アニメ映画パンフの旅(1980年代を中心に)

オレとしてはメジャーな作品が多すぎてちょっと恥ずかしいですが、劇場公開されたアニメの映画パンフをまとめてみました!楽しんでいただければ幸いです☆
アニメ
80
吉田正高 @yoshidamasataka
問題作『プロジェクトA子』(1986年)の映画パンフ☆ 宮崎さんにダメ出しされたことで有名ですが、同時上映は亜美ちゃん!ヤッホ〜(by C子) 同人誌文化とも深い関わりが… togetter.com/li/657571 pic.twitter.com/nmcWIjtx3s
拡大
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984年)の映画パンフ☆ 押井監督インタビューの「これが「うる星やつら」そのものだ」って、いろんな意味で名タイトルですね(苦笑) pic.twitter.com/lbdHgK7vsT
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
『うる星やつら オンリー・ユー』(1983年)の映画パンフ☆ 押井監督、ここでは「劇場版といっても、基本的にはラムとあたるの話。」とおっしゃってますね♪ pic.twitter.com/vQaZ8k1iql
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
劇場版4作目『うる星やつら4ラム・ザ・フォーエバー』(1986年)の映画パンフ☆やまざきかずお監督の「観た人とのキャッチボールを…」というインタビューが意味深な難解作ですが、主題歌「メランコリーの軌跡」は、うる星ソング中、屈指の名曲♪ pic.twitter.com/aWf2Y2tbr5
拡大
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
『天空の城ラピュタ』(1986年)の映画パンフ☆ 公開当時、劇場で3回鑑賞したものの、いまだにこの作品の面白さがいまいち理解できてないオレですが、「風の味」飲料CMで「ラピュタはほんとうにあったんだ」といってるから、あったんでしょう♪ pic.twitter.com/RqOaWLKL8D
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
『ザブングル グラフィティ』(1983年)の映画パンフ☆ ラストシーンの変更も含めて、単なる総集編じゃなくて「グラフィティ」になっているあたり、さすが!で、パンフ最大のみどころは、ゆうきまさみ先生の「ドキュメント ザブングル」(苦笑) pic.twitter.com/3ew0wIGsEP
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
『ドキュメント 太陽の牙ダグラム』(1983年)の映画パンフ☆あの大河ドラマ(苦笑)を短い尺でまとめることはできないので、総集編じゃなく「ドキュメント」!高橋監督によるインタビューでは、劇場版に登場させられなかったキャラへのお詫びが… pic.twitter.com/mSpMsr5lxJ
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
板橋しゅうほう先生の漫画が原作の『アイ・シティ』(1986年)の映画パンフ☆ ヒロインオーディションに合格した彼女たち、いまはどうしているんだろう…って、このあたりの作品なら、ふぁぼ/RTが少なそうで、気持ちいいね(笑) pic.twitter.com/ypKlBhcV3L
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
『炎トリッパー』『ザ・ヒューマノイド』『県立地球防衛軍』三本立ての映画パンフ(1986年)☆ さすがのオレも一括して総合評価をすることは不可能なラインナップなので、パンフ巻末のアニメイトの広告でお茶を濁させていただきまーす(苦笑) pic.twitter.com/q4F9G7MRZn
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
『超時空要塞マクロス 愛・おぼえてますか』(1984年)の映画パンフ☆ 石黒監督による「マクロスは終わった。」は名セリフですが、「♪おぼえていますか~」と聞きたいくらい、21世紀になっても、このセリフは、いい意味で反故にされ続けます★ pic.twitter.com/PKs4GYwOha
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
劇場版『1000年女王』(1982年)の映画パンフ☆ オレ、新聞連載を切り抜くほどはまっていたのに、この作品のストーリーを簡潔に説明できねえや…おわびにデラ・セダカちゃんの頁で許して!あと、アニメポリスペロはオレの青春でした(苦笑) pic.twitter.com/x4r16cLV35
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
この文章を打ちながらも、子供ばんどの「Heart of Madness」が脳内で響き渡る劇場版『北斗の拳』(1986年)の映画パンフ☆芦田監督による本作への評価は様々でしょうが、まずはパンフにもある経絡秘孔の位置を正確に覚えましょう★ pic.twitter.com/sJy2L562UN
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
雑誌の整理してたらアニメ/ホラー関連の80年代の映画パンフが大量に出てきたから、明日もぞくぞくと紹介します!それにしても「アニメ」と「B級ホラー」って非モテ映画にしかいってねえな、10代のオレよ…ちなみに奥さんと交際中に行った映画もプリキュアと『よなよなペンギン』ぐらい(泣)
吉田正高 @yoshidamasataka
OVA『幻夢戦記レダ』の劇場公開時(1985年)の映画パンフ☆ いのまたさんの「描きづらいキャラたくさん作っちゃってゴメン!」みたいなコメントを横目に、豊増さんの「これがオレのやりたかった世界だ!」ってコメントが面白いですね♪ pic.twitter.com/LMAwe6nzye
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
『幻夢戦記レダ』と同時上映された同じくOVA『吸血鬼ハンターD』の映画パンフ☆ いわゆる芦田版として賛否両論でしょうが、個人的にDの声が塩沢さんなのは大賛成!試写会では、主題歌を歌ったTMネットワークのライブもあった記憶がありますね♪ pic.twitter.com/tUhDCmifzX
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
劇場版『科学忍者隊ガッチャマン』(1978年)の映画パンフ☆個人的な体験として、同時期に公開されていた『キタキツネ物語』と本作、どっちを観る?と映画館に連れて行ってくれた父親が尋ねた際に、迷わず本作を選んだという経緯があります(苦笑) pic.twitter.com/A2a21FPSPo
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
劇場版『伝説巨神イデオン』(1982年)の映画パンフ☆ 表紙からは、あの壮絶なエンディングを知るすべもありませんが(苦笑)、パンフ最大の見どころは、「イデオン・フリーク」のコーナー!「イデ音頭」「明るいイデオン」「イデオン族」(爆) pic.twitter.com/rhbXN4EErT
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
これも父親に連れて行ってもらった劇場版『ルパン三世』(1978年)の映画パンフ☆もちろん「~VS複製人間」なんて野暮なサブタイトルはありません!最終頁の広告にある「モンキー・ポーズ」、劇場でねだって買ってもらった記憶があります(苦笑) pic.twitter.com/DPzSBZK3sS
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
メジャーすぎてこっぱずかしいけど、無視もできないのでご紹介する『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』(1981年)の映画パンフ☆ なんも言うことはねえけど…まあ、あえていうなら、裏表紙のアッガイの上のキッカちゃんがカワイイ(苦笑) pic.twitter.com/IGPVAqUChG
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
どメジャーな『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』(1982年)の映画パンフ☆ これもあえていうなら裏表紙のボールの中にいるキッカちゃんがカワイイ…じゃなくて、当時のファンの熱狂ぶりを伝えるコーナーに注目!ファンジンも紹介されてる! pic.twitter.com/VWezpUvAiZ
拡大
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
『SF新世紀レンズマン』(1984年)の映画パンフ☆ 「レンズマンの名を冠するのはどうか?」とかいう口うるさい原作小説ファン(苦笑)はともかく、動き・撮影など純粋に映像作品としてみれば、トップレベルかなと(黎明期のCGもカワイイね♡) pic.twitter.com/eF775JGVIZ
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
CGつながりで劇場版『超人ロック』(1984年)の映画パンフ☆ 「魔女の世紀」をかなり忠実にアニメ化してます♪ そして、パンフのみどころは、CGルームを訪問した聖悠紀先生の立ち姿! pic.twitter.com/8r6fo7ZK8w
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
『わが青春のアルカディア』(1982年)の映画パンフ☆ アラフィフのオタクなら全員鑑賞済の重要作なので特にいうこともないけど、パンフ最大のみどころは、実際にギリシャのアルカディアに赴いてはしゃぐ松本先生の御姿と、レビC12Dの写真♪ pic.twitter.com/rXvjBgptDW
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
あ、いけね!『アイ・シティ』と同時上映の『ガルフォース ETERNAL STORY』(1986年)の映画パンフを紹介し忘れてた!作品自体について語りたいことは山ほどあるけど、パンフの見どころは女性声優さんたちがポーズを決めた集合写真♪ pic.twitter.com/SlEU1Rb6dQ
拡大
拡大
吉田正高 @yoshidamasataka
過去の「映画通い歴」を振り返ってみると、特に10歳以前は、父親にいろんな映画を観に連れて行ってもらってるな、オレ♪ しかも、『ガッチャマン』『ルパン三世』『スターウオーズ』などなど、ヌルい児童向け作品じゃなくて、ガチの娯楽作ばっかりで…親父、マジでありがとう!
残りを読む(15)

コメント

uziSAPATA @r_saber 2015年5月23日
ガルフォースとクラッシャージョーの映画パンフが羨ましい。
言葉使い @tennteke 2015年5月23日
BSアニメ夜話で「アニメの絵とイラスト絵は全く別物です。アニメ絵は躍動感が命ですので一コマだけみるとよくないんですよ。名アニメーターは必ずしも名イラストレーターだとは限りません」みたいなこと言ってたけど、これらのパンフレット見たらアニメーターにイラストレーターの才能を感じるのは当然だな…誤解かもしんないけど。
すみ27 @sumi_nina 2015年5月23日
この時点でアッガイは萌化してたんか…。
たくさん @RascalTaku 2015年5月23日
うる星やつらと少年ケニアでクラクラした……w
ざの人 @zairo21 2015年5月24日
いろいろあったな~ しみじみ で 映画版 と アニメ版の レンズマンは、キャラは同じだったけど、全く違う話になってた件 レンズをどう受け継ぐかとか 懐かしいわ。
ざの人 @zairo21 2015年5月24日
時空の旅人は レンタルにないんですよねー 少年ケニア も まだ見てない。TVで放映されないかなー
ざの人 @zairo21 2015年5月24日
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー は 未だに根強いファンがいて 確かに アニメの中の 名作中の名作かもしれない。 夢という題材が見事に扱われている。5回ぐらい昔見たけど。
Mizuta Fumitaka @Humi_TW 2015年5月24日
いやあ〜パンフを見ると、あの頃の空気がものの見事に蘇ってくるなあ…そして、園田健一キャラデザのガルフォースを見ると何故か目から汗が流れるんだよね(^^ゞ
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2015年5月24日
ラピュタのパンフの裏側の、味の素の商品写真がなんとも言えずシュールで笑いますw
しぇりりん(平成ジャンプ無限大組) @m_sheririn 2015年5月24日
保存状況よすぎて凄いわ…この辺のリバイバル上映とかあればいいんだけどなぁ…マクロスとか大画面で観たい
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする