編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!
97
ログインして広告を非表示にする
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
原稿執筆の心得みたいなのを書いたほうがいいのだろうか。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書原稿執筆の心得・その1)勉強して書かないこと。お客様が読むものなので、事実に基づいた経験を書かないといけません。最近は空想で技術書を書いちゃうひともいますが、事実が大事です。もちろん再現性も。コードならば動くことが最低限です。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書原稿執筆の心得・その2)自分の内面にたまった経験と知識、技を書くわけです。勉強して書いた実績のない原稿は、すぐにばれます。それは筆者のためにも読者のためにもなりません。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書原稿執筆の心得・その3)読者を意識すること。つい手前味噌になりますが、第三者目線で執筆するとよいでしょう。そして読者が求めているものは何か、自分の体験をベースに書き始めるのがよいかと。書いているうちになんで昔はこんなことで悩んだのだろうと、それが第3者目線です。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書原稿執筆の心得・その4)勉強したことを書いてしまうと、いろいろつっこまれます。そのときにまた勉強が必要になって、非常にハイコストです。自分がやってきたこと、なんどやっても再現性があること、そして真実をついていることが、どんなに「強い」コンテンツになるのか、それを意識します。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書原稿執筆の心得・その5)この論は商品としての話なので、学術論文には当てはまりませんのであしからず。学術論文はそれ自体が非常に価値があります。商品としての技術書を書くにあたり、読者のニーズに応えるというのが価値になるのです。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書原稿執筆の心得・その6)勉強せずに書ける、他人にスラスラと教えることができる、それがあなたの「技術」です。しくみを心底理解し、他人に伝えるのが「技術書」の存在理由です。優れたバッターが教本を片手に読みながら打席に立つでしょうか。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書原稿執筆の心得・その7)本の内容は100回やって100回成功するものでなくてはなりません。ちょっとハードルを高くしすぎたかもしれませんが、本を書くということは、専門家として一人だちすることと同義です。 また高くしてしまいましたが(汗、コンテンツの価値が重要なのです。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書原稿執筆の心得・その8)若い人向けに書くのでした(汗。がちゃぴん先生は煽るのがうまいんだから~。とボケつつ。これまで書いた心得には年齢は関係ありません。それがコンピュータのラジカルなところなのです。たとえ経験が少なくとも、その中に真実があるのならばよいのです。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書原稿執筆の心得・その9)本当に書きたいことがしっかりしていれば、半角空きとか関係ないんです。それを処理するのが私どもの仕事ですので、まずコンテンツなのです。ある程度一般的な文章作法は守ってほしいですが、書式にこだわりすぎるあまり、主張を表現できないのは本末転倒です。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書原稿執筆の心得・その10)若い筆者の方に問いたいのは、あなたの書きたいことは何ですか?なのです。それを自分自身にむけて、書きたいことを考えることです。その結果出たものをわかりやすく他人に伝えてみてください。それがスタートです。
IKEMOTO,KOUHEI(池本公平) @XR230
技術書執筆の心得・その11)結城浩先生のツイートを皆さん読みましょう! 値千金! 結城先生、答え書きすぎですよ~。もったいない~。

コメント

JINMIN_party_Japan @Net_Uyoku_JpJ 2015-06-16 21:51:35
すなわち「やってみてわからなかったこと」が他の人もわからないことの可能性が高いため、そこを教えるための技術書には実経験が必要ということですね、わかります。
笑い猫 @bokudentw 2015-06-16 22:24:51
教訓?「勉強したことは書くな」
(っ´∀`)っ ゃー @nullpopopo 2015-06-17 00:56:05
何らかのアウトプットをする前に、理解するまで音読したいまとめ。
鍋太郎 @nabetaro 2015-06-17 08:50:54
書くために勉強するのでなく、勉強を繰り返して自分の血肉になったものを書くということだろうか
Shinichi Nakagawa @shinyorke 2015-06-17 11:13:18
いつかやきうのプログラミング本を書くときに備えて参考にするわ_φ(・_・
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015-06-17 13:06:24
勉強→実戦→理解→文書化。が理想と。人に教えれるようになったら一人前とは確かによく聞く
なちゃ @nachakey 2015-06-17 15:53:53
よく理解できる話ではあるが、実践の前の勉強不足(ここでいう勉強は書くための勉強ではない)で、誤った独自理解で堂々と書いてあるのは、それはそれで困ったりする。
ひなた @siratamahinata 2015-06-17 22:28:01
これはツボをついていますね。 昔書いていたときに言われました。
パンダは肉食獣 @j_inbar 2015-06-19 00:01:54
分らなくも無いし、実際に良い書籍をたくさん出しているので賛同する面は多いけど、実際に書くために勉強をするってのは大事。 案外調べてみると他の人が上手い解決策を提示していたり、見えてなかった他分野との関連性が見えたり、何よりも他ではどう言われているからこそ、自分が何を書くべきか?が見えると言うことも多い。
りおりおすと @rioriost 2018-05-08 09:56:10
池本さん手ずからの一連のツイートのまとめ。
EGUCHI Osamu @eguchi3 2018-05-08 17:10:11
その5)を読み飛ばしている人が多い。イントロで言ったげて。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする