46
佐藤葵@みんなをディフレクト @srpglove
osaka-geidai.ac.jp/geidai/departm… しつこく取り上げますが「ライトノベルがどんなものか知らない、それが意味する内容も理解していない、その定義もまったくわからない」「本心としては、ライトノベルにまったく関心がない」「純文学を中心として授業を進めてきた」という人間が(続く)
佐藤葵@みんなをディフレクト @srpglove
(続き)「ライトノベルは文学か」などという問題を考える時に、自分と同じかそれ以上にラノベに縁遠いであろう「文学」寄りの編集者を三人連れてくる時点で、企画の意図が不明過ぎて理解に苦しみますね。大丈夫ですか、大阪芸術大学文芸学科長の長谷川郁夫先生。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
申し訳ありません。『藝大我樂多文庫 第七集2015』のライトノベルに関する議論について、いくつか事実誤認と思われる部分がありましたのでツイートしたしましたが、議論を精読した上で、まとまった形で提示すべきと考えまして、一度、削除させて頂きました。ご了承下さい。
水城正太郎/金澤慎太郎 @S_Mizuki
『藝大我樂多文庫 第七集2015』osaka-geidai.ac.jp/geidai/departm… こんな杜撰な鼎談、騒ぎにならんとダメでしょ。
水城正太郎/金澤慎太郎 @S_Mizuki
ちなみに、その鼎談、あまりにハックル先生が馬鹿にされていたので、はじめて同情した。
水城正太郎/金澤慎太郎 @S_Mizuki
しかし、例の鼎談について考えると悪口とか茶化ししか出てこないので困る。そういうのって言った方が不利になるから真面目な評論家に任せたい。でも村上春樹と村上龍を比較して成熟の問題だって言い出すとか、深刻に小説の停滞を感じますよ。
🐰あしがら‐METAL @HJ_Ashigara

ライトノベルHJ文庫編集者。マヒシュマティ王国民。音楽はメタル。野球はドラゴンズ。DQMSL。現在のアイコンは7月1日発売HJ文庫「剣と魔法とセーラー服 〜ときどき女神にアイアンクロー〜」よりヒロインのエマ・ローズレン。固定ツイート見てね。ヽ( ・(ェ)・ )ノ <ちょっとキーボードの「H」と「J」のとこ見てみ?

https://t.co/7Dk5TQrkTK

🐰あしがら‐METAL @HJ_Ashigara
ライトノベルが語られる時によく「マンガをそのまま文章にしたような」って言われるんだけど、マンガは35年、ライトノベルは30年くらい前から読んでて、マンガ編集を少々ライトノベル編集を10年近くやってるけど、ライトノベルを「マンガを文章にしたような」なんて思ったこと一度も無い。
🐰あしがら‐METAL @HJ_Ashigara
マンガはこうでラノベはこうだから、みたいなことじゃ無くて本当に何故そう思う人がいるのか感覚的に掴めない。誰かどういうことなのか説明して! 記号的だってこと?
🐰あしがら‐METAL @HJ_Ashigara
ちょっと前にマンガ編集者の中で「最近のマンガは高度になりすぎて若い子が読めなくなってる、そういう子はラノベに行っちゃうんだよ」という話が広がったことがある、らしいのですが、それも良く判らない話だったなあ。
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock
「ライトノベルが漫画で例えられる理路がわからない」ではなくて「ライトノベルが漫画で例えられる動機がわからない」なのではないか、というのがポップアップしてきた
🐰あしがら‐METAL @HJ_Ashigara
実は動機については簡単にわかるのですが、それを言っちゃうとつまらない話になるというか、言うと悪者になりかねないので言えないのです。

道化童子 @DKDZ
昔のラノベはもっと挿絵が多くて絵を見ながら文章を見てる感じだ(と見えた人がいた)からでは QT @HJ_Ashigara: マンガはこうでラノベはこうだから、みたいなことじゃ無くて本当に何故そう思う人がいるのか感覚的に掴めない。誰かどういうことなのか説明して! 記号的だってこと?
🐰あしがら‐METAL @HJ_Ashigara
@DKDZ 挿絵を見ながら文章を読むとマンガに見えるという人がいるということですか。「マンガを文章にしたような」という表現とはちょっと違う気もしますが、いずれにせよ理解しづらいですよね。
Ξね‡゙ι匕□ユ‡@坐骨神経痛マン @ramzydb
@HJ_Ashigara 漫画→映像化 小説→映像化 とそれぞれ同じ単位に変換して比べれば良いんじゃないかな?
[切腹]まいんどふれいあ @et2_o
@HJ_Ashigara 説明的な表現というか、小説だと状況描写だけして読者が想像で補ってた部分を風景描写や擬音などで文中に直接出しているものを指して言っているのでは?と思います 僕自身は同じくマンガをそのまま文章に~という意見には同意できないスタンスですが…
けさQ @kesaq
@HJ_Ashigara 一部のバトル物とかで付いたであろう「擬音や効果音をそのまま使い、会話も多い」というイメージが要因な気もします。児童文学ではないけど効果音や擬音が多いから演劇台本とも違う→(この台詞と効果音が目立つ感じ……あー、漫画の書き文字が一番近いかな?)みたいな印象
LPIT-X@2020 @LPIT_X
@HJ_Ashigara 自分『灼眼のシャナ』を初めて読んだ時、いい意味でそう思いました。「漫画がそのまま文章になったような小説だ!」と。上手く表現できませんが、戦闘シーンの描写の文体のテンポの良さに、ものすごく巧妙にコマ割りされた漫画を読んでいるような感じを受けたので。
カトウリュウタ @kato9091
ラノベはラノベで高度で最終的に太宰、とか。 “@HJ_Ashigara: ちょっと前にマンガ編集者の中で「最近のマンガは高度になりすぎて若い子が読めなくなってる、そういう子はラノベに行っちゃうんだよ」という話が広がったことがある、らしいのですが、それも良く判らない話だったなあ。”
りーん @lean_booster
@HJ_Ashigara このフレーズの元ネタはあかほりさとる先生が小説家から言われてた揶揄です。理由は、擬音を極端に多様し、説明的な描写を最小限にしてセリフやキャラクターを中心とした脚本のような小説スタイルだったからです。ご本人から聞きました。
残りを読む(17)

コメント

かえでこ @KaedekoSakura 2015年3月14日
読み手の感覚からすると、逆説的ではあるのだけれど、ラノベはイラストありきという作品の特性上、一定の部分で文章が力を失う作品かなぁと思う。
かえでこ @KaedekoSakura 2015年3月14日
美人、美少女についてのどんな説明も、イラスト一枚にはかなわないし、まずイラストがあるのだから、濡れる様な黒髪と書かれようが、雪のように透き通る白い肌と月夜に浮かぶ桜のような儚さをまとった人と書かれようが、イラストの描写がすべてを上書きする。
かえでこ @KaedekoSakura 2015年3月14日
作者が表現をどう頑張ろうが、読者の頭の中で動くのは、イラストのキャラであり、アニメ・漫画の動きとなる。その点、一切の肉をそぎ落とした星進一さんの作品には、和田氏のイラストがよくあっていた。あれが、萌えイラストになれば、「N氏」は漫画的なキャラになってしまうだろう。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年3月14日
(星新一の作品って言うと真鍋博なんだけど、和田誠なの?)
nekosencho @Neko_Sencho 2015年3月14日
どのイラストで小説読むかで印象はずいぶん変わるよね。ラノベじゃないけど「デューン」を石ノ森のイラストの本で読んだのでなんというか、のちに映画の写真がイラスト代わりの本で読み直したとき「こんな話だったっけ」て感じがした。いや、話の筋とかは当然変わってないんだけどさw
だりい @dariidariidarii 2015年3月15日
ラノベが漫画だというのは、大下英二が言い出したことでしょ?ラノベ=キャラクター小説とかいう定義の草分けにもなった。2015年の現在においてこの定義と論を振りかざしてる人は、ちょいと問題有ると思うけど。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年3月15日
(「デューン」は「闇の左手」と同じく多元的な解釈ができる話で、発刊当時はエコロジーと関連づけて語られましたが、今は擬似宮廷ものの元祖みたいな感じで解釈するのもあるんじゃないかな)
たろー @hanpa64 2015年3月15日
『ニャル子さん』で主人公がニャル子をフォークで突き刺すシーン読んだとき「マンガかよ」と思ったけど、そういうことではないのね?
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月15日
脚本についてひどく誤認をされているようですので、訂正を入れさせてもらいます。脚本には心理描写のような映像にならないものは原則として一切書けません。擬音も一般には使いません。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月15日
また、登場人物の台詞が延々と続くような脚本も通常ありえません。脚本ではリアクションが話のテンポを作るという考え方が一般的ですので、ト書きによる動作描写も絵コンテではなくて、脚本の段階である程度は作っておくものです。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月15日
ライトノベルが漫画的であると言われる理由として、視点が主人公一人に固定されていないこと、主人公以外の第三者の心理描写を地の文で描写することへのタブー視がないこと、この2点が大きいでしょう。大手文学賞では視点のゆれや第三者の心理描写表現が見られれば一次選考で落とす、と断言している選考委員がたくさんいます。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月15日
アニメや漫画では複数の登場人物がナレーション形式で自分の心理を語ることは許されるけれども、小説の場合は主人公以外の人の腹のうちなんてわからないでしょ?ということで、その手法は使えませんよ。というお話ですね。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月15日
漫画の場合、そこに書かれている文字が声として発せられた台詞なのか、胸のうちで思っただけのものなのか、ナレーションだとしたら本人なのか、本人ではないほかの登場人物なのか、ストーリーテラーのような物語には登場していない誰かなのか、そういう区別をほとんどの人がしないまま漠然と読んでる。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月15日
ライトノベルでは多くの読者がリアリティーよりもキャラクターの心情や魅力を理解することを優先すべきだと考えているからこそ、一般小説と比べて視点の揺れや地の文の描写の曖昧さがあることを容認しているということでしょう。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月15日
ラノベからイラストを排除したり、イラストレーターを交換したら文学作品扱いになるような例(「GOSICK」とか)もあるので、ラノベにとってイラストが不可分な点だけは確かだと思われ。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月15日
しかしそもそも論で考えてみると、ラノベは小説という形態でしか有り得ないけど、文学作品の形態は小説とは限らないので、ラノベと文学を並列比較して語る時点でナンセンスな気がする。あくまでも小説作品の文脈で語らないといかんでしょ。
言葉使い @tennteke 2015年3月15日
現実社会から乖離している・とっぴな設定が、読者への説明やリアリティ抜きに、作中人物になんの疑問も無く受け入れられているのが「マンガ」だと思う。ドラえもんが作中道を歩いていて、驚く人がごく稀にしかいないことが、ラノベでも当たり前。
mnianzinno @mnianzinno 2015年3月15日
ライトノベルというカテゴリがあるのではない。ライトノベル読者という消費者がいるだけだ。
kou @kou1773585 2015年3月15日
漫画的な設定・世界観・雰囲気・心情なんかが採用された小説がライトノベルじゃないのかな。それらの要素を現実に近寄せれば文学になっていくだけで。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月15日
なんか最近つげったでよく見かける空気読めない豚がGOSICKがイラスト変えたら文学とか言っている(心の底から馬鹿にしている)
ogtk5tdh @ogtk5tdh 2015年3月15日
マンガというか少年・少女向けの漫画、アニメ、ゲームだよね。そのあたりのものが好きな若い読者に人気だった、他の小説と比べて共通するところがあるってことでしょ。少年漫画・少女漫画が大きなシェアを持っているから単にマンガといわれてるだけ。
Hoehoe @baisetusai 2015年3月15日
ノイエジールを見て「ジオンの魂をかたちにしたような」ってのと同じ詩的表現でしょう
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2015年3月15日
(「宣伝コーナー」ってわざわざ載せてるんだから、ステマじゃないよなあ。むしろアカラサマだ。)
oxoxxoox @opoxint 2015年3月15日
外観要素:アニメ・マンガ絵、美少女美少年キャラ 内容:少年向け漫画などによく見られる要素が多い(異能バトル・ラブコメetc...) あたりが漫画っぽいとみられる要素かな。 個人的的にはこれに加えて文学は作者の主張優先、ラノベなんかは商業性優先(キャラ商品展開やメディアミックスなどを見込む)って部分も差異に感じることが多くなってきた感があるが。
0zero0 @pasuwaa000 2015年3月15日
これもう頭から尻尾まで宣伝じゃないですかやだー
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月15日
「GOSICK」がどういう売られ方をしたのか、その変遷をググって確かめる事すら出来ない情弱ゴミが寝言ほざいてて草不可避。名指しで批判も出来ない程度の讒言はチラシの裏にでも書いてろwww RT miruna:なんか最近つげったでよく見かける空気読めない豚がGOSICKがイラスト変えたら文学とか言っている(心の底から馬鹿にしている)
豆象@横須賀鎮守府 @mamezou_plus2 2015年3月15日
そんな高尚な話でなくって、一時漫画のコマ割を文章化した様な小説が出版されてたんですよ。ティストの話ではなく。作品としてよりも、文字で表す必要があるのという感想が出ちゃうような。今時のネット小説がまともに見えるレベルのが。アニメ脚本家でそれなりに名前が知れてる人のだけに悲惨で。
豆象@横須賀鎮守府 @mamezou_plus2 2015年3月15日
純文学もラノベも枝葉末節に拘る点では映し鏡、両極だと思う。大衆の娯楽意識を救い上げるのも本来は難事業だし。ハルヒや魔王勇者のように多彩な表現があったり、茅田砂子さんや神林長平さんの様に通底したテーマを持つ作家もいるし。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月15日
tikuwa_zero 私がそのパンショ売り転換を知らないという論拠を述べろや豚が(笑)あの山田桜丸の頭の悪いお子向け駄ミステリがパンショ売りしたからといって(非キャラクター小説という意味での)文学だ?アイコンのと違って脳味噌まで風船か。三毛猫ホームズや浅見光彦は(非キャラクター小説という意味での)文学か。
ogtk5tdh @ogtk5tdh 2015年3月15日
ステマって関係者が無関係の者が自発的にやったように装って宣伝することじゃなかったっけ? このまとめ作成者が関係をオープンにしてたらステマじゃないけど。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月15日
パンショ売り=(非キャラクター小説として、あるいは娯楽小説に対する差別的用途としての)文学というとてもおもしろい世界観の馬鹿が馬鹿晒してるのが愉快だしなんでこのデブアイコンTogetterのそこらじゅうにおもしろおかしい文脈がまるで読めてない発言書きまくってんのかなーって不思議でしゃーなし、ではない。明らかに元文章もまるで読めてないの丸出しなんだけど恥ずかしくないの?
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月15日
私は山田桜丸とかいう作家は大嫌いですが氏の著作の一部が商業だかアカデミズムだかの区分における「文学」として売られるのは別に好きにすればいいんじゃねーのと思っていますし、それらの作品があるからといってGOSICKがどんなガワつけてようがキャラモノの雑なミステリであるという事実に何の関係もない。ライトノベルも言語で書かれた創作物である以上文学でいいとは思いますけどね!
kartis56 @kartis56 2015年3月15日
そもそも文学なんて、そんな大雑把な括りと比較していいのかなぁ? 文学と比較するんなら小説でくくらないといけないのでは?
kartis56 @kartis56 2015年3月15日
ラノベの特徴は200%フィクションであることじゃないかと思う。
kartis56 @kartis56 2015年3月15日
逆に小説ではない文学とはなんだろう?
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月15日
「パンショ売り」なんて単語聞いた事ねえやと思ってググって見たら、こいつしか使ってないでやんのwww まじHN通りイカれてる情弱どころか自分の知識が一般的だと勘違いしているだけのゴミだったwww RT miruna:私がそのパンショ売り転換を知らないという論拠を述べろや豚が(笑)
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月15日
いかれクソうさぎが長々と無駄な自己弁護してるが、語れば語るほど「自分の評価」と「世間の評価」を乖離させる事ができない、文字通りのガチキチである事を自分で表明しているだけで、ホント草不可避www
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月15日
いや、オレは「GOSICK」をアニメでしか見てないが、ストーリーやトリックがミステリーとして余りにも雑すぎたから、原作既読者にアニメは原作からアレンジされてるのかどうか尋ねてみたら、「ほぼ原作通り」と答えられてビックリした口だけどなwww
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月15日
っ「詩」「文芸評論」「随筆」「戯曲」 RT kartis56:逆に小説ではない文学とはなんだろう?
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月15日
hanpa64 ギャグのつもりでの暴力シーンの連発はかなりラノベに顕著な傾向だと思う。ラノベオタの言う「一般小説」ではまず見ないし、最近は漫画・アニメも自重するようになっている。
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月15日
あえて言えば一番近いのは主婦向けのテレビドラマか?
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月15日
一言でまとめるならば、一般小説は一人称単視点、ライトノベルは一人称多視点、脚本は三人称単視点、直訳した洋書は三人称多視点、という理解でよいと思います。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月15日
最後にちゃんと戻してるだろうが。そも最初に脱線させたのはいかれうさぎだろうが。それと他人に脱線するなと難癖つけるなら、先ずお前自身がまとめと無関係なコメントつけるの止めろよ。バカなの?死ぬの? RT [c1822090]:ちくわはいい加減まとめの本質から離れる方向にコメント欄を伸ばしていくスタイルやめろよ
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月15日
それは小説の手法の話であって、小説のジャンルを分ける話じゃないかな。そういう性質が強いという見解なら判るけど。 RT C_Kozakura:一言でまとめるならば、一般小説は一人称単視点、ライトノベルは一人称多視点、脚本は三人称単視点、直訳した洋書は三人称多視点、という理解でよいと思います。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月15日
イラスト要素を除くと(↑のkou1773585さんの見解と被るけど)フィクション的要素の強い作品はラノベに近くなるというのはあると思う。ただ「半分の月がのぼる空」みたいな例外もあるので、自分としてはやっぱりイラストの有無が大きいとは思うけど。
クソダサ英字プリントTシャツマン @nobocchinolife 2015年3月15日
○○なのがラノベ、とか言うと例外作がバンバン出てくるので「ラノベで割とよく見る(別に一般作品にもある)」程度にしないと的外れな意見になってしまいがちな上、要するに例外作品だらけってことは内容や表現でラノベを一つにまとめるのは一部を抽出した偏見に近いものなのではないか。ラノベ天狗のような言説になってしまうけど
ウォルラス @walrus1q84 2015年3月15日
全然関係無い個人的な経験談だけど、ぼくが「バカとテスト」を読んだ時、とあるキャラが本文の描写と違うイラストデザインだったから頭の中でイラストを消し去り脳内デザインで進行してたし、所謂「一般文芸」の作品を読んでる時は挿絵やカバーのイメージは別のものとして読んでるんだよなあ。 つまり、ぼくにとって小説に付与されたヴィジュアルは可能性の1つでしかない。 そういう人って他に居ないのかな。(そういう方向に掘り下げた事がない)
クソダサ英字プリントTシャツマン @nobocchinolife 2015年3月15日
ライトノベルでキャラデザや絵柄に違和感があって文章から自然に浮かぶイメージの方で思い浮かべるのはよくあることですね
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月15日
とりあえず、ちくわ氏はまとめのタイトルを100回音読して、まとめの趣旨を理解してからコメントして欲しいね。ライトノベルが漫画的である理由として、漫画との類似点を語っているだけであって、小説のジャンルとか意味不明なコメントをつけるのなら、自分のブログでやれよ。
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月15日
nobocchinolife 実際にラノベ天狗の言説だなあ。ラノベの多様性を主張する人に限って、ラノベでない媒体に対しては平気で自分の偏見を披瀝してくることが多い。いわゆる「一般小説」、漫画、携帯小説などなど。
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月15日
nobocchinolife そういう主張が信用されないのは、「ラノベにありがち」の反証として引き合いに出されるのが当のラノベ界隈で異端扱いされている一発屋だったり、酷い場合には源氏物語だのドストエフスキーだの「お前が勝手にラノベ扱いしているだけだろ」な作品ばかりだったりするのも一因かと。
ウミドリくん @umidori_kun 2015年3月15日
そもそも「ラノベらしさ」の存在を否定したらラノベ読者がラノベというカテゴリーににこだわる理由もなくなるんだよなあ。だってラノベは一般小説と全く同じなんでしょ? ラノベらしさの探求はラノベ読者にとっても有益なことだと思うけども。
f。 @_ffff 2015年3月15日
C_Kozakura 少なくともちくわさんのこのコメント→ tikuwa_zero についてはあなたのコメントへの返信としてもこのまとめへのコメントとしてもおかしなところはないと思いますよ。
f。 @_ffff 2015年3月15日
C_Kozakura tikuwa_zero あえて無理矢理気になるところを上げるのであれば「小説のジャンルを分ける話じゃないかな」の部分は、"ここだけ切り取る"と「分ける話である」と「分ける話ではない」とどっちとも読めないこともないかもとかそんなところくらいですねw もちろん前段から読めば後者であることは明らかで、要するにあなたが持ち出した人称及び視点によるジャンル分け(一般小説は~やらラノベは~やら)の話には賛同できないという趣旨のコメントであることはわかるかと。
rpdtukool @araburuedamame 2015年3月15日
会話と擬音のサンドイッチ文章読むと、漫画っぽく脳内で再現されはする。逆に細かい描写をされると動画的な感じ。クオリティとはまた別の話で。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月16日
デブアイコン頭悪すぎてドン引きしている。いんたーねっつにおいて日本語が読めない奴ほど自己主張激しい傾向にあるのマジの何なのだろうか。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月16日
明らかにこの豚が読んでないと思しき冒頭の大阪芸大の元の講義書き起こし読んでなおGOSICKがこのテキストにおける極めて権威的な意味での文学としてなんらかの評価を受けたと考えられるのか。いったいいつどこの文学者だかなんだかかがGOSICKが権威あるハイカルチャーとして受け入れたのか。一般書籍として出したらGOSICKが元テキストにおける狭い意味での文学として受け入れられたとかいうのが世間の評価というならまずそのソースを示せよデブ。ていうかコメントしてる連中ほとんど元テキスト読んでないのかなー?。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月16日
おい豚、あと私があの駄ミステリの売り方の変遷を知らないってソースも出せやコラ。
f。 @_ffff 2015年3月16日
特定の作家やら個人に対する中傷やら恨み言はそれこそ他所でやってくれよて話だけど。なんだろ、自己紹介の類いなのかな? その棚上げっぷりにドン引きしている。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月16日
しょーもない人称の話はまずライトノベルレーベルの本とそうでない小説とn冊づつほど無作為にサンプリングして統計出してから言えで終わるので抽象的な話してないで統計出してからやってね。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月16日
あと作家が下手で編集が雑なだけなのか意図した表現なのかの区別もその都度した上でね。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月16日
umidori_kun 天狗はいつも雑な印象批判してないで論拠となる証拠を出せって言ってるだけですがそれのどこが天狗的なんですか? 論拠が貧困なのは論者の責任ですが。
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月16日
umidori_kun それがただの観測範囲問題でないという証明からどうぞ
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月16日
特定の作品を例示して具体的に漫画表現がどのようにフィードバックされてるかという検証なども一切せず雑な印象論を垂れ流しすること何かを意味のある行為だと考える理由は何?
nekosencho @Neko_Sencho 2015年3月16日
とりあえずつまんないケンカはよそでやってくれ
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月16日
すみません、「小説のジャンルを分ける話じゃないんじゃないかな」と書いたつもりでした。補足トンです。orz RT _ffff:あえて無理矢理気になるところを上げるのであれば「小説のジャンルを分ける話じゃないかな」の部分は、"ここだけ切り取る"と「分ける話である」と「分ける話ではない」とどっちとも読めないこともないかもとかそんなところくらいですねw
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月16日
難癖つけたいだけのガチキチと、難癖つけたいだけの売れない同人屋は放置しますね^^
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年3月16日
「スレイヤーズ!」のリナ・インバースの胸のサイズに関して、原作小説の中では散々まな板扱いされてるにも関わらず、挿絵ではそこそこの大きさがあって違和感バリバリだから、イラストを見る度に脳内補正かけてる的な意味でも通じるなら、きっと共感できるwww RT walrus1q84:つまり、ぼくにとって小説に付与されたヴィジュアルは可能性の1つでしかない。 そういう人って他に居ないのかな。(そういう方向に掘り下げた事がない)
いかれるまぐろうさぎ @miruna 2015年3月16日
自己顕示欲で太りきった豚がなんか言ってら
雪村さらみ @ys2ab 2015年3月16日
作り方が漫画に近い、というのならば納得もするんですけどねえ。キャラ立ち練ってプロット作ってからようやく執筆できる、って辺り。そして出自はゲームの小説化からだと思うんだけど。ロードス島戦記や聖エルザ・クルセーダーズやフォーチューンクエスト、スレイヤーズが目立つけど、それに前する「隣り合わせの灰と青春」が出たのが衝撃でした。ゲームを題材にして小説書いていいんだ、と。
ogtk5tdh @ogtk5tdh 2015年3月16日
ここでまとめられているいるような発言するような編集って無能なんじゃないかと思えてきた。そんな編集がいるレーベルも弱小レーベルじゃないかと思えてきた。実際どうか知りませんが。
石津五郎 @hagure141207 2015年3月19日
「ビブリア古書堂の事件手帳」ってのを今、読み始めたんだがこれはラノベってことでいいのかいな?これがラノベだったらラノベ初体験のおいらからすると、なんというか人物の魅力があまりないんだよねえ。描き方が浅いという感じ。それが作者の狙いなのかもしれんし、他の「ラノベ」を読んでないから全部がそうなのかは知らんが
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする