Tokyo Players Collection&ライトアイプロデュース「IN HER THIRTIES」お客様の感想まとめ

3月27日(木)~31日(月)まで上演中! 大阪・インディペンデントシアター2ndにて 詳細は http://inher30.net/ ご予約は https://ticket.corich.jp/apply/52812/
righteye2008 3263view 8コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • そかし @AbaddeGrimade 2014-04-01 22:19:17
    続き。「彼女」は「選択」したいのだ。この作品はある意味「理想の悩み」を描いた作品なのだ。この作品の「彼女」は「選択」し、着実に「成長」していく。常に成長したい女性と、いつまでも成長したくない男性、その間には深い河が…などと胡散臭い「リアリティ」のある言葉で締めてみる。 る。
  • そかし @AbaddeGrimade 2014-04-01 22:09:06
    続き。昔、何かで読んだ某作家の奥さんの話を思い出す。「大学でなんとなく付き合い始めて、卒業後、私がOLになって、きっと普通の人と何かあって、別れちゃうんだろうなと思ってたけどびっくりする程何も無くて、もうすぐ30…って思ったら結婚してました。」幸せである。何がいけないのか?
  • そかし @AbaddeGrimade 2014-04-01 22:03:21
    続き。いや、ショボくても選択肢のある者は幸福だ。恋愛と仕事、片方だけ、あるいはその両方とも無い人間だって少なくないはずだ。主人公は2つの道を歩む。そして片方を失う…と思いきや、最後にはまた両方、手に入れる予感で芝居は終わるのだ。これはファンタジーである。
  • そかし @AbaddeGrimade 2014-04-01 21:58:01
    続き。この中身がリアリティってこうでしょ、みたいな内容なのだ。女性30代、恋愛、仕事、結婚、出産、子育て…主人公はいろんな選択を迫られる。しかしその選択をしてきた女性が何人いるというのだ。大抵はお金を得る為に退屈な仕事に、何にもわかってくれないバカな彼氏に文句の日々ではないのか。
  • そかし @AbaddeGrimade 2014-04-01 21:49:07
    続き。つまり、リアルの方がリアリティが希薄になっているのだ。私のリアリティは私の中にある情報ど組み立てられたもので、リアルではない。その事を思うと、何が「リアリティが感じられない」だ、とちょっと可笑しくさえあるのだ。さらに面白いのはそのリアリティを揺さぶる芝居の外殻の中身だ。
  • そかし @AbaddeGrimade 2014-04-01 21:44:03
    続き。何と言っても、その女優さんの容姿である。容姿からこちらが計る年齢、これがどうにも順序が違って感じられるのだ。つまり本来なら1人の30代に見えなくてはならないのに、ある種の女性のコミューンのように見えてしまう。しかしよく考えてみると、そこにいるのは本当にその年齢の女優である。
  • そかし @AbaddeGrimade 2014-04-01 19:02:35
    続き。この企画の肝は「実際のその年齢の女優さんが、主人公(ま、登場人物、基本1人ですが)のその年齢を演じる」…日本語下手過ぎだが、ま、役と実年齢は一緒という点にある。これが曲者で、演劇という観点から観ると、プラスどころかマイナスに作用するかなりキツイ縛りなのである。
  • そかし @AbaddeGrimade 2014-04-01 18:56:55
    TOKYO PLAYERS COLLECTION&ライトアイプロデュース『IN HER THIRTIES』観る前から面白い企画だと思っていたが、いざ拝見し、これが自分が考えていたのとは別のところが面白くて、安易に女優さんが20人も!と嬉しがっていた浅はかさを思い知るのである。
  • 昇芳 @noboyosi 2014-04-01 15:31:13
    トープレ『IN HER THIRTIES』のこと。 http://t.co/rhhkjtEKVy
  • そかし @AbaddeGrimade 2014-04-01 12:09:59
    「IN HER THIRTIES」横山拓也さんのアフタートークが聞きたかった…というか横山版「IN HER THIRTIES」が観たいぞ。横山版はどう選択しようが、上野さん演出の暖かい感じと違ってザクリとえぐられそうで、こちらはこちらで良いなあ。
  • 梅田 純平(Shippo) @YELL_JUN 2014-03-31 23:38:58
    TOKYO PLAYERS COLLECTION『IN HER THIRTIES』10人のそれぞれの役者の演じ方というか、その姿勢から、その人が生きて存在を体現体言している。テレビが流すリアルのない空想とは違う生き様があったと思う。みなさん、素晴らしかった。DVD出ないかなぁ。
  • 桝田 きえ @kie_masuda 2014-03-31 22:09:16
    IN HER THIRTIES麗かver観劇。偶然時間が空き、偶然検索、偶然空席があり…。そして出会ったトープレ。素敵な役者さん達を観ていると、すぐに引き込まれ行きました。終演後の東京弁、大阪弁、標準語の話が思い出されます。競泳水着さんが秋に大阪にくるかもとのこと。楽しみです♪
  • やぶ・ちき @chiki0619on 2014-03-31 20:32:47
    斉藤和義のアゲハって、歌詞を思い出してて。21才、22才、26才、32才の彼女は って出てくるんだけど 30代後半の年齢が出てこないのは 生活感や人生背負ってくるからかしらとずっと思ってた。全然別の話だけど… この歌の続きを聴けたようなおもい。IN HER THIRTIES.
  • やぶ・ちき @chiki0619on 2014-03-31 20:26:58
    昨日 IN HER THIRTIES 麗・華 両方観てきた。わたしの過去も現実も かつての夢もあった。 麗らかと 自分が重なり過ぎてこわすぎ。 そして わたしの隣の男性が 私以上に女に共感してるのか、めっちゃうなづいてた。おー
  • 2vs2 徳山貴幸 @2vs2toku 2014-03-31 19:21:25
    で、見てきた舞台はインデペンデントシアター2ndでやってはった「IN HER THIRTIES」です。男の僕でこんだけおもろかったんやから、女性はホンマに色々と考えを巡らすやろなあと思うような、めっちゃ良い舞台でした。では自室にて買った中古CDのポーティスヘッドと向かい合います。
  • あべひかり @Hkr_gekisen 2014-03-31 18:56:27
    IN HER THIRTIES、華やか麗らか共に観劇しました。2本ともみることによって演出だったり作品だったりの解釈がまた違ってきますね。面白かった。シンプルな装置やったり照明やったりしてたけどそれの示す意味だったり 交錯する作品もそうだし交錯する会話も、とても心地良い。
  • 藤井 亙 @himeda123 2014-03-31 18:06:43
    2nd TOKYO PLAYERS COLLECTION & ライトアイプロデュース IN HER THIRTIES 千秋楽終演 華やか、麗らかをつづけて観劇、感想などは、検索、楽しい時間でした!
  • Shin Sato @Samanosuke2010 2014-03-31 17:51:06
    「In her thirties」千秋楽観て参りました http://t.co/9mdDhLE8vZ
  • 北野ひかり @22455555 2014-03-31 15:58:57
    IN HER TWENTIES 2013 を去年芸創でみたのだ。今日は今からIN HER THIRTIES を2ndでみる。今年こんな形で観れるとは去年考えてもみなかった。縁だなぁ…ご縁に感謝だよ…
  • イナエ @inaelaundering 2014-03-31 03:40:43
    「IN HER THIRTIES」なにあの凝った演出は!違う会話のシンクロの仕方と女優の流れる様な動きと台詞は見てて気持ちがええ。特に永津&西原両名の飛ばしっぷりには大笑いした。華やかと麗らか、両方観るべき。因みに作・演出はオネエちゃうかと疑っている笑。#inher30
  • 川上想等 @masa_0409 2014-03-31 00:56:14
    『IN HER THIRTIES/華やかThirties』コメディエンヌとしても最高の実力を持つ役者達が演じる人物は、例えば涙をボトボト流しながらも、心の中で唇を噛み締めながらも、鼻歌唄って笑顔でいるような逞しさと愛しさがあった。元気、もらいました。
  • タカハシ @intvwnet 2014-03-31 00:48:33
    IN HER THIRTIES/華やか。道を模索し、戦士のように生きた人間の10年。迷いながら華をつかむ生き方は勇敢な採集士であり、充実した生き方とは何かを示してくれる。前を向いて生き続けるのはとても難しい。でも、周囲が彼女をどこか許しているという事実があるんじゃないかと思う。
  • タカハシ @intvwnet 2014-03-31 00:32:57
    IN HER THIRTIES/麗らか。人生は境遇とも道とも呼べる。10人が描いた彼女の糸が、目に見えるほどはっきり現れていたのが凄く面白い体験だった。その糸はとても簡単に千切れてしまうものだから、それが10本も続くのは実は奇跡だ。戸惑いの38歳と、受け入れた39歳が面白かった。
  • そかし @AbaddeGrimade 2014-03-30 22:46:40
    続き。それが鋭いような、全く見当違いのような。芝居の話が脱線し、女性論になっているのが可笑しかった。明日は横山拓也さん…聴きたいわー。あと女優陣の話も聞いてみたいですけどね。「IN HER THIRTIES AFTER」みたいな企画ないかしら。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「レシピ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする