10周年のSPコンテンツ!

うがやさん@hirougayaの無料相談コーナー;「アパートトラブル」で泣き寝入りしないためには

Cf. http://heyasagase.jugem.cc/?eid=317 >1.説明したという証拠がない。(説明していない) 自然損耗部分を借主負担する場合、自然損耗部分は原則貸主負担である以上、賃借人にあらたな義務を課することとなる。この場合は契約時に借主に明確な負担意思があったことを証明するものがなければ特約が無効とされているケースが多い。したがって、以下のケースは無効となる可能性がある。 続きを読む
無効 簡易裁判所 建設省 アパート 住宅 マンション 敷金 うがやひろみち 契約 hirougaya
117
烏賀陽 弘道 @hirougaya
マンション退去するときに「敷金」を「自然減耗」の回復に使ってはいけない、返還しなくてはいけない、なんて10年前に解決した話だと思ったら、まだ不動産業界って借り主の敷金使い込み続けているんですね。借り主の無知につけこんじゃダメですよ。
@NICOHALU
@hirougaya 私の身内で敷金使い込みされそうになり、弁護士を間にたてたらすんなり減額してきました。そこまでやる人なかなかいないからあっちもつけあげる。我々の方も?と疑問に思ったら行動する「気合い(笑)」が必要なんですかね。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
マンションの「敷金」はクリーニングや壁紙、フローリングの張り替えに使っちゃダメなんですよ。わざと、あるいはひどい事故による破損以外の「自然減耗」は免責されます。判例も建設省のガイドラインも12年前に確立ています。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
もともと敷金は「預かり金」なので、あくまで借り主のものです。勝手に許可無く使うことは許されません。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
あくまで「敷金」は「家賃の滞納/焦げ付き」のための預かり金です。家賃を滞納していない借り主が勝手に使われたら、それは「人のカネの使い込み」なのです。裁判すれば必ず勝てます。
ありーちぇ🎌 @ALC_V
知らなんだ。 @hirougaya: マンションの「敷金」はクリーニングや壁紙、フローリングの張り替えに使っちゃダメなんですよ。わざと、あるいはひどい事故による破損以外の「自然減耗」は免責されます。判例も建設省のガイドラインも12年前に確立ています。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
こうした敷金の法的性格を知らされないで結んだ契約書は無効を主張できますし、まず間違いなく認められます。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
また、不動産取引業協会もこの内容で加盟社に通達を出しています。不動産業者が「知らない」では済みません。つまり意図的に借り主をだました可能性もありますので、必ず勝てます。
ありーちぇ🎌 @ALC_V
所有権は入居者にあるのか。 @hirougaya: もともと敷金は「預かり金」なので、あくまで借り主のものです。勝手に許可無く使うことは許されません。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
160万円までの敷金なら簡易裁判所です。40万円までなら即日で判決が出ます。弁護士はいりません。裁判所に行くと「申し込み用紙」があり、丁寧に提訴の仕方を教えてくれます。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
私は45万円の敷金を大家が勝手にクリーニングや壁紙、フローリングの張り替えなどいわゆる「原状回復」に使ったので、東京簡裁に提訴しました。弁護士なしで35万円取り返し、マックを買いました。大家は弁護士を雇ったので、素直にかえしておけばいいのに大損こきました。笑
坂田公時 @patrasche_dog
割り込み参加。「預かり金」に対しての法的保全義務はありません。敷金500ヶ月を使い込んで(建設費に充当)退去時に払えなかった事実あり。争いはあくまでも民事です。@hirougayaもともと敷金は「預かり金」なので、あくまで借り主のものです。勝手に許可無く使うことは許されません。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
なお賃貸不動産契約でいう「原状回復」は「部屋を新品の状態に戻す」ことではありません。このへんの無知につけこんでいる家主や不動産業者が多い。けしからんことです。
Yasuaki Madarame @madarame
敷金って、退去時の修理費用のためだと思ってた……。RT @hirougaya: あくまで「敷金」は「家賃の滞納/焦げ付き」のための預かり金です。家賃を滞納していない借り主が勝手に使われたら、それは「人のカネの使い込み」なのです。裁判すれば必ず勝てます。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
借り主が払わなくてはいけないのは、ネチネチになるほど厚い煙草のヤニ、意図的な破損、通常の使用では発生しない減耗/破損です。このへんも国土交通省住宅局から事例集が出ています。ウエブにあるんじゃないかな。
ௐチョンマゲཆマーチ༈༆༈༃༂ ꃔ✌ @chonmage_march
機会があれば俺もやろう RT: @hirougaya: 私は45万円の敷金を大家が勝手にクリーニングや壁紙、フローリングの張り替えなどいわゆる「原状回復」に使ったので、東京簡裁に提訴しました。弁護士なしで35万円取り返し、マックを買いました。大家は弁護士を雇ったので、素直にかえし
坂田公時 @patrasche_dog
「原状回復」は大家の責任。分からせて良かったと思います。相手が不動産屋の場合は訴訟しなくても勝てる場合が多いです。判例を持ち出すだけで今は承諾します。@hirougaya 私は45万円の敷金を大家が勝手にクリーニングや壁紙、フローリングの張り替えなどいわゆる「原状回復」
烏賀陽 弘道 @hirougaya
提訴すると、被告は契約者である家主(不動産所有者)なので、不動産業者は関係ありません。不動産業者がぐだぐだ言ったら「あなたは当事者ではないので、家主と話をしたい」「提訴すれば被告は家主である」「家主が裁判に巻き込まれるが、いいのか?」と告げてください。
Keiichi Kitamura @mizuki_fujimura
これですねhttp://bit.ly/f5Q565 RT @hirougaya: 借り主が払わなくてはいけないのは、ネチネチになるほど厚い煙草のヤニ、意図的な破損、通常の使用では発生しない減耗/破損です。このへんも国土交通省住宅局から事例集が出ています。ウエブにあるんじゃないかな
烏賀陽 弘道 @hirougaya
日本敷金鑑定士協会という団体が最近は活動しているので、詳細はウエブから調べてみてください。個別の事例がわかります。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
これは借り主から言わない限り、よほど良心的な家主でない限り自分からは絶対に言わない(そりゃそうだ)ので、まずは言ってみてください。
Sugaya Shinichiro @haru9ti
http://www.j2t.jp/ RT @hirougaya: 日本敷金鑑定士協会という団体が最近は活動しているので、詳細はウエブから調べてみてください。個別の事例がわかります。
烏賀陽 弘道 @hirougaya
敷金について知らない人は、知らないだけで引っ越しするたびに5〜50万円くらいは損するわけです。ほんと情報は武装、知識は武装です。こういうことがあるからリテラシーの多寡で金銭/経済に差がつくんですね。
ODA, Takeshi @takeshix
@hirougaya 引越の時、敷金全部取られた上に二十数万の追加費用が発生すると言われたことがあります。「国土交通省のガイドラインはご存じですか?」と尋ねたら「あれは飽くまでガイドラインですから」と言われたので「じゃあ少額裁判やりましょう」と言いました。
残りを読む(28)

コメント

五代雄介 @Eric_Ridel 2010年12月20日
@hirougayaさんの不動産トラブル対処法、まだまだつづく。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
簡裁が即日で判決を出す訴訟(少額訴訟)の金額の上限、いまは60万円まで引き上げられたんですね。「訴状」は簡裁に置いてあります。アンケート用紙みたいな紙ペラ一枚です。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
ぼくは住まいが東京23区内だったので、霞ヶ関の東京簡裁でした。東京地検の隣だぜイエー。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
一階に相談コーナーがありますから、訴状をもらったら記入方法を丁寧に聞いてください。「こうすれば受け付けてもらえる」という記入方法を確かめれば、書類のミスで出直す必要がありません。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
賃貸住宅の契約書は必要です。「契約そのものがなかった」など、契約内容で争うことになると、ないと不利ですが。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
室内の写真などあれば有利ですが、なくても大丈夫です。「自然減耗の範囲しかありません」と言い張ればいい。向こうが写真を出してきたら、裁判官の前でひとつひとつ点検すればいい。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
証拠は原告被告どちらが出しても裁判官の前に出ればいいのです。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
契約書の内容が家主に有利で、あなたのはんこが押してあっても、気にすることはありません。「不法/違法な契約は契約そのものが成立しない」のです。または「違法を知らなかったために成立した契約は取り消すことができる」のです。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
敷金の話をしたもうひとつの理由は、裁判所は私たち市民の権利を魔守るためにある、ということです。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
そして、私たちの権利を守るために税金で維持しているのですから、こういう場合にはどしどし利用せねば損です。「裁判所にまで持ち込みやがって」と言われても「だってそのために税金払っているんですから」と言えばいいのです。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
そして、これこそがまさに「納税」の意味なのです。自分たちを守るものをお金を出し合って維持することこそが、「小さな政府」論における最低限の政府の役割、最低限の納税の意味なのです。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
どうです、わくわくしませんか?
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
民主主義のための戦いは、まずは敷金返還から、です!! 笑
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
敷金をめぐる法律、権利、裁判、納税といった要素を拾い上げてみると、「敷金は民主主義の学校」とさえいえます。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
少なくとも、敷金は「民法」「民事訴訟」の学校とは間違いなくいえます。権利、契約などそういうコンセプトがわかる。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
敷金を取り返すと「おれたちの権利が守られた!」という爽快感を味わえます。そのお金を持って祝杯をあげ泥酔してください。笑
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
民主主義とは、実はこのように意外に身近で、お得でせこいものだとぼくは考えています。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月20日
敷金の話、賃貸住宅生活者は必ず知っておくのがいいと思いますので、ぜひ回覧してください。ゴーゴーゴー。
えつぽん @etsupon 2010年12月21日
RT @hirougaya: マンションの「敷金」はクリーニングや壁紙、フローリングの張り替えに使っちゃダメなんですよ。わざと、あるいはひどい事故による破損以外の「自然減耗」は免責されます。判例も建設省のガイドラインも12年前に確立ています。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月21日
建設省(国土交通省)や東京都のガイドラインを「あれはあくまでガイドラインですから」と不動産業者や家主が言ったら「でも、判決はガイドラインに沿っていますしね。場合によっては、それより厳しいですよ。裁判にしないほうがおたくのためだと思いますよ。裁判してこっちは何も損しないですしね」と言い放ってください。笑
Takahiro Hayashi @longyang 2010年12月21日
そうなのか!勉強になった。 RT @hirougaya: あくまで「敷金」は「家賃の滞納/焦げ付き」のための預かり金です。家賃を滞納していない借り主が勝手に使われたら、それは「人のカネの使い込み」なのです。裁判すれば必ず勝てます。
烏賀陽 弘道 @hirougaya 2010年12月21日
敷金。家を破損したりしていない人が裁判すれば敷金のかなりの部分は返ってくる。うまくいけば全額。簡裁に2回(書類提出1回、法廷1回)行けばその金額をもらえるとすると、提訴する方が得。提訴される側(家主)は丸損。裁判にせず返還するほうが得。しかし無知なうえに感情的になった家主は意固地になるかも。裁判終わって「やらなきゃよかった」と思うものですが。
言葉使い @tennteke 2015年1月3日
事業用の賃貸なのに借り主が弁護士立てて、民事用の原状回復主張してきた事例を知っている。不動産屋も法律相談も大家に同情したけど「訴えても割に合わないよ」と泣き寝入りを勧めていた。
言葉使い @tennteke 2015年1月3日
原状回復とは建物の価値を毀損したら元に戻すことであって、鍵を増やしたとか電灯を増やしたとかは価値を増したんだから、撤去する必要はない、とか。
皐🖊️原稿 @stk__l 2016年8月1日
そう言えば敷金の解釈間違って覚えてたかも。