2015年9月13日

サキュバスパンデミック設定

思いついた設定
4
ホットアイス @hotlicetea

サキュバスパンデミック Lv1:女性化 Lv2:角が生える Lv3:精が欲しくなる、依存する Lv4:羽根や尻尾が生える Lv5:完全なサキュバス 1、2はまだ正常に人として暮らせる余地あり 3当たりから危険な状態。隔離が必要 4、5は戻す事は不可能。魔族として扱う

2015-09-13 12:33:37
ホットアイス @hotlicetea

女性の場合はLv1を吹っ飛ばして2から始まるため感染してからのサキュバス化が男性よりも早い 感染状態にある人物との体液の接触、接種などにより感染する

2015-09-13 12:35:31
ホットアイス @hotlicetea

Lv5状態になると、直結行為によって感染が広まるだけでなく、爪による攻撃などにも感染力がある。 また、感染に耐性がある場合もあるが、その場合は行為によって精力を根こそぎ吸われてしまい、魂まで吸われ、最悪死に至ってしまう。

2015-09-13 12:37:59
ホットアイス @hotlicetea

人間がサキュバス化したものは基本的に肌の色は特に変化がない。 褐色肌は特殊な能力を得た元人間。魔法や特化された身体能力などを持つため注意が必要。 青肌は産まれたときからの純粋な魔族。全てにおいて強力なため、注意が必要。 時々、青肌の元人間や褐色の魔族もいる。

2015-09-13 12:41:53
ホットアイス @hotlicetea

そのため、肌による種族の判別には注意が必要。その場合は目の色で判断する。人が変化したサキュバスは赤い目をしている。 純粋な魔族はそのかぎりではない。

2015-09-13 12:43:20
ホットアイス @hotlicetea

サキュバスが人間を見つけた場合の行動パターンは2つある。 サキュバスであることは元人間にとって基本的に気持ちいいものであるようである。そのため、元人間を見ると仲間にしてあげようと善意で襲ってくる。 あるいは、食料である精を求めて襲ってくる。

2015-09-13 12:47:13
ホットアイス @hotlicetea

サキュバスになる場合、基本的にはその人物の理想の姿になる。若返りもあるし、成長する場合もあり、また体系も割と自由である。 しかし、ごく一部の力を持ったサキュバスが強制的に姿をサキュバスの理想に変質させる場合もある。

2015-09-13 12:49:38
ホットアイス @hotlicetea

サキュバス化にもいくつかのタイプがある。 α:理性がなくなり、精にどん欲になり、精を食すことしか考えず、まともな思考もできない。いわゆるゾンビに近い β:友人や家族などが恋人であると思考や記憶が歪む。元男性に多い γ:思考も記憶も正常な一般的なサキュバス

2015-09-13 12:55:01
ホットアイス @hotlicetea

サキュバスや魔族によって、動植物にも影響がある場合がある。 人間のような姿になり、サキュバスと化すパターンや、感染能力をもった凶暴な個体に変質する場合がある。 また、植物は所謂触手のような個体に変質することもある。

2015-09-13 12:58:06
ホットアイス @hotlicetea

サキュバス化を治す、抑えるには聖なる力で清められ、女神の加護を受けている聖水が必要である。 しかし、基本的に聖水はサキュバスが元々存在した異世界の代物であり、まず手に入る事はない。 だが、とある研究機関が隠し持っていたり、異世界からやってきた人物達が持っている場合がある。

2015-09-13 13:01:27

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?