80
Nemuri @nmrbk
ToomBoomのトークイベント、日本のアニメーション業界(特に2Dの分野)をデジタル化、つまるところ欧米のアニメーションのような制作スタイルにしていくにはどうしたらいいのかって話を聞いてたんだけど、なんかもう欧米とは土俵が違いすぎて変わっていくにはあと10年くらいかかりそう
Nemuri @nmrbk
何故日本の2Dアニメーションは未だに原画や絵コンテが紙と鉛筆で描かれているのか?→日本のアニメーションはフリーランスの人や色んな会社が集まって仕事するから環境整備ができない って感じでした。
Nemuri @nmrbk
まず、欧米のアニメスタジオはストーリーボード、原画、背景、撮影(←というか編集)そして監督脚本が一つの拠点で一緒に仕事をして一話一話を作る。フリーランスも大抵スタジオに出向して仕事することが多い
Nemuri @nmrbk
一箇所に集まることでしっかりしたコミュニケーションを図りながらアニメーションを作ることが出来るわけです。あと、制作に必要なPCやAdobe、Autodeskなどの映像ソフトはスタジオで揃える事で、最初から絵コンテや原画をデータとしてやりとりすることが出来る
Nemuri @nmrbk
かわって日本の場合、背景は他のスタジオに委託することが多く、また、ベテランの原画マンは自宅で作業される方が多いので、アニメーションを作る素材が色んなところで分散されて作られている模様。そして、それを回収して回るのが、「制作進行」の役目だそう
Nemuri @nmrbk
で、制作進行がかき集めた原画がスキャンされてようやく「データ」として取り扱えるようになる。(因みに一つのカットにつき一つのカット袋に入れるため一話だけでものすごい膨大なカット袋が集まる)
Nemuri @nmrbk
絵コンテや原画の部分が未だに紙とペンから抜け出せないのは、ほとんどの演出家や原画マンはフリーランスで業務委託という働き方なので、スタジオがデジタル環境を整える義務がないってことですね~だから未だに紙とペンこそが共通のツールになっているとか。
Nemuri @nmrbk
例えば欧米的なアニメーションの作り方を日本でやるなら、まずPCとAdobeソフト等の映像作成用のアプリケーションとペンタブレットが必須なんだけど、それをフリーランスの業務委託の人にスタジオが揃えられるか?といったら金銭的に無理なわけで
Nemuri @nmrbk
で、たまに若いアニメーターさんがそういったデジタル分野に強くてパソコンで原画描いてきたりするんだけど、動画を描く人はPC使えないので、結局原画を紙にプリントアウトして中割りを描いてもらうこともあったそう。
Nemuri @nmrbk
そーいうわけで、日本の2Dアニメーションの、特に絵コンテや原画がなかなかデジタルに移行できないのは、「業務委託でやってるから」で決着がつきそうです。
Nemuri @nmrbk
まぁイベント中、日本のアニメスタジオ関係の方がその特殊な状況をフランス人の監督に説明してたけど、「でも我々もインハウスでフリーランスに仕事を委託することもあるけど、大抵皆PCで作業環境整えてる人ばっかりだよ…?」って言われてました
Nemuri @nmrbk
つまり欧米で「フリーランス」の仕事ができるというのは、自宅にスタジオと同じくらいの環境、もしくは最低でもPCがあり、Photoshopやアニメーション用のアプリケーションのがある、といことがもう暗黙の了解なんですね~
Nemuri @nmrbk
つまり、手描きの文化()とか予算が低いからとかではなく、単に環境を整えるだけで解決すること、普通に外部委託せず内製で作ればいいって話です。
Nemuri @nmrbk
現に3DCGのスタジオはソフトがバカ高いため個人で揃えることが難しいから、会社でライセンス買わないといけないから必然的に内製傾向になってると思う。フリーの方でも会社出向とか多いし。
Nemuri @nmrbk
別に日本のアニメ業界のアナログっぷりを蔑みたいわけじゃないよ。制作進行が原画スキャンや原画集めに駆けずり回って本来のスケジュール管理の仕事ができなくなってるのは不条理すぎると思ってるだけ
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
SHIROBAKOで描かれなかったものがここに。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
ToonBoom日本語版 heart-bit.com/toonboom/ アニメーターの知人から少し教わった覚えが。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
【ToonBoom×Francesca】アニメーション制作現場!: youtu.be/o_nlj4eLrrA @YouTubeさんから 必見。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
ポリゴン・ピクチュアズ演出部がToon Boom「Storyboard Pro」を導入開始、絵コンテやアニマティクス制作に活用(Toon Boom Animation/ハートビット) cgworld.jp/news/tool/1403… ちょうど一年前。知人がいますここ。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
【ニコ生(2015/03/21 15:00開始)】【イベント配信】 ラウンドテーブル:デジタルワークフローの現在と未来(TAAF2015×ToonBoom×CGWORLD共同開催企画) #nicoch2598506 #TAAF2015 nico.ms/lv214293069
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
20世紀末にぴえろは中割り自動化に挑んで挫折。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)」アフターレポート janica.jp/course/digital… #JAniCA ジャニカに限らず、業界「外」のひとにわかるようなレポートをなぜこの手のイベントは心がけないのだろう。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard
「第4回 アニメーションのデジタル制作におけるアンケート」報告レポート 2014年10月 一般社団法人日本動画協会 デジタル技術研究会 aja.gr.jp/data/doc/2014-… こんなもの素人が読まされてもわからない。

コメント

Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2015年3月23日
漫画家のほうではデジタル化で遠隔地のアシスタントに作業を頼めてたりするのに、って人数が違いすぎますかね。
深井龍一郎 @rfukai 2015年3月23日
紙と鉛筆で済むレベルの絵を紙と鉛筆と同等の使いやすさで作成できるデジタル作画環境を私は未だに見たことがない。最初から紙と鉛筆ではなくタブレットで絵を描く本物のデジタルネイティブが現れれば解消する話かもしれない。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2015年3月23日
電子タブレット機械そのものが、もっと「手軽に」絵を描けるツールになってくれればいいんだけどね。 iPad的なものでは明らかに役不足。もっと絵描きにとって使いやすい、買いやすい、壊れても補充のききやすい機械が出てくれないと。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2015年3月23日
たとえば、フリーのアニメーターで、今でも「持ってて当たり前」なものは、アニメーション専用タップとトレース台(ライトボックス)の二つ。タップは画材屋でわんさか売ってるし、トレース台は中の蛍光灯を取り替えれば長く使える上に、その気になれば「自作」は容易。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2015年3月23日
これらの利便性に比べたら、電子機器の充実・持ってて当たり前具合が今後、どこまで追いつけるのかというのはかなり不明確かと。電子メーカー側が、絵描き用に特化したタブレット型スマートフォンを作って普及させようとすればいいんだろうけど、職人用の専門機械は、どうしても価格ウン10万するのがね。
liatris @liatris_blog 2015年3月23日
絵描き用に特化したタブレット型スマートフォンはちょうどWacomがCintiqを流行らせようと頑張ってますね。あれが恐らく紙に直接書くという感覚に近い。ただし言うように値段が一番安いタイプでも10万を超えますからね。そこから下げるとintuosProかな。ただしこれは絵の書き方の形態が既存と違って絵を書く部分と実際にペンを走らせる部分が違う。
紙魚 @silver_fishes 2015年3月23日
“紙と鉛筆で済むレベルの絵を紙と鉛筆と同等の使いやすさで作成できるデジタル作画環境を私は未だに見たことがない”この部分は大きいと思う。線画を描くのにあたって身体感覚的なものは実際のところかなり大きい。ペンで直に描く感覚を得るために「画面に直接描いたっぽくできる液晶タブレット」や「摩擦係数調整されたスタイラスペンのペン先」に結構な額を払う人がいるのはこのため。
liatris @liatris_blog 2015年3月23日
ただ、そうはいってもPCとソフト含めてたぶん20万くらいあれば揃う気がするんですよね。欧州と違って機材を揃えられない原因というのがアニメータの薄給にあるという嫌な原因しか思いつかない(^^;)
紙魚 @silver_fishes 2015年3月23日
“漫画家のほうではデジタル化で遠隔地のアシスタントに作業を頼めてたりする”でさえ「ペン入れ(線画の起こし)はアナログのインクと紙でやってる」という人は結構いる。“最初から紙と鉛筆ではなくタブレットで絵を描く本物のデジタルネイティブが現れれば解消する”というよりは「紙とつけペンのような質感のデバイス」で解決される方がおそらく実現する率が高い
kartis56 @kartis56 2015年3月23日
タブレット使ってみればわかるあの使いにくさ
kartis56 @kartis56 2015年3月23日
こないだのかぐや姫とかGレコとか筆感出すためにわざわざソフト開発してますよね >紙にペンで
ゆゆ @yuyu_news 2015年3月23日
ジブリのドキュメントで、デジタルツールにかかるコストが負担過ぎると言ってた記憶。
なが @k_watarase 2015年3月24日
(液タブでは使えない手ですが)タブレットに紙を貼ることで、多少は使いやすくなりました。でもペンの持ち難さ、使い難さが辛い。もうちょっと細くなったりしないだろうか。
sronin @sronin 2015年3月24日
リアルタイムのスキャニングの精度とスピードが、未だにクオリティ&タイムラグを生んでいるのには辟易しそう。デジタルでの描き味を追求せずに、紙に描く行為のデジタイズを追求すればいいのに。っぽいの出てきてるのになぁ。
イエーガー@アニサマオジサン @Jaeger75 2015年3月24日
とりあえず、まとめの最初の人の主旨は「紙主体な環境のせいで制作の余計な仕事が増えてる」って点じゃないの?それって、タブレットで描こうが紙で描こうが最後は自分で取り込んでデータで送れば済む話なんじゃ無いの?つかスキャナすら無いなら自分で持ち込むかスタジオで描けばいいんじゃないの?持ち込む時間が無いならバイク便使えば?なんか考えるほどレベルの低い話しだな…
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2015年3月25日
Jaeger75 ああ、何も読めていないひとがまたひとり。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2015年3月25日
まず、アニメーション制作会社がいくら体制を整えようとしても、アニメーターが個人事業主で請負である以上、対応する機材を持っているとは限らず、かといって製作会社が負担してもアニメーターが活用できるか、投資が無駄にならないかは不透明。逆にアニメーターとしても、アニメーション制作会社によって体制も設備も違うのに、使えるかどうかわからない高額な機材を安い単価の中から捻出するかというとそうはなるまい。どこかが損を承知で率先してやってくれればいいんだろうけど。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月25日
日本の場合は1クールでアニメが何十本も放映されているわけで、業務請負の側でも掛け持ちがデフォでしょう。そうなると、フォーマット変換が面倒なデジタルよりアナログのほうが融通が利く。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月25日
また、制作会社でもアメリカのように長期的にスタッフを囲い込めるだけの予算も場所もない。アニメ制作会社の大半は西東京のごく狭い範囲に集中しているので、車でのカット収集が非効率かといえば、そうでもない。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月25日
先進国においては固定電話の次に携帯電話が導入されるが後進国ではいきなり携帯電話が導入されるように、効率というのは初期条件とこれまでの経緯を無視して考えると的外れな指摘をすることになるので注意したいところ。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2015年3月25日
C_Kozakura 海外に出すケースのこと考えてないでしょ?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年3月25日
デジタル化する前に紙と鉛筆使う人はいないの? 作家ならワープロ使う前のプロットは手書きだろうし。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月25日
アニメの制作環境が日本以上の国がそれほどないから、日本の現状が紙とペンそのままなわけで、そこんところ無視して「日本がー、日本がー」と言っても意味が無いんですよ。3Dソフトがアニメを作るのではないのですから。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月25日
日本のアニメ業界が海外の下請けになるのは、3Dソフトを使うスキルの問題ではなくて、シナリオなど脚本が海外に劣るときが潮時になるでしょう。シナリオについては漫画原作も含め輸出超過であり、海外の国内市場が成熟しない限りは、状況は変わらない。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月25日
端的に言えば、ソフトにデファクトスタンダードが存在しようが、日本と海外の間にはコンテクストの壁が立ちはだかるので、それだけで日本の制作環境が劇的に変わるということは起き得ないのですよ。アニメ市場の日本国内比率が相当下がらない限りは。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年3月25日
他人の下請けになりたいのであれば、他人が作ったルール(3Dソフトの共通化)に乗っかるのが最適解になるでしょう。しかし、日本のアニメ制作会社の目指すところは下請けではなくて元請けなのですよ。海外の企業はともかくとして。
釣本直紀 @turimotonaoki 2015年11月30日
http://anicobin.ldblog.jp/archives/41783984.html >>94 フルデジタルの作画は少しずつ増えてきてるよ デジタル世代の作画さんが個人的に俺はデジタルで描きます、という人もいるし スタジオ単位でデジタル化を進めていこうという人もいる でもまだ少数派 スタジオも作業者も紙でやってきた業界だから すぐには乗り換えがたいし デジタルで作業する為のソフトウェア側も まだまだ完成度が低い部分もあるといえばある