4

広島市佐伯区出身の男子元陸上競技選手・400mハードル日本記録保持者で、現在はスポーツコメンテーター・タレント・指導者などで活動中。株式会社R.project取締役。

2001年世界陸上エドモントン大会・2005年世界陸上ヘルシンキ大会の男子400mハードルにおいて、世界陸上選手権のニ大会で銅メダルを獲得する快挙を達成。又オリンピックには、2000年シドニー・2004年アテネ・2008年北京と、3大会連続で出場した。身長170cm、体重66kg。
http://ja.wikipedia.org/wiki/為末大
 
 

Dai Tamesue (為末大) @daijapan
おはようございます。今日は【人生が重い人】について
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
人生が重い人がいる。自分の人生は唯一無二のもので、決して次のチャンスは無く、そしてできうる限りよいものにしなければならないという力みを抱えて生きている。計画通り人生を進める事が大切で、失敗してしまうと計画が狂うという恐れを抱いている。
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
人生が重い人にとって、人生は試験。ちゃんと最後まで合格できるかどうか。途中で予想外のことが起きたり失敗してしまえば、取り返しがつかない。人生は自分がこのレベルかなと定めた集団についていけるかどうかが大事で、少しでも集団から遅れたらおしまいだと思っている。
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
成功したい、と、成功しなければならないは実は結構違う。人生が重い人は、自分が決めた、いやおそらく幼少期に刷り込まれた成功の基準を達成できなければ人生自体に意味が無いと信じている。青年期はそれが野心として現れ、ある年齢からは自責感として現れる。
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
何度か浮き沈みをして、ああ、全部舞台の上の出来事なんだと思ってから急に自分の力が出せるようになった。失敗も成功も途中の形。人生は死に集約される。過程の事を人生と呼んでいる。
Dai Tamesue (為末大) @daijapan
【終わり】全部幻なんだから、見たい夢を見た方が面白い。

コメント

注目の記事 - トゥギャッチ

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする