【熊本地震】車中泊に雇用、経済… 被災地が抱える課題をシェアするMeetupのまとめ

被災地の課題をシェアするMeetup「第1回むしゃんよか熊本」(5月10日)の議事録です。
震災 熊本地震 支援 復興 熊本 ボランティア
4
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
第1回むしゃんよかMeetupスタートです! #むしゃんよか熊本 で議事録的につぶやいてまいります。 #熊本 #熊本地震 #むしゃんよか熊本
まこらぎ @makoragi
ちょっと興味あったが家を空けれず… #むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
早くも熊本地震のニュースの量が少なくなってきている。#熊本 #熊本地震 #むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
物資の配送に関して。個人で始めた方がいる。発災後、ずっと配っている。行政の目が行き届かないところに配送している。指定外の避難所など。自分から電話をかけて、2tトラックで。現状として、益城のわらべ保育園に昨日行った。一番震源に近い場所。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
市の話を聞いていると、物資は足りているという。でも、こまめな声を聞いていく必要がある。SNSで吸い上げるのもありだが、最終的に繋がるのは電話。アナログ。その人の知り合いとかでないと難しい。よく聞くと、足りてない、買い物に行ったけど目当てのものがなかった、となる。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
まだまだ物資は足りていない。車中泊の方は特に。物資が欲しいという方、もしくは配送を手伝ってくれる方がいたら、ぜひ教えて欲しい。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
益城町で写真スタジオをやっている。私は今住んでいる。目を覆うような景色が広がっている。自宅は無事だったが、30秒歩けば空爆があったような光景。益城町は多くの個人や店が全壊している。でも、人が生活している街でもある。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
報道のされ方で、もう復興したと思われている部分もあるかもしれない。風化を防ぐためにも、無料で益城の写真を撮影して、チャリティー写真展を県外でやっていきたい。被写体は壊れた家、人etc...。熊は傷ついたが、全てを失ったわけではない。震災前の写真も展示したい。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
「がれき」という表現をされるが、その人にとっては「自宅」。あんまりそういう表現はしたくない。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
益城町、西原村が大変と言われるが、報道が集中するのは問題。イメージがそうなってしまっている。他の地域にももっと困っている方がいる。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
発災直後、「よか隊ねっと」というボランティア団体が立ち上がった。行政の手が届かないところで、炊き出しや物資の輸送をしていた。その中で気づいたのが、他の災害と異なり、車中泊が非常に多いいうこと。実態調査が必要となった。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
よか隊ねっとと北九大の先生が車中泊のアンケートをとった。その集計の手伝いを、私たちがやった。グーグルスプレットシートで。個人情報がなかったので、クラウド上でやった。104人分。それをもとに、先生が報道陣に発表した。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
私地震も1週間車中泊していた。マンションの7階なので、揺れるし、怖かった。車だったら、いつでも逃げられる。周囲に高い建物なかったら、安全。これ自体、間違った判断ではなかったと今でも思う。多少の揺れはサスペンションで、安心して寝られる。軽のワゴン車。足も伸ばせた #むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
ペットや子供の問題などで、車中泊者が点在。行政の把握は困難。お金がなく、仕方なく車中泊している人も多い。知人は、被災で井戸が壊れ、自宅に住めなくなった。表に出にくい被害。熊本の経済圧迫するだろう。行政の金銭面での支援も、ずっとは続かない。一時的なものだろう。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
先のことを考えて、何をしていくべきか、考える時期にきている。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
車中泊は移動するので、実態把握が困難。もっといいとこ、もっと便利なとこないかな、と私も移動していた。トイレが最も大変な問題。始めの頃は、コンビニもトイレ使えなかった。何度川で用を足したことか。まずはトイレが使えるとこを探して車でさまよっていた。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
2度目の地震で自宅で亡くなった方が多くいらっしゃった、高齢者は、早く自宅に帰って、となる。周りに止めてあげる人間がいたらよかったのだが。。今は、仕組みを考えるチャンス。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
学校再開のニュースが流れているが、学校に避難している人が出ていかなければならない。車中泊の人が増える可能性がある。そういった人たちの心境はどうなのか、ということで追跡調査は必要。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
今支援に来ている団体は、いずれ出て行く。地元が自立していく必要もある。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
車中泊は、現状支援がなされていない。今回、アンケートをとって、課題が顕在化した。これからその課題を検討していかなければならない。東北では、津波があったことと、寒さで、車中泊は少なかった。支援が届く避難所にいざるを得なかった。熊本みたいにコンビニ行けなかった。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
車中泊の人たちへのリーチの仕方として、ラジオはいいのでは。災害FMは、制度や生活情報が多い。目に見えない被災者をどう支援していくか、という視点も必要。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
これからは地域レベルで細かいニーズを把握して、行政に投げる仕組みづくりをしなければならない。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
アンケートは、1人あたり30-40分かけてやった。メンタル面でも良かったとの声があった。被災者は誰かと話したがっている。特に車中泊の人は話し相手いない。人と接するという意味で、アンケートは非常によかった。#むしゃんよか熊本
田中森士 | Shinji Tanaka @shinjitnk1
本当に困っている人の声は、届かない。昨日西原村へ行ったが、農家は畑の復旧作業でいっぱいいっぱい。人手が足りない。でも、どこにお願いしていいかわからない、と話していた。ニーズをどう吸い上げるかが大きな問題。でないと行政も支援の手を差し伸べられない。#むしゃんよか熊本
残りを読む(24)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする