クラスターエッジについて

クラスターエッジ全26話の視聴感想です。(未完/放置中)
1
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

あいよっと。今日の視聴感想について。クラスターエッジとガンダムZZについて少なからず。

2015-02-12 22:25:22
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

とりあえずシムーンの後何を見ようか迷っていた中予定通りクラスターエッジになりました。そんでもって視聴する際ガンダムW見たいなぁと感じる事が多かったので、ZZを完走しちゃおうと考える所存。

2015-02-12 22:26:23
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

それはそうとクラスターエッジから。ガンダムWの池田監督の作品ぐらいしかこの作品は知らなかった。ある件で池田監督については覚えているがよくよく考えたら池田監督の作品をまともに見るのはこれが初めてだ。

2015-02-12 22:27:30
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

今日はさわりに1~3話までについて。何気にちょうど10年前の作品になると考えると時の流れは速い。

2015-02-12 22:27:56
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

とりあえず1、2話の時点ではぼちぼちでやや引きが弱いなぁと思う所はあった。3話辺りでちょっと先が気になってきたという方向なので暖かい目で見守っていく所存。

2015-02-12 22:28:41
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

OPがいきなり空爆から始まるアグレッシブな映像なのだが、本編の雰囲気は世界名作劇場の対象年齢を少し上げたような印象だった。この件は20世紀初頭のヨーロッパを舞台としている点や、男子校を物語の舞台にあつかっている点からふと。

2015-02-12 22:30:14
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

クラスターE.Aという上級階級の家柄の生徒達が通う学園に転校してきた人が主人公アゲート。貨物列車で寝泊まりしていて、クラスターE.Aに入学して主席のベリルと友人になると豪語して、敵を前に貨物列車に隠した戦闘機で出撃するアグレッシブな人 pic.twitter.com/9K7FTnY6PW

2015-02-12 22:32:29
拡大
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

底抜けに明るい性格と行動の他、何やら死地を潜り抜けたり、墜落する物を軟着陸させたり、相手の怪我を治癒したりといった超能力的なものも秘められている。3話でその力が周知される訳で今後話の核になってきそうな予感がする。

2015-02-12 22:34:03
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

そんでもって、おそらく相手役になるだろう優等生のベリル。文武両道で冷徹。どことなくヒイロっぽい雰囲気もある人。天然のチートアゲート、冷徹な天才ベリル、そんでもって2人の友人かつ常識人のフェン。この3人が今の所主要人物っぽい。 pic.twitter.com/e6mISuMja2

2015-02-12 22:36:00
拡大
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

そんな学園ものの世界の背景としては、第1話の時点でグリアン共和国とルベルス公国が終戦協定を結んだ所から始まる。だが過去に発生していた戦争は実際は人造兵と呼ばれる作られた人々が代理で戦争を行っていたらしい。

2015-02-12 22:37:44
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

いわば、両方の国は人造兵にまかせて手を汚さないまま戦争。そんでもって終戦の際には人造兵を封印処分することでお互いが妥協するという……なーんか戦争の責任を転嫁させているような予感(笑)

2015-02-12 22:38:49
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

あくまで人造兵を封印して破壊はしない事について担当者のルドウッヒは「また戦争が起こるかもしれない時の備え」と言う。人類だけでも戦火が起こる事に関して、自国(ルベルス)が勝つためにか、それとも過ちを修正するためか……。

2015-02-12 22:40:31
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

第1話の冒頭ではカールスとクロムの人造兵の兄弟の活躍を描いていたが、終戦後、カールスがまるで反逆者のように自国の部隊から攻撃をされてしまう。人に兵器としてつくられながら、戦争が終われば証拠隠滅のように消してしまうのだろうか。

2015-02-12 22:42:40
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

そして、アゲートが戦闘機を狩るまでは直感でカールスの危機を察知したことにあり、一時死地に追い込まれるような状況で奇跡的にアゲートは助かる。何故助かったのか?そんでもってカールスはどうなったのかは今後のポイント化……

2015-02-12 22:43:58
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

第2話ではクラスター.E.Aと軍学校との対抗戦を通してアゲートがフォン、ベリルと関わりを持っていく展開。第1話と第2話の間に何時の間にアゲートが転入してきたり、フェンシングにおいて人造兵が登場して戦う意味がなくなったと言うベリルが結構あっさり試合にでたりと少々急な点はある。

2015-02-12 22:45:51
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

それとは関係ないが、フェスター.F.Aの上流家庭の生徒たちを相手に軍学校の面々がやらかす事が結構血の気がたっている。フォンの車をカツアゲして傷つけて返すのも酷いが、試合に勝つためにベルリの車を海へ落とす辺りはまさしく犯罪だ。(汗)

2015-02-12 22:47:10
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

そして、話が広がってくるのは3話からかと。クラスター.E.Aの教師エマはカールス、軍の諜報部に属するベネビアの友人という立ち位置だが……ベネビアはカールスの実力、エマの親友との関係にかなり嫉妬を抱いている模様。

2015-02-12 22:49:54
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

一方、エマは回想時にカールスの人造兵達の扱いを改善する事を自分達が行わなければならないと激論するシーンでは、エマは“唯一自分と合わなかった”点と述べて、理想を述べる事の出来ない普通の人のように描かれていた。

2015-02-12 22:51:00
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

カールスが人造兵、ベネビアが軍部かつカールスを嫉妬している人物、二人の友人として板挟みになるエマ……まるで天性の申し子アゲート、叩き上げの天才ベリル、二人の友人でもある常識人フォンの関係を暗示するかのよう。

2015-02-12 22:53:11
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

そのベネビアがカールスを助けようとした人物がクラスター.E.Aにいる事で捜査を目論む際、エマは自分一人でやると主張して彼を黙らせる。その際“ベネビアと張り合ったのか、カールスに感化されたのか?“とのモノローグが少しやるせない。

2015-02-12 22:54:24
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

その中ベネビアはベリルに罪を着せてスキャンダルを起こさせようと企て、その為に彼を庇うエマをも撃つ。

2015-02-12 22:54:57
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

さらに言えばカールスを撃墜した人物もベネビア。そんなかつての友に容赦ない彼へベルリも、アゲートもいう。「友達なのに何故撃つのかと……」

2015-02-12 22:55:59
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

この“友達なのに何故“と言えた時期がベネビアにもあったのかもしれない。逆を言えば3人の間に“友達なのに何故”が通じなくなる時期が来るのかもしれない……別れていくかもしれない切なさにアゲートの力が解放される結末を描いて3話は終わり。

2015-02-12 22:57:19
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

といった所だろうか。今の所まだ大人しいが3話辺りから人造兵の謎を掘り下げていくようなので暖かい目で見守る所存。ところどころWっぽいなぁと思いつつもそのWをちゃんと見ていない身なので少しもどかしい。

2015-02-12 22:58:13
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

さて、クラスターエッジの視聴感想でも書いていきます。4~10話までについて。

2015-02-28 00:45:00
残りを読む(20)

コメント