箱根大涌谷で赤い炎(2)

2015年12月11日 ▼私の解釈(暫定) 硫黄の発火点232度を超える火山ガスがときどき出てる。そのとき条件が整うと、噴気孔周辺に昇華した硫黄が燃える。この高温ガスは、5月からしばらく続いた異常の余効だと思われる。新しい異常が始まったわけではない。
5

12月11日

早川由紀夫 @HayakawaYukio

大涌谷の上のこの赤いのは何?おとといもあったけど。 pic.twitter.com/vo2e9JDUIr

2015-12-11 19:10:00
拡大
月野うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase

たしかにあった。おとといの画像と、そのあとすぐ消えてしまった時の画像 pic.twitter.com/NN9uwVbJip

2015-12-11 19:20:51
拡大
拡大
月野うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase

噴気が流れると隠れるから反射とかではない。その向こうに確かにある。 pic.twitter.com/MU8mDRfHSl

2015-12-11 19:22:54
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

▼私の解釈(暫定) 硫黄の発火点232度を超える火山ガスがときどき出てる。そのとき条件が整うと、噴気孔周辺に昇華した硫黄が燃える。この高温ガスは、5月からしばらく続いた異常の余効だと思われる。新しい異常が始まったわけではない。

2015-12-11 19:23:42
月野うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase

画像の右上。煙の根元に小さな炎が出てるように見えるんだよね。 pic.twitter.com/DrJ24sq4v0

2015-12-11 19:35:55
拡大
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

箱根大涌谷。また出た。さっきより元気だ。 pic.twitter.com/lNyo9AUTEK

2015-12-11 20:51:59
拡大
月野うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase

炎が煙の根元にあるのはほぼ間違いないと思う。 pic.twitter.com/pQCgBHVDbl

2015-12-11 22:22:41
拡大
拡大

12月12日

駿河局 @SuruganoTBN

今日も赤いものが見える。ケムで薄く見えたりしてるから、やっぱりそこに何か赤いものがあるって事ね。 pic.twitter.com/eFZv6N3don

2015-12-12 18:14:50
拡大
拡大
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

この赤い炎、肉眼でも赤く見えるのだろうか。9日の大きな炎が肉眼で見えた報告あるのだろうか。

2015-12-12 18:24:37
早川由紀夫 @HayakawaYukio

火映と同じで、高感度カメラでは真っ赤に見えるが肉眼ではかろうじて見えるほんのり赤なのではなかろうか。

2015-12-12 18:26:03

12月13日 霧
12月14日 霧
12月15日 赤炎なし

12月16日

早川由紀夫 @HayakawaYukio

航空局から夜間飛行の許可とって、お立ち台からPhantom 3飛ばしてみたい。技術的には簡単。

2015-12-16 20:43:45
早川由紀夫 @HayakawaYukio

船見岩の地上から見た大涌谷。たぶん、ぎりぎり見えると思う。 pic.twitter.com/Tlh5CdyPc8

2015-12-16 21:07:04
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

船見岩は、ここ。姥子駅のすぐそば。 pic.twitter.com/IXCWZ0k8Lm

2015-12-16 21:16:16
拡大

12月17日

駿河局 @SuruganoTBN

見ようによってはグレーのケムが赤い光ポイントから上がってるみたいだけど... pic.twitter.com/pSeJhUHHAv

2015-12-17 16:56:25
拡大
残りを読む(13)

コメント

おたかさん 311以降国に怒る毎日 @motialtjin 2015年12月16日
箱根大涌谷「赤い炎」峰の向こう側なら箱根グリーンプラザあたりから見えそうだけどなぁ…
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2015年12月16日
姥子駅そばの船見岩から見えるところです。でも、肉眼では見えないんじゃないかなあ。motialtjin
0
さかい まさひろ @sassyos2 2015年12月17日
あちこちに硫黄があるのに光源の大きさが変わらないばかりか、4分以内について消えたりしている(12月16日23時12分前後)。「赤い炎」の正体は人工的な光源(赤外線か)の可能性が大だと思うな。
1
さかい まさひろ @sassyos2 2015年12月18日
温地研に問い合わせが多数あったそうで、「12月9日に当所研究員が現地確認を行いましたところ、カメラ画像で赤い光が映り込んでいる場所に、大涌谷の登山道や自然探究路の安全対策のためのガス警報装置が設置されていることを確認しました。この警報装置は硫化水素と二酸化硫黄の濃度を監視しており、基準以上の濃度を検知すると、黄色または赤色の警告灯(パトランプ)を点灯する仕組みとなっています」という回答をいただきました。
1
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2015年12月18日
sassyos2 問い合わせしてくれてありがとうございます。二つ疑問があります。1)12月9日は夕刻に(タバコの火の不始末の)火事があった日です。火事の前に現地確認したのですか? 2)赤色灯だけ見えて黄色灯が見えないのはなぜですか?
0
さかい まさひろ @sassyos2 2015年12月19日
HayakawaYukio 1)日付に関してはメールの原文まま。2)触れられている監視装置は「大涌谷園地安全対策協議会」が大涌谷見学者のために設置したものなので、パトランプの動作に関しておんちけんに問い合わせいたしかねます。https://www.hakone.or.jp/midokoro/owakudani.html
0