編集部イチオシ
2016年3月17日

1980年代パソコン通信の片鱗

GIGAZINEさんが紹介していた「1980年代にダイヤル式電話でメールを送る方法はこんな感じだった」という動画の解説記事に、少し補足してみました。
75
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

この動画で紹介されているMicronet 800は、1980年代はじめに英国のブリティッシュ・テレコム(BT)が提供していたプレステルというビデオテックス・サービス(日本のキャプテン、フランスのミニテルみたいなもの)の一つでした。 twitter.com/gigazine/statu…

2016-03-17 01:55:07
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

RT 動画に出てくる電話機のモジュラージャックも、日米のものとは異なるBTタイプの平たいもので、イギリスで撮影されたものだということがわかります。BBCのニュースらしきものもメニューにありました。プレステルはイギリスのヒースロー空港で、デモを見ただけで、使った経験はありません。

2016-03-17 01:58:33
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

RT かわりに1980年代中盤から1990年代の終わりまで接続していたのがフランスのミニテル(回線網がテレテルで、端末の名前がミニテル)でした。V.23という規格のモデムでなければ接続できず、日本では売られていなかったため国際電話での接続をあきらめていたのですが……

2016-03-17 02:00:50
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

RT 1988年頃になって三井情報開発がミニテルに接続できる回線をオープンして、これを利用するようになりました。「3615 MRS(Marlboro Racing Service)」というモータースポーツ情報サービスに接続しているうちに、日本のレース情報を送るようにもなりました。

2016-03-17 02:04:15
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

RT ピーヒョロヒョロのアナログ電話回線を通じてでしたが、95年あたりになるとWindows 3.1のエミュレーターソフトを使ってインターネット経由で接続できるようになりました。日本のキャプテンはパソコン通信に負けてしまいましたが、フランスのミニテルは人気を保ちつづけました。

2016-03-17 02:06:39
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

RT そのせいでフランスではインターネットの普及が遅れたと言われています。それはさておき、アナログ時代の通信機器といえば、やっぱり音響カプラーじゃないですかね。 この手に持っているのがそうです。 pic.twitter.com/3fSES8pWyw

2016-03-17 02:09:18
拡大
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

RT いまも持っている音響カプラーその2。タンディ製で、このカプラーはモデム機能を内蔵していません。接続するタンディ100,タンディ200の本体にモデム機能が内蔵されていたからです。 pic.twitter.com/ssfMxse6Ku

2016-03-17 02:14:00
拡大
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

RT 音響カプラーその3。2400bpsという高速での接続が可能だったジャストシステム製のカプラー(他のカプラーは300ボー)。 pic.twitter.com/GaTlLHy4qZ

2016-03-17 02:15:26
拡大
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

RT これもいまだに持っているタンディ100、200とカプラー。100の方はノートパソコンのほぼ元祖です(EPSON HC-20が、たぶん元祖)。タンディ100と200は日本の京セラのOEMで、NEC PC-8201と同じ。 pic.twitter.com/fPTnyZl53n

2016-03-17 02:22:14
拡大
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

RT 「パソコン通信」を始めたのは1985年4月ですが、コンピューターとネットに熱中した頃のことは、この『実戦! パソコン通信』という本をどうぞ。無料で読めます(^_^)。 mangaz.com/book/detail/49…

2016-03-17 02:33:55
すがやみつる(ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門まんが版『こんにちはPython』発売中) @msugaya

RT GIGAZINEさんの記事の解説が気になって、つい長くなりました。これにておしまいにします。

2016-03-17 02:35:11

コメント

Briareos@残弾数はいつも────── @briareos 2016年3月17日
「画面の上から下へ、行単位で流れていく文字を読むのがネット(パソコン通信)」と言っても、今の若い人たちにはわかるまい(年寄
2
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2016年3月17日
「2400bpsという高速での接続が可能だった」なお。イエローサブマリン横浜店の受け側は300bpsでした。
3
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2016年3月17日
受話器の形状によってはうまいことはまらなかったんだよな。で、リトライしなきゃいけなくて。そしてそんなことするのって田舎だったんで近所の人に不審がられるところまでセットで。(いや、伝聞ですよ。帰社が遅かったりとか出張中にフルノの受注端末からデータ送信なんてしたことありませんてば)
1
後藤順一朗 山に行きたい @goto_jun 2016年3月17日
小学生のころ、すがやさんの本でパソコン通信に興味を持ったけれど、結局できたはその8年後でした(もうカプラーは無かったなあ)
0
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年3月17日
bpsをボーと読んでbaudと混同されてるってのは全く広まらなかったな。読みなんてどうでもよかったし。 http://yougo.ascii.jp/caltar/baud%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88
1
ハドロン @hadoron1203 2016年3月17日
音響カプラー懐かしい。2400bpsで高速モデムって、今から考えると笑い話だよなwアナログ携帯電話の9600bpsからPHSの32kbpsデータ通信に換えた時は、あまりの速さに感動したもんだけどなぁ。
2
Dcdcxr @Dcdcxr 2016年3月17日
今でもパソコンマニアは根暗だと思う。
1
でかつ(お盟主様)@11/10札幌さよならマラソン @deka2 2016年3月17日
音響カプラー世代ではないけど、雑音防止のために受話器をカプラーにセットしたら座布団でぐるぐる巻きにしていたと先輩に聞いた(^_^;)
1
GEN @gent9310 2016年3月17日
90年代の末の頃に、北欧か中欧に中期出張していた友人がカプラー持って行ってたなあ。
0
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年3月17日
日本でも「キャプテン」というビデオテックスありましたが、唯一成功したミニテルは「出合い系」コンテンツがあったと昔の本に書いてありましたね。メディアを牽引するのはいつもエロw http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/BKSJ070005.pdf?file_id=22904 (PDF:1986年『日本におけるビデオテックス及びパソコン通信サービスの現状と課題』)
2
nekosencho @Neko_Sencho 2016年3月17日
エプソンHC-20って、実はパソコン形状をしているけどポケコンより遅い(こともあるというか機種によるw)そのかわり一度充電しておけば数十時間使えるという、当時としては確かに便利なパソコンでもあった……でも画面狭い
2
い・かえる @ita_kaeru 2016年3月17日
音響カプラー世代ではないけれど、2400bps(もうボー表記じゃなかった)のモデムで草の根のホストにつながった時の感動はいまでも。当時は自宅が黒電話だったんで、ローゼットをモジュラーに改造するところから始めたっけ。
2
アの鐘を鳴らすのは貴方 @dummymarket 2016年3月17日
T芝の8ビットパソコンにはRS-232C端子がついていたけど、あれを使った人ってユーザー内でどれだけいるんだろう? あのパソコンでは、ついぞフロッピーディスクを拝むこともなかったけど。
1
山田道夫 @yamsan 2016年3月17日
公衆電話で音響カプラを使っていると、側をトラックが通って轟音によって文字化けの嵐になるとかは懐かしい思い出です。ジャストシステムとかも音響カプラを出しておりました。僕が使い出した頃は、300bpsから1200bpsへの切り替え時期で、僕は2400bpsのも購入しました。その後、9600とかもっと高速なのも出たかも。
2
Masanobu Hirano @mahiran 2016年3月17日
80年代に出たすがや先生のパソコン通信本で「日本企業が海外の取引き先とトラブルを起こしたが、一人の社員がパソコン通信で最新の情報を収集して危機を救った(たしかそんな話だった)」というマンガを読んで感化され、即Compuserve(The Sourceだったかな?)に入会したあの頃。
2
じーさん @GAS474 2016年3月17日
「インターネット老人会」が、2000年頃のインターネット体験者を指すらしいが、これは何と呼ばれるのだろう。「パソコン通信ネアンデルタール人会」とかだろうか。 それはさておき、入会申し込みはどちらですか?
3
ひろっぴ@(自称)鉄道記録屋 @hiroppi1969 2016年3月17日
自分は1990年代デビューなので14400bpsの「超高速」モデムが手に届く様になった頃でしたね。14400bpsモデムを購入したものの、PCのRS-232Cの制御チップが9600bpsまでしか対応していなくて、データ転送中に操作すると盛大に文字化けしたなんてこともありましたw
1
染谷昇 @n_someya 2016年3月18日
映画「ウォーゲーム」だと音響カプラが映ってるので観る度に違う意味でも懐かしい
2
もふもふ とろろ @mx_mofmof 2016年3月18日
自分の指でダイヤルを回すわけだから、かけ間違いも相当あっただろうなあ
1
Maulwurf @a7m167509498 2016年3月18日
PC-9801F2を持っていたけどパソコン通信には1ミリも関心はなかった。金がかかるわりに何もできない。アマチュア無線のデジタル版かと思っていた。
0
バニー@Captain・bookseller @bunny0521 2016年3月19日
音響カプラーはさすがに使わなかったけど2400モデムだったよ。遅かったけど読み込む文字を直接読めて楽しかった。 電話代は怖かったけどね。
1
signal9.jp @Signal9J 2016年3月19日
雑誌付録のソノシートやテレビの副音声でプログラムを配布してた時代もあったよなあ。
1
ひろっぴ@(自称)鉄道記録屋 @hiroppi1969 2016年3月20日
Signal9J テレビの副音声でのデータ配信は「パソコンサンデー」がやってましたね。TV音声受信対応のラジカセでテープに録音してたなぁ…。
1
危篤前☣にゃ〜ん⚮彼女急募🔞 @kitokumae 2016年3月20日
私がのめり込んだのは90年~91年、NIFTYに於ける伝説のようこそメールを受け取った時代だからな。なつかしいとは思えなかった(当時は2400が主流でDOS/V J5.0+WIN3.0Aが出た頃に9801から離れてしまった
0