なおかつ平時から政府をコントロールできるほどの金を稼げている。」事の証明ですな。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]あなたが根拠とした木村教授は政治学専攻であり、経済にも軍事にも疎い人ですな。こんな人を根拠として持ってくる人に良経済音痴と言われてもねぇ、池野めだか師匠の御弟子さんですか?としか言いようがありませんな。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830] そもそも、あなたが提示した木村教授の発言にも、大手軍需企業が戦争で儲けている事の証明はありませんでしたが?また如何に間違いが多い発言であるかは、すでに指摘済み。また教授の発言だから間違いがないという主張が誤りであることも指摘済み(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]STAP細胞の論文はなぜひっこめられようとしてるんですかね?911陰謀論者が根拠として用いたスティーブ・ジョーンズ教授は、自分の専攻分野にも拘わらず爆破解体説を支持して大学をクビになりましたよね。陰謀論者は「権力の圧力によりクビにされた真実の殉教者」などと言ってるけど、事実は違う。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]ジョーンズ教授は「爆破解体の証拠」として「現場で発見された溶けた鉄」を提示、また火薬も検出されたとしていますが、ジョーンズ教授以外にはそれを検出した人は皆無。また同教授は「爆破には二千ポンドの爆薬を数人で運べば事足りる」としているが、どちらも否定されている。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]爆薬については解体業者から「無理無理、火薬を運ぶのにフォークリフトが必要となるし、75人編成のチームで2カ月かかる。普通に柱に爆薬を仕掛けただけでは、ビルなんて倒壊しないし柱さえ倒れない。」と、突っ込みを入れられております。また証拠として挙げた「溶けた鉄の塊」ですが、よく見ると文字が書いてあるのがわかります。何の事は無い、「燃えて炭化した書類」を溶けた鉄と間違えていたのです。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]また物理学的にも、同教授の主張は間違っております。鉄の融解温度以上の発熱を伴う爆発が起きても、鉄は決して融解しないのです。例えばろうそくの炎を一瞬素手で薙いでも手に火傷を負わないのと同じで、融解温度が一定時間以上持続しない限り鉄は融解しないのです。爆発のような一瞬の現象では無理なのです。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]スティーブ・ジョーンズ教授の専攻は物理学であり、しかも「金属の溶解・冷却・触媒」を研究していたという。専門家中の専門家と言ってよいのだが、残念ながらビルの爆破解体の知識は無かった。ジョーンズ論文の悲しいところは、専門家ではない素人にその明らかなミスを指摘されているところです。確かに溶けた鉄と炭化した紙の色はほぼ同じであり、見ただけでは区別は難しいのですが、専門家に許されるようなミスじゃない。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]ジョーンズ教授はおそらくは先入観念からそのようなミスを引き起こしたものと思われますが、同教授の勤め先であるブリガム・ヤング大学の経営者から見れば、大学の名誉と信望の両方を傷つけるトンデモナイ愚行です。自分の専門分野にも拘わらず溶けた鉄と燃えた紙の区別がつかないような物理学教授など大学にとっては害悪でしかなく、かくてスティーブ・ジョーンズ教授はB・Y大学をクビになりました。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410830]さて、ジョーンズ教授は物理学の素人から事実を指摘されましたが、あなたは私の指摘になにも反論できずにいますね。大本が他人の発言とは言え、それを引用する以上は引用車にもその発言に対する責任は出来てしまいます。自分が利用する以上は、それを支持しているんですからね。反証できなければ、その発言は否定されますよ。大学教授の発言は、常に正しいとは限りません。と言うわけでとっとと反証してくださいな。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1410827]順番が前後したが、これにも突っ込みを入れておく。緊急に必要な金を工面するのに、金のなる木を売る人間はいない。ちょっと考えればわかる事だ。車作りに専念したかったという事は、軍需は不要と判断されたということだ。あなた名発言は、あなたの主張を否定するものでしかないのだがw。どんだけ自爆好きなんだかw。>GMはお金が緊急に必要だった、それと車づくりに専念したかった、と出てくるw。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411271] 私が聞きたいのは「ジェネラルダイナミクスが買ったこと」ではなく「GMが売却した理由」です。しかも、イラク戦争まっただ中の2003年に、どうしてGMはあなたの理屈でいくと「金のなる木」のGMディフェンス社を売却したんですか?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411274] すでに赤字=儲かっていないという図式が崩れていることは説明がありしたので省きますが、ロッキードマーティンを含めた軍需会社の営業利益は製造業の平均値である5~6%前後と平均的な数値ですから口で言うほど利益が出ているとは言えません。善くて健全、悪く言えば、並の製造業、そんなレベルです。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411264] またロッキードマーティンやボーイングよりも大きいゼネラル・エレクトロニクスは、軍需が総売上高の28%で大半が民需であり、しかも営業利益率は破格の10%とかなり好調な収益を上げてますが、あなたの理屈でいくと、軍需は利益になるはずですが、軍需部門が少ないゼネラル・エレクトロニクスの方が、収益率(売上高ではない)がロッキードマーティンなどと比べて倍も違うんでしょうか?
malchan12242 @malchan12242 2014年3月12日
[c1411262] ←こんなお笑い芸人見逃しとく手はないので、とうとうサブ垢作っちゃった件
malchan12242 @malchan12242 2014年3月12日
[c1411263] >もし軍産複合体がウソだったら、何でお前らはそう声高に「嘘だ!嘘だ!」と叫ぶ必要があるのw?< 無いものを「あるある」ってわめくお馬鹿さんがいるからでは?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411264] 2000年までフィンメッカニカは国営企業でしたが、これもどうして民営化したのでしょう? あなたは売却するのは本体が金が必要だったからと主張しましたが「軍需産業」は利益が出るのならば、なんでフィンメッカニカは民営化したんですか?
malchan12242 @malchan12242 2014年3月12日
[c1411271] >2003年にジェネラル・ダイナミクスがカナダのGMディフェンスを買収したと書いてある<だから売ったほうはなんで売っちゃったの? 自分でやったほうが儲かるんじゃないの?って聞かれてるんだが、なんでか教えてよw
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411263] 私らが右翼なら、あなたは都合の悪い言論を封殺するファシストでしょう。スターリンや毛沢東、金日成、ポルポト、ヒトラー、あなたは彼らの親戚も同然です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411264] 製造業の基本的な利益率も分かってない人に経済云々と言われても困りますね。逆に聞きますが、平均値をたたき出す=高利益かどうか、一度証券会社の営業マンにでも聞いてみたらいかがですか? たぶん鼻で笑われると思いますけど。
malchan12242 @malchan12242 2014年3月12日
[c1411274] あ、こっちのアカウントは直メンション送ってきても対応できないですよー。返事があるならコメント欄でね(はーと)
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
また、イギリス海軍はインビシブル級空母であるアークロイヤルを、2011年に退役させてます。元々はクイーンエリザベス級が就役するまでのつなぎとして2006年に艦齢延長工事を行っており、2015年まで運用されるはずでしたが、2010年にイギリス政府は国防緊縮政策を打ち出しており、その翌年に退役が決定しました。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
これも「軍産複合体」が政府を動かすほどの力があるのならば、アークロイヤルは2014年に退役することなどはありませんでした。しかも、クイーンエリザベス級も、当初は二隻就役する予定でしたが、イギリス政府はこれも断念し、一番艦クイーンエリザベスを二番艦プリンスオブウェールズのつなぎとして、二番艦就役後は予備役編入することを決めました。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411264] そしてクイーンエリザベス級に乗せる艦載機であるF35も。当初はクイーンエリザベスとプリンスオブウェールズの二隻分、約六十機の発注でしたが、これも一隻分のみの発注に決定し、値段が高いF35BよりもF35Cに決定が決まりました。政府を動かし、経済性を全く考えないのならば、何でわざわざ予算削減を率先的に行っているのか、理由を聞かせてください。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411271] ついでに言うと、担当したBAEシステムズはロッキードマーティンと何度も一位の座を争った世界でもトップクラスの軍需会社です。あなたが主張する「軍産複合体」が政府を動かし、経済を全く考えず暴走しているとするならば、何でこういう動きを取っているのか、理由を聞かせてくれませんか?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
1xuVLqH3kQ修正、2014年に退役× 正しくは2011年に退役
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
アメリカだけの話をするものアレですので、英国の事例も上げていきます。第二次大戦後、イギリスは多大な財政難、爆撃による被害や、巨額の戦費や借款などが積み重なり、軍事費もまた大幅に削られることになりました。そのいい例が、オーディシャス級航空母艦や戦艦ヴァンガードです。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
ちなみにイギリスは大艦巨砲主義が崩壊しても、戦艦を建造しておりました。それが戦艦ヴァンガードで、この戦艦は1946年に就役し、1956年に予備役、1960年に退役という不遇にあってます。アメリカが戦艦アイオワを湾岸戦争まで何度も使い続けていた事情とは対照的です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
戦艦は空母に比べてあまりにもコストパフォーマンスが悪い為に、廃止されましたが、これも@gorash がいう「軍産複合体」の主張でいけば、彼らは国家の不利益など一切考えずに暴走している集団なので、金食い虫であるヴァンガードを何故退役させたのか、全く理解に苦しみます。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
またオーディシャス級航空母艦も、元々第二次大戦中に作られた空母であるため、ジェット機の運用には適さない正規空母だったため、四隻作られるはずが、結局イーグルとアークロイヤルの二隻しか建造されませんでした。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
おまけにアークロイヤルも最終的には1970年に退役ということで、イギリスはそれ以降、まともな正規空母は一切保有することが出来ず、ヘリ空母に毛が生えたような軽空母インヴィシブル級を運用することになります。しかも、この軽空母ですが建造費と維持費を抑えるため、商船の設計方法が導入されてます。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411274] これも、あなたの主張が正しいのならばそもそもきちんとした正規空母を建造するべきでしたし、わざわざ、インヴィシブル級のように建造費と維持費を抑えるような設計を導入する理由もありません。これは一体どういうことなのか説明をお願いします。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
また、第二次大戦後、GMと並んで世界有数の大企業だったUSスチールですが、1970年に新日本製鐵(現新日鐵住金)が発足した時、あっという間に世界一の座を奪われました。製鉄業は産業の米といってもいい基幹産業であり、いい鉄が作れない=ろくな工業製品が作れないのと同じ状態に陥ります。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
ちなみに日本の自動車メーカーが戦後大成長したのは、戦前の優秀な航空研究者達が自動車産業へと流れたこともそうですが、最大の理由は、日本の基幹産業、特に鉄鋼の質と量が他国とは比べものにならないほどのレベルにまで成長したことにあります。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
あなたがいう「軍産複合体」が強大な力を有しているならば、何で産業の米とも言うべき製鉄業を、民需中心の日本に冷戦まっただ中で日本がアメリカを抜いたんですか? また軍需が民需よりも儲かるならば、このような逆転現象は起きてません。その理由も教えてください。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411262]どこでですか?具体的に指摘してくださいな。反論できていないのはあなたの方であり、論破されてるというのならばそれはあなたの方ですよ。>論破されまくってるじゃんw。お前ら必死すぎるよw。もう哀れだねw
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411263]軍産複合体陰謀論を唱えてる馬鹿が居るからですよ、アホな陰謀論を展開しなければ、わざわざ突っ込みを入れる必要はない。私は軍産複合体陰謀論の出鱈目さを宣伝してるわけでなく、その出鱈目を吹聴するかわいそうな人に突っ込みを入れてるだけです。>もし軍産複合体がウソだったら、何でお前らはそう声高に「嘘だ!嘘だ!」と叫ぶ必要があるのw
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411264]あなた一度として、証拠を提示した事ないじゃないですか。証拠を提示してみなと言う私の指摘から逃げ回ってるのは誰ですか、いい加減証拠を提示してくださいな。>答えを教えてやるよ…それはこっちにはちゃんと証拠があるから。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411274]儲かっていないというのは、利益が出ていないという意味ではないよ。陰謀論で言われるような莫大な利益を得ていないと言ってるんだよ。と言うか、大手軍需がむしろ戦争により得られるはずだった利益を得られなくなっているという事実をどう説明するのよ?(続く)>「儲かっているとは言えません」とか、無茶苦茶すぎるw。だからお前らは相手にされないのだよw。経済オンチの哀れな難癖と揚げ足取りw。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411274]軍産複合体に大きな影響力があるのならば、軍産複合体はその影響力を行使して戦争を起こさせないはずなんです。問題なのは、軍産複合体に陰謀論が言うような影響力があるか否かです、私はそれがないと事実を元に指摘してる。それに全く反論できないのはどこのどなたでしょうね?むちゃくちゃ過ぎるのは、軍産複合体に国家を強制できるような影響力があると言ってるあなたですな。>「儲かっているとは言えません」とか、無茶苦茶すぎるw
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411271]ホント頭悪いよね、何度も簡単に説明してるのに、なぜに理解できないのか?では聞くが、どうしてGE社はGMディフェンス(言っとくがカナダじゃないよ、アメリカの軍需企業だよ)を手放さなければならなかったんだ?金のなる木なら手放さないだろ?(続く)>2003年にジェネラル・ダイナミクスがカナダのGMディフェンスを買収したと書いてあるのだがw
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411271](続き)ジェネラル・モータースがなぜGMディフェンスを手放し、ジェネラル・ダイナミクスがGMディフェンスを購入したのか?GMがGMディフェンスを手放したのは、経営戦略の失敗により経営状況が悪化したから。GMの主力商品は自動車であり、2000年ごろから流れは小型エコカーとなったが、GMはそれに逆らいフルサイズSUVやピックアップトラックの生産に力を入れていた。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411271](続き)2001年の同時多発テロの影響で販売が落ち込んだ時も、生産量を減らさないという失敗を犯し、より状況を悪化させた。そして経営の悪化により、一番利益を上げられない軍需部門が売却されたんだよ。軍需が利益を叩きだせるのならば、その利益で自動車部門の失敗を帳消しにできるのだが、軍需ではそんなことは無理だ。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411271]ではジェネラルダイナミクスがなぜGMディフェンスを買い取ったのかと言えば、それは時代の流れである「航空軍需産業のシステムインテグレーター化」を進めるためだ。現代の大型正面装備には、陸海空の区別なくその中枢部に高性能電子機器によるネットワークシステムが組み込まれている。現代の兵器体系は兵器に単体としてではなく、有機的に連結されたシステムの一部である事が必須となっている。(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411271](続き)この流れは21世紀になって特に顕著となり、米国の軍需産業は単体の兵器に含まれる機能のみならず、ネットワーク全体の機能を理解したうえで、システムインテグレーターとしての役割を担える軍事企業のみが、政府からの主契約を受ける会社となりえるようになったのです。(続く)
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411274]ちなみに、あなたの理屈だと全ての論理が破綻するんですが? 発言はこちらでまとめておきましたので、気になる人は一応確認してください。 http://togetter.com/li/641201
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411271](続き)このシステムインテグレーター化を積極的に進める戦略を、ジェネラルダイナミクスは推し進めたのです。GMディフェンスを取り入れることにより、陸海空に跨るネットワーク化にかかわる事になり、ロッキードやノースロップグラマンに一歩先んじることを狙ったのです。これはそれだけ、軍産複合体内の内部競争が激化している事を示しており、唯でさえ大したことない軍産複合体の影響力を、より低下させている。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411271] 話題逸らしはもう結構ですから、早くあなたの主張である軍産複合体が戦争を起こさせるほどの影響力を持ってる証拠を提示してくださいな。まあ、出来ないでしょうけどね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411262] ついでにもう一つ。かつてスイスは中立を守る為として「核兵器開発」を行っていました。それは実験を行ったならば成功していたというレベルとのことで、何しろ政府が公式見解でわざわざ「核開発を断念」したほどです。これも兵器開発が利益を得るのであれば、スイスは一切の躊躇もなく、核兵器を作っていたでしょうね。あの国は自国以外は全部敵国と公言してますから。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411976] メディアリテラシーって知ってますか? 大学教授であろうが、大統領であろうが、おかしいものはおかしいわけで、じゃあ何であなたは具体的に数字を出して反論をしない上に、コメントまで消すんですかね?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
http://togetter.com/li/640633よりアメリカは一年に7000億ドル(約70兆円)ほどの天文学的な数字の、概ね全世界の軍事予算の半分ぐらいを支出している。アメリカの国家予算は2兆9000億ドルで、割合は国家予算からの割合は24%ですね。これは一見多いように見えますが、実は数字のトリックがあります。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
アメリカのGDPは日本の三倍のおよそ1500兆円。GDP比で換算すると、4%になります。平均的な数値ですと大体2.8%が平均値ですから、そこまで巨額であるとは言い切れません。尤も、その軍事費も、オバマ政権は年間百億ドル削減することを昨年から始めてます。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
ついでに日本の場合、国家予算の5%とありますがこれは一般会計のみの換算であり、特別会計まで含めれば、日本の国家予算は233兆円ですから。2.2%とさらに低くなります。というように、日本とアメリカではそもそも予算構成が一律ではないので、単純な数字だけで判断はできません。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1412007] で? いい加減に自分自身の意見で反論してくれませんか? 何でイギリスはアークロイヤル(二代目)を退役させたのか? F35を安いC型にしてしかも一隻分の三十機しか発注しなかったのか。何でクイーンエリザベスはプリンスオブウェールズが出来たら予備役に編入されるのか? 教えてください。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411976]政治学を専攻する教授に経済と軍事を語らせるのは、生物学の教授に物理について語らせるのと同じであり、根拠にもならない。そしてその間違いは指摘済み、それに反証できていない時点で、あなたの主張は否定されている。亜kるまで自説が正しいとするのなら、とっとと反証してください。>お前らみたいなド素人みたいな奴らが当てずっぽうで指摘したことが大学教授の主張を反論できるわけがないがだろうが
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1412007] GMディフェンス社を何でイラク戦争中にGMが売却したのか? なんでインヴィシブル級は建造費と維持費が安くすむ商船構造で、しかも正規空母として作られなかったのか?戦艦ヴァンガードは何でアイオワのように活用されなかったのか? どんどん答えは増えていきますよ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411985] 「ほぼ全ての人は教授の主張に合意している」と言うのは何か根拠となる資料があるのですか?あなたの主観でしかありませんな、それは一般に妄想と言われます。現実を理解できずにいるのはあなたですよ、あなた以外の人間には、あなたの姿が反証できずにファビョっているとしか見えないと思いますよ。>ほぼ全ての人は教授の主張に合意しているが
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1411985] そりゃ削除されてる可能性もあれば、知識のある人がそれを見ていない可能性もある。なにをして「ほぼ全ての人」が木村教授の意見に賛成してると言ってるんだ?コメント欄に反対意見がない事が、根拠になるとでも?そういえば私の指摘に対するあなたの反論もありませんね、話題逸らしと妄想ならありますけど。ではあなたも私の意見に賛成なんですね。あなたの理論が正しければ、そうなりますが。>「反論」など一切と無い
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1412007] 「反論できない」の間違いですな、数々の反証に対して、全く反論できていないのはどこのどなたですかね。>やってられないww。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411985] 『我々にはいま10万7035人の雇用者を雇う16社のスパイ代理社がある。これは100万人以上の人を雇う軍事と国家安全保障法執行代理社とは別だ』これ誤訳でしょ。何なんですかスパイ代理店って? おそらくSpy agenciesをそう訳したんでしょうが、CIAのAはagency。agenciesはagencyの複数形ですから、正式には機関と訳した方がいいでしょうね。何しろCIAはアメリカ中央情報局と訳されてますから。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
[c1412007] というわけで、「軍産複合体が持つという戦争を自在に操れるほどの影響力」を実証してくださいな。それが出来ない以上、あなたの主張は否定されます。また、戦争が起きると軍需企業の収益は悪化するのに、どうしてその強大な影響力を駆使して戦争を防止しないのかもキチンと答えて下さいね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
ちなみにアメリカでは自国民をスパイ活動するのは違法であり、国内活動が認められているのはFBIだけです。まともな民主主義国家では、たいてい、国外で活躍するCIAと、国内を中心とするFBIのような組織に分けられます。ちなみに、それを両方やっていたのが、あなたが大好きな監視国家であるソ連のKGBと、そのKGB以上と言われた東ドイツのシュタージです。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
また、普通Spy adenciesなどとはちょっとでも情報機関の知識がある人間ならば絶対に使いません。普通はIntelligenceを使います。CIAが Central Intelligence Agencyの略称なのはそういった理由です。よっぽどこの記事書いた人は、そういった知識が欠如しているようですね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月12日
アルジャジーラが根拠になるのならば、産経新聞だって根拠に使えるねwww
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411986] いちおう私も独自に訳してましたが、確かにアメリカにはインテリジェンス・コミュニティーは存在します。インテリジェンス・コミュニティーを構成するのは十六の組織ですが、これはアメリカ政府が公認している公的な機関です。職員が全員合わせて十万人以上なのも事実ですが、問題は後半にあります。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1412006] 問題なのはこの組織は「軍や司法機関とは別と書いてる」ということで、それが問題であるかのように記載していることです。情報機関というのは普通、そういった組織とは切り離すのが常識です。何故かといえば、そうすると手段のと目的が別々になってしまうからなんですね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1412007] 情報機関は情報(インフォメーション)を収集して分析してインテリジェンスにするのが仕事です。それが例えば軍の場合、作戦の為に都合のいい情報を収集したり、分析したりと、正確な情報を分析することが出来なくなるわけです。ですので、先進国の大半は皆、関係は持っても距離は置いています。ちなみにそれが出来ずに失敗したのが、あなたの大好きな旧日本軍です。ミッドウェー海戦や日中戦争、大本営発表なんてまさにいい例ですね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
ちなみにインテリジェンス・コミュニティーを構成するのはCIAとNSAとDIA、国家地球空間情報局、陸軍情報部、海軍情報部、空軍情報・監視・偵察局、司法省、FBIや連邦捜査局国家保安部、国土安全保障省、沿岸警備隊情報部、情報分析・インフラ保護部、エネルギー省、不拡散・国家安全保障部、国務省、情報支援局という構成になっております。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
余談になりますが、これらインテリジェンス・コミュニティーは家安全保障法という法律に定められた機関であり、非公開な組織ではありません。尤も国家機密を扱う関係上、どっかの特定秘密保護法案で騒ぐようなアホがいる国と違って全てがオープンではありませんが。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
また9.11を縦割り行政で防げたなったことから、CIAは格下げされてアメリカ政府は国家情報長官という役職を作り、これらインテリジェンス・コミュニティーを統括させました。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
余談になりますが、冷戦中にCIAはキューバでカストロ政権を潰す為に亡命キューバ人を使って武装蜂起させようと画策しましたが、上陸地点を特定されるわ、キューバ軍の戦力を見誤るわ、あげくの果てに当時の大統領であったJFKに「介入しなくても成功しますから!」と大口を叩いたすえ、空軍を投入すれば勝てますといってJFKに「お前、介入しなくても勝てるって言っただろうが!」と激怒され、長官のアレン・ダレスをその後クビにしてます。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
さらにどうでもいい話ですが、その後ケネディは本気でCIAを解体しようと思ったそうですが、ここまで見当違いの情報分析と作戦立案をやっているのをみれば、ケネディが激怒したのも分かります。私が知る限り、冷戦中に解体論が出た情報機関はCIAぐらいです。イギリスのSISがキム・フィルビー事件などで失態を犯してもそんな話が出なかったのとは対照的ですね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月12日
[c1411986] にしてもSpy adenciesを「スパイ代理社」とは、久々に爆笑しました。英語が苦手な私ですらこんな中学一年生レベルの誤訳をしませんよ。これじゃ仮にソースがまともで、訳している人がアホなら意味がありませんね。まあSpy adencies と出てきた時点でうさんくさい記事でしょうけど。
malchan12242 @malchan12242 2014年3月13日
[c1411976] なあんだ、もう虚勢を張るくらいしか出来なくなっちゃったの? 足がガクガク震えてるのがまるわかりですよっとw
牙王獣太 @k2train 2014年3月13日
反証に反論出来てないgorashのファビよりっぷりが気の毒なレベルw 具体的な証明出来てないからフルボッコにされるんだな。
ソフトヒッター99(ネトゲでは17歳JK設定) @softhitter99 2014年3月13日
まあ、アメリカ政治の分析をやってる政治学者の名前の一人でもあげてくれたら、聞く耳を持ってもいいけどね。エリーティズムモデルの『パワーエリート』さえ読んだことなさそうだし。
ソフトヒッター99(ネトゲでは17歳JK設定) @softhitter99 2014年3月13日
↑ミルズは社会学者だけどね。ただまあ『パワーエリート』なんて、軍産官複合体+政治家の癒着構造を弾劾する古典中の古典だけど、果たして、そういうものも意識して、一連の書き込みをしてきたのかなあ?w
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月13日
[c1412450] あなたのやってるのは反論ではなく、文字通りの「つぶやき」です。何一つとして、反論できない上、都合の悪いコメントは削除。ただ、あなたのコメントは反面教師としてのこしておきますので。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月13日
[c1412443] 軍産複合体の存在は別に否定はしていません。またすり替えですか? 私らがいっているのは「政府をも動かし、経済や財政も減ったくそもなく自己の利益を追求するような、ブラックゴーストのような組織ではない」ということです。あなたの主張が正しいならば、何で彼らは現在、合併したり、戦争で利益が生まれないんでしょうかね?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月13日
[c1412679]つまり、今のアメリカの政治は大企業も軍事もの歯止めが効かなくなってきている最悪の状態に陥っていると言うことだ。これはあなたの発言ですが、これが正しいなら、何で彼らは今、規模が縮小されているんでしょうか?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月13日
[c1412688] 初歩的な英語を誤訳した人に勉強とか言われても説得力はありません。いい加減に今までたまってきた回答に対してさっさと反論してくれませんか? 論破どころかコメントを消す人に言っても無駄なんでしょうけど。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月13日
[c1412688] 『我々にはいま10万7035人の雇用者を雇う16社のスパイ代理社がある。これは100万人以上の人を雇う軍事と国家安全保障法執行代理社とは別だ』何なんですか? 軍事と国家安全保障法執行代理社って? スパイ代理社とか、前述しましたが、アメリカでは自国民へのスパイ行為は法律で禁止してます。まあ民主主義国家に住んでいない人ならそれが分からないのも無理無いでしょうけど。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月13日
[c1412688] This is separate from the over one million people employed by the military and national security law enforcement agencies.これをおそらく上記のように訳したんでしょうけど、正しく訳すならば「これは百万人以上の軍と国家安全保障・司法機関とは別に雇われている」と訳すのが妥当でしょうね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月13日
[c1412688] これも、前述しましたが、情報機関が軍や司法機関などと隔離、距離をおいて雇用しているのはまともな国家なら当然の措置です。でないと所属する組織の為に都合のいい情報を集め、分析してしまう危険性があります。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月13日
[c1412685] ついでにもう一つ。北欧の小国アイスランドですが、この国は2006年までアメリカ軍が駐留していましたが、アメリカはその年に撤退しています。アイスランドは駐留経費を負担すると主張しても、アメリカはその意見を聞かずに撤退させています。おや? また軍産複合体について疑問が出てきましたね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412679]ええ、軍産複合体とは政府と軍需産業の癒着構造の事であり、その最大の問題点は汚職の温床であるという点です。この癒着構造(軍産複合体)が戦争を起こしてるなどと言う寝言は、明らかに間違いだという事ですよ。なにしろ戦争は軍需産業にとってマイナスでしかありませんからね。なにしろ軍産複合体陰謀論では、戦争を起こす理由が軍需産業の利益のためですから。軍需産業が大きく利益を>だから政府・軍事と産業の癒着がなかったら、そもそもどうやって軍産複合体が存在するのだ
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412679]あなたがね、このまとめにあなたのセリフが記されております、「戦争がないと軍事産業は成り立たない。」とね。ですが現実は、戦争をしたら軍需産業は収益が低下するのです。>お前らそもそも基本が分かって無いだろ
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412685] またすぐばれる嘘をつく、そう思っていたのは私ではなくあなたでしょうに。あなたはやはりこのまとめで「大企業が国やマスコミを乗っ取って」と記しておりますな。この書き方は明白に「大企業」が(アメリカを乗っ取ってる)主役であるという意味ですが何か。この「大企業」とは軍事産業の事ではないのかな?これは「軍需産業連合の陰謀が政府を操っている」と言う主張だよねぇw。>「軍需産業連合の陰謀が政府を操っている概念が軍産複合体」とか勝手に思っているのだろうw。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412685] で、「大企業が国やマスコミを乗っ取って」の大企業が軍需産業ではないとしたら、軍産複合体は関係ないですな。あなたの主張はやはり崩れます。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412439] 誰もそんな事は言ってませんがな、嘘をつかないでくださいな。私が指摘してるのは、あなたがソースとして使った木村教授は政治学の教授であり、専門分野がまるで違うと指摘してるんだが?言ってる意味わからない?また大学教授の言う事が常に正解と言うわけでない事すら、理解できないのかい?少なくとも中学3年生以上の日本人なら、だれでも知ってる事なんだけどね。>でた、「名大学の大学教授が言うことはうさんくさい、素人のオレ一人が真実を知っている」w
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412439] 私は明らかに間違っている部分を具体的に指摘している。これに反証できずにいること自体が、あなたの主張が間違いであるという事なのです。間違いを指摘されて反論できなければ、大学教授であろうと恥をかくだけです。STAP細胞の共同研究者である大学教授は、己が間違いを理解して論文をひっこめるべきと言ってます。学教授が、しかも自分の専門分野で失敗した実例です。大学教授云々と言うあなたの主張は、そもそも成り立たない主張なんですよ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412447] それはまだ一例すら挙げられていない、早く提示してみなさいな。またこのまとめにおいて提示済みだというのならば、どこに提示したのかはっきり示すように。>お前らは全ての証拠と事実を無視しているだろうが
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412447] 奈良反論出来るよね、どうしてしないのかな?>お前らは全ての証拠と事実を無視しているだろうが
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412447] いいえ、キチンと数字を提示しておりますがな、胡散臭いなどという指摘はしておりません。人の発言をねつ造しないように。>あれも胡散臭い、これも胡散臭い
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412443] ですから、それを提示してみなさいな。軍産複合体がその利益のためにアメリカを戦争に追い込んでいるという証拠を。>軍産複合体の証拠
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412444] まーたすぐばれる嘘をつく、私が主張してるのは軍産複合体の存在そのものではなくて、あなたが主張する『軍産複合体がアメリカを自身の都合の良いようにコントロールしてる』という部分だ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
[c1412450] 自己紹介乙です。>何回反論されて自分の無知と間違いを指摘されたら気が済むの?
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月13日
反論できないからって、人の言ってる事の内容を捻じ曲げないでもらいたいものだよねぇ(嘆息
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1413949]前提がめちゃくちゃなのではなく、あなたの頭のレベルが低くて理解できないだけです。詳細はすでに説明済み、弾薬やら燃料やら人件費やらの戦争遂行必要経費に金を取られて、収益の大きなハイテク装備や大型正面装備の取得数が削減され開発が延期されたり中止になり、旧式装備の更新が遅れたりするから、大手軍需企業の収益が悪化する。>なぜ戦争が軍需産業にとってマイナスになるのか、前提が滅茶苦茶すぎて話にならない。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
それはあなたの主張とはまた別問題であり、そこまでは否定してないが。>軍事(政府)と軍需産業の癒着を放っておくと、どんどん悪化していくことなど
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1413954]このまとめで使われている9つめのコメントであるあなたの発言(bcxxx2氏への反論)に「 軍産複合体がもう政治の方針と一体化している。アメリカとはもう大企業と軍事産業に乗っ取られている国。」と書いてるんだが。ネットでの議論はログが残るから発言には気をつけた方が良いよ。>『軍産複合体がアメリカを自身の都合の良いようにコントロールしてる』< いつそんなこと主張した?また前提が無茶苦茶。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1413958] 考えただけで調べてないから駄目なんだよ、「戦争=軍需が増える。」と「戦争=軍事予算が増える」は確かに正しい、正しいがその増える費用は、弾薬代や燃料代や輸送費用や被服費用や現地での滞在費用や危険手当などの人件費や民間軍事会社への委託業務などであり、「戦争=兵器などの注文が増える。」とはならないんだ。>戦争=軍需が増える。戦争=軍事予算が増える。戦争=兵器などの注文が増える。イコール軍需産業にとって都合が良い。誰が考えても分かる。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1413958] でだ、弾薬生産業者や被服業者や民間軍事会社などで企業ランキングの上位に食い込んでる会社を私は知らない。そりゃそうだ、これらの業種は元々利ザヤが薄く、大した儲けにはならない。反面それらの戦争遂行経費を賄うために、利ザヤの大きな大型正面やハイテク兵器などの取得がおろそかになる。>戦争=軍需が増える。戦争=軍事予算が増える。戦争=兵器などの注文が増える。イコール軍需産業にとって都合が良い。誰が考えても分かる。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1413958]旧式装備の更新が先延ばしにされ、軍が購入するはずだった新型の取得は先延ばしにされるか、発注されても数量減少を余儀なくされる。また新規開発費用が削減され、将来の金づるになるはずの新型装備の完成時期が遅れ、発注量も減少し、最悪の場合コマンチのように開発中止の憂き目にあう。>戦争=軍需が増える。戦争=軍事予算が増える。戦争=兵器などの注文が増える。イコール軍需産業にとって都合が良い。誰が考えても分かる。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
tetteikaikyou コマンチは総額380億ドルのドル箱だったのだが、開発中止に追い込まれた。ボーイング、涙目。かくて企業ランキング上位(と言っても軍需部門で世界最大の利益を出してるロッキードマーチンですら60位前後なんだが)の大手軍需企業の収益が低下する。さらに言うなら、民需にも悪影響を与え自社の民需部門の売り上げも低下する。>戦争=軍需が増える。戦争=軍事予算が増える。戦争=兵器などの注文が増える。イコール軍需産業にとって都合が良い。誰が考えても分かる。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1413958] 軍需大手であったマクドネルダグラス社は、湾岸戦争の影響で会社が傾きボーイングに合併吸収された。またアメリカの軍事予算が増え続けていた時期(2005年~2008年)にボーイング社の収益が低下したと言う事実を提示した。これらの実例は「戦争=兵器などの注文が増える」が事実なら起きるはずのない現象だ。>戦争=軍需が増える。戦争=軍事予算が増える。戦争=兵器などの注文が増える。イコール軍需産業にとって都合が良い。誰が考えても分かる。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1413958]また現代では、国家対国家のガチンコバトルである「強烈度紛争」は極めて早期に終結し、長期戦にならない。湾岸戦争もイラク戦争も、開戦後2カ月を待たずして(強烈度紛争としては)決着している。これは兵器の発注を増やしても、戦争には間に合わない事を意味する。軍艦は言わずもがな、現代の戦車とか戦闘機とかは作るのに3~4年かかる。>戦争=軍需が増える。戦争=軍事予算が増える。戦争=兵器などの注文が増える。イコール軍需産業にとって都合が良い。誰が考えても分かる。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1413958]またアメリカ軍のような情報化された軍隊と、イラクのような情報化されていない軍隊ではその力量に大きな開きがある。アメリカ軍の大型正面装備の損失は微々たるものであり、その損失の穴埋めは行われなかった。軍需産業が儲ける要素がない。>戦争=軍需が増える。戦争=軍事予算が増える。戦争=兵器などの注文が増える。イコール軍需産業にとって都合が良い。誰が考えても分かる。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1413958]そしてイラク占領統治中の治安維持やアフガンにおける対ゲリラ戦など、所謂「低劣度紛争」では、人件費や弾薬代ばかりかかって、やはり大型正面装備の損失もほとんど起きないときている。つまり、戦争が起きても軍需の利益を叩きだす大型正面装備は、全く増えないのです。それどころか戦争遂行費用に予算を取られて、発注が減少するケースがほとんどです。>戦争=軍需が増える。戦争=軍事予算が増える。戦争=兵器などの注文が増える。イコール軍需産業にとって都合が良い。誰が考えても分かる。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1413958] 鉄底海峡さんがアメリカの事例を挙げてますので、私はイギリスの事例を。いわゆる軍産複合体というものが、そこまで強大ならば、何で彼らは政府の言いなりになって、建造費を値切られるような目に遭うのでしょうか? 前述しましたが、イギリスの軽空母であるインヴィシブル級は、建造費と維持費が安い商船構造で作られています。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1413958]現代では、戦争が起きても金になる大型正面装備の発注が、増えないどころか減らされるので、却って大手軍需の収益は悪化するのです。もうこの説明、3度以上したと思うけど?>戦争=軍需が増える。戦争=軍事予算が増える。戦争=兵器などの注文が増える。イコール軍需産業にとって都合が良い。誰が考えても分かる。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1413958] しかもイギリスは冷戦の最中に、金がかかる正規空母を全て退役させ、安い軽空母でそれを補っている状況にあります。また、フォークランド戦争でもイギリスは一応経済を立て直したと言われてますが、それでも正規空母を導入することはありませんでした。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1413958] そして、やっとクイーンエリザベス級正規空母を導入することが決定しても、一番艦クイーンエリザベスはプリンスオブウェールズのつなぎで、プリンスオブウェールズが出来たら予備役編入することが決定しており、また搭載する艦載機も、F35BよりやすいC型を一席分、三十機しか発注しないとあります。あなたの理屈だと、軍需は利益が出るはずなんですが、これはどういうことなんでしょう? 何度も言うのもあれですが、未だに未回答なので是非聞かせてください。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1413951]もちろん、自国の防衛産業を潰すのは安全保障上の問題ですので、仕方がない側面はありますが、だからといって決して優遇されているとは言えません。何しろ、名門たるマクダネルダグラスが吸収され、ノースロップとグラマン、ロッキードとマーティンロリエッタが合併するなど、次々に業界再編の流れが来ています。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1413951] 何故このようにやたら合併や吸収が多いのかといえば、それだけ市場規模が縮小しているからで、すでに何名かの方が記述している通り、市場規模が拡大中でなおかつ好調であるならば、わざわざ少ないパイを分け合うような合併話はありえません。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1413954] 二年前に新日鐵と住金が合併し、新日鐵住金が誕生しましたが、実はこれもある意味似ています。現在世界は大きな鉄余りとなっている上に、韓国や中国などの新興企業との競争が激化しており、銃諷する部門の統廃合をすることでコスト削減をし、会社としての規模を拡大することで競争相手を減らすことが可能になります。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1413951] というように合併には「競争相手を減らす」ことと「少ないパイを分け合うこと」が出来る為、市場が縮小していく業界であったり、現代事情に会わない業界などでは率先的に行われる常套手段です。その一例が、日本の都市銀行です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1413951] 今の日本はみずほ、三井住友、三菱東京UFJの三大メガバンク(ゆうちょ銀行とりそなもふくめれば五つ)に集約されてますが、それまでは富士銀行を筆頭に、十五もの都市銀行が存在しました。ですがバブル崩壊に伴う不良債権や、金融再編などで大がかりな合併の流れが生まれた結果、現在の三大メガバンクの流れに落ち着いたわけです。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
ですが、あなたの理屈ですと何故、ロッキードとマーティンロリエッタ、ノースロップとグラマンは合併、そしてマクダネルダグラス社はボーイングに吸収されたのでしょうか? 
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1414366] 確かに会社時代は巨大化しましたが、その分競争相手は減ってます。何しろ軍需産業というのは民需と違って市場規模が限定されています。あなた自身、世界の軍需会社百社の売り上げが、エクソンモービル一社分でしかないことを証明してくれたじゃないですか。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1414354] 市場規模が広い業界でのM&Aと、市場規模が縮小して売上高とトントンの利益率しかない業界の動きを比較してどうするんです? 
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月14日
[c1414366] で? 何でイギリス政府はフォークランド戦争で経済を立て直しても正規空母を所有せず、インヴィシブル級をわざわざ維持費と建造費が安い商船構造で建造し、クイーンエリザベス級を二隻作って、結局まともに運用するのは一隻だけ何でしょうか? 教えてください。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
[c1414315]だから調べてないから、そんなアホな発言が出来るんだよ。ほれ、アメリカ政府予算管理局の公式データだ。→(http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/omb/budget/fy2008/pdf/hist.pdf)【続く】>戦争により軍需が減るなんて、どんなデータにも証明されていないね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
(続き)59ページには97~04年度の軍事予算の内訳が載っている。湾岸戦争は91年3月までなので90年度予算。装備調達費は809億7200万ドルであり、前年度(816億1900万ドル)および翌年度(820億2800万ドル)と比べて低くなってる。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
あ、上、59ページではなくて58ページね。訂正
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
でだ、上の資料をさらに精読するとな、以下のような事実が見えてくる。「1.広義の軍需産業の市場規模、狭義の軍需産業(=軍事兵器)の市場規模の絶対額は増額傾向にあるが、それは軍需だけの現象ではなくすべての分野に言える現象である。」、「2.米国の軍事支出のGDPと政府支出に対する比率、広義と狭義の軍需産業の市場規模のGDPに対する比率は、長期的時系列の変化を参照すると、逆に著しく減少している。」(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
(続き)「3.米国のヒューマンリソース支出のGDPと政府支出に対する比率は、長期的時系列で見ると、著しく増加している。」、「4.1970年以前は国防支出 > ヒューマンリソース支出だが、71年以降は国防支出 < ヒューマンリソース支出となり、その差は年々拡大中。」「5,就業人口の第一次産業→第二次産業→第三次産業への移転により、現在のGDP構成比は第一次産業が1%、第二次産業が19%、第三次産業が80%である。ちなみに軍事産業はもちろん第二次産業である。」(続く)
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
(続き)、「6.軍需兵器市場規模は国防支出比で30%前後、GDP比で1%前後であり、国防支出も軍需産業も国家の主要な経済部門・産業部門ではなく、米国政府予算・支出では対人サービス支出は国防支出の3倍以上である。」、「7.現在の米国経済において、経済の規模としては、軍事支出は最大の要素ではなく、重大な要素ですらない。」、以上を纏めると、こう結論付けられる。「よって軍需はマイナーな市場・ビジネスであり、国家の経済に影響を与える主要な要素ではない。もちろん、軍産複合体の影響力も限定的である。」とね。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月14日
上にも記したが、、現在の米国で軍需兵器・軍需システム産業の市場規模とは、国防省の発注・購入分と輸出を合計してもGDPの1%前後、第二次産業のGDPの7%前後、製造業のGDPの9%前後でしかないのだ。分野を製造業にまで絞ってすら、1割に届かない経済規模なんだぜ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月15日
ちょっと考えれば理解できると思うんだが、武器・弾薬の購入・更新・改装は戦時でだけの固有の経済ではなく、戦時・平時に関わらず行われる。新しいシステムが導入されればそれを購入するし、既存システムの改良だって行われる。軍需支出・経済は、戦時・平時に関わらず発生する。ゆえに、軍需産業のために戦争をするという認識は歪曲された誤りでしかないんだよ。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月15日
また軍需産業と言うのは他産業に依存する性格の産業であり、先端技術を実装した素材メーカー、部品・コンポーネントメーカーの、技術開発・製品生産の集積がないと成り立たない。自らが国家の基幹・基盤産業になることは技術、市場、予算の全ての観点で不可能と言える。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
太平洋戦争中のアメリカが、週間カサブランカ、月刊エセックスとまで言われた週一ペースで護衛空母、月一ペースで正規空母を、そしてマシンガンやライフルなどを、自国だけではなく、ソ連などに提供できるほどの力があったのはひとえに、基幹産業が異常なまでに発達、特に製鉄業が質量ともに世界一であったことが大きいですからね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1413958] ちなみにかつて世界一を誇ったUSスチールのライバルだった、アメリカのベスレヘムスチールですがこの製鉄会社は15の造船所を所有し、太平洋戦争中アメリカ海軍の大半の艦艇を建造していました。ですが、次第にこの会社は新日鐵を初めとする戦後成長した企業に技術面で敗北し、給与は上がっても技術開発に力を入れなかったため、一気に強力を失いました。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
所有していた傘下の造船所も、猛追する日本の造船業に押され、造船部門はジェネラルダイナミクスに売却、そしてベスレヘム本体も現在のアルセロールミッタルに買収されてしまいました。ちなみ造船業は冷戦まっただ中の1960年代に買収さています。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
本当に軍需が儲かるならばベスレヘムスチールは収益悪化を阻止できたでしょうし、米びつになったはずの軍需部門である造船部門を売却することもなかったでしょうね。またここで、軍需産業への疑問が一つ生まれました。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1414832] 初歩的な英語を誤訳したあなたに言われたくはありませんね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1414832] アイゼンハワーが主張した軍産複合体についてですが、確かにそれは、GMがアメリカのGDPの半分を占める売上高をたたきだし、USスチールやベスレヘムスチールなどの製鉄業、造船業などが雇用を支えるなど、アメリカ経済どころか政治にまで口出しするほどの力が一時期あったのは事実です。ですが、その後彼らの力は一気に凋落する羽目になります。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1414832] USスチールやベスレヘムスチールは戦後級長成長を遂げる、日本の製鉄業、新日鐵や日本鋼管や川崎製鉄(現在のJFEスチール)との技術競争に敗北し、そのシェアを奪われ、造船業でも民需に関しては三菱重工、川崎重工やIHIにシェアを同じく奪われ、衰退していきます。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1414832] そしてGMを含めたビッグ3に関しても、自社の規模にあぐらをかいた為に技術開発に全く力を入れなかったため、トヨタ、日産、ホンダとの熾烈な競争に同じような形でシェアを奪われてしまったのは有名ですね。アイゼンハワーは「軍産複合体」というのは第二次世界大戦で急成長した企業と軍との癒着関係を危惧したわけですが、それが結局は幻想だったのは、製鉄業と造船業で民需中心の新日鐵や三菱重工に敗北したことからみても明らかです。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1415151] その分、イラクやアフガニスタンなどの中東やヨーロッパなどから人員を引き抜き、アイスランドのように駐留国側から駐留費とそれに伴う米軍の負担費は全て払うと言っても、アメリカはあっさりと撤退してます。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1415153] また、東アジアの中でも反日とともに反米意識が高まった韓国においても、アメリカは韓国に戦時における指揮統制権を韓国に返上(戦時の際には、韓国軍は米軍の指揮下に入ることになっていた)し、37,140人の人員を削減し、駐韓米軍兵力を最小2万8500人水準にすると決定しています。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1415151] 東アジア、太平洋へのルートはアメリカとしても重要なシーレーンですが、近年以上なまでに軍事力、特に海軍力を強化してきた中国の存在がありますので、それを強化するのは当然です。ただ、それ以外の地域からは順次撤退もしくは縮小し、なるべく兵力は国内で温存するのがアメリカ政府の構想です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1415156]ヨーロッパは最近のウクライナ情勢などで動揺していますが、ベルリンの壁とソ連崩壊以来、情勢は冷戦自体よりも緩和されています。何しろ東西ドイツは統一され、ポーランドやバルト三国、ハンガリーにチェコ、クロアチアやアルバニアまでNATOに加盟しています。 しかもEUの存在もありますから、冷戦期にあったような緊張感はかなり軽減されています。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1415156] ですが、極東情勢は変わるどころかかえって悪化しています。ソ連は崩壊しても、ロシアと隣接している上に、中国や北朝鮮といった独裁国家、そして韓国までが反日を振りかざして竹島を不法占拠しているなど、冷戦の状態と同じどころかかえって悪化しているのですから、進歩もクソもありません。こちらが努力しても、向こうが変わっていないどころか悪化させているんですから。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1415156] ちなみにジャーナリストの山本美香さんが内戦で亡くなったシリアですが、アメリカは2013年に激化するシリア内戦に介入する予定でしたが、巨額の財政赤字の為に取りやめています。また、ダルフール紛争やソマリア内戦、ルワンダ内戦など大虐殺がおこなれている地域に関しても、介入してもすぐに撤退し、あるいはダルフール紛争のように無視するなど、かなり慎重になっています。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1415156] ちなみにダルフール紛争ですが、この紛争で虐殺された人は約二百万人と言われており、それを実行していたスーダン政府軍と、その支援下にあった民兵組織ジャンジャウィードですが、彼らは中国から武器や資金を得ており、それを元に石油取引を行っていました。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1415156] また、この紛争にたいして国連軍派遣が検討されましたが、中国は利権の為虐殺を黙認するどころか率先的に支援していたため、これにに対して拒否権を行使しております。自国の為に虐殺を黙認どころか推奨するような国と、日本はお隣同士であることをお忘れなく。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月15日
[c1414832] どこが出鱈目なのかな?1940年以降のアメリカの国家予算の使い方が記してある資料を提示したのがそんなに【都】【合】【悪】【か】【っ】【た】。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月15日
[c1414838] 「説」じゃないよ、数字で証明されてる「現実」。>お前らの言っている「説」なんて
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月15日
[c1414838] そのセリフは、あなたがものを知らないと宣伝してるだけですよ、実際に減ってるんだから。>「戦争が軍需を減らす」なんて聞いたこともない。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月15日
[c1414838] まあ、国家予算という「事実」を提示されてすら、それを理解できないあなたの自己紹介ですね、わかります。>アホ丸出し。レベルが低い。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月15日
ファビョリ具合に磨きがかかってきたw
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年3月15日
[c1415357]自己紹介ですね、わかります。それより自説の少雨笑みまだですか~、証拠が全然出てないんですけど?私はアメリカの国家予算の使い道と言う証拠を提示しましたよ。>「自分は無知だ」と暴露しているようなもので、後で自分が恥をかくだけだけどね。&と言うわけで、ちゃんとたまには本でも読もうね、無知・無教養クンたち(笑)。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月15日
[c1415367] 他人の、しかもあなたのいう「学者」ではない一読書家の主張を丸々引用している人には言われたくないですね。また「これは100万人以上の人を雇う軍事と国家安全保障法執行代理社とは別だ」とありますが、いつからアメリカにそんな軍事と国家安全保障法執行代理社なんて会社が出来たんですが? 百万人もの従業員がいるなら当然ナスダックにも上場してるでしょうし、フォーチュン500にものっていますが見あたりませんね。教えてください。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月16日
[c1415359] むしろ戦争を利用して自国の権益を得ようと画策し、虐殺を黙認するどころか武器や資金を与えて推奨しているのは中国であり、ウイグルやチベットで大虐殺を行っている中国のほうがよっぽど危険だと思いますけどね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月16日
[c1415367] ちなみに中国のチベットにおける蛮行は、今や世界の常識です。かつて南アのアパルトヘイト撤廃運動でノーベル平和賞を受賞したデズモンド・ツツ元大主教座下は、こんな声明を出しています。http://www.tibetsupport.net/archives/9 少々ここでの討論からは外れる内容にはなりますが、こんなトンデモ国家と隣接していることに、危機感を覚えない方がどうかしてますね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月16日
[c1415156] 戦争に関してはむしろオバマ政権どころかブッシュ政権ですら、ソマリアやスーダンなどから手を引いています。また、アメリカ軍は現在縮小気味であり米欧州陸軍などはブッシュ政権下で第1歩兵師団と第1機甲師団が本国に帰還、代わりに2騎兵連隊と第12戦闘航空旅団が駐留している状況です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月16日
[c1415156] また、米国は新たにアフリカ軍を創設しましたが、部隊は全て欧州軍からの派出であったり改編などで構成され、作ったはいいがそのための新設部隊は一切ありません。また司令部は欧州軍と同じドイツ・シュトゥットガルトに駐留しております。これは、当初置く予定だったアフリカ各国が全て拒否したためで、仕方なくドイツに駐留することになったわけです。l
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月16日
[c1415156] ちなみにアフリカ軍が創設されたのはオバマ政権以前のブッシュ政権でしたが、もしあなたの主張が正しければ、アフリカ諸国の意見など無視して駐留するはずですし、そのための部隊もジャンジャン新設したはずですが、これは一体どういうことなのかお聞かせください。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年3月16日
[c1415156] また、その理屈でアメリカを非難するなら、他国に化学兵器と弾道ミサイルを売った北朝鮮や、核兵器を他国に売却したパキスタンを非難するべきでしょう。アメリカが嫌いなのは分かりましたし、それはあなたの好き嫌いですから別にかまいませんが、どっちが酷いか比較論で唱えるならば、どう考えても中国や北朝鮮の方がたちが悪いですよ。
Satavy@ちえりすと @satavy 2014年3月16日
この話まだ続いてたんですの? そもそも犬アイコンの人は結論に合わせて資料を読むから金額や人数を間違えるのに、どんな資料を持ってきても信用される訳ないと思うけど……
牙王獣太 @k2train 2014年3月18日
ここまで言われて未だに確固たる反証ソースすら出せない@gorashの低レベルさには、呆れを通り越してある意味恐怖感モノだわw 恐らく『戦争』『兵器』とかそういう漢字見ただけで引き付け起こしてファビよって忌避したがる9条信者と同感覚としか思えない。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月13日
[c1432664] まーたつまらない提灯記事だしてる。ストックホルム平和研究所が出した売上高における軍需比率はこんなモンなんですけど。第23位 三菱重工 36.2億ドル(約3,260億円)10% 第38位 川崎重工 26.3億ドル(約2,370億)16% 第57位 三菱電機 14.4億ドル(約1,300億円)3% 第58位 NEC14.4億ドル(約1,300億円)4% 第98位 富士通 6.6億ドル(約 590億円)1%
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月13日
重要なのは、三菱重工ですら売り上げ高の九割は民需であり、軍需よりも主体が民需であることが明らかだということです。それに、武器輸出三原則を解禁しても、それで10式戦車やそうりゅう型潜水艦が売れるかというとそういう訳にはいきません。何しろテクノロジーの固まりですから、売る場合は重要部分は全部ブラックボックス化しなければなりませんので。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月13日
[c1432664] また89式小銃を製作している豊和工業や、拳銃を製作しているミネベアも、主力商品は工作機械、ベアリング・モーターなどですし、豊和工業の小銃などは武器輸出三原則の見直し以前から輸出が始まってますので、解禁されたからといって、それで需要が増えるわけではありません。所詮は派生商品ですから。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月13日
[c1432664] それにこの武器輸出三原則の見直しというのは、一国だけで兵器開発が難しい、利益が出しにくいからこそ、国際共同で開発するためであり、むしろ市場の収益性が低いからこそ、共同で経費を出し合って負担を軽減するための方策なんですけどね。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月13日
[c1432664] F-35やユーロファイター・タイフーンなどが共同開発されているのは、ひとえに兵器開発が金がかかる上に、商売としては利益が出ないから行うわけで、これが濡れ手に粟の状態ならば共同開発などではなく、単独開発したほうがいいに決まってます。その方が利益を独占できますから。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月13日
[c1432664] また、10式戦車に使用されているエンジンをトルコが次世代戦車の為に利用したいという申し出がありましたが、技術流出の漏洩の危険性から、日本政府はこれを断念してます。http://sankei.jp.msn.com/world/news/140301/mds14030121570001-n1.htm
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月13日
[c1432664] またこの記事ですと、まるで防衛費が増額することが一方的に悪のように表現されてますが、国防を第一に考えない国のほうがよっぽど危険なんですけどね。よくもまあ、こんなくだらないソースを持ってきたものです。
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年4月13日
すでに反論出尽くしていたwww
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月16日
[c1441313] アイスランドから撤退したことは無視ですか? また、アメリカは在韓米軍や在欧米軍まで削減してるんですけど。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月16日
[c1441315] その結果、太平洋からインド洋までの広大なシーレーンを実質「タダ」で利用できているという恩恵があるんですが? シーレーンって知ってます?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月16日
[c1441316] その結果、ドイツは在欧米軍を削減される羽目に遭い、韓国も同じ目にあってます。そうなれば日本も防衛費を必然的に上げなければならないわけですが、追従云々の前に おかれている立場を自覚するべきかと、感情で外交をするなど愚の骨頂です。
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月16日
[c1441314] アメリカは自国民へのスパイ活動を禁止してるんですけどね。そもそも特殊部隊ってどういう部隊なのか知ってますか? あなたが好きなシュタージやゲシュタポとは全く違う組織なんですが?
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年4月16日
[c1441314] 前述してますが、アメリカはシリアにもスーダンにも大義名分があったにもかかわらず、介入を断念してます。今回のウクライナでも一応ブダペスト宣言という大義名分があっても、ロシアのなすがままになってます。すべてが事実と全く違うんですけど。
Hoehoe @baisetusai 2014年12月6日
どっちも部分的には正しいと思った(小並感
うみんちゅ @DEEPBLUE1219 2014年12月26日
アホを相手に説明を尽くしても時間と労力の無駄にしかならないという見本のようなまとめですね
zio @zio0983 2015年2月5日
細かい解説お疲れ様です。ソース、参考になりました。あと相手のキチの方、恥部をさらけ出していただいてどうも。それもいろいろ参考になりました。