2015年6月27日

あまいあまい毒入り地雷

未登場Race本編の後日談、カーマイン椿姫(つばき)ちゃんと雨竜院電漿(うりゅういん・ぷらずま)くんのおはなし。
真木ハルコ @homarine

未登場Race補遺【あまいあまい毒入り地雷】

2015-06-23 08:35:43
真木ハルコ @homarine

武傘尖端の突剣による連続突き、雨竜院流傘術・篠突く雨。本来ならば直線的な突きを連続して放つが、タイミングをややずらし湾曲した軌道の変則的な突きを交える。認めるのは悔しいが、あいつの笹蒲鉾を真似て編み出したフェイント技だ。普通の篠突く雨を見慣れた奴なら必勝――のはずだった。1

2015-06-23 08:42:13
真木ハルコ @homarine

奴の太く巨大な武傘が、俺の平凡な武傘よりも素早く動き、湾曲軌道で放たれた突きを事も無げに受け止めた。巨大な傘が回る。平凡な傘が巻かれて弾かれる。体勢を崩した俺の喉元目掛けて真っ直ぐに巨大武傘の突剣が迫る。避けられない。プロテクター越しに衝撃。息が詰まる。体が吹き飛ばされる。2

2015-06-23 08:49:49
真木ハルコ @homarine

「おもしれえ」奴はそう言って笑った。まだ中学生だが、既に俺よりも背が高い。雨竜院本家の長子、雨竜院雨弓。俺だって、普通の物差しで測れば背が高く恵まれた体格を持っていると言っても良いはずだが、奴は規格外だ。そして、傘術の才覚も、俺より数段上であることは認めるしかない。3

2015-06-23 08:57:29
真木ハルコ @homarine

練習を重ねてようやく実用レベルまで来たと思った秘策を、奴は初見で簡単に捌き切り、道場の床に転がる俺を見下ろしながら笑いやがったんだ。だがな。ハハハ。お前がいくら強くても当主にはなれないんだぜ。ま、当主になれる可能性が無いのは俺も同じだけどな。4

2015-06-23 19:34:22
真木ハルコ @homarine

雨竜院家ははるか昔より降雨を司ってきた由緒正しい魔人一族だ。傘を武器とした独特の戦闘技能は、元々は降雨祈願のために奉納するための武術であった。雨竜院家の当主になるためには、なんらかの降雨能力を持っている必要がある。5

2015-06-23 19:38:11
真木ハルコ @homarine

着々と腕前を上げ、いずれは当代一の武人となるだろうと囁かれている雨竜院本家の長男である雨弓(あゆみ)だが、奴の能力は空気中の水滴を媒体とした幻術。その点では雷雲を喚べる俺の方がまだ当主になれる可能性があるわけだが、あいにく俺には傘術の才能がない。6

2015-06-23 19:42:56
真木ハルコ @homarine

それでも鍛練を重ねればいずれはと、こうして本家に通いつめ稽古に励んできたが、最近ようやく見えてきた。恐らく、俺から準達人の『準』の字が取れる日は永遠に来ないだろう。「電漿(ぷらずま)くんお疲れー」そう言って冷たいお茶をくれたのは、従姉のシメリさんだ。7

2015-06-23 19:48:00
真木ハルコ @homarine

雨竜院家には分家が多く、俺の母さんと、シメリさんの父親と、雨弓の奴の父親は兄弟、つまり、俺たちは従兄弟同士。シメリさんの能力は湿気をキーにして人を老衰させる能力。本来は識明理と書くのだが、その能力に因んで自らを死滅理と号している。後ろ向きな考えをしがちなのは、俺と似てるかもな。8

2015-06-23 19:57:37
真木ハルコ @homarine

そんな死滅理さんだが、番長Gの“フロスト”と交際しだしてからは随分と明るくなったように思える。「そうそう、電漿くんの携帯なんども鳴ってたよ。椿姫(つばき)ちゃんからかな?お熱いねー、ヒューヒュー!」ははは、シメリさん達には負けるよ、と言って携帯を手に取る。不吉な赤い点滅。9

2015-06-23 20:03:15
真木ハルコ @homarine

憂鬱な気分で携帯電話を開く。液晶画面には『着信12件。未読メッセージ28件』の文字。わずか二時間ほどの稽古の間にこれだ。どうしてこうなってしまったのだろうか。10

2015-06-23 20:06:36
真木ハルコ @homarine

【あまいあまい毒入り地雷】#1 おわり

2015-06-23 20:07:19
真木ハルコ @homarine

【あまいあまい毒入り地雷】#2

2015-06-24 05:24:29
真木ハルコ @homarine

希望崎学園2年C組の精神的支柱は学級委員長である仲良らすくだが、最も恋人にしたいのは誰かと問われればカーマイン椿姫の名が上がるだろう。英国人の父を持つ椿姫は、美しく整った顔立ちで愛嬌があり、料理上手で歌と踊りもたしなみ、よく気のきく優しい性格である。1

2015-06-24 05:34:35
真木ハルコ @homarine

椿姫の能力『ブラッディ・レジスタンス』によって設置される地雷を踏んだ者は耐久力に関わらず全身から激しく噴血しながら意識を失い半年間目覚めなくなるし、料理スキルをベースにしたフライパン二刀流の格闘性能も戦闘型魔人としてアタッカー運用に耐える。2

2015-06-24 05:41:14
真木ハルコ @homarine

彼女の人気はクラス内に留まらず、昨年は一年生でありながら、あと一歩でミス・ダンゲロスの座に手が届くところであった。もちろん今年度も最有力候補の一人である。渡橋世蓮(おりはし・せれん)の下着が服の下に隠れている限りは、誰もが椿姫に目を奪われることだろう。3

2015-06-24 05:45:47
真木ハルコ @homarine

いや、希望崎学園内のことだけではない。椿姫は小学生時代、子役タレントとしてMHKの食育番組に主演しており、芸能活動を引退した今でも彼女のことを覚えている者は多い。雨竜院電漿(うりゅういん・ぷらずま)も、テレビの中で愛くるしい笑顔を振り撒く子役時代の椿姫のことをよく覚えている。4

2015-06-24 05:57:32
真木ハルコ @homarine

焼きそばパン争奪戦のさなか、電漿が身を挺して椿姫のことを守ったことを切っ掛けにして、二人の仲は急速に親しいものとなっていった。誰もが電漿のことを羨み、電漿自身も椿姫のことは高嶺の花とばかり思っていたので突然の僥倖に舞い上がっていた。だが、喜びは長くは続かなかった。5

2015-06-24 06:03:13
真木ハルコ @homarine

綺麗な薔薇には棘があり、あまい餌には毒がある。明朗快活なみんなの憧れカーマイン椿姫は、とびっきりの毒入りスイーツであった。ひとたび相手に気を許し仮面を捨てると、椿姫は独占欲と猜疑心の塊であった。電話に出ないと機嫌を損ねる。メールは即返信しないと何度も何度も追撃が来る。6

2015-06-24 08:17:13
真木ハルコ @homarine

最初は愛されているという実感に舞い上がっていた電漿だが、交際開始より三ヶ月が経過した今では毎日3桁に及ぶ苛烈な絨毯爆撃に疲弊し切っていた。デートの際の話題はひとつだけ。「君のことは好きだし大切に思っている。だが、何度も何度もメールしてくるのはやめてくれないか」7

2015-06-24 08:23:40
真木ハルコ @homarine

「あっ、そうだよね。迷惑だよね。ごめん」特製手作り弁当の入った藤籠を手にした椿姫は、眉を寄せてすまなさそうな顔をしてうつむいた。空は青く晴れわたりピクニック日和。楽しい公園デートになるはずだった。「でもね……」椿姫は逆接の接続詞を口にする。結局、行動が改まることはないのだ。8

2015-06-24 08:31:16
真木ハルコ @homarine

電漿は深くため息をつき、ぼそりと言ってはいけない言葉を言ってしまった。朝稽古で秘策を簡単に破られたことで、心の余裕に欠けていたのかもしれない。「……君がこんな重たい女性になっちまったの、昔のファンが知ったらガッカリするだろうな」言ってすぐ、しまったと気付き電漿は椿姫の顔を見た。9

2015-06-24 08:37:01
真木ハルコ @homarine

椿姫は酷く怯えた顔をしていた。自分のロッカーを開いたら猫の屍体が入っていたら、こんな顔をするのだろう。そんな顔だった。取り落とした藤籠が芝生の斜面を転がり、池の水面に飛び込んだ。駆け去るカーマイン椿姫。慌てて後を追う電漿。足元で、カチッと音がして。10

2015-06-24 08:44:14
真木ハルコ @homarine

電漿は全身から血を吹き出して、気絶した。雨竜院電漿は、カーマイン椿姫の地雷を踏んだのだ。11

2015-06-24 09:39:52
真木ハルコ @homarine

【あまいあまい毒入り地雷】#2 おわり

2015-06-24 09:40:12
残りを読む(54)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?