花粉アレルギーで死ぬかも知れなかった話

あるアレルギー性疾患治療剤の副作用として「意識消失」がまだ知られていなかったとき、臨床医いわく「おかしいのはあなたの頭でしょ!いい精神科を紹介しますから、二度と来ないでください。」
1
inaina akihiro @inaina_inb

私がHPVワクチンの副反応について関心を持つのは、かつて私自身が同じように、ある薬を飲み始めてから発症した症状を医師から心因性と診断されたからです。 後日、それは投与された薬の副作用だとわかりました。

2016-05-02 23:29:26
inaina akihiro @inaina_inb

私は花粉症持ちなのですが、これまで処方されていた薬では効き目が弱くなり、医師に相談したところ別の薬を処方されました。 その薬は「ジルテック」です。

2016-05-02 23:32:44
inaina akihiro @inaina_inb

この「ジルテック」を飲み始めてから、突然意識を失い気絶するようになりました。医師にそのことを伝えたところ 「この薬で気絶するような副作用はありませんよ。飲み始めなので効果が強く出過ぎたのでしょう。しばらくしたら収まりますから飲み続けてください。」と言われました。

2016-05-02 23:37:42
inaina akihiro @inaina_inb

「そうかぁ、そんなこともあるんだな。鼻水は出なくなったし、しばらくして収まるならいいか。」と思い、そのまま飲み続けました。 しかし、気絶がとまることはありませんでした。

2016-05-02 23:42:41
inaina akihiro @inaina_inb

改めて医師に相談したのですが 「この薬の注意書きに気絶するなんて書かれてませんし、そんな報告も聞いたことありません。あなたの気のせいですよ。安心して飲み続けてください。」と言われ、再度処方されました。

2016-05-02 23:45:07
inaina akihiro @inaina_inb

「そうか、気のせいか・・・お医者さんの言うことだし間違いないだろう。」 医師の言う言葉を信じて、そのまま飲み続けました。

2016-05-02 23:51:44
inaina akihiro @inaina_inb

それでも気絶は止まりません。数日に一度だったのが、ほぼ毎日気絶するようになりました。ホームで電車待ちをしているとき、自転車を漕いでいるときにも気絶して、危うく事故を起こすような場面もありました。 気が付けば、飲み始めてから1か月半経過していました。

2016-05-02 23:55:25
inaina akihiro @inaina_inb

「これはいくらなんでもおかしい。やはり薬のせいではないか?」と疑いを持ち、もう一度医師に相談しました。 が、医師からは思いもよらぬ診断を受けました。

2016-05-02 23:58:54
inaina akihiro @inaina_inb

「何度も言ってるけど、この薬に気絶するなんて副作用は記載ありませんし、報告もありません!おかしいのはあなたの頭でしょ!いい精神科を紹介しますから、二度と来ないでください。」 と診断されたのです。

2016-05-03 00:02:06
inaina akihiro @inaina_inb

@rei_koike そうなんだけど、俺の場合、詳しく書くと、意識はしっかりしたまま体が動かなくなる。頭の中では「動けー、動けー」と命令してるんだけど手も足も動かないし喋ることもできない。そのうち意識も無くなっていく・・・という症状でした。眠気は感じなかったなぁ。

2016-05-03 00:05:36
inaina akihiro @inaina_inb

そこまで言われてしまい、困り果ててしまいました。 ですが、よくよく考えてみると薬を飲まなくても鼻水じゅるじゅるが止まらないだけで死ぬわけじゃない。 というか気絶するほうがむしろ危険だ、と開き直って飲むのをやめました。

2016-05-03 00:10:49
inaina akihiro @inaina_inb

すると、気絶することはなくなりました。 鼻水とくしゃみはひどくなりましたが・・・

2016-05-03 00:13:04
inaina akihiro @inaina_inb

そのまま花粉症の季節も過ぎ、気絶で苦しんだことも忘れていたのですが、年が明けてまた花粉症の季節が近づいて、さぁどうしよう・・・二度と来るなと言われたし別の病院を探すか・・・いや、待てよ?ホントに副作用じゃなかったのかな?薬の名前で検索してみよう!

2016-05-03 00:18:07
inaina akihiro @inaina_inb

で、調べた結果がこちらになります。薬品会社のHPです。 medicallibrary-dsc.info/di/zyrtec_tabl… 2011.07.01 使用上の注意改訂 が記載されています。

2016-05-03 00:20:56
inaina akihiro @inaina_inb

リンク先のPDFがこちらです。 medicallibrary-dsc.info/announce/revis… 3ページに副作用の追記があるのですが、なんということでしょう!その一つに「意識消失」があるではありませんか。 これを見たとき、私はポカーンと口を開けたまま開いた口が塞がりませんでした。

2016-05-03 00:26:08
inaina akihiro @inaina_inb

しばらくしてからはっと我に返り、同時に医師に対する怒りがこみ上げてきました。 「記載がないとは何事だ!ちゃんと書かれてるじゃないか!このPDF印刷して持ち込んで問い詰めてやる!・・・待てよ、2011.07.01か・・・俺が薬を飲んでいたのは2011年の5月までだ。」

2016-05-03 00:34:22
inaina akihiro @inaina_inb

ということは医師が言った「薬の注意書きに気絶するような副作用の記載は無い」というのはその時点では事実だったわけです。 販売開始当初の医学や治験ではわからなかった。しかし、その後の追跡調査や医学の進歩で新たな副作用が判明した・・・というわけだったのでしょう。

2016-05-03 00:39:47
inaina akihiro @inaina_inb

だからといって、「あなたの頭がおかしい」と診断するのは如何なものかと思うのです。 この言葉を真に受けて精神科へ通院していたら既往歴に残ります。仕事にも影響し社内評価も落ちたでしょう。金融機関から融資を受けることも難しくなったでしょう。

2016-05-03 00:47:06
inaina akihiro @inaina_inb

注意書きに副作用の記載がない。そのことを理由に心因性と断定し患者の心や頭の異常のせいにして、まともな診断をせず、追跡調査もしないのは、医学の正常な発展を妨げるだけではないでしょうか? 私はそう思います。

2016-05-03 00:56:53
inaina akihiro @inaina_inb

以上、私の実体験でした。 これからもHPVワクチンの副反応については注意深く関心を持っていきたいと思います。

2016-05-03 01:02:26

コメント

わい(ry @waidottowai 2016年5月3日
つい先日、巷でよく使われているロキソニンの副作用記述に追記がなされたように、極稀にこういうことはありますね。たとえ副作用として記述されていなくても、患者側に明確に問題が起きているなら処方は変更するものだと思うのだけれど…。ただ、心因性で実に様々な症状が起こるのも事実なので、それを疑うのも理解は出来るんだよな…。末端の医師にはちょっと要求が酷かもしれぬです。まぁ患者側にとっては関係のない話ですが。
4