限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

二次創作物に中小企業主が思うこと(グッズ編)

同人業界におけるグッズ販売について、キャラクターグッズの製造販売にたずさわったこともある中小企業主として思ったことです。
法務 経営 二次創作物 著作権 グッズ販売
30167view 125コメント
49
じーさん @GAS474
二次創作物に関して、キャラクターグッズの製造販売にたずさわった中小企業主として、いくつかつぶやきます。

自治体のゆるキャラを使ったキャラクターグッズもありますが、規模が小さいだけで、状況としては近いものがあります。

あまり真剣に受け止めないでください
じーさん @GAS474
まず、同人誌や同人グッズを製作して即売会で出品した経験はありません。  また、漫画編集部やアニメ製作局での経験もありませんので、どちらの業界にも疎い者です。  あくまでも、いち個人の思いであり、世の中小企業主を代弁するものではありません。
じーさん @GAS474
さらには、実名を隠しておきたいので、他社と自社の業績を入れ換えたり、時系列を入れ換えたりしています。  何らかの証拠を提示するつもりもありませんので、千分の嘘八百ていどにお聞きください。

最近は企業の登記簿を取得して、経営者の住所をネットでさらす人たちがいるとのことで、ご理解ください。

じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> 「ネットで発信してるのは、隠しているとは言わない」 「商売をするなら、守るべき規則、仁義がある」 「編集部の人間は中の人なのかどうか」
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> キャラクターグッズ製作にあたり、権利元から製造販売を許諾されているのは、一部の権利を有しているとも考えられるのではないでしょうか。 いくつか発言させていただきます。  (著作権については、学んでから久しいのでいくらかの誤解があるやもしれません。)
ネットにあるよね、隠れてないよね?
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> ×「同人活動、二次創作は隠れていればよい」 ○「ネットで発表していては、隠れているとは言わない」 だと思います。
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> 現代では、祖父母世代も孫へのプレゼントをネットで検索する時代です。  ネット上で発表することは、基本的に全世界に発信することであり、宣伝しなくとも検索されてしまいます。
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> ファン活動のすべてを否定するものではありません。  ファン活動により、市場が活発になり販売機会は増えます。 作品の批評をしたり、自分で楽しむだけの二次創作物を造ったり、友人を誘ったり、それらをネットで発表することは大いに楽しんで良いと思います。
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> では、二次創作グッズをネットにのせるとどうなるか。(通販でなくとも) そのグッズが売れれば、同等品の販売機会を奪います。 そのグッズが売れないほど粗悪品ならば、風評被害を招きます。
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> ロイヤリティの支払いや交渉の手間という経費がかからない分、利益をだしやすい体質に見えます。 「楽して儲けてずるい」 と思ってしまいます。
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> 同人サークルは利益がほとんど出ない。 との指摘がありました。 ですが、収益の多くを資料収集や設備投資にまわすことで、見かけ上の利益を減らすことは難しくありません。 また、利益の出る出ないの問題でないことは先のツイートのとおりです。
守ってないのは著作権だけ?
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> ×「同人サークルは楽しんでいるから良いではないか」 ○「商売をするなら、守るべき法令が、仁義がある」 だと思います。 企業主である以上、従業員の給与と雇用を守ることは仁義であり、労働関係の法令は守らなければなりません。
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> 真面目にグッズを製造販売する企業が、同人サークルにその販売機会を奪われ、損失を出してしまうことは、正しいことでしょうか。
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> すべての同人サークルが、違法行為に手を染めているとは言いません。  しかし、著作権を軽視する個人、団体の遵法意識が高いとは思えません。
編集部の人って「中の人」なの?
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> ×「編集部などの中の人が良いと言っている」 ○「編集部は権利許諾の担当部署ではないのではないですか」 だと思います。 会社によって違いがあるかとは思いますが、問い合わせ、交渉、ロイヤリティ支払いで編集部とは別部門ではないでしょうか。
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> ここで少し別の話をします。 とある学校の部活動で、学校の施設の利用について、職員室と交渉し、申請書類を記入し、利用料を支払った後に、一人の教職員がつぶやきます。 「問い合わせせずに勝手に使えば良いのに、黙ってれば利用料も取らない。」
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> こんなことを言われたら、不快に思うのではないですか? 私も、契約後に相手企業の法務部や経理員から同じようなことを言われたら、不快に思います。  不快に思わないのは、編集員が担当部署以「外の人」であるからです。
じーさん @GAS474
<二次創作グッズ販売に思うこと> 以上、同人業界における二次創作物販売の内、グッズの製造販売について思うことを発言しました。 この発言は特定の立場にかたよったものです。 同人業界や編集部の都合は考慮していません。 不快に思われる方も、おられるかとは思いますが、ひとつの意見です。

コメント

肉喰男 @eatthemeat2854 2016年4月13日
【微修正】販売機会とか風評被害とか損失を出してしまうとか、それはあくまでまとめ主個人の考えに過ぎず、権利者側も同じように思っているとは限らないよね。あくまでケースバイケースだけど。
slips @techno_chombo 2016年4月13日
権利者がそういう考えであれば、50万人以上の集客で年2回も行われるコミケとかを放置してるのは理屈に合わないのですが、そのあたりはどうお考えでしょう?
耳の人 @he_noki 2016年4月13日
公式と競合するかはとっくに協議済みで、漫画はスルー、フィギュアは当日版権、ゲームは企業によるのが一般的。例えば艦これの場合、漫画は自由だけどゲームは厳しく取り締まってる。
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2016年4月13日
鬼の首を取ったようなこと言う人が出そうだけど、これもこれで「一人だけの意見」だな。
#53 @hsgwkyt 2016年4月13日
少なくともこのツイート主の近辺ではその様な運用であるということで、他の団体がどの様な協議を行っていても一般的な拘束力は無いですよ。
ヘルヴォルト @hervort 2016年4月13日
言ってることは何も間違ってないが、著作権保護を徹底するほうが赤字がデカイという事実。ならばメリットだけ見て黙認しちゃったほうが良いというのが現状。なので徹底抗戦出来る体力のない、または意志の弱い権利者は守られないのが現状。
ヘルヴォルト @hervort 2016年4月13日
ニトロプラスなんかは規約作ったら猛反発で改定を余儀なくされちゃったし。黙認文化を肯定する人は自分に都合のいいように、見てない部分を設定してるだけ。もちろん自浄しようって意見も出るけどね
nekosencho @Neko_Sencho 2016年4月13日
たしかに、権利者踏みにじってもいいじゃんファン活動だからって感じのをたくさん見かけるからなあ。二次創作のルール定めようかってだけで同人系からボコられるとかさ。
やらかど@やらか堂 @yarakado 2016年4月13日
版権が関わるグッズは同人誌と違って商業の製品ともろにバッティングするので、許諾を受けて仕事をしている側がこういう見解になるのも当然だとは思う。 それに漫画ならともかくグッズで二次「創作」って言うのは難しいんじゃないのと思わなくもない。
肉喰男 @eatthemeat2854 2016年4月13日
hervort 自分に都合のいい内容を求めるってのは、誰にでも起こりうることだから。俺もあなたも例外ではない。
肉喰男 @eatthemeat2854 2016年4月13日
Neko_Sencho 「ボコられる」ってのが具体的にどのような形式だったのか自分は知らない。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月13日
そも二次創作の同人グッズの場合、元タイトルを隠して売れば無版権の詐欺商売だし、元タイトルを出してれば商標権の侵害だし。二次創作の同人グッズを堂々と売ってるサークルは、そろそろ痛い目に遭えばいいとかなりマジで思ってる。
ヘルヴォルト @hervort 2016年4月13日
eatthemeat2854 そうですね。権利者の心権利者のみぞ知るですね。なので権利者に問い合わせることは間違ったことではないですし、権利者が発表したらガイドラインには従うべきですよね。
ヘルヴォルト @hervort 2016年4月13日
eatthemeat2854 「ニトロプラスの同人ガイドラインに対する改定に対する漫画家・水龍敬氏を中心とした反応」とうまとめなどがわかりやすいかと思います。特にコメントで熱心に議論がかわされています。最近ではエレン先生の権利問い合わせ問題がそうですね。
竹箒清掃中 @takebouki_kirei 2016年4月13日
そもそもグッズに言及した編集の中の人とかいたかね?そこも触れるとまたややこしい事になるから普通本の話しかしてないと思うけど。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
だからグッズ類は別建てだと何度言ったらわかるのか…
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
グッズ類の場合は、無許諾で頒布(優勝無償を問わず)すると、正規ライセンスを受けて公式グッズを出してるライセンシーと競合する「海賊版」ということになるので、版元が黙認したくても黙認できません。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
最悪、版元が何を言っても言わなくてもいきなり警察沙汰になる可能性すらあります。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
海賊版取り締まりには数の多寡や有償無償の区別はありませんので、お目こぼしの余地がほぼありません。
abc @ooaappii 2016年4月13日
面白い話をするとコミケに持ち込むのは「薄っぺらければOK」ってのがある。かさばらなければ本と同様に扱われるがそうでなければ無許可海賊版だってね。キーホルダーや抱枕は薄っぺらいからOK。厚みのあるフィギュアやぬいぐるみはNG。コミケに立体物を持ち込もうとして炎上する人はたまに出る。とくにフィギュアは「ワンフェス潰す気か?」ってなるから周囲の対応が早い。
abc @ooaappii 2016年4月13日
ニトロプラスの件は、女性向けで無許可グッズを作るのが常態化してそれに対して厳しい態度を取るメーカーが目立ってきたことからの流れだからそれも踏まえて見てほしいね。ブロッコリーとかはっきり言ってるよ同人本は見逃せるがグッズはうちの商売と競合するから取り締まると。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年4月13日
二次創作漫画と違って #同人グッズ(キーホルダーとか)は公式許諾ビジネスと”直接”競合する海賊版、という認識はもっと広まった方がいい
ハドロン @hadoron1203 2016年4月13日
実際に無許諾でコスプレ衣装を製作・販売してた広島市の業者が逮捕されている。中国に発注しネット販売で3億稼いでいたとか。こういう版権ものグッズの管理は、広告代理店が手がけることが多い。ガンダムだと創通、プリキュアとかワンピースはアサツーDK、ポケモンはジェイアール東日本企画といったようにね。アニメ制作プロダクションや出版社じゃあないんだよ。
abc @ooaappii 2016年4月13日
とらのあなで同人グッズとしてキーホルダーとかタオルとか湯のみとか売ってるの完全に業者としてやってるだろそれって勢いだしなあ。アクリルフィギュアって文字見た時は震えたよフィギュアじゃなかったけど。東方東方言われて気分悪いだろうけど本当に東方気分で艦これやラブライブやガルパンやってる。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2016年4月13日
本来、同人誌とは「手作り」で本を作り、少数を売っていた。その手作り感がある種の味でもありました。それはグッズでも同じかと。
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2016年4月13日
シンプルな話、敵を増やせばそらしばかれやすくなるって。相手が1社だけなら黙認できても2社になったら単純計算2倍怒られやすくなる
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2016年4月13日
いつのまにか、本の製本・印刷どころか、ラバーストラップだの抱き枕カバーだのを業者に発注するのが当たり前になってきた。「素人でも一般商品と変わらないクオリティのグッズが作れるんだ」という事が”それが当然である”という感覚として麻痺してくるのは、海賊版として認識される恐れも出てくるという事。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2016年4月13日
同人グッズそのもののあり方を、多くの人が、今一度見つめなおしてみる時期なのかもしれない。本当に業者に頼んで大量生産することが同人グッズのありようとして当然のことなの?って。
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2016年4月13日
敵って言ったが大げさでも比喩でもなく完膚なきまでに敵っていう認識になっちまうんだよな。本人がファン活動のつもりでも
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
コミケで海賊版グッズを売ろうとして阻止された事例。 http://togetter.com/li/706339#c1573109
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
公取や警察が本格的に海賊版摘発する場合、手作りだろうがなんだろうが手加減はありません。
№0 一尉@2/24め10b @kazui_h_razdaz 2016年4月13日
誘導ありがとうございました。同人グッズに関しては自分の儲けはほぼない」と言う発言は軽率であったと反省しております。 その昔、ラミカやシール時代を経ておりますので、いつまでもその感覚が抜けないのかも知れません。 今のグッズは一般に流通しているものと変わらぬものも多いですしね。昔は上記に挙げたものも含め、もっと素人っぽい可愛いものでしたから。
№0 一尉@2/24め10b @kazui_h_razdaz 2016年4月13日
グッズの問題の場合、男性向けはキャライラストが主流のようですが女性向けの場合は意匠やデザインモチーフのイメージグッズのものが多く、これらはまたどう言った括りになるのか(例えばキャラのカラーを用いたビーズアクセサリーや簪など)それこそ多種多様になった故に線引きが難しいものも多くなった気がします。 自分も当事者として考えていきたいと思います。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2016年4月13日
イラストに関しては、PCで描くことが当たり前になったことで、それこそ版権ものとほぼ変わらない絵でグッズ作ることも可能になっちゃったんですよね。だからこそ、今度は同人活動するほうに、「オフィシャルとは違うんだぜ」的な"癖"や"個性"をグッズに大きく当て込む必要があるのかもしれないです。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
グッズ類は原則アウトだと思っておいた方がいいです。 http://sea-goods.hatenablog.com/
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
グッズやるならワンフェス等で当日版権取ってやってください。こっちは完全に白なんで。
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年4月13日
http://otanews.livedoor.biz/archives/51799451.html アニプレックスからNoが出て販売停止になった例。 と言うか基本「東方がなんでもあり(すぎる)」だっただけだと思う。
アフロジャスティス @djsackman 2016年4月13日
紙袋や団扇みたいなノベルティも本当は際どいよなぁ、東方ジャンルでは壁サークル同士の競争が激化した末に本やCDにノベルティ付けるのがもはや当たり前になってるけど、それって普通に販促活動だし。ファン活動の枠内に収まるものにはどうしても見えない
DIE @DaiNagao 2016年4月13日
個人的には完全にハンドメイドなら分からなくもないかな~と思うけど第三者からみたら関係ないしね。あと、個人的な体験談を言うと、昔、プリントTシャツ屋さんでとある著作物をワンオフ私的利用目的で問い合わせたんだけど軒並み断られたコトがある。まぁ、コレは俺が世間知らずだったんで恥ずかしい過去なんだけど、それを踏まえると、キーホルダーやらストラップやらの同人グッズが溢れてるってコトは、業者側もそれがマズイ行為だと認識してないってコトだよな~と思った。
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年4月13日
『あまり真剣に受け止めないでください』  真面目にやれ。
DIE @DaiNagao 2016年4月13日
sadscient なるほどw。妙に納得w。
じーさん @GAS474 2016年4月13日
eatthemeat2854  あくまでも今までの私の立場での意見です。 作家さん、編集者さん、ファンそれぞれの意見があるように、いちグッズ製造者の意見として受け取っていただければと思います。  「みんな意見が違って、みんな良い」
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年4月13日
グッズはじめ立体モノは公式と競合し得るので厳しい判断を下されやすい。この解釈は、それこそワンフェスなどにおける一日版権の「必要の母」であった点( おもしろさは誰のものか:“同人出身”ガイナックスが語る、同人誌のグレーゾーン (1/2) - ITmedia ニュース http://goo.gl/uW3Hga )、また既出の通り、ブロッコリーやニトロプラスのグッズ制限案件からも明らかである。まぁそういった認識は皆に広まって来ているだろうと思うよ?
じーさん @GAS474 2016年4月13日
techno_chombo  権利者の考えはその団体、担当者、時期により異なるのであろうし、それぞれの考えはわかりませんので、必要があれば問い合わせます。  立場ごとにより、利益の受け方は異なりますので、コミックマーケットなどの存在を容認するのは、それが利益を受けるからなのだろうと推測いたします。  私として、自社製品が売れないことには直接的な利益を生みませんが、市場が活発になることは間接的な利益をもたらしませんので、単純に否定しているわけではありません。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
商標法違反については意見がどうのって問題じゃねえんすよ。実際の損失の多寡もファン活動かどうかも手作りか量産かの区別もないんです。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
手作りのウルトラマンマスクをたった5個(売上25万)売っただけで摘発された事例。 http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1015918972/
きゃしゃん@てつや @chasyan 2016年4月13日
djsackman まあ東方は、そもそも商業ですらなく。神主が二次創作活動に全面的な太鼓判を押してますから別問題ですよ
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年4月13日
…で、なぜこれを「今」言うのかと。やはりエレン先生二次創作案件は、世の認識において「特殊」だったのだろう。私に言わせれば、俗に言う「ナマモノ」と同種の感覚でやるべきものかとは思えど、かと言って現状ほどに場が湧き上がるべきものだとも思えん。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
「ファン活動だから」「赤字だから」「数が少ないから」「手作りだから」等の事情は、海賊版摘発に関しては一切考慮されません。
じーさん @GAS474 2016年4月13日
he_noki hervort  まとめツイートで言及しておりませんでしたが、キャラクターグッズには自治体などのゆるキャラや海外キャラクターを用いたグッズもあります。  ご指摘の規約におかれましては、法令や業界団体での規約ではないため、すべてのキャラクター版権に適用されているものではないのが実態だと思います。 また、規約として定められていても、認知の度合いや実際に守るかどうかについても、問題が残っているものと思います。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
sadscient FRP手積みで1個5万なんて製造にかかる材料費や手間等考えれば利益はほとんどないです。念のため。
じーさん @GAS474 2016年4月13日
takebouki_kirei  ご指摘のとおり、編集の方のツイートはおそらく、イラストや漫画など同人誌のことかもしれません。  ですが、はっきりと、明言しているわけでもなく、また単純に二次創作物といった場合には、グッズなども含む場合があることを考えれば、業者の一人としては、関連するツイートは一企業人として不用意な発言であると感じます。
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年4月13日
同人(立体)グッズや海賊版に関する諸々まとめ http://togetter.com/li/623071  「つままれ」は登録商標ですよってお話。 「公式が出さないから同人で作る」のか「公式は第2弾を作ろうと構想中なのに先んじて同人で出されてしまうのか」みたいなあたりはわりと最近頻出してますね…。
きゃしゃん@てつや @chasyan 2016年4月13日
ありていに言ってしまうと契約の話なんですよね。グッズをひとつ出すにしても出版社はグッズ会社と綿密な契約を取り交わし、利用料を払ってる。すべてのグッズがそういう契約の元出されているのに、そういった契約もパテント料の支払いも一切なく「同人だから」とグッズを販売するのは、グッズ会社に対してだけでなく契約を結んでいる出版社に対する営業妨害。「ファン活動」としてそれでいいの?ってお話です。
じーさん @GAS474 2016年4月13日
sadscient  最近では、3次元プリンタでの製作や工場での個人注文もしやすくなったため、昔からの業者としては、目につく案件が急に増えた。と感じます。  著作物の保護や契約の保護についてを、義務教育の早い段階で行う必要があるのではないか。と思っています。
じーさん @GAS474 2016年4月13日
ooaappii JORA_JORAEMON  ネットで検索して通信販売できるとなれば、商売に重大な影響が発生する。と考えます。  しかし、現代日本の著作権管理では、キャラクターの使用許諾を受けただけの一企業では、権利侵害を問うことが難しく、また中小企業ではそのような余力に乏しいのため、黙認せざるをえない場面が多々あります。
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2016年4月13日
たまに「ゲーセンに行ったらpixivにあげていた二次創作の絵を勝手に使ったグッズが公然と売られていた」って話が上がるけど、あれは二重三重の意味で完全にクロだよな~ とか思うなど。 (界隈的に)何が駄目でどこまでが黙認されるのか? というのは、江戸時代にお上に取り締まりされないように色々と名を変え手を変え絵を描いていた浮世絵作家のごとく暗黙知として受け継いでいくしかないか・・・ あれ? 江戸時代と現代でやってること変わらなくね?
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
GAS474 先述のように、このような文脈の場合グッズ類は含まれていないと断言できます。権利主体が違うからです。
じーさん @GAS474 2016年4月13日
kazui_h_razdaz  すべてのグッズ製作を批判するものではありません。  少数生産であったり、有償でも顔見知り限定であったりするのは、著作権はともかく商売上の競合はないと思います。  ただ、ネット通販や即売会での不特定多数への販売は、商売に見えてしまいます。  また、経営者として利益を守るとの意識から、キツい発言になってしまった面もあり、申し訳なく思います。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
GAS474 正規に許諾を受けている場合は版元と公取に通報しましょう。通常、許諾契約は商品領域(アイテム種別、価格帯、販路等)ごとに行われるので、競合する領域では複数の会社に許諾することはありません。正規ライセンスの価値を落とす行為は版元も見過ごすことはできませんので、中小企業だろうが損害が軽微だろうがガンガン告発すべきです。
じーさん @GAS474 2016年4月13日
djsackman  キャラクターを用いたノベルティグッズ、販促物も普通は使用許諾をえて、作成頒布するため、そのような事例も、権利者や正しい契約による許諾者を侵害しているものと思います。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月13日
契約の話じゃなくて、sadscientさんが云うように権利主体が違うから。同人誌などの「創作作品」の場合、例え二次創作でもそこに「創作性」という著作権で保護される枠組みが出来るんだけど、グッズの場合は「創作性」があるとはみなされないため、著作権ではなく商標権・意匠権・不当競争防止法(による差し止め請求)などの範疇になるから。
じーさん @GAS474 2016年4月13日
sadscient tikuwa_zero  ご助言ありがとうございます。 告発などは、企業としての余力や、版権元との力関係にも絡み、すべてに対処できるわけではありませんが、今後、考慮したいと思います。
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2016年4月13日
趣味でやる場合、本業の人と競合するのはなあ・・・。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月13日
GAS474 ライセンシーの立場からは、不正競争防止法で攻めるのがいいと思います。版元に対しても海賊版に対しても。
ヘルヴォルト @hervort 2016年4月13日
二次創作で食ってる奴(文字通りに他に収入源がないよう奴)は、紙だろうと立体だろうと全員どんどん訴えられればいいなって思いました(こなみかん)
鮪號(まぐろごう) @magrogou 2016年4月13日
難しく考えることはないんじゃないかな?簡単な解決方法があるよ。 制作委員会に入って権利取れるぐらい金を出せばいいだけ。
ななしの鳴き声 @ahorieita 2016年4月13日
"身内で頒布"という形でグレーゾーンをいきるなら身内が迷惑をかけないように見張るしかない。そういった管理責任がとれないなら自己責任での活動は不可能。他人に迷惑をかけて同人界隈全体が"あいつが悪い"と身内を切り捨てて自己責任で逃げるのなら勝手にすればいい。どう思われるかも含めて責任だから。
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2016年4月13日
「コミケ1回で委託含めて数千から数万部の二次創作本を売りさばき、グッズ乱発で更に暴利を貪り、あまつさえグッズメーカーや出版社ともズブズブな壁サークル連中を許すな」
神代武流 @tkr_kmsr 2016年4月13日
まあ、実際には公式と競合するグッズって、多くは同人サークルじゃなくて変な業者が適当な拾いイラストで作ったプライズ類の方が主だと思う。
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年4月13日
「身内が迷惑をかけないように見張っての管理責任」が先日あった「エレン先生ネタを使って良いか公式に凸る」とか「旧上岡小学校跡地で女装レイヤーがいたためガルパンクラスタ全面排除と言うガセネタ」とかの方向に行かないようにするのも必要なので…。
houritsu_study @houritsu_study 2016年4月13日
同人誌と立体グッズでは現実に競合する見込みに差があるから企業側の対応の厳しさが違う、というのはわかった。/前者は著作権で後者は商標権(?)、とか、権利主体が違う、という話は理由がまだよくわからないので、もうちょっと法律上の根拠を説明してもらえたら嬉しい……。
ハドロン @hadoron1203 2016年4月13日
例えば単価20円とか30円の駄菓子メーカーだって、ちゃんと版元に許諾取ってライセンス料払って商売してる。昔からね。その辺の交通整理は広告代理店がやるから、出版社やプロダクションは自分の仕事に専念できる。二次創作を巻き込んだ商品展開はボカロ系がうまくやってるけど、そこはアマチュアクリエイターと広告代理店とのすり合わせをクリプトン社が受け持ってるからできること。
きゃしゃん@てつや @chasyan 2016年4月14日
hadoron1203 クリプトンのあれでも立体物は範疇外なんですよ。あくまで楽曲と本限定
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年4月14日
「フランク三浦」の商標認める 知財高裁「区別できる」 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13H15_T10C16A4CC0000/ 丁度今日あった判例だと「パロディのネタだと解ってる」なら大丈夫だって言うのがある。 逆に言うと「この辺りが解るかどうか」が判断出来ないならやっちゃダメだし、口出しもしちゃダメなのよ。
新しい名前が思いつきません @NewName_NoIdea 2016年4月14日
すけてるくん @dorogonn_mind 1分前 hervort 僕も黙認文化を是としたい人ですが、ニトロプラスのガイドライン周辺では権利者であるニトロプラスにゴネるのはお門違いすぎるだろうというのが僕と僕の周辺の大体の意見でした。 主に話題になっていたのは女性向け界隈の方だったように思えるのでそこまで参考になるとは思えませんが一応。
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年4月14日
例えば「面白い恋人」は「セウト」の判例が出てます。 で、結果がこうなってます。 http://www.santa.ne.jp/omoshiroikoibito/ 他の「xxの恋人パロディ」もいっぱいあるし、それを個別にどうしてるかってのも全部別問題。
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年4月14日
「パチものを作られるのは有名税なので仕方ない」でも「上手くやらないとダメなのでそこら辺は解ってるよね?」だから「この辺りで線を引いておこうよ…」ってのがよく解る判例で「白い恋人の石屋製菓」と「面白い恋人の吉本興業」が手打ちしてます。
亜山 雪 @ayamasets 2016年4月14日
同人グッズ製作業者とか、やばいよね。
佐渡災炎 @sadscient 2016年4月14日
hervort ニトロプラスのって、改訂前後で意味は全然変わってなくて、読み違えたアホが騒いでただけじゃなかったっけ?
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年4月14日
厳密な定義で言うと「判例」では無いですね。お互いに一歩も引かずに最高裁判決まで争った とかでは無いので。「ネタで解る範囲で販売を認める」「買う人もネタだから解って買ってくてれる」「本家の利益を害しない程度でならOK」って言う和解の範疇です。逆に言うと「そこまで上手く出来るか」が基準でしょうか。
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年4月14日
「知財は沼」ってエレン先生の時でも言ってたしTPPと非親告罪の時も話題になったじゃん…。 だから外部が口出しするものじゃないのよ…。 Amazon楽天Yahooとメロンとらの違いとかもその辺りじゃないかなぁ…。 販売幇助を何処まで連帯責任になるかとかも含めて。
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年4月14日
「白黒付く問題じゃない」のに「白黒付けろ」っていうのが一番迷惑なんだけど、だからって「真っ白じゃなきゃダメ」とか「ちょっとでも黒い所があったらアウトだから申し立てる」ってのも困るのよ…。なので「上手くやろう」なんだってばさ…。で、その辺りの例として「フランク三浦」とかを出してみたんだけど。
ハドロン @hadoron1203 2016年4月14日
chasyan いやいや立体物も対象ですよ。クリプトン社は著作権を二次創作者に開放してますが、商標権は膨大な商品群をカバーしてます。
#53 @hsgwkyt 2016年4月14日
だから二次元と三次元で著作権法上の扱いは変わらんってば。三次元だと直接権利者の利益とぶつかる事が多いから権利を行使される事が多いだけで。
きゃしゃん@てつや @chasyan 2016年4月14日
hadoron1203 いえ。キャラクター利用のガイドライン読んで頂ければ分かりますが、立体物については無償配布のみが認められており、このまとめで取り扱っているような同人グッズは個別に契約を結ぶ必要があります。ぶっちゃけボカロPとして当時のピアプロライセンスの成立過程はずっと注視してましたので良く存じ上げてますよ。
ハドロン @hadoron1203 2016年4月14日
chasyan ん?私が言ってるのもそういうことですよ。同人グッズでも頒布の範囲を超えたら、個別契約は基本ですね。等身大のフィギュア作って販売しなくても広告塔として使ったら、それは商用とみなされますので許諾は必要です。
しようい@ろてく @stonfield777 2016年4月14日
自作手作り品はまだしも、業者に生産させてるのはライン超えてると思う。原資しだいで何百何万個も作れるわけだし、正規にライセンスとってやってる業者と変わらんよね
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2016年4月14日
業者にグッズ作ってもらうってどうなんだと思ったけどよく考えたら同人誌も業者に刷ってもらって製本してもらうんだった。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月14日
セウト=アウトだよね?その件は和解(名称はそのまま、パッケージは類似性のないものに変更する、和解金の支払いはなし)になってるので、アウトではないですよ。 RT masano_yutaka:例えば「面白い恋人」は「セウト」の判例が出てます。 で、結果がこうなってます。 http://www.santa.ne.jp/omoshiroikoibito/ 他の「xxの恋人パロディ」もいっぱいあるし、それを個別にどうしてるかってのも全部別問題。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月14日
あ、セーフ+アウトでセウト? うーん。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月14日
同じ知財でも著作権で守られる「創作性のある二次創作」と、そうではない商標権・意匠権・不当競争防止法などの侵害に当たる可能性を孕むのが「創作性のない同人グッズ」という話であって、著作権法上の話なんて誰もしてないよ。あえて云うなら知財上の話。 RT hsgwkyt:だから二次元と三次元で著作権法上の扱いは変わらんってば。三次元だと直接権利者の利益とぶつかる事が多いから権利を行使される事が多いだけで。
#53 @hsgwkyt 2016年4月14日
tikuwa_zero 法律はその様な区分はしません。
#53 @hsgwkyt 2016年4月14日
まあ「創作性のある同人誌」と「創作性のない同人グッズ」という並べ方してる時点でアレですけどw
#53 @hsgwkyt 2016年4月14日
あ、ちがうわ。「創作性のある二次創作」ね。二次元でも三次元でも、創作性があろうとなかろうと、一次著作物の著作権による排他的権利を侵せばダメなんだよ。これは創作性のある部分の保護とは無関係。
houritsu_study @houritsu_study 2016年4月14日
同人誌の方がセリフやストーリーがあるため付加部分に創作性が認められやすく、グッズの方が認められにくいというのはありそう。でも付加部分に創作性があるかどうかは、原著作物の権利者との関係には影響ないのでは(著作権法11条)。
ヘルヴォルト @hervort 2016年4月14日
hsgwkyt 面倒くさい話になるんだけど、二次創作は一次創作(原作)の著作権は犯しているけど、二次創作作品そのものにも著作権が発生するんだよね。つまり原作著作者が二次創作を無断で使うこともダメ。これがUFOキャッチャーとかで無断で二次創作作品使うことがアウトの理由。で、この二次創作の著作権を認める基準が、作品の創作性なんだよ。で、フィギュアなどは原作再現性が高いので創作性が認められにくいっていうこと。
ヘルヴォルト @hervort 2016年4月14日
つまり立体物がアウトになりやすいのは創作性が認められにくく、複製物という扱いになるから。紙媒体に例えるなら、公式画像をコピーして売ってるとみなされるってこと。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月14日
権利者の排他的権利を侵していても創作性(独自性)があればOKな(著作権侵害に当たらずと判断される)実例として、masano_yutakaさんが「フランク三浦」の件をあげてるのにね。にわか知ったかマン怖い。
houritsu_study @houritsu_study 2016年4月14日
付加される創作性がないなら複製権侵害(21条)、創作性があるなら翻案権侵害(27条)で、いずれにせよ原著作者に対しての関係でいえば著作権侵害になるわけで、 hsgwkyt 氏が正しいように思うんだけど、どこで見解がわかれているんだろうか……。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月14日
そも、「創作性のない同人グッズ(手作りのワンオフ品や、同じく手作りの少数製作品ならば、創作性アリ=著作物扱いされる可能性もある)」=「工業製品」は著作物に当たらないと理解していれば、最初から著作権法なんて話は出てこないから、「二次元と三次元で著作権法上の扱いは変わらん」なんてアホな寝言はぶっこまないよねって話をしているんだけどね。
#53 @hsgwkyt 2016年4月14日
…もしかすると「創作性が認められると著作権者が変更される」みたいなイメージなのかなw
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月14日
明らかに問題とされるのは「創作性のない同人グッズ」なので、最初から著作権の範疇ではなく、商標権・意匠権・不当競争防止法の範疇の話だよって事なんだけど。 RT houritsu_study:付加される創作性がないなら複製権侵害(21条)、創作性があるなら翻案権侵害(27条)で、いずれにせよ原著作者に対しての関係でいえば著作権侵害になるわけで、 hsgwkyt 氏が正しいように思うんだけど、どこで見解がわかれているんだろうか……。
#53 @hsgwkyt 2016年4月14日
フランク三浦の件は「ネタ元と全然違うから混同しようがないので商標権の侵害にならんよ」という判決。商標権が区別する機能に着目した権利だからこうなる。ここら辺は「面白い恋人」事案の結末を見れば、何がダメで何がセーフなのか分かると思うんだけどねえw
ヘルヴォルト @hervort 2016年4月14日
tikuwa_zero 商標が認められただけで、時計単品で訴えればミューラー側が勝てそうなデザイン多い気がする…
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月14日
相手が一言も書いてない事を持ち出して批判するのを、世間様ではわら人形批判って云うんですよ。覚えておきましょうね。同人グッズの話をしているのに同人誌の話と誤認・誤読したり、ロクな反論も出来ずに草生やす事しか出来ないにわか知ったかマンじゃ仕方ないけど。 RT hsgwkyt:…もしかすると「創作性が認められると著作権者が変更される」みたいなイメージなのかなw
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月14日
判決文で製品イメージの外観の違いにまで言及した上での結果だから難しいんじゃないかなあ。少なくとも高裁で判決出てるんで、日本で再び訴えても通らない気がする。ミューラーがスイスで裁判起こしたら速攻で三浦が負けそうだけどwww RT hervort:商標が認められただけで、時計単品で訴えればミューラー側が勝てそうなデザイン多い気がする…
#53 @hsgwkyt 2016年4月14日
学部レベルの工業所有権の授業でもこれくらいの話はやると思うのだがなあ。
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2016年4月14日
同じ知財でも工業所有権(産業財産権)と著作権が別物って事は素人でも判別つくんだけど、にわか知ったかマンは辛いね(ほろり)/しかしホント、具体的な反論が出来ずに人格批判だけって、詭弁まっしぐらで面白いね。 RT hsgwkyt:学部レベルの工業所有権の授業でもこれくらいの話はやると思うのだがなあ。
#53 @hsgwkyt 2016年4月14日
商標権侵害の事案に対する理解が変だよって話なんだけど、とにかく都合の悪い著作権から話をそらしたいのかなあ。
#53 @hsgwkyt 2016年4月14日
このまとめは同人グッズに対する著作権の考え方をそれなりに権利があると自認する人が述べた物なんだけどねえ。
jpnemp @jpnemp 2016年4月14日
[c2637999] 税務署ナメたらいけませんぜ、旦那。
houritsu_study @houritsu_study 2016年4月14日
tikuwa_zero 「創作性のない同人グッズ」が「最初から著作権の範疇ではな」い、という点が、私はわからないです。あなたは、「創作性のない同人グッズ」は、元著作物についての著作権(複製権または翻案権)を侵害する、とお考えですか? 侵害しない、とお考えですか?
houritsu_study @houritsu_study 2016年4月14日
私は「原作品に著作物性が認められ、それを元にして同人グッズを作る行為には創作性の付加が認められない場合、同人グッズは『二次的著作物』(2条1項11号)にはならない。しかし、その同人グッズを作る行為自体は『複製』(21条)にあたるため、原則として著作権侵害になる。」と理解している。
houritsu_study @houritsu_study 2016年4月14日
tikuwa_zero この発言からすると、ちくわさんのお考えは「原作品に著作物性が認められ、それを元にして同人グッズを作る行為には創作性の付加が認められない場合、その同人グッズは『工業製品』であり著作物に当たらない。そして、著作物にあたらないものを作る行為が著作権侵害になることはない。」ということなのでしょうか……?
小野阿久斗 @504timeout 2016年4月14日
横から申し訳ないですが、JRRCのサイトより”複製とは、作品を複写したり、録画・録音したり、印刷や写真にしたり、模写(書き写し)したりすること、そしてスキャナーなどにより電子的に読み取ること、また保管することなどを言います。”また、著作権法第2条1項15号複製より"印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製すること"とありますグッズを作るのは複製に当たらないでしょう
houritsu_study @houritsu_study 2016年4月14日
504timeout 最高裁ポパイネクタイ判決では、ポパイの図柄が入ったネクタイについて、その図柄が「複製」にあたると判断されています。グッズによって、「複製」にあたったり「翻案」にあたったりどちらにもあたらなかったり、全てあり得るので houritsu_study のいいかたはちょっと雑でした。http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/776/054776_hanrei.pdf
masano_yutaka @masano_yutaka 2016年4月14日
すいません。 セウトはネットスラングです。 セーフとアウトの間の微妙なところ って意味です。 「落とし所を見つけての和解成立」ですね。 「販売差し止めには至らないけどアウトな部分はなんとかしてね」ってのが判決ですので。
deku @dekumino 2016年4月17日
怖いよなぁ、自分のところの商品なのにいつの間にか色々なイメージ植え付けられて拡散するんだから、迂闊にはさわれない。しかも自分のところの商売自体にも影響してくるんだから管理ができない、不確定要素が大きすぎる、怖い怖い。触るも触らないもデメリットがあって、メリットが確定しているわけでもない、もっともっと怖い。
きゃしゃん@てつや @chasyan 2016年4月17日
houritsu_study それですけど。http://www.sekidou.com/law/lives/ip/imgs/Popeye-tm.png と http://www.ilc.gr.jp/saikousai/hanrei/51_2.gif ですから。これが絵として複製(模写)と解されるのは自然であっても、これをしてすべての二次創作を複製権で取り扱うのは無理筋でしょうね。
houritsu_study @houritsu_study 2016年4月18日
「グッズによって、「複製」にあたったり「翻案」にあたったりどちらにもあたらなかったり、全てあり得る」と言っているところに「すべての二次創作を複製権で取り扱うのは無理筋でしょうね。」と言われても「そうですね」と思うばかりです。
きゃしゃん@てつや @chasyan 2016年4月18日
houritsu_study いや、先日の貴方とのやり取りを踏まえた上でのコメントですので。「ポパイ事件の判例がキャラクター二次創作全ての違法性を担保しない」とすでにご理解頂けているならそれでいいんですよ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする