まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

中西準子さんの年5ミリシーベルトは、周辺線量では毎時何マイクロなの?

・毎時1.9マイクロなのだそうだ。 ・中西準子さんは、国が使った係数0.6は過大だと評価した。じっさいのガラスバッヂ計測によると係数は0.3だと主張。国の毎時3.8マイクロは年10ミリに相当するとみる。中西さんはその半分である年5ミリすなわち毎時1.9マイクロを避難基準(すなわち帰還基準)にするのがよいと提言した。
東北
4020view 4コメント
20
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「年5ミリシーベルトに」 福島除染目標で新提言 環境リスク評価の第一人者、中西準子氏に聞く :日本経済新聞 s.nikkei.com/1lLZI7v 「建物による遮蔽効果についてはよく耳にするが、線量計の特性に関しては、これまでだれも指摘しなかった。」
早川由紀夫 @HayakawaYukio
中西さんは実効線量への換算係数を0.6としてる。私は昨年9月以来0.7だとしてきた。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
記事タイトル「年5ミリシーベルトに」が、この実効線量なのか(従来の)周辺線量なのか、はっきりしない。実効線量なら、周辺線量でいうと年14ミリだね。いまの20ミリとたいして変わらない。
中西準子 @junkonakanishi1
26日(今朝)の日経電子版に、”「年5ミリシーベルトに」福島除染目標で新提言 環境リスク評価の第一人者、中西準子氏に聞く”、編集委員 滝順一、が掲載されました。nikkei.com/article/DGXNAS… 滝さんは、同日日経本紙では、甲状腺問題を書いています。
酋長仮免厨 @kazooooya
@junkonakanishi1 こんばんは。記事を誤解されている方もいるようなので確認。 除染目標「年5mSvに」というのは、現状の除染目標年1mSv(0.23μSv/h)に対する数値で、空間線量率で約1μSv/hという事ですよね? wolframalpha.com/input/?i=0.95%…
中西準子 @junkonakanishi1
@kazooooya 違います。こういう誤解があるのですか?外部被ばく量で年5ミリシーベルトです。今日、帰宅後blogに書きます。ご注意ありがとうございます。
酋長仮免厨 @kazooooya
@junkonakanishi1 あれ?「違います」とのお返事に驚きです。 現状の除染目標年1mSvの計算方法による「年5mSv」は、空間線量率から個人線量計数値へ変換すると3.5mSvになるので、実効線量3mSv程度と思ってましたが、誤解があるといけないのでブログでお願いします
酋長仮免厨 @kazooooya
積算空間線量から積算個人線量への換算係数0.7、屋内遮蔽効果0.6を考慮した個人が受ける年間外部被曝量は実効線量3.5mSv程度、その時の主要な屋外空間線量率は約1μSv/h程度になるのだけれど、どういう事なのかブログに期待しよう! meti.go.jp/earthquake/nuc…
灰猫(にゃーん野郎) @nekoyasshiki
@kazooooya 一貫して中西先生は、実効線量5mSvだとおもうけど(測れる個人線量にするかもしれんけど)。ただし、除染完了時期指定。
酋長仮免厨 @kazooooya
@nekoyasshiki う~ん、「除染目標年5mSv」は、中西さんのスライドみても屋外の積算空間線量+遮へい効果で年5mSvだと思うんですけどね。「違います」と言われると混乱してしまうま。帰還人口からみても5.6万人になるので。 pic.twitter.com/9pFOf4M52e
 拡大
灰猫(にゃーん野郎) @nekoyasshiki
@kazooooya まあ、積算線量のスタートラインでってことで、後はblog待ちましょうか。そうしないと、言葉尻捕まえて安全廚とか御用だ認定にしか興味ない人に、喜ばれてしまうw
酋長仮免厨 @kazooooya
@nekoyasshiki はい、ブログに期待したい。あの界隈の人達を喜ばすわけにはいかんw
1週間経過
中西準子 @junkonakanishi1
遅くなりました。お返事を、私のblogに書きました。参考にしてて頂ければ、幸いです。homepage3.nifty.com/junko-nakanish…
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「空間線量は一番基礎的なデータであり、個別に測られた個人線量を基礎に除染事業を進めることはできませんので、空間線量の値を使うのです。」と言いながら、「空間線量でいくつかという聞き方をやめてほしい」は、説明責任を放棄したように聞こえます。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「1μSv/hと言われた時に、新しい計算をしてリスクの大きさが、実は今まで思っていたよりずっと少ないと思って頂ければいいのですが、3年間その数字に囲まれて生活してきたので、それってすごく難しいと思うのです。」 福島の人たちをみくびっています。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「年 5mSv」は、正確には「年 5mSv追加」ですね。事故前からあった放射線量(年0.4ミリ)への上乗せですね。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「これを目標にすれば、6~6.5万人が帰ることができる」というリスク管理を前提にして、リスク評価するのは感心しません。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
ついでに(前にも指摘しましたが)。ウェザリングで放射線量は減少しません。地質学用語であるウェザリング(風化)はin situプロセスを言います。もしそれで放射線量が減少したら原子核物理学が崩壊します。浸食運搬と言ってください。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
中西さんがいいう「年5ミリシーベルトに」は実効線量だった。周辺線量でいうと(だいたい)年14ミリだ。いまの20ミリとたいして変わらない。twitter.com/HayakawaYukio/…
早川由紀夫 @HayakawaYukio
過去の環境省行政(年20ミリ避難基準)を追認して、それだけ周辺放射線量があっても、じっさいに被ばくする実効線量はたいしたことないから、リスクは小さい(十分帰れる)と言ったと解する。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「(周辺線量当量で出された空間線量)×0.3=外部ひばく線量」で計算してると中西さんは言うけど、「周辺線量当量で出された空間線量」て、なんなのかな。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
私の計算方法はここで説明しました。「追加被ばくマップのわかりやすい説明 - Togetterまとめ togetter.com/li/672167 via @togetter_jp
早川由紀夫 @HayakawaYukio
周辺線量が年14ミリは、毎時1.6マイクロだ。事故から3年たって放射線量は半減したし、私の地図は芝生の上を表現していて2倍評価になっているから、中西基準を採用すると、私の地図で6.4マイクロまで帰宅できる。飯舘村も帰れる。
酋長仮免厨 @kazooooya
@junkonakanishi1 ブログを拝見いたしました。お答え難い質問をしてしまい失礼しました。 除染目標よりも、今までの国の計算式によるみなしの実効線量が、「実は今まで思っていたよりずっと少ない」という認識が拡がって欲しいところではありますね。 お返事有り難うございました。
残りを読む(10)

コメント

早川由紀夫 @HayakawaYukio 2014年6月2日
ところで、中西準子さんの年5ミリシーベルトは、周辺線量では毎時何マイクロなの?すでに1週間放置された。
金環蝕 @oh__muku 2014年6月2日
まだ帰宅されてないんですかね。誰かに拉致されたってことないよね。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2014年6月2日
中西さんの返事は「違います」だったが、ブログを読むと、質問した酋長さんにとっては「そうです」だったようだ。「あの界隈の人達を喜ばす」ことにはならず、酋長さんはほっとしているだろう。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2014年6月2日
外部被ばく量(実効線量)年5ミリ追加を新基準にするとしても、それに対応する周辺線量を定義しなければ、線引きはできない。行政は線引きしないと始まらない。いったいどーするつもりなの?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする