安保法案の参議院特別委員会での「採決不存在」と「議事録捏造」問題について 《山崎雅弘》

表題に関連するツイートをまとめてみました。スポーツの場合、後で「誤審」が判明しても試合結果が覆らない場合もありますが、逆に「ルール違反」が判明して選手の失格や記録抹消、場合によっては永久追放という処分がなされる場合もあります。 参議院特別委員会での「採決不存在」と、そこで存在しなかった架空の「やりとり」が後に公式な議事録に追記された「議事録捏造」は、上記のどちらに当たるのか。関連する問題を考える参考にしていただければ幸いです。
政治 安倍 安保 違憲 国会 山崎雅弘 憲法 参議院 戦争
14
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
NHKでは国会の情勢を中継しているが、高瀬耕造アナが「この法案が成立すれば何がどう変わるんでしょうか」と質問し、政治部の田中泰臣記者が延々と「首相官邸側の説明」を解説するというパターンが繰り返されている。合間に国会議事堂周辺での抗議デモを映すが、説明は完全に政権視点に立っている。
清水ただし @tadashishimizu
山本太郎議員の賛成討論が終われば、鴻池委員長の不信任動議の採決が行われます。問題はそのあとです。与党から突然に質疑終局、戦争法案の採決を求める動議が提出される可能性があります。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
参議院は混乱していて何がどうなっているのか判然としない。NHKの高瀬アナは「採決がおこなわれたのかどうか不明」のような口調だが、TBSはなぜか「参院特別委で可決」という速報を出している。どういう裏付けがあるのか? twitter.com/tbs_newsi/stat…
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
NHKも速報出た。「参院特別委での採決で可決」。政権の広報担当のNHKアナウンサーすら事前に「段取り」を知らされなかったほどの奇襲で採決。野党の一部も賛成したので、形式上は「与党単独採決」ではない。奇襲を発動した鴻池委員長は、数分前の山本太郎議員の話をどんな思いで聞いていたのか。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
委員長の言葉が聞こえず委員長の姿も隠れて見えず、速記も何もない状態での「採決」は、記録が残っていないので、後で「あの瞬間にあれを言ったことにして、全員起立したことにして、委員長がそれを目視で確認したことにすれば、成立したことにできる」程度の信憑性しかない。北朝鮮の歴史創作に近い。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
まったく同感。「他社より早く速報出した方が勝ち」みたいなレベルの競争は全然意味がない。可決と速報出すということは、この手法を「正当な手段として認めた」ことになる。その自覚もなく、犬がフリスビーを追うように食いつくなら救いようがない。 twitter.com/yujinfuse/stat…
小池晃 @koike_akira
本日の参議院特別委の速記録が出ました。まったく聴取不能で、何をやったのかわかりません。自民党の説明では、採決動議、法案二本、付帯決議、委員会報告の5回採決したと言うのですが、そのような記録なし。まったく無法、無効です。 pic.twitter.com/EHd8N40OnZ
拡大
二見伸明 @futaminobuaki
「採決は無効。混乱の本源は総理と質疑するために設けられた委員会を、質疑を省略し、直ちに採決しようと騙したこと。それにより速記も取れないほど混乱したこと。速記が取れなければ議事録が出来ない。委員会騙しと速記不可で採決は無効」と議事運営の専門家の平野貞夫。自公は日本を潰す気か。
ロックさん @rocks_31
報ステ・安保法制委の採決を冒頭でオンエア。一本目の採決で、委員長が議事進行を出来ていないことが確認できる。誰も注目していない中、与党席の山本一太議員が動議を読み上げて周囲の議員の起立を促している。これが採決の手続きに則っているとは思えない。強行採決ではなく無効採決、いや虚構採決。
杉原こうじ(NAJAT・緑の党) @kojiskojis
驚愕の真実。あの「採決もどき」で5回もの「採決」が行われたことになったらしい。9月17日深夜のNHK NEWS WEB。「議事録に残ってなきゃダメですよね」との鎌倉キャスターの問いに、田中泰臣政治部記者は「認められました」の一点張り。 pic.twitter.com/AxzPTc7S7Y
拡大
mold @lautrea
東京大学 石川健治教授 「(集団的自衛権行使を容認した)閣議決定は法学的な意味ではクーデター」 「国民なりおおもとの規範が置き去りの状態で法秩序が断絶された場合をクーデターと認識する」 pic.twitter.com/y0jntpq96D
拡大
拡大
岩上安身 @iwakamiyasumi
共産・井上議員、「公聴会が行われたあと、一切の国会審議も行われなかった。公述人の意見が、一切反映されなかった。派遣報告がなかった例は、過去に一度もない。これほどまでに公聴人を愚弄した歴史はない。これほど国民を無視した例はない」と怒り。
本田由紀 @hahaguma
しかし定められた手続きに沿っていない委員会、議事録にも掲載されていない委員会採決が有効であるわけがないと思うのだが、なぜ有効扱いされうるのか?無効/有効の判定基準は何なのか?ずっと考えているのだがわからない。その無効性を根拠に本会議採決そのものが無効と判定されないのか?
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
福山哲郎議員が掲げた「議事録と称する何か」。「討論省略、直ちに採決の動議提出 提出者 山本一太君 同動議採決」とあるが、鴻池委員長は「委員会メンバーでない20名以上の与党議員群」に埋没していたので、これを確認して採決できるはずがない。 pic.twitter.com/6LRX8J7DBk
拡大
拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「国会の議事進行の手続きを一政党が実力で独占的に支配し野党の発言権を奪う」事実上のクーデターとも言える手法なのに、産経新聞は「用意周到に行った痛快な成功例」のように報じているのがすごいですね。産経も国会を単なる道具としか見ていない。 twitter.com/toe_hiro/statu…
西村大樹 @taiki_nishimura
いやいや、これはダメでしょ。違う場所で語られたことを、同じ場で語ったようにまとめてしまうのは、最低のまどめサイトや最低の自称ネットニュースサイトと同レベル。そもそも、議事録は、なんのために存在しているのか、分かっているのか? pic.twitter.com/RbxDbYR1Oy
拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
9月20日フジテレビ『報道2001』 bit.ly/1Qr8j0d「一糸乱れぬ連携プレーで法案を可決していく与党側」「政権与党の圧倒的な経験の前に、ただ声をあげるしかない野党議員たち」「そして委員会の採決は終了した」 pic.twitter.com/qJeT8TmawT
拡大
拡大
拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)完全に政権目線で語るフジテレビのナレーションがすごい。日枝久会長が首相と親しい友人のフジテレビは、佐藤正久議員指揮下の大勢の議員による、野党の表決権妨害という一連の行動を「政権与党の圧倒的な経験」と肯定・称賛すらしている。私の生まれ育った日本は、別の国へと変わりつつある。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
稲田朋美自民党政調会長は能面のように「法案採決に瑕疵はありません」と繰り返すが、換言すれば「これが今後の意思決定のスタンダードだから国民はそのつもりで」との公告でもある。メディアが権力監視という役割を放棄し、逆に権力の下部組織になれば社会がどうなるかを我々は目の当たりにしている。
咲枝 逢眞 @oumasaeda
醍醐 聰東京大学名誉教授のブログ。これは極めて重要。「安保法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れへの賛同のお願い」も。 しどろもどろの参院事務局の応答 ~安保法案「可決」の認定を尋ねると~ sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/p…
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
十七日の参院特別委員会の議決は「参院規則の表決の要件を満たしていない」などとして、東京大の醍醐聡名誉教授(会計学)らは、議決がなかったことの確認と審議続行を参院議長や特別委員長に申し入れようと、市民に賛同を呼び掛けている(東京)bit.ly/1KJ6gED
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)「参院規則では、議長が採決する時は議題を宣告した上で、賛成議員の起立で多数か少数かを認定し、結果を宣告すると規定されている。翌十八日には弁護士有志二百二十五人が『法的にみて議決とは認められない』と、議決がなかったことの確認と審議再開を参院議長らに要請した」「未定稿の速記録
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)でも、議事進行を促す委員長の発言も質疑打ち切り動議の提案も記されていない」「参院事務局に『鴻池氏は自席で起立した委員を確認できない状況で、どうして賛成多数を認定できたのか』と問い合わせたところ、担当者は『委員長は見えたんだと思いますよ』と回答した」採決自体も主観的判断か。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の続行を求める申し入れ」bit.ly/1V6Od1O「一連の事実と状況に照らせば、上記5件の『採決』なるものは、参議院規則が定めた『議長は、表決を採ろうとするときは、表決に付する問題を宣告する』(第136条)、『議長は、
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)表決を採ろうとするときは、問題を可とする者を起立させ、その起立者の多少を認定して、その可否の結果を宣告する』(第137条)という表決の要件を充たしていないことは明らかです」署名フォーム→bit.ly/1Lsr2sF「住所」欄には都道府県名のみを記入。匿名
残りを読む(16)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする