0
勇者よっしー @yossiy7
[1]まず復習としてTV版ラストから。潜在犯の意味を知った狡噛は無駄な抵抗をするも、愛する宜野座の潜在犯落ちを防げなかった。宜野座は自分が潜在犯になった代わりに、潜在犯の居ない世界を望んだ。そして世界から潜在犯は消え、新たにテロリストが生まれた。
勇者よっしー @yossiy7
ここまでがTV版サイコパス。ちなみにTV版サイコパスと劇場版サイコパスの間にサイコパス2とかいうのがあるとか無いとかいう噂が立ったものの、噂で終わり、サイコパス2は企画倒れに終わった。そう、そんなもの存在しなかったんだよ!
勇者よっしー @yossiy7
[2]そして劇場版サイコパスは、朱とテロリストとの戦いに。朱は記憶が逆光し執行官時代の記憶を持つ狡噛と会う。狡噛「朱ちゃんでさえ泣いちゃうような辛いこと、私が我慢出来るわけ無いじゃない」その一言で朱はテロリスト側に付く事を決意する。 シュビラの作ったシステムを、弱点を突き破壊する
勇者よっしー @yossiy7
見せ場としては、テロリストの拠点内で、狡噛と朱が再会したシーン。モロに顔合わせしてしまう。二人はじっと見つめ合う。狡噛が朱に接近しても、朱音は拒まなかった。その時に朱の表情が二転三転するのがいい。狡噛はテロリストなのよ、でも愛してる狡噛さんが目の前に、みたいな葛藤。そして二人は…
勇者よっしー @yossiy7
そして唐突に現れる宜野座。「おい、常守監視官ッ!何をしてる貴様ッ!」常守を突き飛ばし、狡噛に飛びかかる。二人はひっちゃかめっちゃかになって、争いで服が脱げてしまう。狡噛「ぎっ宜野座……ッ、一体何を……」宜野座「俺の4年分の想いを受け取れッ狡噛ッ!」ズブッ狡噛「アーーーーッ!!!
勇者よっしー @yossiy7
ここまでやっといて、これらがシュビラシステムが創りだした幻っていうね。そう、もうとっくに狡噛も宜野座も、シュビラシステムに取り込まれて、シュビラが作り出したマトリクス世界の住人になってしまっていた。
勇者よっしー @yossiy7
それを知った朱は、自ら希望してシビュラシステムに取り込まれる。しかしそれは朱の賭けだった。賭けは成功し、シビュラシステム内のマトリクス世界が崩壊し、朱の創りだした学園生活に変化してしまう。
勇者よっしー @yossiy7
[3]シュビラ「どうして……犯罪係数を正常に保ったまま、テロリストに協力出来る人間が居るなんて……」朱「これこそが人間の感情の極み、希望よりも熱く、絶望より深いモノ……愛よ!」シュビラ「わけがわからないよ…わけがわからないよ…」こうしてシュビラシステムは崩壊を迎えた
勇者よっしー @yossiy7
完全にプレイヤーになってしまった狡噛。しかし宜野座は記憶を残していた。宜野座「こんな事をしてただで済むと思っているのかッ?」朱「フフフ。そうは言っても、この世界は学園生活に変わってしまったのよ。貴方もじきに普通の女子高生になってしまうわ」宜野座「くっ(スカートをぎゅっと掴む)
勇者よっしー @yossiy7
[4]若き狡噛「狡噛です、今日から執行官になります。よろしくお願いします!」朱「そう、じゃあ所内を案内するわ」狡噛(誰こいつ)朱「ねぇ、狡噛さん。あなたはこの世界を尊いと思う?欲望よりも秩序を重んじている?」狡噛「秩序を守ると思うよ」朱「ぐわぁあああああああ!!!」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする