「頭ごなしに子どもが読みたいという本を否定しないでほしい」本屋でのある親子を見た書店員さんの話

読みたいものを自由に読ませてもらえるのは幸せなのかもしれない
育児 出産
81057view 193コメント
255
しらい @Shi_uma16
児童の読み物コーナーでお母さんが「そんな本よりこっちのほうが良いよ」「そんなのダメ」と子供が選ぶ本を否定しまくってる。キラキラしてた子供の笑顔はだんだん曇り顔に。あぁ、目の前で子供が本を嫌いになっていくよ。やめてよ。子供だって感動は好きに選ぶよ。
しらい @Shi_uma16
「世界名作全集」とか「10歳までに読みたい感動のお話」とか読ませたい気持ちはわかるけどさ。いいじゃん。ゾロリだろうが怪盗レッドだろうが、大人になって「わー、懐かし!このシリーズ読んだわー!」って本が出来るんだよ。思想の自由を奪わないであげて。
しらい @Shi_uma16
その女の子は仕方なさそうにお母さんが強制的に選んだ「長くつ下のピッピ」と「10歳までに読みたい名作」を持ってトボトボ帰ってった…。乗り気じゃないかもしれないけど、「ピッピも面白いから本を嫌いにならないでね。ピッピみたいな柔軟で強くて優しい子になってね。」と願いながら見送りました。
しらい @Shi_uma16
@bobxken 辛い。子供の「…なんでダメなの?」って問いに対しての親の答えも「そんなものくだらないからよ!」だったし…。自分が好きなものを否定される気持ちを、何故想像出来ないんだろうか。
しらい @Shi_uma16
通知からしていつもより少したくさん、私の言葉を見てくれた人がいるみたい。どうかどうかあなたが親ならば、いつか親になったらば、「読みたい!」気持ちを否定しないであげて欲しい。読みたいと言った本全部を買ってあげなくてもいい、ただ、「そんな本ダメ」って言わないであげて欲しい。
腰痛 @skr330_
これはほんとうによくある こっちにしたら?と絵本より読み物を勧めるおかあさんと好みの絵本を選ぶお子さま
🦐木同莉生🦐 @kirio_kk
強制的に勧められた本はなかなか読めないよなぁ。自然に入ってくるものじゃないし。
みなも@垢移動/千バト一般 @minamo37_
名作は名作と言われるだけあって面白いけど、自分の興味に合うかどうかは別
きのすけ🌟 @K_scarecrow
名作の類はわざわざ与えんでも学校とかで嫌でも読まんならんなったりするし、テレビでクソほど感動ポルノ溢れかえってんだからあえて感動モノ読ませんでもよくね?

自分はこうだった

笹塚🎋 @waiwai1132
そーいやウチは、あの本読めだの、この本読むなだのは一切言われなかったな…。視力が落ちた時に読書禁止令は出されたけども。まぁ隠れて読んでたけども。
ロゥレルはお絵かきしろ @nagisahakuro
うちのかあ様は私が約6年間ずっと怪談レストランとゾロリシリーズ以外ほとんど読まないという奇行に走っても何も言わなかったぞ さすがに中学受験の時にはもっと色んな本を読みなさいって言われたけど
ゆきひろ✊ @yukihiro0_0
マンガは禁止だけど普通の活字本だけはなんでも買ってくれたなー 自分で買いにもいったし年に一回学校に本屋さんがおすすめ児童書を売りにお店だすんだけどその時は好きなだけ注文さしてくれた
タニタカ @tanitakaaaa
俺の活字嫌いはここだし、少し改善してくれたのは自分で選んだ青い鳥文庫だった
wing @CopenZDB511
私は親に対して小さい頃からどうせ買ってくれないだろうと思ってせがんだりはしなかったなぁ。昔から悟りきってたんだよ、私。だから可愛くないんだよ
岸嘘 @sada_y111
私の母さんも似た感じだから、もしそうなると見るだけでも嫌になるし、懐かしみもクソもなくなりますし、自我も薄くなるよ。
ぼんじょれ @Bonjore_bonbon
服を選ぶ時もこう言われるから服屋に行くのが嫌いになったな…
田中ののか @hiromigorohdeki
@Shi_uma16 他人のことだと普通に駄目と解るけど、無意識で自分もやってるかもしれない。 同じ本を何度も何度も何度も読まされて「もう、またこれ今日は他のにしない?」とか言ってしまったりね。
やすこ@東4き11a @sawayama_yasuko
判断力のない子供に選書をしてあげるのも大切なこと。 まあ選んだ本は買ってから渡して本屋に行った時は本人の判断で選ばせるのがいいのかもしれないけど、じゃあその子が撲殺天使ドクロちゃん選んだら読ませるのかよっていう twitter.com/shi_uma16/stat…
まめ @eda_mame_Green
子供にはさ、自由に選ばせたいよね。 勿論相応しくないってのはあっても、決してそれはダメ、こっちにしなさいってのはないと思う(ノ)'ω`(ヾ)
はじめ @shinchick2
小さい頃からとりあえず好きな本読ませて自発的に本読める子に育てればいいんでないのかと思うけどねえ 本好きになったら文学だろうが何だろうがその内勝手に読みはじめる気がする
ろろ @696_loclock
お母さんの読ませたい気持ちすごくわかるけど、やり方ってもんがだな… 例えば、「お母さんはこの本が好きだから、お母さんはこの本を借りよ!○○ちゃんの本も面白ろそうだから、後でかえっこして読まない?」とか。 母親が面白そうにしていることに子どもは興味もつから

コメント

段ボールが本体 @Himade4tama 2015年11月28日
幼児僕「この本欲しい」 オトン「持ってるぞ」 少年僕「この本欲しい」 オトン「この間買ったぞ」 青年僕「この本買ったぞ」 オトン「奇遇だな俺もだ」
段ボールが本体 @Himade4tama 2015年11月28日
幼児僕「この本欲しい」 オトン「持ってるぞ」 少年僕「この本欲しい」 オトン「この間買ったぞ」 青年僕「この本買ったぞ」 オトン「奇遇だな俺もだ」
イエーガー@荒ぶる血糖値 @Jaeger75 2015年11月28日
お勧めするのはいいと思うけど取り上げるのは間違いだな、バカな親を持つと子が苦労する。
取鳥族ジャーヘッド @torijar 2015年11月28日
「選書も親の義務」とかドヤ顔で極論持ち出して反論してるのがいるけど、児童読み物コーナーって前提が読めないのか、それとも俺の知らん間にドクロちゃんが児童書として並ぶ未来がやって来たのか
seidou_system @seidou_system 2015年11月28日
狼の腹に石詰めて水に沈める話と、撲殺した後生き返らせる話と、鬼を殺して宝奪ってくる話を並べてどれが一番酷いかは結構議論の余地があると思う。
_ @ajirusiya 2015年11月28日
torijar たぶん高校生あたりまで選書するつもりなんですよ。選書より焚書になりそうですが
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2015年11月28日
子供の読みたい本と読ませたい本を一緒に買えばいいとおもうんだ
@izanamu 2015年11月28日
パパ「マンガばかり読んでないで "えらい人のはなし" でも読みなさい」
Gruner_Wind @Gruner_Wind 2015年11月28日
大人でも「本を贈る」ってのは相手の思想を縛ることに通じるんだけどな(何とかの日dis)。うちの場合、子供が小さいうちは図書館で子供が選んできたのと親が選んだ(「名作」とかじゃなく親自身の好み)のを並列してたけど、自分で本買いたい年頃になったら「予算」の範囲で好きにさせてる。
くすき @kusuki_xx 2015年11月28日
親が読む本を選定した事ってないな。そも子供が読む本に興味がなかったので、子供が選んだ本をそのままレジにもっていくだけだった。買ってもらえる事が珍しい行為ではあったけど。
九銀@半bot @kuginnya 2015年11月28日
こういう酷い親の存在は子供の一生を生まれた瞬間から棒に振る事になるのに、それでも子供は親を選べない。
チャム少佐@高雄はいいぞ @heppokoknight 2015年11月28日
確かに学校で読めって言われた本さっぱり読んでねえわ(・ω・`)読みたくて買ったファンタジー小説はその日中に読み終わるのに
洋行 @Shira_emon 2015年11月28日
Roseate_Rosy そうですね。子供の選んだ本を否定するのではなくこんな本も読んだらどうかと勧める方がはるかに良いと思います。
G.Foyle @GFoyle1 2015年11月28日
Himade4tama >幼児僕「この本欲しい」 オトン「持ってるぞ」 いや、親孝行なご子息であるなぁ~(^^
キリナ @Oft_Gefragt 2015年11月28日
torijar その極論の人想像以上にやばい感じの人でした。
タヌオバ @neconeco_tanu 2015年11月28日
ウチの3人のこどもたちは成人しても読書が好きだ。読ませたい本は、リビングの本棚にいつも置いておいた。買う本はほとんど、こどもに選ばせた。最初は漫画とかが混じっていたが、この作者が好きという言葉を聞いた時は心の中でガッツポーズだ。今でも漫画も好きだけれど、3人とも本当によく本を読む。シメシメであります。
亜麻にゆ @ama_niyu 2015年11月28日
近年よくある、所謂「まともそうな本」に最近の絵柄の挿絵がついている本は、そういう人にとって「くだらない本」なのか「楽しんで読めるように工夫された本」なのか、どちらなのだろう……後者なら独善的でも一応内容的にまともなの読ませたいだけなわけだけど、前者だと本当に上っ面しか見てないわけで。
たま @nac03056 2015年11月28日
読ませたい本があるなら、まず読書好きにして、それから選んだ本を家に並べとけばそのうち勝手に読んでくれるさ。
めりも🚄 @merimo_sjmr18 2015年11月28日
Webライターのヨッピー氏(セルフ緊縛とか)の父親は堅物教師でお笑い番組も見せてもらえなかったという 親が子をコントロールするんなんて土台無理じゃないかな 締め付けても反動で爆発するしね
クズリ @kzli1215 2015年11月28日
読んだ物語の内容が発育に影響するなら残酷・不条理・弱肉強食の三拍子揃った童話や昔話なんて絶対読ませるなって話になんなきゃおかしいんだけど、そんな話聞いたことないのはどういうわけだろうな
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2015年11月28日
『テレビでクソほど感動ポルノ溢れかえってんだからあえて感動モノ読ませんでもよくね? 』  表現物選択の自由について語りながら、同じ口で「◯◯ポルノ」などと特定の表現物「ポルノ」を貶める神経が分からん。
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2015年11月28日
「◯◯ポルノ」という表現を用いる者は、その表現物でシコっているものとみなす。
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2015年11月28日
『そんな本ダメ』と言ってもよい。まっとうな理由が示せるのであれば。
nisimura megumi @nim95 2015年11月28日
選ばせるなら却下しちゃダメだよなあ…。
nisimura megumi @nim95 2015年11月28日
そして、親としては「子供にすすめたい本」「すすめたくはない本(子供が好きで読んでるなら否定はしない)」「こちらからはすすめないけれど読んでくれたらひそかに嬉しい本」があるw
しぐれに狂詩曲 @shigure_ni 2015年11月28日
「子供は判断力無いから」って言う親、判断力なさそう。
Podoro @podoron 2015年11月28日
うちは誕生日やクリスマスなど「希望のプレゼント+親チョイスの本数冊」と言うプレゼント形式が幼い頃から基本でした。大体3,4冊だったかな?プレゼントとして贈られるので素直に嬉しく、喜んで読み漁っていた結果まんまと本の虫に。 母が白人なのですが、あれはヨーロッパ式のプレゼントの送り方だったのだろうか?
Nayuta @Nayuta_725 2015年11月28日
我が家はサンタさんのプレゼントは本って決まってたから親が読ませたい本はその時に 普段は子供が読みたいのを読めばいいじゃんってスタンスだった こういう親が選書をって親は実は本好きじゃないんだと思う 本好きならこの戦法は1番されて嫌な事だと思うの
GEN @gent9310 2015年11月28日
かなり昔、と言っても平成になってからの話だが、子供「パパ、漫画はウソしか描いてないから読んじゃダメなんだよね」父親「そうだよ。読むとバカになっちゃうんだよ」という会話をしている親子を本屋のコミックのコーナーで見たことがある。子供は小3ぐらい父親は30前後。無茶苦茶言ってるなぁ、というのと、何故ここで態々その会話を?という疑問が浮かんだ。
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2015年11月28日
子供が読みたいって言った本なんだろう おかんが本知らないからわからなかっただけで実は名作だったのではないか? そんな変な本が児童書のコーナーにあるかなあ。。
和田名久司 @sysasico1 2015年11月28日
幼少時、欲しい本と親が奨める本の二冊を買って貰ってたな。で、記憶に残っているのは親が奨めた本だったりしている(児童文学としては知る人ぞ知るという物だけど誰もが知っている名作とかではない)。だけど、熱出して伏せっていたとき、友達から(実際はその親)から借りた本、今ではタイトルも作者も定かで無い物のの方が印象が強かったりする。
ゆゆ @yuyu_news 2015年11月28日
「名作」として評価が固まっているものを、現代の感覚で見ると「これ子供に読ませていいんだろか」というくらいにえげつないこと書いてあったりするんだけどね。
アイワナ @uusshmhmba 2015年11月28日
論点はずれるけど部屋の壁一面に本が並んでる原体験は電子書籍じゃ味わえない。読ませたい本も買っておけば読書習慣ついたら止めても読むよ。うちはテレビを捨てて携帯ゲームは禁止にするかわり本は無制限に買い与えてる。
ケイ @qquq3gf9k 2015年11月28日
こどもの頃に『北斗の拳』とか『あしたのジョー』ばっか読んでたのであんまり理解できない。子供は子供で親の知らないところで好きに読んでるだろ。
たちがみ @tachigamiSama 2015年11月28日
ダメな理由が「くだらないから」と言われたら子供なりに察するだろうよ
たちがみ @tachigamiSama 2015年11月28日
それはそれとして、学校に上がるくらいの年でそれなりに読む習慣があれば親が子供に見えるところで読書していれば興味持つよ 何読んでるの、それ面白いのってな
Rick=TKN @RickTKN 2015年11月28日
母のコレクションの岩波新書愛蔵版(グリム童話とかくまのプーさんとか)を勝手に読んでさらに落書きしてた。怒られた覚えはない。裏表紙が気味悪かった「ホビットの冒険」は被害を免れた。
efoaffb @ofiejfgtf 2015年11月28日
素直に興味ある本を読ませておけば、そこから本好きになってそのうち親が読ませたい本にも手を出す可能性は高いと思う。でも最初に親が否定して押し付けたら本嫌いになって何も読まなくなっちゃうよ。
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2015年11月28日
推理小説だとクイーンやクリスティの古典より先に綾辻行人以降の新本格ミステリーを読んでしまうと、後で古典を読んでも面白さが半減するというのはあるんで、順番は大切といえますけど、強制してまで読ませる理由にはならないですねえ。
孤高の山猫藤木中務大輔凪沙 @NaGiSa_FJ 2015年11月28日
図書館で母に「有名だから」と押し付けられた「くまのプーさん」、全っ然頭に入らなかったなあ…
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2015年11月28日
こうやって子供から判断力が奪われていくのか……。こういう親に限って自分は何も本を読んでなかったりするよね。自分が好きな本とか好みなんてなにも持ってないから、どっかの推薦記事や評判だけに踊らされる。あとこういう制限を子供時代にされると大人になってからの反動も大きい。小学生時代のある学年まで漫画禁止にされてた私はそれ以後、反動でむっちゃ漫画を読むようになった。
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2015年11月28日
あと親は本さえ読ませておけば安心と思ったのだろうが、本から悪い知識を仕入れたりもしていたのだ。毒にも薬にもならないといわれるように、無害なものって基本的に楽しくないよね。
kartis56 @kartis56 2015年11月28日
くまのぷーさんとか今読んだらそれこそくだらないとしか思わないんじゃなかろうか
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年11月28日
どうせ子供は親の本棚から勝手に本を引っ張り出して読むんだから、子供に読んで欲しい本は自分が読まなくてもとりあえず購入して自分の本棚に並べておくだけでいい。
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2015年11月28日
その本もいい本なんだろうけど、子供にとっての「いい本」と言うのは読みたい本だよなぁ…。そりゃ子供がエロ本持ってきたら全力で止めなきゃならんけどさぁ。
三角頭 @JHBrennan 2015年11月28日
読書感想文のための課題図書のような本を強制するから本嫌いが増えるんだ。 本なんか雑多に家に置いておけば、自分で手に取って読む。 そのうち自分の好きなものがわかって、放っといても書店で選んで買ってくるようになる。 否定せずに、選択肢を増やす方にどうしてしてくれないんだ。 小学校の頃から求められているのが見え透いて嫌気が差して、わざと課題図書以外の本で感想文を提出していたぞ。
taka @Vietnum 2015年11月28日
美少女イラストが載ってて、主人公が努力なしに異能を発揮してハーレムでイチャイチャするラノベをもってきたら、どうすんだろみんな・・・w
neologcutter @neologcut_er 2015年11月28日
子供だけにいい本読ませようとしても無駄だって。子供は親のいう事はともかく、「親がすること」を真似するんだから。
紫苑は審神者になった @Shion19Aster 2015年11月28日
Vietnum もうちょっと大きくなってから(ラノベは中高生向きだから)の方がよくね?とは思うけど、読みたいなら好きに読めばいいと思うけどな。レーティング的にアウトじゃなければ何でも読んでいいよ。なろう系小説読んで問題が起こるとすればそりゃ親の教育力がラノベ以下だったってだけの話。
元・本屋の中の人 @moto_honya 2015年11月28日
書店員時代、小さい女の子が「買って」と持ってきた動物の絵本を母親が「ダメよそんなくだらないの!お母さんお金持ってないんだから!!」と二重のNGワードで拒否してたことがあったなぁ…。なお、その母親はその後レジにいた私の前に手にしていた7~8冊ののレディコミ誌・女性週刊誌・ファッション雑誌を平積みにして会計。複雑な心境になりましたわ…
LUFTKOPF @Luft_Kopf 2015年11月28日
この態度は本当に大事。自分の意見押しつけは悪でしかない…
masano_yutaka @masano_yutaka 2015年11月28日
元書店店員だけど、面倒な親とそれっぽそうな子供だったら「乗り物図鑑」とか「昆虫図鑑」とかを勧めてたな。 親は「図鑑」なのでOKを出す。子供は「マニアックな薀蓄が載ってる本」を喜ぶ。ので。 そういう方向が好きな子供はだいたいこの辺りがとっかかりになりそうだし。
かなぶん @kanabun54gou 2015年11月29日
Vietnum 似たようなことを子供の頃やらかした時は「それは自分のお金で買いなさい」とだけ父から言われましたね。近所に公立図書館が開館したばかりだったので、図書館に買わせるという技もあわせて吹きこまれました。
かなぶん @kanabun54gou 2015年11月29日
その時の本はまだタイトルも著者も覚えてるけれど結局買いもしなかったし借りて読みもしなかったな……。
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2015年11月29日
この親自身がこういった育て方を受けたのだろうし、この手のねじ伏せ調教が、より悪化して累代していくという事も想像に難くない。ダメと思ったらダメで、そこに理由など無く、単に自分が好かない。児ポ法の二次元転用などといった無理筋での表現規制者も、おそらくはこういったヒステリー持ちなのだろう。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年11月29日
「10歳までに読みたい名作」は何か知らないけど、学研出版サイト「10歳までに読みたい世界名作」はちょっと読みたくなりました。(リンクは長いから略)
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年11月29日
「美少女イラストが載ってて、主人公が努力なしに異能を発揮してハーレムでイチャイチャする」という話なら…「オズの魔法使い」かな? ていうか、「10歳までに読みたい世界名作」の表紙のラノベ度高いです。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2015年11月29日
大人は子供に本を勧める前に「図書館の主」を読め。
あくたわ @hrrdn4824 2015年11月29日
今だったら萌え絵の児童書に馴らされた子供が表紙だけおとなしいロリコン漫画に手を出してしまうこともありそう
シーライオン+@浮上 @sealion0313 2015年11月29日
C_Kozakura 「一般的に子供が読んだらやばいとされる本」ばかりが親の本棚に詰め込まれている家庭はどうすればwww うちの子も高学年になるころには自分の書棚より親の書庫に興味しんしんでしたねそういえば。
ナイアル @nyal013 2015年11月29日
小学生時代に講談社文庫の古典落語とか買って読んでたが、特に何も言われなかったなあ。「郭物とかあるのにいいんですか?」と店員の方が引いてた記憶
KIMATA RobertHisasi @robert_KIMATA 2015年11月29日
教育方針に基づき親が選書するのはありだけど、なら子供を本屋に連れて行ったら駄目だよなあ、などと。たまたま親の選書と子の好みが合えばいいけれど、そうでなければ子にとっては「本当に読みたかった訳ではない本」が手元に残ることに
春川柳絮@日曜日 東-ム19b @ryo_jo 2015年11月29日
児童書の「○○才向け」ってのも実は厄介で、子供が表紙見て「これ欲しい」って言っても「○○才向けだからまだ早いよ、別のにしよう?」って言う親も多くて。あれは「プレゼントする時の目安」であって絶対的な基準じゃないし、自分で欲しくて買って貰ったら読めなくても勉強して読もうとするんですけどね。
佐倉恭介 @Cis_4ce 2015年11月29日
「漫画は馬鹿が読む物」と言って父親が貶し続けた結果,漫画どころか一切読書しなくなった今の私。
人形使い @doll_player 2015年11月29日
父の本棚から自分が買ったのと同じ本を見つけたりすると笑える
まっクロゴ@ボヨヨンぐっどすぴぃど @logo8804 2015年11月29日
「くだる」だの「くだらない」だのは他人が決める事じゃないんだよな。
ビールクズ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2015年11月29日
まぁ、数年後ぐらいにそのツケを思いっきりうけてくださいとしか。
京都ねこ@本クレクレ @nekodaisukimyaw 2015年11月29日
まとめの例もだけど、中学生、高校生向けの図書紹介は素朴に過ぎる本が多いのが気になってる。もっとヘロドトスとかシュテファン・ツヴァイクとか歴史上の名著に直接当たらせたほうがいいねんで。「これからの君たちへ」みたいな薄っぺらい人生論よりきちっとした古典を読ませて様々な生きざまを知ってもらう方がいい。あと感動押し付け志向が多いね。古典読書で最も得られるもの、それは人間洞察から来るユーモアです。
bell @FfamranBunansa 2015年11月29日
幼児の頃は図鑑ばっか買ってきてくれてたかなぁ。小学校に上がってからは、ママン「ほれ(小公子)」オイラ「読み終わった」「じゃあ次(母をたずねて)」「読み終わった」「じゃあ次」ってのが続いて、ママン「本好きなの選んでいいよ」オイラ「じゃあトム・ソーヤーの冒険」。今思えば完全に誘導されてる。
Masaaki Katori @masa_shimofusa 2015年11月29日
子供の読みたいと思う本を否定してこの本読めと言う親に限って、親に読書習慣が全く無いのが多いんじゃ?上っ面だけ良くしようとしてもコレは無理なんじゃない?
ささみー @sasami0709 2015年11月29日
本は毎月一冊、親が買ってプレゼントしてくれてた。 だから、一緒に本屋に行く機会自体少なかったし、行った時には割と好きな本を買ってもらえてたなあ しかして、承認欲求を子供に強要するのは如何なものかと思います。
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2015年11月29日
親戚の家から来た絵本よりちょっと文字の多い全集読破したら、いきなり少年少女世界の文学全集全巻買われた。個別の本を買うために本屋に行くという習慣が全くなかった親なりの心遣いだったんだろうなぁ…ほとんど読まなかったけど。
minkkanjinno @minkkanjinno1 2015年11月29日
「俺の知らん間にドクロちゃんが児童書として並ぶ未来がやって来たのか」実はハルヒならもう並んでる。
minkkanjinno @minkkanjinno1 2015年11月29日
まあそれより「この本にしなさい」とかいって「光車よ、まわれ」を押しつけてトラウマを植え付けるのが親の仕事だよね。
野洲 @say_3a 2015年11月29日
なんか自分の価値観で卑下可能の本を敢えて持ち出して「子供がこれを持ってきたらどうするんだ」と混ぜっ返す人が一定数いるようだけど、我が家に限ってなら金があるなら別に構わないけどな。撲殺天使ドクロちゃんだろうがハーレムラノベだろうが。小学校低学年の子供と一緒にダンまちも見たし「アカメが斬る!」も「おそ松さん」も見てるがそれが何か? そん代わり何歳になっても「アンパンマン」が好きな事を、同級生にからかわれても俺は「好きなものは好きでいい」と言ってるがの。
野洲 @say_3a 2015年11月29日
それにしても、「にほんごであそぼ」を観て育っている今の小学校世代に比べたら、今ネットに書き込みできる世代がそこまで古典の下地ができているとも思えないのだけどなあ。幼稚園・保育所の時から中也や朔太郎の詩が耳に馴染んでいる世代だぞ。親の目からしても恐ろしい。中也の「サーカス」や「一つメルヘン」、三好達也の「大阿蘇」が好きとか、6歳が普通に言うんだから。
ありよし/コアロン @TnrSoft 2015年11月29日
ドクロちゃんを持って来たら、「おかゆ先生の作品だったら、まずこちらを読みなさい」と「TRPGしたいだけなのにっ!」を勧めるTRPGクラスタであった
取鳥族ジャーヘッド @torijar 2015年11月29日
こう言う時(ネタで)童話昔話系の中でもバトルもの、血まみれ系が取りざたされやすいが、一番やばいのは「あーおれも機会があればすげえ頑張るのになー」とか言ってるヒキニートが親の脛が限界だと伝えられるや否や相手方の親を詐欺にかけて本人の意思と関係なく長者の娘をこました『三年寝太郎』ではなかろうか
BIRD @BIRD_448 2015年11月29日
「角川つばさ文庫」は「三毛猫ホームズ」や「空想科学読本」を小学校向け推奨にしてるんだよな。マジ意味わからん。
IJN @JapanNavy_Blue 2015年11月29日
masano_yutaka 確かにそのパターンで学研の図鑑とにかく買ってもらってたなあ。そのせいか知らんが「本は読むが文芸にゃまるで興味なし」というヲタ的資質が培養されたが
ざおーが @zaooga 2015年11月29日
Himade4tama それうちも一緒だわ、自分はオトンの立場、子供との距離が近くなって楽しい、たまにラノベ音読の刑とか言って遊ぶ(鬼)
玄米 @genmaicha1000ml 2015年11月29日
子供の頃、読みたかった本なんて「絵が多くて面白そう」だけでしか選んでなかったような。それでこそゾロリとか。でも親としては「絵」を見て欲しいのではなく「文章」を読んで欲しいから、絵だらけの本は「くだらない」ものと判断して却下するんだろうね。
文フリ東京タ-7【暮亭】壱岐津 礼@お茶菓子!!魁 @ochagashidouzo 2015年11月29日
なんていうか、物心ついた時から家ん中いっぱいに本が溢れてたから、選んでもらう・自分で選ぶ手間すらかけたこと無い私にはようわからん話であったわ。
玄米 @genmaicha1000ml 2015年11月29日
最初は絵しか見なくても、徐々に文章も読むようになって、その内容を「面白い」と認識すれば子供なんて基本的に好奇心旺盛な生き物なんだから、何も言わなくても勝手に読む本もステップアップしていくのにねぇ。親がバカだと苦労しますな。
いろもく @iromoku 2015年11月29日
こういうのも一種の毒親なのかな…
ぺんじろう @yasushiito 2015年11月29日
快傑ゾロリは図書館から借りてきたな。くだらないとは思わないが、さすがにアレを本棚に占拠されるのは辛い。
ぺんじろう @yasushiito 2015年11月29日
両方与えればえーやん。とは思うものの、こういう人は与えたくないから取り上げるという思考回路なので、聞かないだろうな。いくらガードしても、友達やら学校から侵入してくるものなんだけど。
たか橋 @taka_hashy 2015年11月29日
○○な本は禁止 以前に本を含むすべての贅沢品を買ってもらえなかった俺に死角はなかった
雅瑠璃@3代目のメリッサ @Mabel_Wells 2015年11月29日
うちは子供のころ図書館に連れて行かれたあと放置されて(言い方悪いけど)、そこで自分で本探ししていたから、かなり恵まれていたよなぁ。借りる本に注文なんかつけられた覚えはないし。
野洲 @say_3a 2015年11月29日
おなじまとめ主さんが作成した「とある婚活パーティーに行く→」とかいうまとめを見ると、このまとめ主さん、「使わせてもらいました」を報告しない人だったか。となると人の親を云々言えるような話でもなさそうだなあ。
雅瑠璃@3代目のメリッサ @Mabel_Wells 2015年11月29日
ちなみに、子供向け推理小説⇒普通の推理小説⇒ラノベと進化していきました。
ふうりゅう @nico_japonesque 2015年11月29日
子供のためにハガレンとフルバを保存しているのは間違いなのだろうか。あとは哲学書と絵本ぐらいしかない。色々買った自己啓発本や流行作家は断捨離の際にボッシュート。
雅瑠璃@3代目のメリッサ @Mabel_Wells 2015年11月29日
漫画や図鑑も好きに読ませてくれたし、それがかなり好奇心と知識欲を育てたのは間違いない。今にして思うとほんと恵まれていたわね。
猟兵のアルファくん@ルチル @rutile24 2015年11月29日
母曰く「本についてだけは文句言わなかったし、何でも買ってあげた」。おかげさまで、読む分野は偏ってるものの、その気になれば何でも読めるし、知らないものを調べるってことも覚えたし、何とか図書館司書としてもやっていけてる。
アブラハム @Abhraham 2015年11月29日
say_3a ネット上に公開された情報を引用していると考えれば大して問題はないかな?とも思いますね。
こぎつね @KogituneJPN 2015年11月29日
moto_honya 本当の毒親は子供のためのお金で自分の物を買う。図書館なら家族のカードを使って自分の本を借りる(実話)
こぎつね @KogituneJPN 2015年11月29日
私は児童コーナーに連れて行かれなかったので一般コーナーで本を選んでいました。しょせんは選書力が無い子供、なんで図書館に置いてあるのかわからないようなトンデモ本によくひっかかっておりました。早い段階で世の中には活字でもダメな本があると学ぶ事ができたのは良かったと思います
こぎつね @KogituneJPN 2015年11月29日
そういう事を繰り返していたのですが、図書館から「子供に自分の読む本をかりさせてるでしょう!」お叱りの電話がかかってきたというオチが付くのでした。同行者の普段の行いが悪いからだと思います
mikunitmr @mikunitmr 2015年11月29日
そんなくだらない親よりこっちの親にしなさい!!
ぱいろ🔲@バイク直った @Pyro_VR 2015年11月29日
文学気取っとればバレへんやろと思って谷崎潤一郎とか大江健三郎とか読みふけって悶々してたことがある。子供のもんに興味持ってくれる親だったせいで、バレたけど。
夢幻の廃墟@偽物のぼっち @kittekitte1 2015年11月29日
小学生の時はゾロリしか読んでなかったのに中学生になると一九八四年とか自由論とか夏への扉とか読み始めた僕からしてみれば、一般に名作と言われている物を嫌う子供も多いだろうから、好きな物を買い与えて下地を作っておくのが読書好きへの第一歩だと思う。
よったり(お鼻がワサビ) @yottari 2015年11月29日
小学2年生の頃、母親から「マナー」の本を贈られた。マンガ形式の本だったのでそんなに押し付けがましいものではなかったし、その本のお陰で今でも何とか社会に出られてます…。母、感謝。
氷室柾貴 @straylight 2015年11月29日
私の場合は服だな・・・。それでお洒落することが嫌いになった
まっくろなねこ @blackcat009 2015年11月29日
これ、小学校1,2年性の話なら、まぁほぼまとめやらコメやらに同意だけど、これを6年性の子がやってたら親の擁護に回るよ? 「5,6年生までにゾロリやら何やら読んでない子だっているから、云々」というなら、本を選ぶどうのこうの以前に、今までどんな読書体験させてきとったんやと、もう一段前の根本を問う
drredfusion @drredfusion 2015年11月29日
児童書のコーナーの本であれば、なんだろうと問題はないとおもうけどねぁ。ただ、悪い奴だったら殺しても良しみたいな本がおおいが気がしますが。個人的には躾がなってないというかよく読み散らかした後を見かけるのが気になるけど・・・。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2015年11月29日
自分が子供の頃は、図書館で何を借りても何も言われなかったし、父の書斎で百科事典、図鑑や岩波文庫などを読み散らかしては怒られたが「これを読め、これ読むな」みたいな事は一切無かった。  おかげですっかり読書好きに。  考えて見れば両親とも読書は好きだから本好きの心理みたいなものを心得ていたのが私にとっては幸運だったのかもしれない。  「こどものための偉人伝」とか「子供に読ませたい○○」とかは両親が率先して「いやそうじゃないだろ」と軽んじてた感もある。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年11月29日
なおこの話は、こんな親がいる・いないの真偽ではなく、「こんな親がいたらどうする?」という視点でのコメントになります。
tenpurasoba @tenpurasoba4 2015年11月29日
子供って、「子供のための~」って名前についているものは正直言ってあまり好きじゃないからね。
あわじまさき @hijmsawaji 2015年11月29日
読書感想文推薦図書の面白くなさはお前ら児童を読書嫌いにしたいのってレベルだったな。
玄米 @genmaicha1000ml 2015年11月29日
え、小学6年生だって大人だって児童書読んだっていいと思うんですが…。授業や課題でもないかぎり本人が読みたいものを読みゃいいし、親がしていいのは「この本どう?」と"オススメ"するまでで、押し付けるのは教育じゃないよ。
Podoro @podoron 2015年11月29日
高名な通訳者で作家の米原万里さんの「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」によると、プラハのソビエト学校の子供達は世界名作古典文学の類の本をむさぼる様に読んでいたそうです。なぜなら古典文学は大人達が許可しむしろ推奨する本でありながら、そこには性に関する事柄が生々しく描写されていたから。大人達が推奨する古典文学を性の知識に飢えていた子供達はエロ描写読みたさに読み漁っていたと真実。 親の選書って何でしょうね?
灰色と名乗る事実上の形式不明武装多脚砲台 @haiiro8116 2015年11月29日
ドリトル先生とかと一緒に、北杜夫のさびしい王様読んでた
チャンロビ @yamaguchijirou 2015年11月29日
「味いちもんめ」で幼い子供の情操教育に、寺や城にばかり連れて行ってた親が、結局は子供の興味嗜好を優先して遊園地に連れて行ってあげるようになる話を思い出した
謎の男 パーマン @nonenoname01 2015年11月29日
「読んだら売って次の本買え、この世にある本を生きてるうちに全部読める事はないから」という、うちの親は珍しい分類なんだろうな。
まる @hikuuri 2015年11月29日
大人でも時期によって読みたいジャンルは変わるので、なるべく子供が読みたいと思った本はその時に読んでほしい。 大人が読ませたい本は親の本棚に用意しとけばいい。本が好きでお話に飢えてる子ならたぶん勝手に手を伸ばすよ(親の本棚を子に開放するかどうかはあるけれど)。 根本的に読書が嫌いな子は本以外からも学ぶ手段を見つけるのもいいと思う。興味を持った本を読めば最低限OKということで。
虎荒狗狼 @koalaclaw 2015年11月29日
おさがりの古書だろうが書店の新刊だろうが、目の前にある本に親が「これ駄目」とさえ言わなければいい。これは図書館でも同じことだね。子供自身は最初に好みの本を選べなくとも、手元にある蔵書(無料レンタルも含まれるわけだ)でなんとか知識欲を満たして行くものだから。次の段階で「新知識を望んだ時に本を買うお金の存在」にも気付く。「野草図鑑」やら「路傍の石」やら「ガリバー旅行記」やらが混在する本棚を前に幼少期を過ごし、好きなように読ませてもらえた身としてはそう思う。
森田優 @softtamori3 2015年11月29日
家に子供用の本が壁一面用意されていたけど昆虫と植物の図鑑しか記憶に残ってない。どんなに嫌な顔されてもゲームと漫画が楽しかったし、あの頃読む・ゲームしておいて良かったと思う。共通の話題ができたから。 親が読書好きでないなら子どもにいくら勧めても無理。子どもは親がファッション誌と週刊女性しか読んでないとか見てますから。
京都ねこ@本クレクレ @nekodaisukimyaw 2015年11月29日
そういえばアメリカかどっかの調査で、親が数百冊以上蔵書持っている場合は子供の学歴もそれだけ高い場合が多かったな。まあ経済的な面もあるんだろうけど…
なちゃ @nachakey 2015年11月29日
やっぱりこの親自身が本読まない親のような気がするなあなんとなく。
天明 @temmei 2015年11月29日
iromoku この例がそうかはこれだけじゃ判断できないけど、このような手段で子供をいたぶる事に喜びを覚えるゴミ親は一定数確実に存在するよ。小学校の教員に多い。学校での万能感を家庭でも発揮したいみたい。
トラ猫 @lugduname 2015年11月29日
強制はされなかったけど、そういえば子供向けの本はねだらなくてもたくさん買ってもらえたな おかげで本を切らすと死ぬ病気に罹って一生治らない 感謝してる
トラ猫 @lugduname 2015年11月29日
さすがにウイルス学の本は買ってもらえなかったが(値段がスゴイから)
京都ねこ@本クレクレ @nekodaisukimyaw 2015年11月29日
親の背中を見て子は育つ? ”親の蔵書を見て子(の知能)は育つ”
minkkanjinno @minkkanjinno1 2015年11月29日
「つれたつれた」を読んでおけば将来2ちゃんねらーやツイッタラーになったときに役に立つよ!
KITI @KITI_TW 2015年11月29日
子どもの頃、親が本を買ってあげるというので喜んでいたが欲しいのは拒否され、これにしなさいと言われたのが「大きな一年生と小さな二年生」だった。強制に不満だったこともあって、内容はさっぱり憶えていない。・・・いまググったら、アニメ化されててびっくり。作者は古田足日先生。おお、「おしいれのぼうけん」の。去年亡くなられたばかり。強制でなく自分から進んで読めていれば、見方も違っていたのではないか?
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2015年11月29日
本だの勉強だのを嫌いになる典型的パターンだなこれ
なぎの あやた @ayatan_nagi 2015年11月30日
自分で本選びできる前にすでに洗脳は始まっていますよねうふふふ(姪っ子相手に英才教育画策中)(ゾロリが悪いとは言わないが自力で選ぶときはもっとアーティスティックな選書が出来る子になって欲しいので!)。
undo(長寿と繁栄) @tolucky774 2015年11月30日
うちは「また変な本読んでw」とは言われたが否定はされなかったのでそこはありがたかった。これはたぶん親が本が好きじゃない人。好きになったら名作でもなんでも勝手に読むのにな。あと読ませる本をコントロールしたいなら子供に本を選ばせてから否定してバキバキに心を折るのはやめようよ
風間翔 @kazamashow 2015年11月30日
自分『おとーさん、このうさぎちゃん、かわいー!このほん、ほしー(『白いうさぎと黒いうさぎ』持ってきて)』 父『こっちは可愛い動物もっといっぱいいるぞ!(図鑑持ってきて笑顔)』 自分『ほんと!?じゃ、そっちするー!』 とやってくれた父のおかげで立派な動物オタクになった自分。 親が選ぶにしても誘導の仕方は大事だと思う。子供の興味を頭ごなしに否定するのは論外だろう。
和田名久司 @sysasico1 2015年11月30日
kazamashow 従兄弟が小学○年生を買って貰っていた。自分も買ってくれと頼んだら(親は原則漫画は買わないが、サザエさんだけは既に家にあった)月1冊、科学系の学習まんが買ってきてくれる様に成った。当初のコレジャナイ感は凄まじかったが御蔭で立派な好事家系オタクに成長した。歴史系学習まんがを買うときは、交互に1冊は自分の小遣いでもう1冊は金を出してくれる事になったが、結局殆ど代金をだして貰っていたように思う。
黒単スーサイドは悪意の狼面 @suusaido 2015年11月30日
何も言われたことないなぁ 本買いすぎと言われたことはあるけど
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake 2015年11月30日
Vietnum 問題ないですよ。おかげでダンテも本居もシェイクスピアも読む立派な大人になりました。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake 2015年11月30日
私の場合、本から引っぺがすのが大変な子どもだったから、図書館から借りた本を早く読みすぎると言われたことはあるなあ。でもたくさん読むことで人生勝ち抜いてきたから私の勝ち。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake 2015年11月30日
でも本を出す立場になって思うのは、いつも図書館から同じ本を借りてくるようなら、それ買ってあげて欲しいわ。
Mitchara @Mitchara 2015年11月30日
本屋で見てると、けっこう値段が安い方を選ばせようとする親(特にお母さん)が多いのですよね。こっちのほうが500円安いしほらこれの方が面白そうでしょ、みたいな。なんだかな。
ナカイサヤカ@えるかふぇ @sayakatake 2015年11月30日
節約節約で結構財産を築いた両親に一番感謝しているのはお金を残してくれたことより(もちろんそれにも感謝なんだけど)本は何でも買ってあげる。高いの安いの言わないと宣言してくれたこと。(アイスとプリンとどっちが安いかと考え込んじゃう子どもだったからだと思うんだけど)
みどりのFields@新学期 @fields81113 2015年11月30日
子供に見せたい番組にいつも世界一受けたい授業がランクインしてて、見せたくない番組にいつもクレヨンしんちゃんがノミネートされてるのと見事に同じ構図だったことに、この親は子供が見たい番組も見せてあげないんだろうなぁという気がした。
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2015年11月30日
保護者=所有者たる親、ではないぞ。分からんのが多過ぎる!
すぴかあさん(アナスタシア) @supika_24 2015年11月30日
うちの親はまさにこの、自分がいいと思うもの以外は否定しまくるタイプだったな。でもなんか最近、子供に素敵な本を渡したいと思う人の中には、ここまで否定をハッキリ口には出さないけど自分が認めるもの以外をナチュラルに無自覚に見下していて、じわじわ洗脳するタイプもいるらしいとわかって、それはそれで怖いなぁと思ってるわけです。
アの鐘を鳴らすのは貴方 @dummymarket 2015年11月30日
「結局、親に読書週間がなかった」の一言に尽きるわな。読書とは娯楽ではなく勉強である…、という思いが親にあるから、好きな本を選ぶことが、まるで簡単なドリルばかり選ぶような横着に感じられたんだろうね。
アの鐘を鳴らすのは貴方 @dummymarket 2015年11月30日
本を愛するのは悪いことではないけど、それを誇示するのにゲームや漫画を貶めるような人間を、私はまとめ冒頭の母親以上に軽蔑する。
しろがねさん @whitebellsweet 2015年11月30日
プーさんがさらっとディスられてるけど、あれはあれできちんと原作読めば深いんだよ。しかも英語としては難度高めという(´・ω・`)
ひなたろ @pitakon1 2015年12月1日
図鑑でも小説でも漫画でもゲームでも興味のままに楽しませたほうが知識の吸収は早いよ。自然と学校で習ったことの予習復習になっていることもあるし。歴史物は作品によっては「まじかよ頼朝最低だな!」とかなるのでフォローは必要かもしれないけど。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2015年12月1日
こう云う親を"意見愚親"と呼ぼう。一言居士ならいざ知らず。#意見愚親
アブラハム @Abhraham 2015年12月1日
[c2324674] 僕の場合ときに千人規模だったりするのでむしろ気にしなくなりましたねw(何の参考にもならずすみません…当人の都合が悪くならない限り大丈夫だと思ってます)
アブラハム @Abhraham 2015年12月1日
Abhraham ちなみに僕の場合は当事者から意見要望があればすぐ対処するつもりでやってます。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2015年12月1日
say_3a Abhraham siu_long 余りにも大量の人の呟きをまとめに使ったので、返すに返せない事もあります。うちなんかそうですし。百人二百人分のを返したくてもシステムも拒否するし…。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2015年12月1日
Abhraham うちもそうですね。おかげで色々な方から誤解されている気もしますが。
online_cheker @online_checker 2015年12月1日
経験談を申し上げると、子どもが本を読みたいと思う、のではなく、本が子どもを引き込もうとするのです。本の吸引力に抗する訓練も大切ですが、吸引力に身を委ねさせる対応の方が、子と親御さん双方にとってストレスが少ないです。冊数をこなせば、本の吸引力に負けない抗力(と黒歴史な読書歴)も自然と身に付きます。
ansakara @ansakara 2015年12月1日
自分も読むつもりで世界名作全集も買ってゾロリも買ってあげるで正解でしょこの場合、つまりそれができない懐事情だとか、本好きにさせる好機!と思えない、ゾロリに飽きた時に名作全集に誘導しようという狡猾さのない保護者の頭の残念さが問題だよなぁと思った。環境も才能とはよく言ったもんだなぁと
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2015年12月1日
ばあちゃん、子供の頃「宇宙からの物体X」を買ってくれてありがとう。おかげでこの有様です。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2015年12月1日
おじさん、家に仙人部落とか小説宝石とか残して行ってくれてありがとう。おかげでこの有様です。
安らかなる眠り(獏) @willow_flow 2015年12月1日
こうやって本嫌いが出来るんだろうな…… 本好きとしても書店員としても悲しい
双馬 凜 @rin_souma 2015年12月1日
小学生の頃からコバルト文庫とか読んでた俺は恵まれてたんだなぁ そして今もラノベ読んでる、あれ俺成長してないんじゃね?
朝宮ひとみ @HitomiDaisybell 2015年12月1日
(・ω・)『良い(役に立つ)』本を選びたがる親には子どもさんをみて気にしていた図鑑を勧めるのが楽だったのう。 (#・ω・)絵本コーナーで「高ッ」って文句だけ言って、子に500円握らせてジャンプコミックスで済ませる親を累計10+?人みてきた身としては、上の人のように、悪い事をしようとしたときだけ止めるくらいで好きな本を好きなだけ読ませてあげたいのう。
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2015年12月1日
とりあえず星進一あたりは子どもの目に付くところに積んでおけば、何かのきっかけで開いてド嵌まりするよ(実体験) 自分から吸い寄せられていったものを手に取る経験ってのはかなり大切で、中身が高尚であろうと低俗であろうと、感覚的に取捨選択をする能力を養うことができる。これを制限してしまうと、良し悪しや好き嫌いで選ぶ能力が身に付かず、他人の提示がなければ何も手に取れなくなってしまう。独自の価値感なくして個性は成り立たない。制限かけるのはダメ、絶対。
朝宮ひとみ @HitomiDaisybell 2015年12月1日
(・ω・)いっそ、児童サービス論(司書コースとか図書館学やるとあるよ)を家庭科の授業にぶっこみたいとおもってしまった。(ノンフィクションばっかで文学を読まなかったので高校でラノベを進められてからむさぼるようにファンタジーやSF方面の沼に飛び込んだのでサービス論のテキストはナルニアとか有名絵本とか読むガイドになってくれたのだ。)
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2015年12月1日
ただし身の丈に合わない出費を伴うもの(ソシャゲ重課金とか)はしっかり歯止めを利かせる必要がある。まあ、その辺はお小遣いや購入の条件(お手伝いしたらとか、宿題を早く済ませたらとか)を紐付けて、「買ってもいいけど、やることはやる」という認識を培っていけばいいわけで。「みんなが持ってる」「○○が選んだから」以外の理由で自発的に選べる子に育ってくれるのが一番じゃないかなぁと個人的には思う。
hamp@横浜山中 @32hamp 2015年12月1日
本好きがいつか名作にあたることはあっても、本を読む習慣の薄い奴が名作だけ読むなんて事はあり得ない。 本好きは読むモノが無いと死にそうになるんだ。それが例え、胡散臭いベストセラーだろうが、親が強引に勧めたつまんなそうな名作だろうが、読むモノが無くなったら読むんだ!
独壇場B-T @dokudanjobt 2015年12月1日
うちは両親とも活字中毒だったので、本を買う時に全く否定されなかったのは恵まれていたんだな…。母と図書館に行ったら、私は母の借りてきた本も読んだし、母も私の借りてきた児童文学を読んでいて、お互い感想を言ったりしてた。お互いが楽しく好きな本を読めるのが一番いいのになあ。このお母さん本好きじゃないのかな…
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2015年12月1日
図書館で好きな本を読んでいい、っていうほうがよかったね 無料だし。 ぴっぴくらいなら余裕である。。 ラノベに金払うのが嫌だったのかも。 しかしそもそも買って本を読ませる、ってこと自体に限界があるよね。。
本のしおり@前途洋々 @Hicetubique0ham 2015年12月1日
うちの母親はマンガでも推理小説でもジャンルにこだわらず予算内でお金を出して買ってくれていたので、私は月4、5冊は本を買う習慣が出来てますし、アカウント名がこんなになっちゃいました。では母はどんな本を買うのかと言うと全く読まないんですよね。まあ、親が本読みなら好きな本を読ませてくれる可能性は高いくらいが言えるギリギリのラインなのではないでしょうか。
シンダーハンネス @karasukame 2015年12月1日
小学校の時にはドリトル先生と同時にトリフィド時代や火星のプリンセスも読んでいた。学校図書館に子供向けSFが並んでいたおかげかもしれない。
ばく @bakuyo 2015年12月1日
別のコーナーからクソ難解そうな哲学の本とか持ってきたら「ちょっと待って?」ってなるけど児童向けなら基本読めるものが置いてあるだろうからなあ。かわいそうに。
朝宮ひとみ @HitomiDaisybell 2015年12月1日
32hamp (・ω・)。oこじらせると某ローリング氏のように、本がなければ活字なら何でも読まないと禁断症状が出る人になってしまうのだ…(昔そのレベルでした。インフルエンザで寝てたりして何日か活字を読まないでいると手が震えてきてしまうのです)     *世の人全てにそのレベルを勧めるわけではないです
藤堂進 @sstodo 2015年12月1日
そうなんだよ。子供の感性は、例え親でも想像の範疇を超えるほどに豊かで、うちの娘は「この本読んで」と持ってきたのが垂直離着陸戦闘機の本だったから。
もうだめぽ @moudamepo150701 2015年12月1日
言ってることはその通りで何の異論もない。ただ、あまりにも自分の好きな本ばっか読むと偏っちゃうってのも事実。おいらは、小学二年のころから子供向けのホームズやルパンを読み始めそこから家にあった横溝正史など大人向け推理小説に移行しそのまま大人になってしまったため、漱石などいわゆる古典文学を全く読まずにきてしまった。それはそれで問題だよw
🚮 @recyclebin5385 2015年12月2日
親が無理やりためになる本を読ませたことで、読書の楽しみやら何やらと引き換えに高学歴→高給取りになって経済的に恵まれた一生を送れるのなら、それはそれでひとつの幸せかもしれない
アルテナ @altena_wktk 2015年12月2日
両方買うのが正しいと思う
angel as ㌵㌤の猫 @angel_p_57 2015年12月2日
借りてきてた絵本に色々ケチつけられた話を思い出してアレ
うまみもんざ @umamimonza 2015年12月2日
ちょっと児童書コーナーに「戦艦武蔵の最期」(朝日選書)並べて児童にトラウマ植え付けてくる
ものだね@ゼロとアンユニ @dramocon_bot 2015年12月2日
家にある本を押し付けられたことを思い出した…。子守唄代わりに読んで聞かされた本は今でも好きだけど、押し付けられた本は未だに読みたいとは思えないなあ
灰色 @haiiro081 2015年12月2日
子供の時は親の薦めに素直に従うべきだと思うけどねー。大きくなったらどんなものでも読めるし、ゾロリぐらいなら小学校の図書室に普通においてある。
56号 @56gojp 2015年12月2日
子どもの教育方針なんて親が勝手にすればいいじゃん。なんの責任も無い書店員が口出すようなことじゃないよ。読みたい本があるなら親に隠れて読めばいいだけだろ。
mkr @Hurusinbun 2015年12月2日
子供に読ませたい本をお勧めするのはいいと思うよ。子供が読みたい本をけなしたりするのは嫌だね。
広瀬みつこ @hiroya0626 2015年12月2日
「漫画やラノベ等をよく読む子は、他のジャンルの本も数多く読む読書家になる」って、よく言われているのにね。
hamp@横浜山中 @32hamp 2015年12月3日
umamimonza 混ざってる、混ざってるw 吉村昭なのか、吉田満なのかw
おくしもろん @oxymoron_hy 2015年12月3日
他の方も言ってるけど、たぶんこのお母さん自身に楽しい読書経験があんまりないんだろうなあ 親が読書家、オタクで家にたくさん本や漫画が置いてある子は自然と本が好きになることが多いけど… こういう家庭のお子さんが思う奔放な読書欲を満たすためにも、やっぱり学校や地域の図書室・図書館は大事だ
ナスカ-U-KWS-92/日-U12(春ゲムマ) @Chiether 2015年12月3日
コメントで「サンジョルディの日」がdisられてて。(´・ω・`)となった。 なるほど。そう捉える人もいるのか。
まっくろなねこ @blackcat009 2015年12月4日
「読みたいものを読ませりゃいい」って意見はわかるけど、そら「ゾロリ」を小学校低学年で、ってことならな。もしこの子が小学校高学年で「ゾロリ」を好んで読むってことならば、それまで読んだことがなかったって事の裏返し。今まで何も読ませてない、読書習慣のないことの現れやん。もし読書習慣が付いてて、それでなお高学年で「ゾロリ」読みたい、言うなら「待てや」言うで。「わざわざ買う本が今更ゾロリかよ。図書室で散々借りて読んどったやろ? いーかげん「長くつ下のピッピ」くらい読んどき」にならんか?
和田名久司 @sysasico1 2015年12月4日
fields81113 子供に見せたい番組の一位がプロジェクトXだったとき、クレヨンしんちゃんも見せたいベストテン10に入っていたような。ちょうど「オトナ帝国」や「戦国武将」が話題になっていたときだったからなあ。
くく @rec111no 2015年12月4日
親も色々だけど子も色々だからなあ。 一度読ませて良いものを良いとわかる賢い子もいれば、売るために刺激的にしただけの本に夢中になって色々疎かになる子もいるし。 好きなようにやらせたらやらせたで後で責任持てって言われるんだろうしね。どっちも大変だわこのご時世
かえでこ @KaedekoSakura 2015年12月4日
本を好きになるのに手っ取り早いのは、低俗であることなんだよな。自分から能動的に「読みたい」と思うことが大事で、他は二の次よ。ただ、「本を好きになる」=「健全な人間を育む」ことではないから、これも「正解」ではないよね。まぁ、子育てに正解があるのか?って話にもつながるけれど。
YN,RedQueen @yn_redqueen 2015年12月4日
「好きに選んでいいよ」→「そんな下らない本はダメ」のコンボの繰り返して、子供は親子間の絶対的なのパワー格差と人間関係の不条理を学ぶのだ!…って本関係なくなってるぞ
超icbm @ssicbm 2015年12月4日
ぼかあ、小学生のころから星進一読んでたよ、セックスセックス言ってるネタもあるのに。
賄いニラ玉 @niratamask 2015年12月4日
読書嫌いな人間に育てたいということなのだろう? 何も間違ってはいないではないか
FFR31 @FFR31 2015年12月5日
親が子供に与えようとするのが「名作」 親が子供から取り上げようとするのが「傑作」
Chief Buster @chief_buster 2015年12月5日
こうやって読書嫌いが育つのか。いわゆる理系だって(だからこそ?)読書力は必要なんだが。そういう私も親からマンガを無条件に禁止されていた為に、いまの有り様だよ。まさか50近くもなってまで読んでいるとは思わなかったw
きなこダイバー@PokeGO/7169 4557 8008 @ironleager 2015年12月6日
「”判断力のない子供”に選書してあげる」ていうのは、何より自分の子供をdisってるのに気づかないのか…
朝宮ひとみ @HitomiDaisybell 2015年12月10日
moudamepo150701 (・ω・)今時は古典文学みんな読んでる人は大人でも少ないと思いますよ(そう信じたいくらい偏っている人)  むしろ途中まで小説は古典からラノベまでまったく読まなかったので読むようになってからずっと後悔しっぱなし
ヨコヤマ(横山哲也) @yokoyamat 2015年12月18日
「長くつ下のピッピ」もいい本ですけど、欲しい本の代用で与えられて、ちゃんと読むかなあ。 読んで欲しいですね。そうしたら、大人のいうことは別に聞かなくてもいいって分かるはず。 ところで、そもそも、お母さん、ピッピがどんな話か知ってたんだろうか。
@door06764388 2016年3月12日
昔のまとめだけどコメント残すわ。自分で選んだものを否定されるのは辛いだろうし、自分が良いと思うものを自分自身で選ぶっていうのはとても大切なことだと思う。どうせ成長したら教科書参考書ばかり見る羽目になるんだから小さい頃くらい好きに読ませてあげればいいのに。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする