総火演撮影メモ

陸上自衛隊 富士総合火力演習を撮影するに当たっての覚書です。今年はCスタンド後方より撮影しました。
カメラ 陸上自衛隊 総火演 富士総合火力演習
4
みたま @mitama_
【総火演撮影メモ】 今回、カメラはEOS7D、レンズはEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを使いました。次のpostから僕が今回得られた撮影上の留意点を記していきます。 #総火演
みたま @mitama_
【総火演撮影メモ】1 [火砲] ・砲弾は1/800で結構流れる→可能な限り速く ・砲弾を写すなら画角を広めに取る ・曳火射撃の炸裂は可能な限りSS遅く(画像のTOT富士は失敗例。出来れば炸裂で富士を描いた写真にしたい) #総火演 pic.twitter.com/YcqEu66WTQ
拡大
拡大
拡大
みたま @mitama_
【総火演撮影メモ】2 [誘導弾] ・画像は1/800だが、1/1000くらいで止まって写るような気がする ・開始前に目標地点を念入りにチェックしておくと、弾着の様子も撮れる(かも) #総火演 pic.twitter.com/WwjLF5LRVn
拡大
拡大
みたま @mitama_
【総火演メモ】3 [機関砲・ヘリ] ・機関砲は1/100ぐらいで曳光弾が綺麗に写る ・AH-1SのTOW発射は号令が掛かってから少し掛かる。※画像は失敗 ・ローターの回転感がいい感じに出るのは1/250以下 #総火演 pic.twitter.com/Lh5vFGybp1
拡大
拡大
拡大
みたま @mitama_
※AH-1Sは号令に合わせてシャッターを切り始めた結果バッファが埋まってしまい、発射するときにはカクカクの連写になっていた。何でもアセると良くない。
みたま @mitama_
【総火演メモ】4 さあやって来ました戦車です [74式] ・1班は左稜線、2班は右稜線 ・発砲は「号令が掛かり、稜線を登り切って3秒後」(平均) #総火演 ※画像は「シャッターを切るのが遅かった例」→「稜線登り切ったら切る」 pic.twitter.com/VbPoFLJjYP
拡大
拡大
みたま @mitama_
【総火演メモ】5 [90式] ・小隊(4両)が進入してきたらどれを撮るのか決めておくこと ・行進射は号令と射撃の間に全くすき間がない→「小隊集中行進射」辺りからシャッターを切る ・画角を広く撮り、小隊集中射撃の絵にしても◯ #総火演 pic.twitter.com/9iJnZPpFBb
拡大
拡大
みたま @mitama_
【総火演メモ】6 [10式] 1班…左稜線で敵を発見→射撃 2班…スラローム射撃 射撃は「2班左(又は右)へ、撃て」の号令の後、変針する途中で撃つ。「撃て」に合わせると早い。 ※今年は僕は失敗しました。画像は一昨年のもの。 #総火演 pic.twitter.com/XBdXrdF7Qa
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする