かんべむさしの再評価を

かつては「筒井康隆の後継者」とも言われたお方でした。
書籍 文学 小説 かんべむさし SF
31
リンク Wikipedia かんべむさし かんべ むさし(1948年1月16日 - )は、兵庫県出身の小説家、SF作家、エッセイスト。本名は阪上順(さかがみ じゅん)。 興亜火災海上保険に勤務した父親の赴任先石川県金沢市生まれ。小学校入学と同時に新潟県新潟市に転居、小学校5年の時、大阪府豊中市へ転居した。父親の本籍地が兵庫県西宮市。かつてはプロフィールには石川県生まれ、金沢生まれと記していたが、現在は兵庫県出身で..

かんべ むさし(1948年1月16日 - )は、兵庫県出身の小説家、SF作家、エッセイスト。本名は、阪上順(さかがみ じゅん)。

作風

初期は、独自の言語感覚で奇想と笑いにあふれる短編を連発した。『遠からず、「本家ドタバタSF」の看板は奪われてしまうに違いない。』とは、筒井康隆編のアンソロジー『'75日本SFベスト集成』に収録された短篇版「サイコロ特攻隊」に筒井が付けた解説の中の一言である。

その後、幻想的な未来小説、世代論的なテーマなどに作風を広げ、近年は、日常に即した設定の中に、軽妙な笑いと辛辣な風刺を込めたサラリーマン小説が多い。
(Wikipediaより)

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
あとでかんべむさしの短編「逃げる」を紹介するときのマクラに使わせてもらおう。 twitter.com/yuuraku/status…
dada @yuuraku
突然、現代日本にナチスが攻めてきて逃げなきゃいけなくなる話だっけ。持ち出すものに学生時代の日記二冊ってところが、かんべ氏らしいなと思った。 twitter.com/gryphonjapan/s…
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
あー、ご存知でしたか。もう今では、普通に入手できないでしょうね… 最近実家から出てきて、戦後70年(終戦後本格化する引き揚げ逃避行)や、「ゲート」序盤の展開(突然異世界兵士が銀座襲撃)に繋げて紹介する意義があると思って というか「再読かんべむさし」をやりたい @yuuraku
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
君こそ「再読かんべむさし」記事をやってほしいですな(笑) いまかんべむさしの本、どれぐらい旧作がキンドル含めて読める環境にあるんだろうかなあ? @fullkichi @yuuraku
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
【今の視点で再読したい作品】 ・桃太郎を時局に合わせてころころ政治的に変える童話作家 ・いくら殺しても人権上OKな「鬼」をレジャー的に大虐殺するツアー ・満員電車が「ただ揺られるより、楽しくおしゃべりしよう」と社交クラブになる話 (続く) @fullkichi @yuuraku
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
・続き ・特許ひとつ当てて生涯普通に食ってけるので「何にもしない」を選んだ男 ・24時間、全く眠らないで大丈夫な男の話 ・梅毒の世界拡大を戯曲仕立てで語る ・政財界のすべてが「秘書ネットワーク」に牛耳られてる話 みな、現代的だよなあ。 @fullkichi @yuuraku
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
かんべむさしの「水素製造法」は、「インターネット検索」が巻き起こす悲喜劇の先取りであった(断言)@fullkichi @yuuraku
ふるきち @fullkichi
@gryphonjapan @yuuraku 横入り失礼。懐かしいですな、かんべむさし氏。「宇宙の坊っちゃん」とか「決戦・日本シリーズ」とか読み返してみたいですわ。
ふるきち @fullkichi
@gryphonjapan @yuuraku 「水素製造法」とかね(笑)。本業で学生の小論文とか読むと、ホント水素製造法か!と言いたくなるのがいっぱいありますわ(^^;)。 homepage3.nifty.com/~tomikura/book…
ふるきち @fullkichi
@gryphonjapan @yuuraku まあその何割かの類似ネタを清水義範あたりにやられて向こうが生き残ってしまったわけですよ(苦笑)。どこで勝敗が分かれたんだろうなあと・・・スケール的にはむしろかんべ氏が上回ってたと思うのですけどね。SF業界に密着しすぎたのかなあ、とも。
ふるきち @fullkichi
@gryphonjapan @yuuraku ああなるほど(笑)。てか、今やったらますます悲惨なことになりそうな気がしますなあ(^^;;;)<水素製造法
dada @yuuraku
長い旅の列車から降りる(法律では15歳まで、18,22歳が区切りというのが示唆的)と背中に桶を背負わされて、その中から人の業やら意識やらみたいなものが表出する「惑星ソラリス」みたいな寓話とか。 twitter.com/gryphonjapan/s…
dada @yuuraku
結局、筒井康隆がドタバタナンセンスから幻想と実験に行った流れを、かんべむさしも「原魚ヨネチ」や「トロッコ三部作」で追随しようとして力尽きた感じ。あの頃の禅問答のような作品群ものすごく未完の大器感あるんだけどね。
dada @yuuraku
そんで、ドタバタナンセンス感の需要のほうは清水義範あたりが市場を獲ったと。
YATAGAI Kazuo @foxhanger
かんべむさし氏は、アイデア短編の需要が減ってかといって「純文学」にも行けず、といった感じがあります。
YATAGAI Kazuo @foxhanger
筒井康隆氏はなんだかんだいって、時代を越えて一般受けする作品を複数持っていたし。『時をかける少女』とか『七瀬シリーズ』とか『旅のラゴス』とか。
YATAGAI Kazuo @foxhanger
最近は田丸雅智氏など、ショートショートが再脚光を浴びているようですが、しかし金になるのは本になってから、というのはハードルが高すぎる。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
清水義範も数年前「最近、すっかり小説の注文が来なくなった」とか嘆いてるんですよ。「アイデア」の面で、語り継がれるようなすごい短編を書くひとって、いわゆる「ギャグ漫画家の寿命が短い」的に、消費される傾向があるんじゃなかろうか? @fullkichi @yuuraku
虛宮皇志郞@愛と平和と懐古的未来或いはアナーキーの光る曠野 @OCEANisSOLUTION
かんべむさしというと個人的には何故か『孤冬黙示録』が好きで。
YATAGAI Kazuo @foxhanger
そうか、『GATE』の元ネタはかんべむさし「逃げる」だったのか。twitter.com/gryphonjapan/s…
YATAGAI Kazuo @foxhanger
かんべむさし氏と言えば『サイコロ特攻隊』をリメイクしてほしい。抽籤によって選ばれた定年退職後の「団塊の世代」の兵士が、竹島や尖閣諸島で決死隊になるの。
残りを読む(15)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年8月17日
まとめありがとうございます。まことに微力ながら、近いうちに「逃げる」は自分なりに、拙ブログ(http://d.hatena.ne.jp/gryphon/)で紹介文をかければと思っています。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年8月17日
つまり「逃げる」のその後は自衛隊がナチスドイツに攻め込み、機甲師団を殲滅、強制収容所を解放してウェーイ<になるかはともかく(笑)、あっちの武器もかなり近代的だし)、「日本の軍事エンターテインメントの底流として『俺たちも正義の自由主義陣営としてナチスと闘いたかった!』という雰囲気が流れている」という指摘をどこかで読んだ記憶があります。「ヤマト」を含め…
YATAGAI Kazuo @foxhanger 2015年8月17日
文春文庫と光文社文庫に収録された作品がkindle化されているようですね。文春は初期の短編集『建売住宅温泉郷』『かんちがい閉口坊』もあります。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年8月17日
gryphonjapan自己レスですが【民主主義国家として悪と闘いたい】論は、銀英伝論のまとめ http://togetter.com/li/629927 収録のhttps://twitter.com/WARE_bluefield/status/433682477886877696などに。まあ、「逃げる」の敵がナチスなのは、基本的には単純な「情け容赦ない敵」としてのチョイスではありましょうが。
天野譲二@『幻の未発売ゲームを追え!』発売中 @TOKYOMEGAFORCE 2015年8月17日
『逃げる』は、WWⅡで行方不明になったナチスの機甲部隊が時空を超えて現代日本に出現、自衛隊じゃ対抗できないと事態を察した主人公が妻と逃げる準備をする話ですな。「ヘルメットはペコペコの薄い家庭用防災品でなく、工事現場の金属製の物を盗もう」とか、冷静に準備と指示をする主人公が印象的。
天野譲二@『幻の未発売ゲームを追え!』発売中 @TOKYOMEGAFORCE 2015年8月17日
相手の物を破壊するのでなく、自分の物を破壊して権勢を競うネイティブアメリカンの風習がコロンブスによって広がり、その結果世界がポトラッチで滅ぶ(日本は資源がないから、京都の文化財を焼き払って自慢する)『ポトラッチ戦史』は御本人も気に入っていたのか、その後ジュブナイル版でリメイクしていたけれど。
天野譲二@『幻の未発売ゲームを追え!』発売中 @TOKYOMEGAFORCE 2015年8月17日
この人はコテコテのギャグが得意な半面、たまに日本社会のダークな作品を混ぜて来て、それが強烈だったり。『頼母子島』で孤島に駆け落ちした主人公夫婦が島の風習である頼母子講に組み込まれて島から出られず、金を出せ、女は共有制だから他の男に抱かせろと言われて奥さんが発狂してしまったり。
天野譲二@『幻の未発売ゲームを追え!』発売中 @TOKYOMEGAFORCE 2015年8月17日
もう一本『町内警察』は、陸の孤島と化した団地で自警団が結成されるが、それが軍人上がりの暇な爺ぃ、精神の歪んだ主婦とかで特権意識を暴走させ、主人公は彼らに反抗したばかりに、深夜に襲撃されて拉致され、奥さんはライターで鼻を焼かれ、主人公は顔に濡れ布を押し当てられて窒息して殺されて終わるという。
dada @yuuraku 2015年8月17日
「夜桜武士」っていういかにも現代にウケそうなホモ小説も書いていたな。
dada @yuuraku 2015年8月17日
この人からはいかにも広告マン出身らしい、社会文化への愛と突き放した皮肉の入り交じった二面性がちらちら感じ取れるのよね。エリートでも非エリートでもなく都市人でも地方人でもない自分、みたいな。当時としては珍しく中堅大の生活にスポットを当てた「むさしキャンパス記」なんて青春エッセイも書いている。
ハジメジェーピー @hajime_jp 2015年8月17日
また読みたいなあ。上に出てる桶の話は「背なで泣いてる」だよね。これは凄いイマジネーションだった。まだ20代の頃の作品だったはず。
dada @yuuraku 2015年8月17日
ところで「逃げる」はたしか80年代に書かれた筈だけど、当時の自衛隊は50年前のナチス軍にさえ抵抗できないと思われるほど「弱い」「役に立たない」イメージだったんだよね。ほぼ現代最強の精鋭として描かれている「GATE」とは隔世の感がある。
YATAGAI Kazuo @foxhanger 2015年8月17日
『逃げる』は1974年の作品だそうです。まだデビューして間もない頃で、筒井康隆の同人誌「ネオ・ヌル」で修行していた頃ですね。http://homepage3.nifty.com/iwawi/dozou/kura6/bss.htm
YATAGAI Kazuo @foxhanger 2015年8月17日
かんべむさし氏の電子書籍に関しては、ここもあります。http://www.papy.co.jp/sc/list/credit1?page=1&type=a&sort=2&word=%A4%AB%A4%F3%A4%D9%A4%E0%A4%B5%A4%B7&dev=0 「逃げる」もありますね。
YATAGAI Kazuo @foxhanger 2015年8月17日
まとめを更新しました。
えふたか @f_taka_ 2015年8月17日
まとめありがとうございます。高卒で就職してから「むさしキャンパス記」を読んで社会人学生になり、「決戦・日本シリーズ」「水素製造法」と読んできました。
垂直応力 @normal_stress 2015年8月17日
「公共考査機構」はテレビ番組とはいえ今の”炎上”そのもの。
垂直応力 @normal_stress 2015年8月17日
「背で泣いている」「原魚ヨネチ」「集中講義」「言語破壊官」「サイコロ特攻隊(短編版)」は出版芸術社のふしぎ文学館「トロッコ」で読めます。 http://www.spng.jp/sab_fusigi/torokko.html
YATAGAI Kazuo @foxhanger 2015年8月17日
しかし『公共考査機構』のような事態が国家や大メディアの肝いりではなく、ネット民の集合意思として実現してしまうということこそ、恐ろしいのであります。
冷たい熱湯 @Tuny1028 2015年8月17日
何か国語の教科書で名前を見たような気がするなと思ったら「車掌の本分」の作者だった
𒁀𒀊𒅋𒌋Ⅲ @palomino3rd 2015年8月18日
『水素製造法』は、活字で読む前に、1982年にNHKラジオの『ラジオSFコーナー』での朗読(広川太一郎さん!!)で聴いて、大笑いしてた覚えがあります。 そして最後まで聴いて「……あれ?これ、SF???」と。 かんべさんの作品て、ラジオと相性のいい作品が多い気がします。
signal9.jp @Signal9J 2015年8月18日
『ポトラッチ戦史』、『まわる世間に』(ポーリングのアレ)大好き。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年8月20日
はなはだ力不足ながら<戦後70年は「引揚・脱出70年」…SF短編「逃げる」を紹介【再読かんべむさし】 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150820/p1>を一応描き終えました。dada氏 @yuuraku のツイートも、冒頭でお借りしました。
こかだじぇい @kokada_jnet 2015年8月23日
初期作品の再評価の話題ばかり出てしますが。 近年の作品、「課長の厄年」「就職ゴリラ塾」「急がば渦巻き」「泡噺とことん笑都」「こちらFM遊々です!」「ミラクル三年、柿八年」なども、非常に面白いです。 特に、サラリーマン小説は、1982年の「38万人の仰天」以来、主要テーマでしたから。
YATAGAI Kazuo @foxhanger 2015年8月23日
家にあった短編集を読み返したら「急死して部屋に霊になって漂っていたら、片付けに来た知人連中に日記や手紙を読まれて悶絶」みたいな短編が載っていた。40年近く前にこういうネタを書いた先見性を評価すべきか、それとももはや陳腐化してしまった、とみるべきか。
のをあある @zerocalor 2016年6月23日
おぉ、水素製造法はどこかで読んだことある。なんだったか…アンソロジーか何かに載っていたかもしれない。他の作品も面白そうだな。この作家の名前、心に刻みつけておくことにします。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年12月30日
2017年末、https://togetter.com/li/1184920 というまとめでちょっとかんべむさしについて語りました。どのように繋がってるかは、実際に読んでみてください。
ue280 @cd2023 2018年2月24日
「決戦・日本シリーズ」は今読み返すと感想が「近鉄バファローズはどこいった?」しか出てこないなぁ(当時在阪球団で唯一優勝経験がなかったとはいえ)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする