10周年のSPコンテンツ!
172
順一 @jyunichidesita
はい。フィクションからの影響というのは侮れないですよね。“@lalakarinn: 横からすみません。放射能=鼻血というのは、原爆関連の映画「ザ・デイ・アフター」や絵本「風が吹く時」の影響もあるのではないでしょうか?少なくともアラフォーはこの辺に衝撃を受けてる世代です”
兄ぃ @any_k
ちょっと、『放射線といえば鼻血』がどこから来ているのかを考えてみようと思う。 自分はそこそこのオタなので、映画や漫画、様々な創作物で、放射線による害を表現するのに『鼻血』が使われてきたのは知っている。
兄ぃ @any_k
2013年にドハマりして3回観たの映画『パシフィック・リム』においても、過去に動力源に原子炉を使用しつつ、 急造のため放射線防護が考えられていない巨大ロボを炉の直下で操縦したペントコスト司令が、その時の被曝の後遺症で鼻血を出すシーンがある
兄ぃ @any_k
しかしこういった表現はあくまで「表現として便利だから」使われてきたのであって、現実に適用できるものではない。 実際には、司令の状況での急性被曝であれば、鼻だけでなく全身から出血して早くに亡くなっているはずであり、使いやすい『鼻血』という要素だけを強調して用いているにすぎない。
兄ぃ @any_k
また、こういった急性被曝に対し、福島での日常生活で考えられる被曝量で放射線が原因での鼻血は考えられない。 原発作業員の間でさえ、そういった話はない。反原発の大御所、安斎育郎さんでさえ、福島で放射線により鼻血が増加しているなどという話には否定的だ。
兄ぃ @any_k
同様に、放射線による生物の巨大化も「現実と異なるが便利な表現」として用いられてきた。 日本ではゴジラに代表される、モンスターパニックものでは定番ともいえる原因だが、 これらも「巨大化する理由として便利だった」というだけで、
兄ぃ @any_k
実際放射線を当ててもそんなに都合よく巨大化するものではない、 というのは生物好きのクラスタならよくご存知かと思う。 とりあえず、巨大化の原因は放射線か廃液か遺伝子操作のせいとかにしとけば、物語を作る上で便利なのだ。
兄ぃ @any_k
こういった「便利だから」生き残っている表現(お約束とも言うが)は、当然放射線だけではない。 例えば、ダイヤモンドがあらゆる攻撃に強いといった表現がしばしば用いられるが、実際のダイヤは衝撃には弱く、ハンマーで叩くと粉々に割れる。
兄ぃ @any_k
この『ダイヤ=強い』という便利な表現は2011年のTVアニメーション「TIGER & BUNNY」においても「いくら殴る蹴るしてもこたえない、ダイヤモンドをまとった難敵」という形で用いられた。
兄ぃ @any_k
ダイヤは衝撃に脆いという話は、『トリビアの泉』で紹介されたことがあるので、今は知識として持っている人が多いかもしれないが、 ダイヤは硬い、という話から、衝撃にも強いというイメージとして持っている人はけっこういたんじゃないだろうか。
兄ぃ @any_k
「放射線」と「鼻血」が結び付けられている背景はこういったものではないかと思う。 創作の世界ではこれらは無くてはならないものではあるが、あくまで便利にデフォルメされた表現にすぎない。
兄ぃ @any_k
現実にこれだけ深刻な事故が起こった以上、刷り込まれたにすぎないイメージを安易に現実に当てはめるのは、差別や偏見をもたらす可能性があることを、皆が考えてほしいと願います。
兄ぃ @any_k
あ、大事なの書き忘れ。日本だとやっぱり『はだしのゲン』の存在は大きいと思う。

※まとめ人注
『はだしのゲン』は鼻血表現に関してではなく、
核兵器や放射線の及ぼす害についてはだしのゲンから
知識、またはイメージを受けている人は多いだろう、という意味で名前を出しました。
また、ゲンでの描写についてはかなり正確なものが多いと思っています。

りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool
@any_k ジャガイモに放射能あてて巨大化したらいいのに!(※巨大化するレベルだと食えない可能性)
じゃりねこ@或る図書ありがとうございました @jyaricat
@any_k 加えてレイモンド・ブリッグスの「かぜがふくとき」も。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool
@any_k 楽園の魔女たちって小説…ラノベ?でダイヤモンド鎧の敵(というか演習相手)?が居て 戦ってる子(火属性)「攻撃通らないどうしよう…」 インテリちゃん「ダイヤモンドは…燃える」 で決着着けた話がありました。実際に燃やすにはかなり熱と圧が必要だったはず…
akachun @akachun
私は、肥田医師が緩慢な内部被曝による影響として鼻血があったとコメントしたのを知って、あるのかもしれないって結構思ってました。 http://t.co/i8zwQLFaRF その後、原爆の被ばくの症状に鼻血があったとする情報が彼以外に無かったので嘘っぽいなと。
兄ぃ @any_k
ちょっと前に作られた巨大イカコラも、放射線と巨大化を強く結び付けてる人が多いということを示している例だろう http://t.co/VF1Iwe1MxR
カスガ @kasuga391
余談ながら、フィクションで描かれた放射線障害として、私が知っている一番古い例は、H・G・ウェルズの『トーノ・バンゲイ』(1909年)に出てくる「クワップ」だ。
カスガ @kasuga391
クワップはアフリカのモーデット島の汚泥から採れる重金属を含んだ燐光を放つ鉱物で、一オンスあたり三ポンドの値打ちがあるが、クワップの近くにある駐屯地に二ヶ月も住んでいると、「癩患者のように蝕まれて」死んでしまう。
カスガ @kasuga391
主人公は破産に瀕した叔父を救うため、モーデット島からクワップを盗み出そうとするが、作業に携わった人夫たちは倦怠感と腕の炎症に苦しめられ、クワップを満載した主人公の船は船底の板が劣化して沈没してしまう。
カスガ @kasuga391
まだ放射線が人体に及ぼす影響が発見されてから十年も経ってない頃の小説である事を考えると、かなり正確な描写。
長年反原発の立場の池田香代子さんのお話。
池田香代子 「100人村 お金篇」 @ikeda_kayoko
去年某所で1日バスツアーの隣席に座った印象ですが、元町長は「あの時、自分は被曝した」というショックから抜け出せず、そこからすべてを見、ショックを補強する情報や解釈を集めて今に至っているのかも、少しでもそれを修正する事実は受けつけないし、と思いました。一面気の毒なのだけど…
残りを読む(28)

コメント

兄ぃ @any_k 2014年5月9日
自分はオタとはいってもざっくりゆるいオタなので、各クラスタからコメントいただけるとありがたいです。どうか、よろしくお願い致します。
ちんあなご(今季の営業は終了しました) @hy_cl 2014年5月9日
よく福島(東北)でキケイジガー!というデマが出回るけど、放射線の影響で2歳の子供の身長が2メートルになったとか、筋肉が発達して腹筋が割れたとか、そういうデマは聞かないよね。なぜ人間には巨大化の可能性を与えないんだろう?ww
にょろり @mosanyo 2014年5月9日
震災後は停電でTVが見れず、原発が爆発したのをよそのTVでチラ見した程度でその後給水などで外出を重ね電気がないから片付けしかすることなくて、ぼんやりと家も避難するのかなとかゴジラとか誕生しちゃうのかなとかのほほんと考えてました。
にょろり @mosanyo 2014年5月9日
その後電気が復旧し色々情報が入ってきて現実と向き合わねばならなくなりましたが、鼻血ガー!の人々はまだ震災後の停電から復旧していないんですね。
粒あん・生フラーレン(非加熱) @keroa18 2014年5月9日
緑色の大男も生まれてきてないよな。
にょろり @mosanyo 2014年5月9日
あ、そうそう。自分もはだしのゲン小さい頃に読んでましたが、今回の原発事故と絡めて考えることはなかったです。だって近くの体育館に避難した方来られてましたが暖房器具の募集はあれど、鼻血多数のため付近の住民の方ティッシュの寄付を!なんてなかったもの。現地に居たら逆に想像つかないこと言ってますよね、かの人々は。
NATSUKI(ビッグズボラしたい毎日) @Natsukifamima 2014年5月9日
はだしのゲンは私が中学の頃図書館にあって、借りられないが読む事はできた、しかし、あれでは鼻血と関係なさそうかな、どちらかというと、皮膚がズルっとむけたり、川を死体がながれお腹が割れとても酷い匂いをはなつなど、私の印象に残った。自分の意見。鼻血はただの描写であるが行き過ぎはイカン、明らかに因果関係はない。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月9日
初代ゴジラは放射能によって巨大化したのではありません。巨大化特撮に関しては、1950年代のキワモノSF特撮映画が「小さいの大きくして撮ったら、安価でできるんじゃね? 放射能のせいにしとけばいいよね」って発想で大量に作られた結果ですかね。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月9日
『戦慄!プルトニウム人間』とかいろいろひどいのあります。
セクサー資材部 @sexxor_asset 2014年5月9日
『はだしのゲン』の4巻までの描写は、急性被曝症状の描写としては割とばあさんに聞いた話とか井伏鱒二の『黒い雨』に符号しているですね。あとは知らん。
セクサー資材部 @sexxor_asset 2014年5月9日
後天的な被曝症状の描写でいうと『ヒルズ・ハブ・アイズ』というのが典型的なんですが、被曝=奇形という短絡的なイコンが用いられているです。ただ、その短絡思考だからこそ構築できる寓意つうのがありまして、自分は2007年度のベスト映画に選んでおります。
セクサー資材部 @sexxor_asset 2014年5月9日
『美味しんぼ』の鼻血描写がアウトみたいな報道のされ方をされてますけど、問題はそこじゃないと思うんですよ。『美味しんぼ』ってセミドキュメンタリーの体裁をとっていたからでして、物語の中に「現実はこうなんですよ」っていうかたりべに井戸川さんを登場させて、自分は山岡くんや海原雄山のようなアルターエゴを用意して責任を被らん位置に立つという狡い手を出している。自分はそこが気に入らない。
言葉使い @tennteke 2014年5月9日
「はだしのゲン」に鼻血の描写ってあったっけ?覚えてないや。原爆投下後、外から助けに来た人が放射能の影響であっという間に死んでしまうとき、確か下痢をしだしたのに気がついていない描写があったような。
言葉使い @tennteke 2014年5月9日
放射能で巨大化って、ウルトラマンのミロガンダは違うかな?http://anime.dancing-doll.com/ultraman/ultraman-review/ultraman-5.html 放射能と放射線とガンマ線の区別がつかない私。
言葉使い @tennteke 2014年5月9日
放射能による突然変異って、今の時代なら「テロメア」への影響がどーのこーので細胞が死ななくなり巨大化、とか。高橋葉介の一編で、不老不死の研究が成功したら細胞が死ななくなって巨大化てのがあった。
kghdt @kghdt 2014年5月9日
目に見えない力が働くと鼻血が出るというのは「AKIRA」のイメージも大きいと思うね。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2014年5月9日
放射能で巨大化ってのは「放射能X」あたりからかな
水無瀬 @minase_gawa 2014年5月9日
はだしのゲンで鼻血の描写ってなかったよね?急性障害としてはゲンが出会ったおっさんが「髪が抜ける」「自覚なく血便を垂れ流す」「気温は暑いのに寒がる」の後死ぬシーンがあるのと、あとは時間が経ってからの白血病だと思われる吐血その他とか。あの漫画もまぁ正確じゃない所はあるけど、なんだかんだ「自分が見聞きしたこと」をベースに書かれているので鼻血なんていう実際になかったものは(作劇上は便利であるにもかかわらず)描かれなかったんじゃないかな。
もさ子 @kanimisoumeee 2014年5月9日
髪がゴソっと抜けるという表現もお約束だと思うのですが、抜け毛ガー!であまり騒がれてないですよね?何故鼻血だけが…?
兄ぃ @any_k 2014年5月9日
あ、補足ですが、はだしのゲンについては「鼻血が出ているもの」として名前を出したものではないです。原爆の投下された状況で、鼻の粘膜から出血してるのであれば、その人はおそらく全身ただれて出血してると思われるので、わざわざ鼻血だけを気にする人はいなかったのだと思います。
兄ぃ @any_k 2014年5月9日
kanimisoumeee 髪がごそっと抜けるようなことは日常、よほどのことがないと起きませんが、鼻血は日常のなかで放射線以外の些細な原因ででるものだからだと思います。子供が頭をカリカリかいても大きな脱毛はありませんが、鼻ほじで鼻血は出ますから。
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2014年5月9日
原爆の後遺症として私の記憶に残っているのは『(原爆)ぶらぶら病』とか表現されていた、倦怠感や意欲の低下だけど、今回の原発事故では報告されているのでしょうか?
かもの ねねみづ @cmnnmz 2014年5月9日
フィクションでは放射能はさまざまなモンスターを創作したが、リアルでは風評被害をまき散らすこんなモンスターが誕生してしまった。事実は想像を上まわるなぁ。
林原悠 @yu_woodfield 2014年5月9日
記憶にある中では被曝して白血病になった人が鼻血が出て止まらない、みたいな話を読んだ記憶があるかな。詩だったと思うからフィクションの可能性も多々。あと、「止まらない」のほうが重要で、鼻血が出た理由は別だった気がする。
minkonjinno @minkonjinno 2014年5月9日
「鼻血なんていう実際になかったものは(作劇上は便利であるにもかかわらず)描かれなかったんじゃないかな。」少年ジャンプに連載してたので、「鼻血ブー」がギャグになってしまうとかそういうリスクも考慮したのかも知れません。
夕街昇雪⌬いえのかぎ🏳️‍🌈C97/4(火)/南ヤ03a☕joy&love @ugainovel 2014年5月9日
いいまとめだとは思うけど、【反原発の大御所、安斎育郎さんでさえ、福島で放射線により鼻血が増加しているなどという話には否定的だ】安斎育郎先生をそんじょそこらの不勉強と一緒にして欲しくないね。井上円了なみのニセ科学・迷信バスターだよ
兄ぃ @any_k 2014年5月9日
ugainovel 安斎先生は非常に良心的な方として評価して名前を出しています。一部の反原発の人達は安斎先生さえ御用学者と呼ぶ勢いなので、あの様に反原発の立場であることを強調しました。
兄ぃ @any_k 2014年5月9日
余談ですが、髪の毛についてはパシリムコミック版にてペントコスト司令と共に戦ったパートナーの女性は髪が脱毛していて、闘病中であることが描かれています。
山下238 特撮とアッシマーはいいぞ @Yamashita238 2014年5月9日
http://togetter.com/li/351230 「はだしのゲン」は放射線科の資料をもとに検証した事があるのですが、母ちゃんの骨以外はほぼ間違いはありません。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月9日
映画「太陽を盗んだ男」だと被曝の影響は「脱毛」と「歯茎から出血」で象徴されてましたね。「鼻血」はなかったんじゃないかな。
泥山田@チーム泥んこプロレス @doroyamada 2014年5月9日
そういえば「福島行ったら髪が薄くなった」ってのは聞いたことがないな。
言葉使い @tennteke 2014年5月9日
鼻血がやばいといえば血友病だけど、最近はフィクションでも聞かないな。
neologcutter @neologcuter 2014年5月9日
鼻血だとふとした拍子で出ますからね。一時期流行った心霊写真がデジカメの浸透で消滅したのもそのせいですよ。
neologcutter @neologcuter 2014年5月9日
鼻血だとふとした拍子で出ますからね。一時期流行った心霊写真がデジカメの浸透で消滅したのもそのせいですよ。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2014年5月9日
この「xx由来の話」というので、いろいろもやっとしてたんだが...ようはアレだ、宇宙人と聞いて「蛸っぽい火星人」を思い浮べる、というのと同じだな、と説明すればよさそうに思えてきた。
兄ぃ @any_k 2014年5月9日
tsuyoshi_cho ええ、下書き段階では、過去には多種多様だった宇宙人の目撃談が、その時々のメディアの影響でタコ型、そしてグレイ型ばかりに変化していった話も書いてたんですが、最終的にはダイヤの話でいいかなと削ってたりします。
カスガ @kasuga391 2014年5月9日
ブリッグズの『風が吹くとき』にも放射線障害で鼻血が出る場面はないです。結末近くで歯茎から出血するシーンはありますが。
kabayakiya1999 @kabayakiya1999 2014年5月9日
福島県鼻血問題を刷り込ませた、井戸川克隆はかつて参院選の演説で「日本政府は震災8日前に東日本大震災発生を予知していた(実際は震災8日前に原発に対する津波対策についての回答を日本政府が各電力会社に求めただけ)」と妄想を演説として発言した人物(双葉町町長だって町議会議員の不信任案から辞任した)。こんな奴を信じて漫画書くとか中二病に付きあるレベルだぞ、割りと真面目に。
まどちん● @madscient 2014年5月9日
アメコミヒーローてだいたい放射線浴びて超能力を獲得するよね。超人ハルクとかファンタスティック・フォーとかスパイダーマンとかデアデビルとか。
kabayakiya1999 @kabayakiya1999 2014年5月9日
雁屋哲が「個人的に書いた」とのことだけど、今件について国会開催された際に雁屋哲本人を国会に証人喚問して真偽を問うレベルに発展しつつあるんだけど当人はどう思ってるんだろうか?安部総理が「福島県に滞在したけれども鼻血を出したことは無いが、とある漫画家は鼻血を出したと言っている。是非とも国会で鼻血に対しての真偽を議論していただこうではありませんか?」って言ったらどう出るのであろうか?
DT25 @mahoutsukai25 2014年5月10日
最近ならHUNTER×HUNTERで被曝して鼻血があったな。ただし作中では放射能ではない「毒」。性質もちょっと違うけど明らかに元ネタは原子力爆弾とその被曝。
TomOne@PA 1日目(土)南3ヨ26b @tomone_pact 2014年5月10日
福島の人達はハゲていますよ。かつらなだけです。原発事故はアデランスの陰謀です!!
u1ρ ⛅ @u1p 2014年5月10日
ショックを受けて一晩で白髪とかもあり得ませんよね? こりゃ表現規制が必要だなあ(棒読み
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2014年5月10日
放射線について広島・長崎と第五福竜丸くらいしか実例に基づく知識がなかった時代ならまだしも、スリーマイル島とチェルノブイリと福島原発事故経てそれなりにこういう症状になるというのが分かってきてる2014年にこういう表現、というのが問題なんだと思う。
Flying Zebra @f_zebra 2014年5月10日
ハゲというのは気にしている人にとっては本当に深刻で、軽々しく話題にもしてもらいたくないことだと思います。反原発界隈の人の中にも一定数の「気にしている人」はいるはずなので、デマの材料にするにはデリケートすぎるのかも。鼻血ならその点お手軽で便利。
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2014年5月10日
例えば、昭和30年代にガンにかかったら文字通り不治の病で、物語でもそう表現されるけど、同じ表現を舞台が現代の作品に使ったら明らかにおかしいよね、というのと似た話で。時代が進んで科学的データがそれなりに溜まってきてるんだから、確実な分についてはそれを尊重しようよ、と思う。
ながぴい @Nagapiii 2014年5月10日
宇宙人と言えばグレイ、放射能と言えば鼻血。
minkonjinno @minkonjinno 2014年5月10日
「鼻血ならその点お手軽で便利。」子供に多いので、「コドモタチガー」しやすいメリットもありますね。
おてつ @guruado 2014年5月10日
潜水士の資格持っている先輩が、伊方の排水口には洗面器みたいなサザエ取れるぞ!とヨタ飛ばしていましたな。とにかく放射能=巨大化、奇形。浜岡の排水口で大型のメッキが釣れると言ったことがあるが、これは放射線で巨大化でなく、温排水で本来なら死ぬロウニンアジが生き残っただけw 東京湾でも同じ現象あるし。
Eiichi Tsuji @eureca7 2014年5月10日
『かぜがふくとき』に、鼻血の描写はあったような気がしますが。手元に本がないから確認できない。 ただし、あの話は、強烈な急性被曝の表現であり、実際に数日程度で死亡という話なんで、今回のトンデマとは関係ないんだけどね
うにら @riafeed 2014年5月10日
doroyamada 井戸川氏は2年ほど前に鼻血と同時に脱毛もしてると雑誌のインタビューで言ったらしい(https://www.youtube.com/watch?v=QiL4grYT8WQ)けど、個人的には殊更言うほどに髪減ってるようには・・・カツラや植毛etcで凌いでるとか何とか言うんだろうけど。
空 or せい @ku_999 2014年5月10日
鼻血云々は原発事故後おそらく3~4ヶ月位のうちに「健康相談」と称して異変の相談(鼻血が結構あったらしい)に訪れる人たちに何でも「放射能が原因」と誘導していたことも大きいのではないかと思います https://www.youtube.com/watch?v=kNnZ6Lb_06s&feature=player_embedded
バケツヘッド@1月11日模擬甲冑戦闘練習会 @Baketu_head 2014年5月10日
放射脳の人達は被爆ごっこがしたいだけので、鼻血という被害を自らに演出するのは良くても、抜け毛という外見の変わる被害は妄想であっても受け入れる事は出来ないのでしょう。鼻血と違って抜け毛見せてみろ証拠出せと言われてしまう事も大きいでしょうが
うにら @riafeed 2014年5月10日
ontheroadx まぁ今「歯茎から血が!放射能か!?」とか言ったら間違いなく「歯周病だろ」とか「ちゃんと歯を磨けよ」と言われるのは間違いないので言わないのか
兄ぃ @any_k 2014年5月10日
こちらの記事も参考になりそうですね ◆「エッチな想像で鼻血が出る」本当 or ウソ?  - ネタりか( アニメや漫画などで、エッチな姿を見たり想像したりして男性が鼻血を出す) http://netallica.yahoo.co.jp/news/20140204-00000002-hitomebo
カスガ @kasuga391 2014年5月10日
eureca7 少なくとも私の手元にある版には鼻血の場面はありません。ちなみに小林忠夫訳による篠崎書林刊行の日本語訳の第18刷です。
兄ぃ @any_k 2014年5月10日
kasuga391 「風が吹くとき」についてのお話、興味深いですね。また、トーノ・バンゲイに関してのツイートを収録させていただきました。
Eiichi Tsuji @eureca7 2014年5月10日
kasuga391さんのご指摘で、「風が吹くとき」にあると思っていた『鼻血』は、勘違いだと判明 新訳で、再販されているとの情報も頂いたので、早速密林クリックしてきた
カスガ @kasuga391 2014年5月10日
any_k いえ、あんなSFオタクの知識自慢を収録して頂いて恐縮です……。
カスガ @kasuga391 2014年5月10日
any_k ちなみに『トーノ・バンゲイ』はプロジェクト・グーテンベルクに原文が収録されているので、「quap」で検索すれば該当する記述が直接読めるかと思います。http://www.gutenberg.org/files/718/718-h/718-h.htm
いくた♥️なお/C97土南ツ30a @ikutana 2014年5月10日
@johanne_DOXA メンタル面での被害が深刻なのであれば尚更「美味しんぼ」みたいな言説に強く抗議するべきだと思う。なぜなら、被曝したら鼻血がでるもんだとか、知られているよりもより深刻な被害を強調するとかそういうことがメンタルに悪影響が有るのはいわずもがなじゃないですか。だからこそ反対してるんですよ。
小林ゆうこ @divinejuice 2014年5月10日
ずいぶん前に、広島で原爆を体験した子供達の作文集「わたしがちいさかったときに」を読みましたが、皮膚が垂れ下がって…等の描写はあったけれど鼻血はなかったですね。
ashen@一週間のご無沙汰でした。 @Dol_Paula 2014年5月11日
ザ・デイアフターは元がテレビ映画なので流血シーンはなく毛が抜けて丸坊主になるだけだった。「太陽を盗んだ男」も抜け毛だけだし。「風が吹くとき」は口から(歯茎から?)流血はしてたが、鼻血は無かったな。被爆の例えに鼻血を出すのはどこから来たんだ?まさか美味しんぼがルーツか?w
戸田幸子 @yukiyukit 2014年5月12日
山口百恵が被曝して白血病になる薄幸の美少女をやってた「赤い疑惑」とかでは症状をどう表現してただろう? 
子ぬこ @konukopet 2014年5月13日
井戸川氏の鼻血話ってもしかしてよくある病気自慢の一形態なのかもしれないな… あまりに質が悪いけど
言葉使い @tennteke 2014年5月13日
ゴルゴ13では64巻に収録されている「2万5千年の荒野」とか、他にも放射性物質で死んでいく話しがあるけど(男女ペアが放射性物質を含んだ人工衛星の破片だっけ?持って、ゴルゴの別荘・シェルターに入ってしまうやつとか)、鼻血の描写は無かったと思うけど?
言葉使い @tennteke 2014年5月13日
西原の「チクロ幼稚園」で、原発近くの海水浴場の話が合ったけど、髪の毛が抜けるとか肌のことはあったように記憶しているけど、鼻血は無かったような気がする。
兄ぃ @any_k 2014年5月13日
コメントなどから、振り返ってみると意外と放射線障害で鼻血ってそのものを描いている作品は少ないですね。ただ、お約束の塊みたいなパシリムで描かれてるように、なんとなーく「なんかの映画だと鼻血でるよね?」「あー、なんかで見たなぁ」ぐらいのイメージは皆持ってるかと思うのですが、不思議なイメージの発生に思えます。迷信の類は、みなこういった発生なのでしょうが。
兄ぃ @any_k 2014年5月13日
超能力の使用、脳への負荷など、「不可視の影響」の象徴が鼻血というのは確実にあると言っていいと思います。美味しんぼの「風が吹くと線量が」からもそうなのですが、とにかく放射性物質=微粒子というのは強烈にイメージがあるので(これは事実でもあるのですが)それhと鼻血が強く結びついたのかなと。なお、実際は放射性物質は土中の粘土質に強く結びついていて、風で舞う程度では線量は押し上げたりされないのですが。
兄ぃ @any_k 2014年5月13日
http://togetter.com/li/318286 参考までに、こちらはヨウ素→ヨウ素液で芋紫になるよね!?→原発からのヨウ素で芋が紫になった! と結びついちゃった例。恐ろしいことにチェルノブイリのかけはしの代表がコレです。
youri djorkaeff @youri_djorkaeff 2014年5月13日
なんだったかなぁ「ゴルゴ13」で墜落した人工衛星(原子力電池)をペアの工作員が極秘裏に回収して被爆、気づいたゴルゴが秘密アジトの地下室に封印したエピソードがあったけど鼻血の描写があったか記憶が曖昧。
メメント森(ㆀ˘・з・˘)(見たことないやったことない) @ALUMII 2014年5月13日
ザ・デイアフターではパニックおこした女の子が核シェルターから飛び出して原爆の直撃受けてるんですよね。熱波来る前に逃げきったけど、その後鼻血と下血で死んでたような。
中乃井みあき/己丑より @nakanoi_miaki 2014年5月16日
「太陽を盗んだ男」では、被曝したんでは?と思わせる描写が鼻血ではなく歯茎からの出血だったのが印象的でした。こっちのほうがリアリティあるかな。
言葉使い @tennteke 2015年5月21日
ちょっと考えただけで、鼻血が出ると言うことは、鼻孔の中に接触があって外部要因で血管が破れるのと、血管が脆くなって血圧が高くなって内側から血管が破れるのと二通り思いつくけど、他に何かある?美味しんぼってどっちで破れると言ったんだろう?
林 智裕 @NonbeeFrog 2015年8月1日
私としては、『フクシマで鼻血が!』は、70年代ドラマ『赤い疑惑』の影響だと思います。 視聴率も高かったし、世代が合致する。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする