10周年のSPコンテンツ!

楽天副社長が語るIoT時代とは? 記事『IoTとデジタル・フォレンジック』第1回

2015年12月に行われた「デジタル・フォレンジック・コミュニティ」について取材したHH Newsによる記事・第1弾です。モノとモノがつながるという意味の「IoT」。楽天副社長・平井康文氏が示唆したIoTの未来、課題とは一体何でしょうか? 気になるニュース・まとめを検索 Justy Finder  http://goo.gl/QN9oiH  マイナンバー対策はこれで安心。 ナンバーくん http://goo.gl/U85pQG 標的型攻撃対策は DeP http://goo.gl/EML64H
インターネット 楽天 クラウド サイバー犯罪 M2M ビッグデータ IoT セキュリティ サイバー攻撃 情報漏えい
0
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
記事:IoTとデジタル・フォレンジック 第1回 pic.twitter.com/5faJx4XSNm
拡大
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
1.「デジタル・フォレンジック・コミュニティ2015」が2015年12月14日、15日にかけて、新宿区にあるグランドヒル市ヶ谷で開催された。12回目となる今回は「IoT/クラウド、M2Mのデジタル・フォレンジック」がテーマ。 #IoT  #クラウド #M2M
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
2.IoT時代におけるセキュリティのほか、2020年に行われる東京オリンピックに関するサイバー攻撃対策が話し合われた。初日は、楽天副社長の平井康文氏が、グローバル事業を支えるセキュリティについて講演した。#IoT  #クラウド #M2M
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
3.平井氏は、冒頭でインターネットは日常的な社会インフラになっていると指摘。電気、ガス、水道につぐ第4の社会インフラであるとした。楽天の事業もインターネットが基軸。現在ではインターネットをはじめ新たな経済が形成されており人と人と関係性も「デジタル化」が大きく関与するとしている。
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
4.ITのモデルの変遷を振り返ると、メインフレームコンピュータから、クライアント・サーバモデルなどを経て、WEBが進化してきた。そして現在、企業が直面しているITモデルにはBYODなどが挙げられる。 #IoT #M2M #BYOD #セキュリティ #PC
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
5.クラウドの利活用も大きい。クラウドによってもたらされるメリットは、昔はコスト削減が第一義だとされていた。しかし今、クラウドを活用する一番のメリットは「膨大なスケーラビリティをいつでも共有できる」こと。それによって、経営効率の向上化が図られることだ。 #IoT #クラウド
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
6.インターネットの時代――すなわち我々が住んでいる社会というものは、工業社会から知識社会へと変わってきた。工業社会はすべて分配で成り立つ社会。資源、労働力、賃金、などすべてが分配される社会だ。 #インターネット #IoT #M2M #サイバー犯罪 #セキュリティ
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
7.一方、知識社会というのは、「共有」の社会。FacebookやTwitterを中心とするソーシャルメディアの影響が大きい、というわけだ。#IoT #M2M #セキュリティ #サイバー攻撃 #Facebook #Twitter
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
8.2015年5月14日、自民党経済好循環実現委員会で経済4団体のヒアリングが行われた。ここで楽天含む新経済連盟が発表したのが「Japan AHEAD」だ。このJapan AHEADは主に3つの提案が行われている。#IoT #M2M #セキュリティ #サイバー攻撃  #ICT
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
9.まず1つは「インテリジェント・ハブ化構想」。データを制するものが、国の経済力をきめる。データを制することで日本が改めて、「アジアのハブになる」といった考えだ。 #IoT  #M2M #ビッグデータ #アジア #サイバー攻撃 #セキュリティ
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
10.それが実現すると、多くの制度の変更が考えられる。たとえば法人税の引き下げ、また、さまざまな制度の改善など。日本国内で多くのイノベーションを起こすことができるはずだとする。 #IoT  #M2M #ビッグデータ #アジア #サイバー攻撃 #セキュリティ
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
11.IoTとビッグデータは、表裏一体の関係。ビッグデータは医療の分野や農業、製造業、流通など様々な分野で活用ができる。様々な自治体がもっているオープンデータから新しいアプリケーションを開発するような仕組みもできるだろう。 #IoT  #M2M #ビッグデータ #セキュリティ
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
12.さらに、グローバル人材の育成。またコーポレートガバナンスでいえば、株式報酬制度。さらに、英語教育、社会制度の変更も含めて、日本を「アジアのインテリジェント・ハブ」にしていこうといった考えだ。#IoT  #M2M #ビッグデータ #セキュリティ #英語教育
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
13.また、二番目の柱が「超観光立国」。2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピック。これに向けて、さらに観光立国としての位置づけを高めていこうといったもの。今、日本に来日する外国人観光客の実に1人あたり約10万円を消費するという流れがある。 #M2M #IoT
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
ここで閑話休題【広告】サイバー攻撃対策といえばホワイトリストで確実にウイルスをDeP(Defense Platform)が有効です。ぜひ無償版をお試しください!→DePスマホサイト goo.gl/EML64H pic.twitter.com/aWHwIqLg20
拡大
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
14.しかし日本ではWi-Fiによる無線環境の浸透がネックとなる。海外では様々な場所でWi-Fiが使えるようになる国がある。もちろん、普及させるには莫大な費用がかかる。しかし、Public Wi-Fiを日本全国に広げる必要がある。 #M2M #IoT #WiFi #クラウド
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
15.Wi-Fiのログインに関しても例えば空港でそのままFacebookのログインでつかえる仕組みであればより利便性が高まる。おもてなしの文化をよりアピールすることで日本でもっと海外の方に消費をしてもらえるといった具合だ。 #M2M #IoT #WiFi #クラウド #観光立国
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
16.こうした流れの中で、単に目標を掲げるだけではなく、1つ1つのアクションに対して、いつまでに何を実現するかというロードマップをつくって、KPI(Key Performance Indicators )として遂行していくのが重要ではないかという意見だ。#M2M #IoT
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
17.そしてシェアリングエコノミー。ソーシャルメディアの発達によって、個人の資産をシェアリングすることが容易だ。宿泊、タクシーなど。これらが「ホームシェアリング」であり、シェアリングエコノミーの典型的な例だ。 #IoT #M2M #ホームシェアリング #シェアリングエコノミー
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
18.さらに個人のスキルのシェア。クラウドソーシングに代表されるような「皆さんの経験をシェアしていく」といったものだ。ある試算では2020年までのシェアリングエコノミーは日本で約10兆円の経済効果を起こすのではないかとしている。 #IoT #M2M #シェアリングエコノミー
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
19.一方、空き時間、人手、能力のシェアというのは、非常に伸びている。クラウドワークスをはじめ「余った時間で仕事をしていく」「企業の中で兼業する」というのがどんどん進むはずだと平井氏は指摘する。 #IoT #M2M #シェアリングエコノミー #シェアリング
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
20.もちろん雇用の形態も変わってくる。「パートナーシップ型」という雇用制度が広まる。企業と個人の関係も進んでいく。1社に限定するのではなく、複数の会社で仕事ができるはずだとしている。#IoT #M2M #シェアリングエコノミー #シェアリング
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
21.このように超観光立国や、シェアリングエコノミーなど、もっと諸外国に対してアピールしていくことは肝要。政府にChief Marketing Officer(CMO)を新たに職種としておくことが必要になるとする。#IoT #M2M #シェアリングエコノミー #シェアリング
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
22.IoTで一番重要なことはモノに命を吹き込むこと。IoTは日本が先行しているように思われるが、実はそうではない。ドイツは国をあげて「Indutry4.0」を展開している。ものづくりのドイツのなかで、製造業を中心としたIndutry4.0のなかでM2MやIoTがどんどん進む。
HHNews@トラキチ @HHNewsReports
23.今中国は「安価な労働力で大量生産する拠点」となり非常に魅力的だ。トヨタ自動車のような自動車産業には匠の世界で培ってきたスキルがある。中国にこれをまねするのは困難だろう。ただ、中国企業がドイツのIndutry4.0を模倣すれば最先端の製造工程が作れてしまうかもしれない。
残りを読む(12)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする