これぞ ヨシりょく プロセプターによる カルドセプト48手

ヨシさんによる カルドセプト48手をまとめて読めるようにまとめました。
ゲーム
1
ヨシ @yoshi_gmgn
@ZAKURO_sugar @tedloa ちょ、ちょっと待って! せめて48手のほうにさせて!
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 1手目 走り 効率良く自分の総魔力を伸ばすプレイのこと。常に最強、最速たれ。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 2手目 ステルス あえて自分が不利な状態を作り出し、場にある妨害要素を他者に向かわせる奥義。最強が最善とは限らない。ただ単に体制が悪いだけなのにステルスと言えばなんとなく体裁が保てるなど、汎用性の高さも魅力。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 3手目 ほうたるファントム ステルスの上位互換奥義。ブック段階から後半に向けて伸びる構成を好むほうたる氏の勝ちパターンの一つ。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 4手目 焼き いわゆるダメージスペルを多様して、自分以外のクリーチャー、あるいは自分のクリーチャーもろとも殲滅する。勝つとかっこいいが、負けると戦犯扱いされて感想戦にて千の剣に体を貫かれる。まさに諸刃の剣。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 5手目 半焼き 焼きの亜種。焼き切らずに、盤面を有利にする程度にとどめる焼き。追いパイロなど、焼いた後の手が広い。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 6手目 焼く焼く詐欺 焼きそうに見えて焼かない。いざとなったら本当に焼くんだぞ、とどれくらい思わせるのかが鍵。勝ったあと「いや、あの体制で焼くわけないじゃーんwww」と追い打ちをかけられるのも強み。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 7手目 焼けろ 自分ではどうしようもないほど盤面が傾いた時、焼きブックのコーンを叩くなどして焼いて貰うタッグ技。真っ平らになったあとにクリーチャーをいかにぶちまけられるのかがポイント。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 8手目 メタ読み 曇りなき眼で相手のブックを見透かし、それに対応したブックを使うこと。決まると相手に60分間の御通夜タイムをお見舞いできることも。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 9手目 サブタグ 主にメタ読みを回避するために行われる裏奥義。真名を隠すことにより何よりも貴重なブック情報を守ることができるとされる。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 10手目 いやお前ヤマ◯でしょ サブタグ殺しの一手。カルコロで大量の試合を行っており、なおかつ勝率が3割ちょいちょいの新人に唱えると即死効果がある。でもみんな優しいから言わない。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 11手目 協調 2人以上のセプターが協力して、共に勝率を上げる行為。旧くから伝わるが、協調を持ちかけられた者は結局のところことごとく喰いものにされることが多く、その存在は疑問視されている。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 12手目 鵜飼 協調の亜種。片方が一方的に利益を享受する。実力差がある二者間での協調で起こりやすい。対義語はラブワゴン。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 13手目 打診 相手の思考を読むためにあえて仕掛ける一手。空侵略であったり、配置であったり、決定的ではない事柄を通じて情報を集めて決定機に備える。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 14手目 ウッホ 酷く好戦的なプレイングのこと。ブック段階で意識することが殆ど。下手な侵略を繰り返して下位に終わるとキングメーカー扱いされるが、上手に殴り勝っても試合後なんか言われることが多い。戦闘民族は言われた苦情の数を勲章にしている節もある。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 15手目 ライフォ ウッホの亜種である事が多い。圧倒的な物量をぶちまけて盤面を制圧する。でも序盤で落とせない高額踏むと御通夜だし、シャッターとかアンエレとか打てないしで、肝心なところに手を出せずにコケがち。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 16手目 解除型ライフォ ライフォの亜種だが、ウッホの亜種とは言い難い戦略。主に序盤にライフフォースで資産的有利を築き、後半はライフォを解除してスペル戦も行う。でもやっぱり落とせない土地踏んじゃうとヤバイ。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 17手目 アイドルブック 盤面全体に多大な影響を与えるアイドルを用いてアドバンテージを得る戦略。対策を疎かにした相手に決まると効果絶大。ただしグラニッド場で1位に走り切られると、1位のオヒキ扱いされてしまう。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 18手目 アイドルブック・ザ・ダークサイド 王女杯という呪われしレギュレーションと、hsu氏の悪魔の頭脳が生み出してしまったカルド5大災厄の一つ。試合数をこなすために場全体の魔力を伸ばす。瞬く間に蔓延し、王女杯序盤では1試合15分の阿鼻叫喚がこだました。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 19手目 トランス 走りとの親和性が高い。3DSでトランスに2割の税金がかかってしまったのでかなり弱体化した印象があるが、決定力や手順の柔軟性には相変わらず信頼が寄せられている。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 20手目 聖堂トランス 聖堂を通過した時に、魔力を調整してトランスをする戦術。聖堂アクセスが良いマップだと、かなり実用的。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 21手目 ダブルトランス 1ターンで2回トランスをする大技。スペルターンでトランスして大量の現金を得て聖堂に突っ込み、大量の護符を購入しつつレベル上げをして、再びトランスを行う。派手で何よりカッコイイが、資産的にはオーバーキルになりがち。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 22手目 プレッシャートランス 土地レベルが十分上がった段階でプレッシャーを打ち、その後トランスして価値が暴落した護符を買い漁る戦術。1Gの護符を100枚買った時の爽快感は異常。わからん殺しの筆頭。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 23手目 システムトランス ブック構築段階で、スペルトランス以外のトランス要素を入れておく戦術。魔力微調整用のファインドを入れたり、代償クリーチャーを入れたりして、自在にトランス要素を出し入れする。フレイムロード突っ込ませてレベ5奪ってそのまま売却とか胸熱。
ヨシ @yoshi_gmgn
カルドセプト48手 24手目 護符ブック クリーチャーをほとんど用いずに、資産を護符で担保する技。いかに場を遅くして、護符を買い漁る時間帯を確保するかが鍵となる。護符ブックがいる状態でウッホしていると、護符を買うタイミングを与えてしまい素人扱いされる。
残りを読む(28)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする