「推測統計」の検索結果

まとめの中から「推測統計」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • 統計解析の目的:知見の一般化?それとも、傾向の確認?その場合の再現性って何?

    推測学のもうひとつの問題は「実際にはほとんど誰もランダムサンプリングなどしていない」ということで,これは別に心理学や教育学,医学などよくそれで批判される分野に限ったことではなくて,推測学の本家本元である農学分野の研究でもランダム性などほとんど保証されないように見える。なので統計的検定などの推測学を使うのをやめて効果量... 続きを読む
    5803pv 58 5 2015年9月4日
  • 渡邊芳之先生 ynabe39の「投票しろ投票しろというより投票するなと言ったほうがみんな投票に行くのではないか。」

    推測でもサンプリングの偏りがモデル化できれば精度はもっと上がるか。推測の発想だと「サンプルが偏っている」と考えるわけだけど「それでも大丈夫」というのがビッグデータの話なんで。選挙予測では「ビッグデータ」を標榜するものが旧来の推測を基盤にするものに対して特に優位性を示さなかったことも印象的だった。推測で予測が当たら... 続きを読む
    4295pv 19 8 2014年12月15日
  • 厚生労働省による食中毒統計の話

    時々、食中毒の件数とか死亡数の統計が日本だけ諸外国の100分の1とか1000分になってることを呟いているけど、あれも諸外国が推測なのに、日本だけそれをやってない、という話だから。実をいうと日本も食中毒の推測はやっていて、アメリカと比べてこれは少なくなってるとか、これは変わらないとか、比較も出来るんだけど、厚労省が「まだ研究中だから... 続きを読む
    305pv 2020年4月18日
  • 月1基礎統計実況

    統計推測推測学)は記述統計学と確率論の橋渡し……? #月1基礎統計記述統計学で得られた知見を確率論で修正するために必要なのが推測学、って認識で良いのかな? #月1基礎統計やること 1.記述統計学 2.確率論 3.統計推測 #月1基礎統計最終的な目標は統計推測ができるようになること #月1基礎統計統計の有用性語ってる #月1基礎統計統計は全体... 続きを読む
    424pv 2013年4月8日
  • 山岡重行氏に対する北田暁大氏の批判

    大数の法則の理解の問題も、有意差理解の問題も、データ接合も、つまるところは、推測の捉え方の問題に直結する事柄ですから。「科学哲学の基礎は人文社会系で必須だろう」と言いたいところだが、江口聡さんが山岡先生の推測の理解・分析を「標準的」と言ってしまうこんな世の中じゃ。ご自身の分散分析、重回帰分析の理解の問題、推測の捉えた... 続きを読む
    7073pv 10 5 users 1 2019年7月19日
  • 『P値の利用に伴う諸問題を考慮した社会心理学系のジャーナル』

    続) 使用しないという選択が正しいかどうかは分からないとしており、「何らかの推測学を利用せずに科学を行うことは不可能である」と述べています。続) BASP誌の編集者は、「著者は、今後もP値や帰無仮説有意性検定に類する統計学的手法が含まれた論文を同誌に投稿することはできるが、その部分は出版前に削除される」と明言しています。また、「推測... 続きを読む
    1021pv 11 2015年10月30日
  • 外国語教育メディア学会(LET) 第80回 中部支部研究大会中のつぶやき

    推測が「効果があった確たる証拠だ」とするのがとっても危険だということはよく分かるのだけれども、逆に考えて推測の立ち位置というか、どのようなスタンスで推測を扱えばいいかが自分の中でモヤモヤ。 #letchubuヒストグラムを描いてから、記述統計を計算する。逆ではない。 #letchubu記述統計を出す前にきちんとヒストグラムを描いて分布を見よう。... 続きを読む
    1664pv 9 1 user 2012年12月1日
  • 【元旦早々】心理学は自然科学か?【学者乙】

    RT : そこに都合よく出現したのが推測学だ。もともと自然科学の方法は人文学が対象とする個体差や誤差の大きい人間行動にはなじまないところがあったが,推測学によって比較的少数のデータから人間一般の法そこに都合よく出現したのが推測学だ。もともと自然科学の方法は人文学が対象とする個体差や誤差の大きい人間行動にはなじまないところがあ... 続きを読む
    10063pv 65 32 users 2011年1月1日
  • 第1回R勉強会@東京

    記述統計推測 #TokyoR統計学: 確率変数と確立分布、正規分布、t分布。統計の分類: 記述統計推測にわかれる。#TokyoRが統計の話をしているのは聞こえてきた統計学... #orehamoudamedaJPなぜRを使うのか 最近の統計解析手法への対応。#TokyoRTsukuba.Rだと全然統計の話出てこないのは不思議ですね!Rとは、オープンソースでフリーソフトの統計解析向けプログラミング。 ... 続きを読む
    2625pv 5 3 users 2010年1月28日
  • 『Technical Term』の安売り・誤用にご用心;統計用語を例に

    しばらく前の「フィッシャーの推測は農業試験場から農業試験場に直輸入された」という話と結びつけると,輸入経路で言葉が変わったりしてることもあるかもしれない。植物系の方が輸入は早かったはずだ。心理学で日常的につかう用語が統計学に導入されていたら、先生も心理学の論文で統計を使う時に悩ましかったのではないか、と思います。RT : 心理学で日... 続きを読む
    1461pv 1 2011年1月7日
  • 「疑似相関」ってなんですか?

    推測の話も含んでいるから結構入り組んでると言うか、ややこしいですよね。。。それを鑑みて、この一部のデータからは調べたい全体についてこれくらいのことが言えそうだ、とするのが推測。これが数年前から疑問を持っていた所w だから、擬似相関あるいは見かけの関連と言った場合、推測の文脈で、「標本では関連がある(強い)ようだが母集団... 続きを読む
    17175pv 42 31 users 2010年8月18日
  • トンデル先生の本音 

    【補足追加】標準誤差と標準偏差の使い分けかた(ブログ記事) 標準偏差(SD)は観測データの散らばりを意味、記述統計を行う場合に使用。標準誤差(SE)は標本の散らばりを意味、母数を推測する際のずれとして推測を行う場合に使用。2)昼食を食べながら、彼の論文の統計手法について話が弾んだ。面白かったのは疫学研究で使う用語と経済学で使う統計手法(... 続きを読む
    17939pv 264 39 users 14 2012年4月24日
  • サンプル数5から始まる科学談義

    この問題は人文学で推測を用いる時には本質的な問題なんだけど,あまり議論している人がいない。RT : 個別例の差異と共通点からより大きな母集団における差異と共通点を推測するRT : 個別例の差異と共通点からより大きな母集団における差異と共通点を推測するRT : 個別例の差異と共通点からより大きな母集団における差異と共通点を推測するそれはなんらかの... 続きを読む
    4650pv 3 1 2010年12月26日
  • 2014.9.27, 次期指導要領改訂にむけた数学会での有志勉強会メモ

    統計いれろは経済界からも声が強い。推測は大事だが正規分布の式を書くだけでも数IIIの知識が必要。二項分布でやったらどうか検討の余地はある。数学IIに入れて全員に教えてほしいという関係団体もあるが、数学そのものを教える時間が減る。また演繹の議論に生徒がなじめず先生も大変と。統計もその部分があるらしい。統計資料が読めなければ、金融政策も... 続きを読む
    3095pv 37 2 users 15 2014年9月28日
  • 2020.3.2 #新型コロナウイルス 対策専門家会議 記者会見 #この一両日中でわかったこと #北海道 #急拡大 ..

    説明 外国人観光客訪問先の一つ北海道で検査結果で出ていますが1億総国民検査しなければ正確な状況はわかりませんが推測に基づき大阪、東京なども同様に感染拡大は否定できない、と説明🌸当初は、北海道の感染を分析した 結果、若年層からの感染云々と言っていたのに、記者から突っ込まれると、「そうではないかと推測してる」とか。 #安倍首相 擁護の... 続きを読む
    1140pv 15 1 2020年3月2日
  • IBM SPSS 統計フォーラム 2011

    人文・社会科学領域の統計パッケージ利用:心理学、記述統計、社会学、推測、政治学、多変量解析、マーケティング、データ間イニング、その他(仮説発見型のリサーチ、仮説検証型のリサーチ) #spssjpAP Statistics 内容は、日本の大学統計学よりも幅広い内容。①データの集計とグラフ化、②標本調査と実験方法(日本では品質管理、米国では臨床統計)、③確率... 続きを読む
    4290pv 17 24 2011年10月18日
  • 心理学を分類してみた【基礎心理学くん】

    やっぱりコアは要因実験,推測(t検定・分散分析)。ここを起点として観察や調査があったり,多変量解析や質的分析がある。コアからの距離が分かっていると基礎が分かりますね。まともな心理学科には心理学研究法と心理統計学が必ずある理由かと。 続きを読む
    21722pv 63 3 users 26 2015年2月19日
  • 透析室でのプラズマクラスター利用のインフルエンザに対する効果(がなかった)研究について

    一応、語としては、フィッシャー流を「有意性検定」、ネイマン・ピアソン流を「統計的仮説検定」と区別するようですね。歴史的な流れについては、芝村良『R.A.フィッシャーの統計理論-推測学の形成とその社会的背景-』などの本がが参考になると思います。って統計処理してる論文は、いまでもしばしば見かけたりします。さすがに統計処理の妥当さが命の... 続きを読む
    12922pv 96 30 users 2 2010年11月22日
  • [公開読書] 新版 質的研究入門〜〈人間の科学〉のための方法論【第11〜12章】

    ひとつは推測学的なサンプリングである(標本→母集団)。この場合大事なことは、サンプルをとる際、サンプル構造の枠を出来るだけ均等に、すべての場合について埋めることである。これに対し、統計的サンプリングはより抽象的である。 統計的サンプリングがどれだけ質的研究に転用されるべきかは個々の事例によって検討されるべきである(28章)。理論... 続きを読む
    2178pv 1 10 2013年5月16日
  • 数学の考え方 その6

    (言われてみればそもそも推測を指導したことないので評価問題のイメージがわいてない…)この表は学習指導要領の改訂の度に,確率統計,複素数平面,行列の入れ替わりが激しくて作った表なのですが,ベクトルまで追加することになるとは夢にも思わなかったですね。 あと,駿台予備学校の清史弘先生が作られた学習指導要領の変遷のリンクも張っておきま... 続きを読む
    1088pv 2018年10月21日
  • 8/25 #ma研 まとめ

    統計学とは。複雑なデータを見やすくする。記述統計推測。今あるものをはっきりさせる。(ある確率で)一部から全体を推定する。 #ma研統計学的手法は文系的な方法。統計分析には現象を分類する人文的なセンスが必要。統計は必ずしも理系な分析手法ではない。 #ma研以上はこれまでの統計分析の例。ここからが本題。統計学的手法を使うことについて。 #ma... 続きを読む
    1559pv 10 2013年8月27日
  • 帯広畜産大学教授は語る;「合理的とはどういう意味か」ほか

    そこでは記述統計だけで世界が理解できます。個体差が大きくなってもそれを誤差と考えられれば推測学によって「世界の一般的傾向」は理解できます。問題は個体差を誤差と考えられない場合です。それに統計を取れば平均化もできますし。それに統計を取れば平均化もできますし。計算結果と実際の経済統計が誤差10%くらいだったらそれなりに利用価値は... 続きを読む
    3020pv 2 4 users 2010年10月31日
  • 2015年 第8回 山口県英語教育フォーラム

    推測 ・手元のデータを超えて『一般的にはどうなのか』 ・現場の教員などが行う調査は、母集団に偏りがある ・正規分布をしている仮定しているときに、1.96の範囲が積分が95%ならその結果は偶然じゃないとは言い切れない #山口デフォ非常に具体的な指導手順も示されていて、英語を教えられる人がいかに少なかった時代かを推測させてくれます。#山口フォ ... 続きを読む
    4527pv 41 3 2015年11月15日
  • 第1回犬山認知行動研究会議(ICBM-1)

    #iCBM1 ガチの単一事例研究では推測すら使いません(古い話心理屋さんの実験・調査・統計スキルはすごいそうだ。 #ICBM1ライジングスターは,論文の謝辞に名前が登場する回数ナンバーワン(当社推測 でもある #ICBM1次は,清水裕士さん+稲増一憲さん 「社会調査データへの統計モデリングアプローチ」 スライド50枚あるそうなので,誰も寝てはならぬ,というネタ... 続きを読む
    7882pv 52 1 user 1 2018年1月7日
1 ・・ 25 次へ