0
岩上安身 @iwakamiyasumi
以下、連投。RT @IWJ_ch1: 1.8月18日(月)「岩上安身による中田考氏インタビュー」の模様を実況します。シリアでの邦人拘束のニュースについて、中東情勢に詳しい中田氏に緊急でお話をおうかがいします。
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投2 RT @IWJ_ch1: 2.岩上「事件の全体像は、いまだはっきりしていません。そもそもIS(イスラム国)とはどんな集団なのか。既存メディアの報道も十分ではないと思います」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投3 RT @IWJ_ch1: 3.岩上「You Tubeで動画が流されました。男性は『ユカワ・ハルナ』と名乗った、と。彼は『写真家だ』と語ったとのことですが、『なぜ銃を持っているんだ』と問い詰められました。『自由シリア軍の兵士なのか!』と」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投4 RT @IWJ_ch1: 4.岩上「この男性のホームページを見ると、PMCと書いてあります。これは、民間軍事会社、ということ。傭兵だということです。日本国内でこういう組織を作りうるのか、非常に疑問です。戦争をしに行ったのでは、と疑われる可能性があります」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投6 RT @IWJ_ch1: 6.岩上「この男性は、PMCのCEOだと名乗っています。会社の目的として、HPには誘拐された人がいたら奪還する、ということが書かれています」。中田氏「おそらく自由シリア軍は戦死し、彼だけがつかまったということだと思います」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投7 RT @IWJ_ch1: 7.中田氏「ISは残酷だと言われますが、私は酷薄だと言ったほうがよいと思います。彼らは非常に厳罰主義です。イスラム法によれば、成人男性は戦場にいるだけで戦闘員だとみなされます」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投8 RT @IWJ_ch1: 8.中田氏「今回は武器を持っていたので、戦闘員だとみなされ、その場で殺されてしまった可能性があります」。岩上「この男性は、シリアのアレッポで銃を試射する動画をFacebookにアップしています」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投9 RT @IWJ_ch1: 9.中田氏「戦闘員だ見なされれば、捕虜扱いされる可能性もあります。しかし、『自分は兵士ではなく写真家だ』と言ったとなると、スパイだと見なされる可能性があります。スパイだとして処刑する、ということです」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投10 RT @IWJ_ch1: 10.岩上「自らPMCだとホームページで公開しておきながら、尋問に対して身分を偽るとなると、大変危険ですね。まさに今回は、武装していたことになったことによって、窮地に追いやられているということですね」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投11 RT @IWJ_ch1: 11.中田氏「スパイではないと証明するためには、彼に対してお金を出した人間、雇った人間が出てきて、『彼はスパイではない』と説明しなければなりません」。岩上「彼の任務は何か、クライアントは何かということを突き止める必要があるということですね」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投12 RT @IWJ_ch1: 12.岩上「イラクでもアフガニスタンでも、交渉する政府がありました。しかしシリアは、米国がアサド政権に対して非常に敵対的で、日本はそれに追随するだけの外交になっています。日本政府は、ISとダイレクトに交渉することができません」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投13 RT @IWJ_ch1: 13.中田氏「交渉するためには、SNSなどで、ISと直接コンタクトするしかありません。ISはイスラム法を守る集団なので、使者は受け入れます。国境はトルコが管理しているので、現地に入るには、まずトルコを通す必要があると思います」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投14 RT 14.岩上「仮に無事入れたとして、交渉を行った場合、条件がつくことが予想されます。それは身代金なのか、あるいは政治状況なのか。中東の人々は集団的自衛権について何も知らないだろうと思われていますが、実は米軍と戦闘行為をしようとしていることは、よく知られています」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投15 RT @IWJ_ch1: 15.中田氏「Twitter上で、ISの支持者だと名乗る人物から、『彼はCIAのスパイだと思っている』との発信がありました。彼らは、集団的自衛権により、日本が米軍にくっついていく集団であると認識しています」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投16 RT @IWJ_ch1 16.中田氏「この男性のHPやFacebookを見る限り、まだ大きな会社ではないのでしょう。しかし、シリアに渡っているわけですから、どこかからかお金が出ていることが考えられるわけです。仮に裁判が行われるとすれば、すぐ死刑の判決が出されてしまう」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投17 RT @IWJ_ch1: 17.中田氏「彼の会社のHPには、自民党の県会議員だとされる方との写真が写っています。その方がお金を出している可能性があります。公人なのですから、会見を開くなりして説明する責任があると思います」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投18 RT 18.岩上「知名度があり、元航空自衛隊の幕僚長である田母神俊雄氏とのツーショット写真が出ています。田母神氏はすぐに会見をするべきです。我々が問い合わせると、『何のコメントもしない』言っています。これは命がかかっていることですから、説明責任をはたすべきでは」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投19 RT @IWJ_ch1: 19.岩上「田母神氏が会見を行って、それがIS側に伝われば、自衛隊や日本政府がこの件と関係がないことが伝わるはずです。田母神氏はなんらかのコメントを発するべきでしょう。人命がかかっているのですから」。中田氏「その通りですね」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投20 RT @IWJ_ch1: 20.岩上「集団的自衛権に関する議論は、どの程度伝わっているのでしょうか」。中田氏「米軍にくっついているということ。すなわちそれは、イスラエルとくっついているということです。イスラム世界が日本を敵視することは間違いありません」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投21 RT @IWJ_ch1: 21.岩上「処刑されたか、されていないか分からない状況では、まだ生きているという前提で日本政府は動かなければなりません。かつて高遠さんらが拘束された際、自己責任論によるバッシングが噴出しました」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投22 RT @IWJ_ch1: 22.岩上「安倍政権は集団的自衛権の閣議決定の際、邦人保護をうたっていたわけです。そうであれば、今回は自衛隊が動くのか。さらに米軍が動くのか。あるいは、今回も自己責任論で片付けてしまうのでしょうか」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投23 RT @IWJ_ch1: 23.中田氏「今回の件については、写真に写っている田母神氏や元大使など、『私は知らなかった。自己責任だ』ではすみません。政府は救出に向けて動かなければなりません。日本は今のところ軍を送っていないので、平和的に交渉する余地はあると思います」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投24 RT @IWJ_ch1: 24.岩上「非武装で丸腰のほうが安全だということが、今回の件で証明されたのではないでしょうか」。中田氏「イスラム原理主義の地域に関しては、非武装のほうが安全であることは間違いありません」
岩上安身 @iwakamiyasumi
連投25 RT @IWJ_ch1: 25.岩上「今回の件と集団的自衛権は関係がないとする話が出てくると思います。しかし、奪還するために軍を派遣するとなると、戦争にエスカレーションするのではないでしょうか」。中田氏「一般的に、奪還するとなると人質は殺されます」
岩上安身 @iwakamiyasumi
RT 28 @IWJ_ch1: 28.中田氏「この方は我々と世界観が違うように感じます。ネットと現実世界が切れているという感じがしません。リアリティに対する感覚が違うような気がします」
残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする