美しい男は買い食いなんてしない#2 輝きの季節◆1

食欲が止まらなくなったボクサー。憑りついたのは、彼の成功を妬む悪霊! 霊障コンサルタントのレックウィルは、彼の悩みを解決するため奮闘します。 もちろん、霊の魂さえも安らげるため…… 全59ツイート程度 最初↓ #1 ◆1 http://togetter.com/li/930823 前↓ #1 ◆3 http://togetter.com/li/931594 次↓ #2 ◆2 http://togetter.com/li/933007
減衰世界
rikumo 460view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 16:14:33
    _美しい男は買い食いなんてしない#2 輝きの季節
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 16:19:49
    _再びソファでキリオとレックウィルが向かい合った。ミレイリルは慌ててコーヒーを入れに行く。背後から深刻な声。 「霊のやつ、俺の食欲を全開に引き出したんだ。食べ物を見なくても、延々とベルの音が頭の中で響き続ける。もう限界だ……」  彼の背中でいやらしく笑う太った霊。 31
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 16:25:15
    _レックウィルの眉間に僅かにしわが寄る。 「霊はかなり強力な暗示を持っているようです。これでは呪いの指輪の効力が強すぎます。ボーダーを下げましょう。強力な食欲にのみ反応するように」 「おねがいします、先生。貴方だけが頼りなんだ」  指輪を調整し、キリオは帰る。 32
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 16:35:24
    _キリオが事務所へまたやってくるのに数日もかからなかった。 「今度はあいつ、静かにしてるんだ……でも、無意識に食欲が高まってきて、こらえられなくなって……きっと、ボーダーギリギリの所を……」 「一枚上手ということですね」  レックウィルは苦そうにコーヒーを飲む。 33
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 16:39:37
    「期間をください。必ずや対策をします」 「そこをなんとか」 「ボーダーよりも食欲が強くなることはありません。どうかしばらく耐えてください」 「分かった。俺もボクサーだ。強敵と、何度も殴りあってきた男だ」  その日キリオは帰り、レックウィルは夜まで考え込んでいた。 34
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 16:43:37
    _ミレイリルも、その日は帰宅せずにレックウィルに付き合った。魔法物品の選択や調整はできないが、コーヒーを入れて話を振るくらいはできる。  時計は午前2時を回っていた。 「難しい仕事ですね、先生」 「難しくなかったら、僕じゃなくてもできる仕事さ」 35
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 16:48:32
    _レックウィルは紙にメモを走らせ思考を続ける。いくつも浮かんだアイディアを、一つずつ否定していく。 「すぐに答えが出るなら、僕はいらない。本気で悩み、考え、通ることのできない道を押し通る。そこまでやって、初めて評価されるのさ」  何杯目か分からないコーヒーを飲む。 36
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 16:52:28
    「僕にしか出せない答えがある。僕にしか解決できない問題がある。だからお客さんは、僕を……レックウィルの事務所を選ぶんだ。キリオさんは僕を選んだ。だから、僕は絶対答えを出せる」  ミレイリルは彼を眩しく思う。彼の年齢の頃、ミレイリルは何をしていただろうか? 37
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 16:58:19
    _ミレイリルは30歳になるまで自宅でのんびりとしていた。家事手伝いくらいしか経験もない。自分にしか出せない答えが思いつかなかった。 「もちろん、ミレイリルにしか解決できない問題もあるよ」  うつむいた彼女の顔を覗き込むレックウィル。恥ずかしそうに眼を逸らす彼女。 38
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 17:04:30
    _レックウィルはソファに座ったままテーブルの上のメモをくしゃくしゃにしてゴミ箱に捨てた。 「くだらない案を書きすぎて目が腐りそうだ。君を見てると目が癒されるよ」  そう言ってじっとミレイリルを見る。真っ赤になって彼女は身をよじった。 「やーん、やーん、照れます」 39
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 17:08:33
    _ミレイリルの声は甘く自分でもそこだけは自慢に思っていた。ただ、何に役立つかといえば不明だが。  レックウィルは静かにミレイリルを見たまま思案を始める。そして、何か閃いたように表情を明るくした。 「そうだよ……キリオさんに、恋人がいるか聞かなくちゃ!」 40
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-30 17:09:21
    _美しい男は買い食いなんてしない#2 輝きの季節 ◆1終わり ◆2へつづく

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「パソコン」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする