荒野の領土に歌よ響け#2 嵐の去った後の景色◆3

広い海が何処までも。異国を夢見る青年カルマサは、ごろつき紛いの潜水騎士に強いられた仕事の最中に、生きているアーティファクトを見つけます。 お喋りな盾は、遠くから旅をしてきたという。そこにガラの悪い潜水騎士が現れ…… 全61ツイート予定です 最初↓ #1 ◆1 http://togetter.com/li/943131 前↓ #2 ◆2 http://togetter.com/li/944770 次↓ この話はこれで終わりです 実況・感想タグは #減衰世界 です
減衰世界
rikumo 462view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 17:37:38
    _荒野の領土に歌よ響け#2 嵐の去った後の景色
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 17:44:30
    _気圧計も、漁具も、保存食も……みな、バラバラになって海の底へと沈んでいく。ライオンの描かれた盾は、それを海底の砂の上から見ていた。  何度も見た光景だ。嵐を爆発させ、何度も海の中沈んだ記憶。みんな、バラバラになってしまった。 51
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 17:50:06
    「とうとう、味方なんていなくなっちゃったよ……」  怒りの去った後、盾は呆然と呟いた。いつもこうだ。激情に身を任せて、取り返しのつかないことをして、気づけば周りには誰もいない。 「どうすればよかったんだよ……」 52
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 17:54:32
    「俺にはどうすることもできないんだよ……」  盾は静かに波に揺られていた。やがて砂がかぶさり、貝やフジツボが固着して、海の一部になるだろう。それしか救いは無いとさえ思えた。 「海の底に一人ぼっちだ。真の、一人ぼっちだ」 53
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 17:59:08
    _戦争なんかしている場合じゃなかった。荒野の領土、誰もいない領土。王様が一人だけの。国民は誰もいない。  街の広場は静まり返り、冷たい兵器だけが並ぶ虚無の王国。盾は心の中で涙した。自分の見てきた異国の中に、こんな惨めな国は無かった。 54
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 18:03:13
    「もう、おしまいだ」  盾は最後に、赤子のように声を上げた。泣き声ではない。確かに赤子のようにがむしゃらだったが、それは異国の歌だった。  歌だ。歌だけが彼の悲しみを塗りつぶした。一人ぼっちは嫌だと、張り裂けそうな心で歌った歌だ。 55
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 18:07:40
    (幸せだけを手に入れたい。俺が不幸なのに、俺の嫌いな人間は幸せそうに生きている……そんな世界は残酷すぎる。ただ、俺は幸せになりたかっただけなのに……)  歌は海流となり、静かな海に渦をもたらした。盾の頭上に何か大きなものが現れ、影に沈む。 (嫌だ、嫌だよ……嫌だ!) 56
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 18:12:10
    _はっと、盾は影の正体に気付いた。思わず歌が途切れる。 「続けて」  カルマサは笑った。海の中にカルマサがいる。でも、なぜ? 沈んだはずなのに、幽霊船のようになった船の残骸。それが海の中、泡に包まれて浮かんでいる。  その中心に、カルマサは胡坐をかいていた。 57
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 18:16:49
    _盾は察した。自分自身もそうであるから分かる。カルマサはアーティファクトの船を作り上げたのだ。  ある日、何の変哲もない人間が、時には一瞬にして、魔力を構成し、人知を超えた魔法の道具を作り上げる。  壊れ行く船の中、カルマサはアーティファクトを作り上げたのだ。 58
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 18:20:58
    「それ、どうしたんだよ」 「さぁ……気づいたらできてた。でも、いいじゃないか。きっと、異国の歌を聞いたから、どこまでも遠くへ行きたくなったんだな」  カルマサは盾を海底から拾い上げる。泡を纏い、ゆっくりと幽霊船は海中を進む。 「そして、どうするんだよ」 59
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 18:25:13
    「これ、売ったらいい金になるぞ。そうしたら……どこまでも遠くへ旅できる」 「おい、世界に一つしかないんだぞ。人生を変えるほどの強大な力が……」 「世界に一つしかないのはお前だろ」  二人はどこまでも行くだろう。二人を結び付けた……異国の歌が届く場所まで。 60
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 18:29:33
    _それこそが、二人の夢見た、歌の響く王国なのだから。 61
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 18:29:44
    _荒野の領土に歌よ響け(了)
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 18:37:28
    【用語解説】 【アーティファクトの流通】 アーティファクトは、突然ただの人間が作成する偶発的なもの。その力はピンキリである。強いものなら、その土地の自治体は債券を刷ってでも手に入れるだろう。悪用すれば騎士によって討伐され、アーティファクトは奪われてしまう
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-02 18:42:19
    【次回予告】 それほど強いわけでもないビームを乱射するゴリラの置物。古道具屋に騙されて買ったら、これが大迷惑! 騎士団は大混乱! このゴリラを解析してくれる会社があるという。そこへ向けて、いざゆけ! ザリガニ騎士団! 次回「ゴリラ爆発」 全80ツイート予定 #減衰世界

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ネタ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする