ある性暴力の記憶

ある性暴力の記憶
ジェンダー
4
佐々宝砂 @pakiene
私は小学生のとき性暴力を受けたけれども、加害者は中学生でちょっと知的障害があった。その人はまだ小学生だった私に「好きだ」と言ってきた。私は「まさかー」とげらげら笑った。笑ったのが悪かったのだと小学生でもわかった。気持ち悪いというのも悪いのだとわかった。
佐々宝砂 @pakiene
私は相手をひどく傷つけたのだということもわかった。だから私はそれから二度と男性をバカにしない。あざ笑わない。気持ち悪いとも言わない。身体的特徴も、知的な問題も、絶対にあざ笑わない。私だって殺されたくはないんだ。
佐々宝砂 @pakiene
ネットだったら、まあ、多少は笑うこともある。多少はな。
佐々宝砂 @pakiene
知的障害を持ち、たくさんの人にバカにされ、比較的バカにしなかった小学生女子(私)に「好きだ」といったら笑われた中学生男子がどれほどの鬱憤をためこんでいたか、いま想像すると涙がでる。同情でも共感でもないな。どうしようもない感じの涙だな。
佐々宝砂 @pakiene
長い時間が経ったから私は消化したけれど、むこうはどうなんだろうか、多少なりとも幸せにやってるだろうか、と思うことがある。
佐々宝砂 @pakiene
ところでこないだ幼稚園にこどもを迎えに行ったら、うちのこ(女)、おしっこしたいと言ってトイレに入った。すると同じクラスの幼稚園男子が「あ、トイレだ」と言ってやってきて、うちのこの入ってるトイレを覗き込んだ。幼稚園のときからそんなのあるんですよ…怒っといたけど…
佐々宝砂 @pakiene
うちのこもあほうなので相手にちっとも文句言わなかったけど。「トイレ覗かれたら怒りなさい!」とうちのこにまで怒るはめに…
佐々宝砂 @pakiene
とにかくうちのこは萎縮しないでほしいな。わたしはずっと萎縮してたから。
佐々宝砂 @pakiene
(創作の上なら)みんなぶっ殺せー血だー内臓だー感染症もばッちこいだー、という人間に私がなったのは、高校生くらいからだ。それから人生すごく楽になった。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?