#近藤喜文展 情報 Yoshifumi KONDÔ (1950–98) #ジブリ #近藤ジブリ展

「近藤喜文展 この男がジブリを支えた。」 巡回情報 2019.07.06- 2019.09.16(三重県総合博物館) 2018.06.23- 2018.09.09(静岡県/浜松市美術館) 2017.06.03- 2017.08.31(福島さくら遊学舎) 続きを読む
10
リンク www.ghibli.jp 近藤喜文展 - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI 近藤喜文展。近藤喜文は、新潟県五泉市に生まれ育った日本屈指のアニメーター。高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられていた。唯一の長編監督作品『耳をすませば』(1995)で大成功を収めるが、その後しばらくして急逝した。本展では、近藤喜文が描いたキャラクター・デザインやアニメーション原画、イメージボード、スケッチなど多数展示します。清潔な人柄と温かな眼差しから生まれた近藤喜文の世界をお楽しみください。なお本展覧会は、これで巡回最後となります。是非この機会をお見逃しなく!「僕が出会った何百人ものアニメーターの 2 users 199
リンク www.animenewsnetwork.com Yoshifumi KONDÔ - Anime News Network
リンク Wikipedia 近藤喜文 近藤 喜文(こんどう よしふみ、1950年3月31日 - 1998年1月21日)は、日本のアニメーター、キャラクターデザイナー、映画監督。新潟県五泉市出身。妻はアニメーション色彩設計者の近藤浩子(旧名:山浦浩子)。1子あり。 高畑勲、宮崎駿両監督作品を1970年代から晩年までアニメーターとして支え続けた。 1995年の映画『耳をすませば』で初めて劇場用長編アニメーションの監督を努め、次代の日本のアニメーション、またスタジオジブリを担う作家として、演出面でも将来を嘱望されていたが、47歳の若さで急逝した。

2014

近藤喜文展 | 新潟県立万代島美術館

新潟が生んだジブリの動画家

スタジオジブリ - STUDIO GHIBLI - いよいよ7月4日から「近藤喜文展」が開催となります

世界名作劇場やスタジオジブリ作品のアニメーターとして活躍し、「耳をすませば」の監督を務めたものの1998年に惜しくも亡くなった近藤喜文さんの展覧会が、まもなく開催されます。 貴重な原画やイメージボード、スケッチなどを展示した初めての展覧会です。 夏休み期間中ですので、是非とも、新潟県立万代島美術館までお越しください。

ジブリNews @Ghibli_News24

ジブリの世界堪能 五泉出身の近藤喜文展 2014年07月05日 - 読売新聞 bit.ly/1saIOEO

2014-07-05 06:31:20
ジブリNews @Ghibli_News24

聖地は少ないが出身者は多い! 転機を迎えたジブリから「近藤喜文展」開催中の新潟県アニメ・マンガ事情 - MSN エンターテイメント bit.ly/1nAk49d

2014-07-29 05:57:06
Animint @animint

Exposition sur feu Yoshifumi Kondo à Niigata, sa région natale, jusqu'au 31 août 2014 via @KONFUNK pic.twitter.com/AJy6h2MfMF

2014-07-05 01:04:14
拡大
論座 @webronza

高畑勲・宮崎駿に愛された不世出の動画家の足跡 「近藤喜文展」、新潟限定で開催中 t.asahi.com/ff6w

2014-07-30 11:30:15
TeNYテレビ新潟 @TeNY4ch

今日の「近藤喜文展」は、 朝から、近藤喜文さんの郷里・五泉市より 大勢の方に来ていただき、 新潟市マンガ・アニメ情報館の小池副館長から、 解説会をしていただきました。 とても丁寧でわかりやすいお話に、 皆さん喜んでいました。... fb.me/4dJ3dL2kh

2014-07-12 16:07:51

叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

映像研究家。亜細亜大学・大正大学・女子美術大学・東京工学院アニメーション科 講師。「高畑勲展」展示アドバイザー・図録執筆担当。著書『日本のアニメーションを築いた人々 新版』発売中。 「論座」原稿➡️webronza.asahi.com/authors/201402…

yk.rim.or.jp/~rst/index.sht…

叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

「近藤喜文展」teny.co.jp/kondo/index.ht… 昨夏よりジブリさんの相談を受けておりました。 多くのファン、若い人たちに生の線を観て頂きたい。 近藤さんの業績は下記を参照のこと。 「近藤喜文の世界」 yk.rim.or.jp/~rst/rabo/news… #近藤喜文 #ジブリ

2014-04-03 19:22:03
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

「近藤喜文展」teny.co.jp/kondo/index.ht… メインヴィジュアルの『耳をすませば』コンテは宮崎駿監督のラフを近藤喜文さんが清書したパート、ストップウォッチは近藤さんが使用されていた実物。 展示関連でもう1つ嬉しいニュースがあるのですが、また解禁後にお知らせします。

2014-04-03 19:02:04
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

2年「概論2」「近藤喜文展」直前に付「近藤喜文の世界」。 NHK新潟『まなざしあたたかく アニメーター近藤喜文』(09年) kanzaki.sub.jp/archives/00187… 『NEMO バイロット版』(84年) 『そらいろのたね』(92年) 出自と作画の特徴と姿勢、作品歴などを解説。

2014-07-03 20:24:35
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

亜大でも「近藤喜文展」チラシを配布。 テーマは『耳をすませば』(95年)に於ける 宮崎駿氏の絵コンテ(設計)と近藤喜文監督の演出(本編)の差異。 近藤監督清書パートと宮崎氏ラフパートの画風の差 (線描の質、目線、キャラの顎ライン等)、 演技テンポと仕草の具体的検証と解説。

2014-07-03 20:32:25
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

ラストC-1029の雫の例。 左)宮崎さんが「イイカオに!!」と付記したコンテ。 右)近藤さんの修正原画。目線・頬・顎など、かなり違います。 雫はバストサイズで表情変化の長回しが多いのが特徴。 このカットは9秒もあります twitpic.com/e7fqzw

2014-07-03 20:49:45
拡大
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

C-717 屋上のシーン。 聖司の「あの歌うたってがんばるからな」を受け、 うなずき涙ぐむ雫。 宮崎さんコンテでは嬉し恥ずかしという印象。 本編では視線を下に落としてから上を向き、 戸惑いと喜びがないまぜの複雑な表情に twitpic.com/e7fus1

2014-07-03 21:32:53
拡大
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

「新潟が生んだジブリの動画家 近藤喜文展」 会期: 7月4日~8月31日 会場: 新潟県立万代島美術館 本日より開催。 現在 新潟へ移動中です。 teny.co.jp/kondo/gaiyou.h… #近藤喜文 #ジブリ #耳をすませば

2014-07-04 05:12:12
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

「近藤喜文展」観覧致しました。見応えがあり、画風と技術の変遷が良く分かります。近藤さんの生の線は実に繊細で気品に溢れており、感動的です。 pic.twitter.com/JQQeZrYq3U

2014-07-04 14:16:48
拡大
残りを読む(197)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?