Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「指示待ち人間製造機」としての孔明

吉川英治の「三國志」の記述では、孔明は歴史上最高の知性を備える人物として知られる。しかし孔明はもしかしたら「指示待ち人間製造機」だったのかもしれない。それを思わせる記述が三國志に垣間見える。
18
shinshinohara @ShinShinohara

孔明なくしては三国志は語れず、孔明がいなければ蜀が三国の一角を占めることもなかったろう。しかし孔明だったから、蜀は天下をとれなかったのかもしれない。それは、孔明がどうやら「指示待ち人間製造機」だったからだ。

2015-12-03 22:00:21
shinshinohara @ShinShinohara

孔明の智謀はまさに感動ものである。赤壁の戦いでの読みの確かさ、打つ手の素晴らしさは神がかり的。しかし魏の司馬懿と最後の決戦に臨んだとき、完璧にも思える孔明に、致命的な欠陥があったことを示す描写がある。

2015-12-03 22:02:59
shinshinohara @ShinShinohara

司馬懿は孔明から寄越された使者にそれとなく孔明の仕事ぶりを訊ねた。すると「非常に細かい業務まで自分自身で指示を出している。そのために毎夜遅くまで執務している」と答えた。下の者に任せればよいことさえ丞相である孔明が指示していると聞いて、司馬懿はほくそ笑んだ、という描写である。

2015-12-03 22:05:39
shinshinohara @ShinShinohara

孔明はこの少し前、蜀に人材がいないと嘆いているシーンがある。劉備玄徳が生きていた頃には関羽、張飛といった豪傑たちがいたが、玄徳亡きあと、急速に人材が失われたと嘆いたのである。その理由に、魏は巨大な国だから人材が豊富だが、蜀は小さいから人材も少ないと言うのだ。

2015-12-03 22:08:51
shinshinohara @ShinShinohara

しかしその「言い訳」には矛盾を感じた。劉備と一緒に蜀を攻めたとき、意外に人材が豊富で容易に攻め落とせないことに驚いているシーンがある。人材が豊富だった蜀なのに、どうして劉備の死後、人材がいなくなってしまったのだろう?

2015-12-03 22:10:52
shinshinohara @ShinShinohara

これに対して魏の司馬懿は、三國志では孔明に負けっぱなしだったが、子どもは司馬懿に劣らず優れた人物に育ち、やがて魏を乗っ取り皇帝となるる。部下に人材も数多く、孔明と好対照なのだ。なぜ世界史上もっとも優れた軍師として描かれる孔明に人材がいなくなり、司馬懿には逆に人材が育ったのだろう?

2015-12-03 22:14:17
shinshinohara @ShinShinohara

その答えの描写が、司馬懿との最後の決戦にあるように感じられた。司馬懿は部下に仕事を任せた。孔明は部下を信じられず、すべて自分で事細かに指示を出さずにはいられなかった。孔明はあまりに優秀すぎて部下の欠点が見えすぎ、自分で指示を出した方がマシだと考える人物として描かれたのだ。

2015-12-03 22:16:50
shinshinohara @ShinShinohara

孔明のように、優秀すぎると人材が育たず、司馬懿のように部下に仕事を任せられる人物だと人材が育つ。これは「指示待ち人間」を考える上で、大きなヒントになった。

2015-12-03 22:18:33
shinshinohara @ShinShinohara

考えてみると、劉備玄徳が生きていた頃は人材が溢れていた。孔明ももちろんその一人だが、関羽、張飛、趙雲といった、一人でも驚くのに三人も豪傑がいた。しかも軍師は孔明だけでなく、「どちらか一人いれば天下がとれる」と言われた龐徳まで劉備の元に馳せ参じた。

2015-12-03 23:44:15
shinshinohara @ShinShinohara

劉備は人材を集めるばかりでなく、人材を育てる不思議な力があったのだろう。劉備は部下を信頼することが篤かった。部下は感激し、劉備のために必死になって働いた。劉備が生きている間は人材が豊富にあり、孔明もそのもとで思う存分腕を奮えた。

2015-12-03 23:46:25
shinshinohara @ShinShinohara

しかし劉備がいなくなって孔明は亡き劉備の悲願を達成しようと必死になりすぎたのだろう。司馬懿との最後の決戦の時にはもはや部下に細かい仕事も任せることができないほど完璧主義者になってしまった。孔明の指示は的確だった。だからこそ蜀は「指示待ち人間」だらけになり、人材がいなくなったのだ。

2015-12-03 23:50:01
shinshinohara @ShinShinohara

優秀すぎると部下が育たない。そのことは、はしなくも三國志がすでに示してくれていたのかもしれない。

2015-12-03 23:51:01

コメント

アンキモ @MDMMMO 2015年12月4日
少なくとも北伐の辺りに限れば、目をかけていた馬謖が大間抜けで、街亭で大敗したのがきっかけのようにも思える。俺がやらないと、というようになったのかも。劉備は臨終の時に、馬謖は口だけ、重用するな、と言ったらしいけど
1
カリソメ @karisomenoaka 2015年12月4日
ありがちですがホウ徳じゃなくてホウ統ですね…
1
火引 弾@次走未定 @Hibiki_d 2015年12月4日
孔明が知略に優れた天才軍師ってのは三国志演義の話でしょう。赤壁の戦いなんて三国志と三国志演義で孔明の書かれ方全然違いますよ。歴史書の作者である陳寿の評は「政治家としては優秀だが軍略家としては柔軟性に欠ける」といったものです。野球で言えばノーアウト1塁で絶対送りバントしないと気が済まない監督みたいな。
3
@izanamu 2015年12月4日
一応、蜀漢は孔明没後も30年以上続いてるからね。孔明以外、全員無能揃いだった説はさすがにどうかと…。
2
星五107体の地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2015年12月4日
酷いこと言いますけど、そもそも諸葛亮なしでは国体維持も大変なレベルでした。蜀ははっきり言って「そもそも成立時点で滅びるのが見えてるレベルの国家」だったりします。で、諸葛亮が死んでからもなんでそこそこ持ったかって言うと「最大勢力の魏が内部の権力闘争でグダりまくったから」と言うのが・・・。はっきり言って、三国志は読み物としては劉備と曹操が死んでからはメッチャつまらんのよね・・・。
3
和田名久司 @sysasico1 2015年12月4日
演義と史実は違うけど、人材登用の妙は曹操が上だったからなあ。それに蜀に人物が居なかったのは単に国力の問題だったと。
1
大石陽@聖マルク @stmark_309 2015年12月4日
魏というのは、名目上(実際は言うこと聞かない勢力があった)中国を統治している(後)漢王朝を中心にした勢力であり、曹丕が魏王朝を建てた際も、形式として漢王朝からの禅譲という形だから、そもそも呉や蜀って反乱勢力なんだよな。呉はまだその地域を基盤とする豪族や知識人たちが支えていたし、南方(ベトナムとか)との交易で栄えたが、蜀はもともと田舎だけあってそのへん弱いから……。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2015年12月4日
PGERA_RX まあ、この記事は吉川英治と横山光輝の三国志をもとに書いていますので、あまりまじめに撮られると頭をかくしかないです(笑)。ただ、吉川英治のはもはや小説ですが、孔明の人格をうまく描写できているなあ、と思った次第です。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2015年12月4日
Hibiki_d そうなんですよね。まとめでは書かなかったんですけど、吉川英治と横山光輝の三国志での造形です。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2015年12月4日
MDMMMO 吉川英治の「三国志」の描写だと、馬謖が死ぬ羽目になったのは、孔明が指示を出したからだと解釈できるかもしれません。指示されたのが「そんな子ども扱いしないでくれよ」と馬謖が意地になってわざと山上に陣地を作った、と。そして孔明も指示を出したがために馬謖を罰するしかなくなってしまった。もしかすると指示を出していなければ、馬謖は自分の判断で適切な陣地を作ったかもしれず、仮に失敗したとしても指示を出さなかったのなら馬謖を殺さずに済んだ、とも思えるのです。
0
ut_ken @ut_ken 2015年12月4日
論じる根拠が三国志演技のそのまた、孫引きの吉川氏の小説って、実在人物が登場人物だが事実性はないプロレス漫画を、さらにアレンジしたタイガーマスクの テレビアニメを元に、ジャイアント馬場の人物評をするようなトンチキさなのですが
5
ようはん @starfm1 2015年12月4日
夷陵で馬良ら多数の人材が死亡し、黄権が魏に降らざるを得なかった事で北伐時の蜀の人材が厳しかったとは思うけど、別に指示待ち人間の巣窟では無かったと思う。成都の劉禅の補佐も蒋琬や董允を信頼して任せてた訳だし。
0
どりドリ@ピコリーノ @d_doridori 2015年12月4日
せめて"吉川版三国志を題材に"とか注釈をタイトルにつけてくれないと。煽り上等のタイトル詐欺もいいとこ。
2
娑婆助 @shabasuke 2015年12月5日
魏は今で言えば中卒や犯罪歴あれどスキルさえあれば誰でも雇った。蜀は人材の質重視で公務員的な履歴書主義だったこの差じゃないの?後蜀の人材枯渇は劉備と孔明が信賞必罰といいつつ国家樹立のMVP故敵には冷血漢の法正を放し飼いにしたから彼が国内の政敵(優秀な人間)を全て粛清したんだろう。
0
娑婆助 @shabasuke 2015年12月5日
孔明は戦犯の馬謖を切るのだがこれは非常にマズイ。1ミステイク=死だと萎縮して誰も行動を起こさなくなる。マキャベリ曰く逆にチャンスを与えると挽回のため無茶を始める(蟄居中の前田利家がこれ)孫子曰く命令は直前まで秘匿し内容は簡潔にと記しているが孔明は逆。立案書通り進むと滅法強いが一度コケると困った事になる。先読みの先駆者故プランBと適材の人材を事前に用意して対処するから問題ないという事なのか。ちなみに孫子では指示待ち君を良しとしている。
1
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2015年12月5日
そもそも歴史書の『三国志』からして、陳寿の本文と、雑多な著者の異説を集めた裴松之の注釈で、記述の信用度は変わってきます。史実との整合性を配慮しながらも蜀漢ベースでまとめた小説が『三国志通俗演義』。吉川三国志はさらに日本人向けのアレンジが入っていて、吉川氏固有の設定もあるから、これを史実と思うととんだ火傷をします。まぁ、私も司馬遼太郎小説でやってしまいましたが。
0
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2015年12月5日
shabasuke 魏から西晋に移るにつれて、次第に家柄が固まって、素行・家柄に問題がある人間から排除されて行きます。  MDMMMO shabasuke 馬謖については、やはり素の国力差が影響しています。魏は1回や2回の失敗で、致命傷にはならない。なので若い時に失敗した武将を再起させる事ができる。しかし蜀漢は、一度の失敗でいきなり存亡の危機になってしまう。何しろ、出だしから関羽と荊州失陥・夷陵の惨敗で滅亡の危機でしたから。
0
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2015年12月5日
三国志の後期は、英雄豪傑の時代ではもうありませんね。劣勢側が1度や2度の勝利で挽回できない大差が付いています。一方で、権力闘争だの、派閥抗争だのに興味があるなら足を踏み入れても面白いのでは無いかと。ただ逆にいえば、魏晋は権力闘争に明け暮れる余裕があったとも言えるのですが…。 PGERA_RX
0
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2015年12月5日
諸葛亮死後、さらには西晋成立後の三国志やその後については、「やる夫が正史を書くようです」が詳細を究めています。陳寿の『三国志』(裴注含む)をベースに房玄齢・李延寿他編『晋書』の記述にも踏み込んでいるので、陳寿が政治的配慮で描けなかったり、裴松之が補いきれなかった部分までフォロー出来ます。そして美樹さん…(涙)
1
小野阿久斗 @504timeout 2015年12月5日
shabasuke 馬謖の処分はミステイクじゃなくて命令違反だから。撤退を成功させた王平は評価を上げている。人材起用も法正や龐統、蔣琬などを見ても人物重視とは言いがたい。そして劉備のほうが人物重視よりなんでも来いだったはず(と言うか弱小勢力だから選んでられない)。
1
小野阿久斗 @504timeout 2015年12月5日
人材起用についても諸葛亮は演技を元に批判されているが、蔣琬や費禕など諸葛亮が取り立てた人材もいるし、自分一人でやってしまうことがまずいことも理解している。(部下に指摘されて何も言えず涙を流したという)
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年12月6日
うーん、三国志は孔明が死んでからのほうが面白いと思うんだけどなあ。後期の魏は蜀よりもはるかに官僚的なシステムを取り入れながらも、今で言うチンピラ同然の者が出入りするサロンを擁するような柔軟さがあります。でも、蜀にはそういうシステムがなく、後宮で権力をほしいままにする宦官を排除できなかったという「後漢の十常侍」を想起する悪癖が残ってしまった点も大きい。
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年12月6日
演義では孔明は鞭打ち10回以上の求刑が求められる裁判は自分で執り行ったといいますが、そういう信賞必罰の精神が組織の内側に対してもっと明確に出せなかった点において、政治的バランス感覚ではシバイに遠く及ばないなあというのが「それからの三国志」を読んでの感想。
0
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2015年12月31日
熟練した物語の書き手が天才軍師の大活躍を整合性を持って描いた結果、図らずも指示待ち人間ばっかのその後を予期させる結末になった、という当たりが興味深いという理解でいいかな
0
nekosencho @Neko_Sencho 2015年12月31日
ああわてるな、これは孔明の罠だ
0