0
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
さてと。出発するか。 ボトムラインの今池は20分あれば着くやろ、という安心感ある。 体調崩してないと良いなぁ。札幌の翌日は可哀想。プロだしベテランでもあるから、心配には及ばないか。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
どこよりも早い熊木杏里ライブレポをしなければいけないわけだが…、ちょっと落ち着きたい。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
熊木杏里ライブレポ。とても良いものを見た。とても良いライブだった。 何をもって良いとするのか。感動できれば、良いのだと思う。 スタートの『ハルイロ』から、酷かった。しんどい曲だとは思うし、裏方の問題もあるのだが、声は裏返りまくりで、破綻しまくり、CDでの心地良さは皆無だった。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
熊木杏里ライブレポ2。ライブにCDとホームオーディオの完成度、美しさを求めているわけではない。 しかし、潔癖なのかもしれないが、プロなら歌詞間違えまくりはやめてと思うし、CDのレベルの7割程度のパフォーマンスはして、と思う。 それができていたか。序盤はできていなかった。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
熊木杏里ライブレポ3。綱渡りというか、これこのまま最後まで波乱なくできるのか?と正直不安になった。 デビュー直後のアーティストがこうなら、これから頑張れということになるが、15年目のベテランで、歳のせい?か声が出なくなっているのである。 今回のアルバム、ツアーのテーマを想起した。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
熊木杏里ライブレポ4。アルバムのレビューで書いた通り、現実に直面しているけれど、それでも頑張りたいんだ、というのが、今回のテーマ。 無茶苦茶な序盤は、それを見事に表現していた。 そして、タイトル曲『飾りのない明日』では、遂に途中で歌えなくなり、中断やり直しとなった。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
熊木杏里ライブレポ5。ただたまたま歌詞が飛んだだけ、てへぺろ、という軽い解釈もできるが、僕は最初の一曲の時点から、この状態では、ストレートに今の心境をぶつけた『飾りのない明日』は歌えない、と予想していたため、完全に予想通りだった。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
熊木杏里ライブレポ6。ただ、調子のほうは、『ハログバ』あたりから取り戻し始めていたのも事実で、『夏色』では、CDの7割の出来になっていたと思う。 MCでも、東京に帰れなくていい、名古屋で埋もれていく、だとか、私今日壊れている、といった弁解的発言があった。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
熊木杏里ライブレポ7。駄目な現実に向き合わなければいけない自分、というものを、身を持って示した後は、いつも注目しているバンドメンバー紹介後の一曲で、『ノラ猫みたいに』。 古めながら、大好きな曲で、盛り上がった。 声の調子はいまいちながらも、純粋に楽しかった。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
熊木杏里ライブレポ8。そして、終盤はノスタルジー特集。これはやばい。泣かされっぱなし。本人も泣きまくっていたが、みんなで一緒に泣けるのがライブの良さだろう。 『バイバイ』でアンコール終わるとか、今までなかったのが不思議なくらい完璧。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
熊木杏里ライブレポ9。決してアーティストとして完璧なパフォーマンスを見せれたわけではないと思うが、等身大の熊木杏里に、力をもらった。 ーー希望が持てなくても生きてはいけるんだと、今なら励まさず、伝えてゆけるんです。 ーーもっと期待したいのさ、自分自身に。憧れの服を着たいだけ。
ふらふら @dry_vanillaice
熊木杏里名古屋終了。改めて思う。歌って凄いなと。歌の持つ力って。序盤の不出来など今となってはどうでもいい。 彼女を知って6〜7年、2012年の渋谷公会堂も行ったけど、今までで一番熱かった。 pic.twitter.com/Rnl9uqSjyS
 拡大
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
やっぱ序盤の不出来ってのは共通認識としてあるんだな。 でも、それも含めて最高のライブでしたよ!
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
2時間あまりで、本当に凄いものを見せてもらいました。完璧を求めるならCD聴いとけって話で、ライブは失敗を見に行くものだと実感。 失敗して、立ち直れたらなお良いわけだが、見事に立ち直ったから、超一流。 序盤は演出としてわざと酷くしたんじゃないかと疑う。
♛ブキャナン(本人) @NikTesl
ーー嫌気が差した時も取り替えられる自分じゃない。恋人よりも上手に付き合ってくものなんだと思います。 …って上手に付き合えすぎだろ。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする