Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

帽子男さんが綴る異世界転生勇者年代記

まとめました。
99
帽子男 @alkali_acid

R-18小説サイト管理人。おねショタ大好き

yellow.ribbon.to/~mudhater/


帽子男 @alkali_acid

異世界から転生した「勇者」がベージュ色をした円筒で、地上から高さ150cmほどのところにくぼみを持ち、そこに聖剣を固定して高速旋回しながら魔物を切り刻む

2015-07-18 12:10:05
帽子男 @alkali_acid

勇者は円筒の表面に光を浮かび上がらせて会話するが、波長は可視の範囲から逸脱しているため、夜目の効く一部の亜人しか読み取れない

2015-07-18 12:11:12
帽子男 @alkali_acid

勇者は移動する際、わずかに宙に浮き上がるが、高高度に飛翔するようすはない。さりとてそれができないのかどうかも分からない

2015-07-18 12:11:53
帽子男 @alkali_acid

勇者は呼吸をしたようすは認められない。排泄に相当するのは円筒の外側の組織が白い結晶状に剥離する現象だ

2015-07-18 12:12:36
帽子男 @alkali_acid

勇者がどのような感覚器や頭脳を備えているのかは分からない。ただ魔王とその配下である魔物を選択的に殺戮するそぶりはある。ただし攻撃してくる相手には容赦なく反撃する

2015-07-18 12:14:24
帽子男 @alkali_acid

聖剣など、魔王を倒すために必要な武具として決まっているものを使う素振りは見せるが、実際には勇者の周囲に近づいたものを何であれ沸騰させ破壊する力の方が協力だ

2015-07-18 12:15:19
帽子男 @alkali_acid

宮廷魔道師団は、勇者が転生前どのような世界で生活していたのか、そもそもいわゆる生物の範疇に属するのか、判断しにくい

2015-07-18 12:16:03
帽子男 @alkali_acid

勇者の体表の光を読み取れる亜人の賢者がコミュニケーションを試みたが、出自に関して聞き出せたのは二進法であらわされた複雑な数式とおぼしきものだけだった。何らかの座標を示していると思われる

2015-07-18 12:16:51
帽子男 @alkali_acid

勇者と魔王との戦いは熾烈を極めた。強大な魔力を操る魔王に対し、ついに勇者はこれまでになかった変化を見せ、円筒形を歪めて体表から無数の小さな円筒を突出させた。それぞれが焦点を合わせた標的に高熱を発生させる機構を備えているようで、魔王はむごたらしく炭化して死亡した

2015-07-18 12:19:30
帽子男 @alkali_acid

使命を果たした勇者は立ち去った。奇妙な数式を後に残し。最後の瞬間、勇者の全身は人間にも見えるほど眩く輝き、高熱を発しながらまっすぐ空へと昇っていった。

2015-07-18 12:20:47
帽子男 @alkali_acid

今ではその後に転生してきた勇者と区別するため、初代勇者と呼ばれている

2015-07-18 12:21:08
帽子男 @alkali_acid

時は流れ、太古の脅威、古龍が復活すると、人々はまた勇者を呼び寄せた。

2015-07-18 12:21:43
帽子男 @alkali_acid

異世界から転生した二代勇者は、今度は人間の体に宿った。しかしその精神はあまりにも異質で、こちらの世界になじむことができず、口から泡を吹き、手足をありえない確度に折り曲げようとし、ぶざまにもがきのたうちまわった

2015-07-18 12:23:11
帽子男 @alkali_acid

二代勇者は不適応により死亡した

2015-07-18 12:23:28
帽子男 @alkali_acid

三代勇者は有望なものであった。やはり人の体に宿ったが、彼?は一人称として「我々」を使い、見事な適応を示した。三代勇者は短期間のうちに人体を掌握すると、

2015-07-18 12:24:44
帽子男 @alkali_acid

それを精神力だけで変容させていった。そういう種族なのだ。彼の本性に従って単為生殖を繰り返し、およそ十万体にまで増殖した勇者

2015-07-18 12:25:48
帽子男 @alkali_acid

そのうち「兵士」の役割をする勇者は強力な大顎とキチン質の装甲を持ち、薄い虹色の翅で飛びまわれた。

2015-07-18 12:26:36
帽子男 @alkali_acid

勇者は通常の動物と同じくほかの動物を捕食した。彼等は守るべき人間とほかの動物の区別が困難らしく、悪気なくしばしば人間も肉団子にしてしまった

2015-07-18 12:27:46
帽子男 @alkali_acid

だが勇者の増殖も分化も短期間のうちに終わった。強力な酸を弾丸のように打ち出す生態を獲得するようになった兵隊勇者の大群が古龍を襲い、駆逐したのだ

2015-07-18 12:28:49
帽子男 @alkali_acid

勇者はその土地に恒久営巣地を作ることも考えたようだが、説得によりやはり去っていった。特殊な蜜蝋を固めた「船」のようなものを作り上げ、それに乗ってやはり空の彼方へ

2015-07-18 12:29:45
帽子男 @alkali_acid

初代勇者ではないがこの三代勇者もまた強力かつ有益な存在として記憶されている

2015-07-18 12:30:13
帽子男 @alkali_acid

四代勇者についての記録は少ない。召喚地には著しい汚染が生じたとされている。

2015-07-18 12:31:18
帽子男 @alkali_acid

第八代勇者の転生による深刻な人口の減少から、王侯や賢者のあいだでは、もはや危機に際して勇者を召喚することを慎むべきではないかとする声が大きくなってきた。

2015-07-18 12:36:22
残りを読む(18)

コメント

. @999666nanbu 2015年7月18日
初代ゆうしゃ勇者すごい
1
山本アヒコ @lostoman 2015年7月18日
円城塔っぽい?(一冊しか読んでいない)
2
陸鷹 @Rikutaka_ 2015年7月18日
第百五十七代勇者も理解できる行動をとってくれるので癒し。……本人は卑しいが。
0
@sbayasi 2015年7月18日
すごく、すごくイイ。
0
陸鷹 @Rikutaka_ 2015年7月19日
「円柱勇者」でレンズマンのトレゴンシーを思い出した。(芸風は真逆だけど)
0
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 2016年2月3日
ベージュ色の円筒を「勇者」と定義するこの世界の住人も住人でなんかすごい
0