再考「DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?」

「前田敦子の卒業」と「恋愛禁止ルール」をテーマに、2012年までのAKBを総括して見せた、高橋栄樹監督によるAKBドキュメンタリー映画第3弾について、もう一度考えてみました。
アイドル ドキュメンタリー映画 AKB48 恋愛禁止 高橋栄樹 前田敦子
2
UWの落日 @uw_susu
今年は高橋栄樹監督によるAKBドキュメンタリー映画の第5作が公開される予定です。ドキュメンタリー映画の中では何といっても第2作が有名ですが私が気になるのは第3作「少女たちは涙の後に何を見る?」です。これは、高橋栄樹監督の方法論が完成を見せたという意味でも、非常に重要な作品です。

私はドキュメンタリー映画の第5作も、当然高橋栄樹監督が手がけられるものだと思っていました。
しかし、実際には他の方が監督されることになりました。
非常に残念です

UWの落日 @uw_susu
「少女たちは涙の後に何を見る?」は非常に完成度の高い作品です。絶対的エースであった前田敦子の卒業と「次のセンター」を目指す者たちの姿を縦軸、恋愛スキャンダル等でAKBを「去って行く」者たちの姿を横軸にしてAKBを超えて芸能界における普遍的なRise & Fallを描き出します。
UWの落日 @uw_susu
第2作は個々の素晴らしいエピソードの間に関係は薄く、バラバラに存在しているのですが、第3作は芸能界におけるRise & FallをテーマにしたことによってAKBの2012年の活動が、じゃんけん大会も含めて全てが有機的に結びついてテーマを表象する、奇跡のような構成になっています。
UWの落日 @uw_susu
一方で「少女たちは涙の後に何を見る?」は2012年のドキュメントなので、私達は、その後に少女たちが何を見たのか?その運命の変転を知っています。ですから、現在の目で観直すと複雑な感慨を抱くことになる、非常にやっかいな作品でもあります。 pic.twitter.com/sqlNV2sEk7
 拡大
UWの落日 @uw_susu
第3作の中心は前田敦子の卒業ですが、カメラはあえて前田敦子個人には近づこうとしません。彼女は掴もうとしても、すり抜けて行ってしまうAKBの「象徴」であり、その象徴を失うAKBの揺らぎが描かれます。AKBはこの作品の問い掛けを、未だに乗り越えられていないのではないか?とも思います。
UWの落日 @uw_susu
今、第3作を観直すと、2012年の濃密さに圧倒されます。あれはAKBにとって「奇跡の1年」でした。同時に、この映画はパラレルワールドに迷い込んだような不思議な感覚を与えてくれます。この映画の先には、もう一つの違う未来があった筈なのです。しかし、私たちはその未来を選べませんでした。
UWの落日 @uw_susu
芸能界におけるRise & Fallをテーマにした第3作には高い普遍性がある一方で、恋愛禁止問題をもう一つのテーマとするため、国際的に見れば「特異」な作品でもあります。外国の人には「10代の女の子が恋愛したことによって断罪され群衆の前で謝罪する」という光景が理解できないでしょう。
UWの落日 @uw_susu
峯岸みなみさんの騒動と、ほぼ同時期に公開された「少女たちは涙の後に何を見る?」は、結果として、AKBが「恋愛禁止」という極端なテーマにガチで取り組んだ最後の年を記録する作品となりました。私は、この映画自体が、運営の恋愛禁止に対するスタンスに影響を与えたのではないかと考えています。
UWの落日 @uw_susu
「少女たちは涙の後に何を見る?」の欠点はドキュメンタリーとしてはキレイに完成され過ぎていることでしょう。高橋栄樹監督は「宗教映画を目指した」と語っていましたが、第3作には宗教の神秘体験に似たカタルシスがあり、それは見事に成功しています。むしろ、それがいけなかったのかもしれません。
UWの落日 @uw_susu
第2作の方法論を推し進めた第3作が、ドキュメンタリー映画のひとつの完成形を見せてしまったことで、高橋栄樹監督は第4作において方向転換したのだと思います。第3作が俯瞰的な視点で作られたハリウッドの大作映画だとすれば、第4作は手持ちカメラを多用したヌーベルバーグの青春映画のようです。
UWの落日 @uw_susu
今年公開されるドキュメンタリー映画の第5作で、高橋栄樹監督による「AKB年代記」はひとつの区切りを迎えます。高橋栄樹監督によるAKBドキュメンタリー映画は、単なるアイドル映画を超えて「21世紀前半に日本という国で起きた、ある文化現象の記録」として残って行くのではないかと思います。
UWの落日 @uw_susu
板野友美ファンとしての注目ポイントは「第3作で、板野友美さんは一度も涙を見せない」というところかな?他の主要メンバーは「前田敦子卒業」を「喪失」と受け止めているけれど、板野友美さんにとっては「旅立ち」なんですよね。映画の最後で自らも卒業発表するのだから、当然と言えば当然ですが。
UWの落日 @uw_susu
前田敦子さんが卒業をした後のバックステージで「私が、頑張って道を作るから」と話しかけている相手は、カメラに映っていないけれど、板野友美さんですよね? 違うかな?
UWの落日 @uw_susu
@uw_susu ✖ 卒業をした後の 〇 卒業発表をした後の 失礼しました。 <(_ _)>

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする