Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「描写論」の検索結果

まとめの中から「描写論」の検索結果を表示しています。

  • ナレーションの問題

    この構造は、それこそもうリアリズムの誕生以来問われていて(花袋の平面描写vs泡鳴の一元描写)、既成文学の抵抗を企てるたびに必ずといって攻撃を受ける対象だった(横光の4人称・安吾の無形の説話者以来いろいろ)。 続きを読む
    1845pv 2 users 2009年11月21日
  • 小説における描写法、一元描写について

    しかし人間性はさておき、この一元描写については実に興味深い内容である。これは岩野氏が唱えた一元描写に対し中村星湖という文学者が行った批判を受けて、更に岩野氏が反論したものである。さて、それではここに岩野氏の唱える一元描写を用意したのでご覧頂きたい。なお、没後五十年が経過し著作権は切れているため全文のアップに違法性はないこと... 続きを読む
    16301pv 85 10 users 1 2015年10月10日
  • 黒田俊太郎『「鏡」としての透谷』読書メモ集

    島村抱月の純然客観の描写には、先行して手紙文学への関心があった。メモ。 続きを読む
    1844pv 1 7 2019年1月31日
  • MITメディアラボX朝日新聞社シンポジウム メディアが未来を変えるには2014〜伝える技術 伝える力〜

    拡散 RT 植草一秀の『知られざる真実』「美味しんぼ」の鼻血描写争!鼻血が出るかではなく原発を推進すべきかが問題!>海外に売り込む心理が理解できない!『MAX超拡散願』 … 続きを読む
    2345pv 8 2 users 4 2014年5月13日
  • 押井守作品群にみる、「都市論的」描写の「巧みさ」

    押井守さんは作品の中にそういった描写や都市論に基づいた演出を巧みに取り入れていると思います。今観返しても時代性のズレをあまり感じない辺りが驚きですよね。だといいな RT : 押井守さんは作品の中にそういった描写や都市論に基づいた演出を巧みに取り入れていると思います。今観返しても時代性のズレをあまり感じない辺りが驚きですよね。” 続きを読む
    3874pv 3 2010年11月29日
  • 漫画家先生,鼻の描写論(など)語る

    小説の描写でよくある、白人女性のちょっと生意気そうに上を向いた鼻っていうのが好きなんですが、ヘタをするとただのブタ鼻になってしまうのです~。RT : 小説の描写でよくある、白人女性のちょっと生意気そうに上を向いた鼻っていうのが好きなんですが、ヘタをするとただのブタ鼻になってしまうのです~。RT : 小説の描写でよくある、白人女性のちょっと生意... 続きを読む
    18951pv 44 15 users 1 2011年2月25日
  • ジャンルによる描写の違い、及び特殊な視点の使い方の事例

    現代もの、学園もの、というタイプの話は、逆に「誰も見た事の無いものを描写する」割合が、異世界ファンタジーとかに比べて著しく低いので、むしろ主人公達の内面描写やら何やらの描写に枚数が割けたりする。#sousaku実はこれもものすごく最低限の描写です。要素を並べておいて、それを「どう統合して見るか」という意味で「気弱」という言葉を置く。まあ、... 続きを読む
    6076pv 8 1 user 2011年6月25日
  • 初代ふたりはプリキュア最強論について(オールスターズ描写中心まとめ)#precure #プリキュア

    もしS☆Sが無かったら、あるいはあそこまで強くなかったら、初代+MHのオールスターズ映画での過剰演出はまず無かったでしょう S☆S勢があまりに強すぎる(空中戦は大体彼女らに任せるしかない)ため、同じ‘ふたり’プリキュアとして、遜色無い働きを強いられてのあの不自然な強さ描写と思います 続きを読む
    3042pv 1 user 2020年2月29日
  • 五代ゆう先生の描写論ー「設定」と「描写」の違いー、及び榊一郎先生によるネタ出し論 ー農業を例にー

    情景描写、事物描写の他に、世界観だの何だのが言葉として選択された要素から描かれているのに注目してください。 #sousaku「ないもの」であるドラゴンやエルフ族を、あたかも「あるもの」であるかのように錯覚させるほどの、きちんとした描写、実感を伴った描写をすることが肝要なのです。#sousakuで、だからその「描写」ってどうやって思いつくのさ、そもそも「... 続きを読む
    44283pv 141 32 users 1 2011年6月24日
  • 大塚英志『感情化する社会』読書メモ集

    「自己啓発書は構造しかない教養小説なのであり、教養小説からそれこそ「描写」を徹底して抜きとり、機能性のみに特化したもの、ということになる」(大塚英志『感情化する社会』)。なるほど。大塚英志『感情化する社会』は非常に面白いのだが、割と頻出する堀江貴文の描写不要論なるものが繰り返し参照される割に先のページだけ示されるのでやや不便。先... 続きを読む
    2163pv 1 user 9 2019年1月27日
  • エロ規制派TOMIAM77=智美がまともな若者に「二次元には被害者いねーだろバカか」って突っ込まれて何も反論できなく..

    エロ描写が誤解偏見を生むというのは見る人間を否定してる。大人だから現実でやっていけないことくらい理解してる。でも性欲はあるからエロいものを求めてるだけ。「エロ描写が誤解偏見を生む」論はボクシング番組を見た者は他人を殴るようになる、といってるのと同じエロ描写が誤解偏見を生むというのは見る人間を否定してる。大人だから現実でやっていけ... 続きを読む
    3691pv 25 1 user 2012年6月12日
  • 渡邊芳之先生ynabe39の「田舎の交通が不便だと言うと「好きで住んでるんだろ,嫌なら都会に住め」と言われるが,都会..

    これは「ヘイトスピーチはもともと表現ではない論」「性描写はもともと表現ではない論」の基本的人権版だな。「パチンコやお酒はもともと人権ではない」ということだ。 続きを読む
    6116pv 8 2013年4月22日
  • 物語「冒頭説明」論〜その是非や効果をめぐって

    説明的な視点のシーンで描写過多だと変でしょ、みたいな。描写に凝りすぎてページ数足らないよって人は「描写しない勇気」を持つのも手です。描写は視点によって変化するので「とにかく描写しなきゃ」みたいな文章が続くと読み辛さに繋がります。新人賞応募作にはとても多いタイプです。「説明でなく描写せよ」は言いたいことは分かるけど、その2つが二項対... 続きを読む
    17191pv 61 32 users 2 2018年8月19日
  • お気に入り 「セカイ系とは何か」実況読書 1章

    そうした、内面世界描写の方法論は、ウテナに限らず、多くのアニメに受け継がれていった。 #sekaikeitohaおっと、自意識の描写に向いたメディアである小説・ノベルゲームこそが、内面へのこだわりを受け継いだというのは、俺が書くまでもなく、前島の1章の結論だった。 #sekaikeitoha 続きを読む
    2237pv 2 2 users 2010年2月19日
  • ロリコンエロマンガはヘイトスピーチか否か

    ヒント:描写対象が実在していても、フィクションの中での加害描写がヘイトではなく正当な時があります。さらに言うと「蔑まれている描写」と「蔑むのを正当化する描写」の違いは主観論なので差別化不可能です。また更に私はヘイトスピーチ違法化反対です。それはまた別の機会にへの兼光流解答要約: 1)特定集団に対しての危害を加えるよう作者が読者に呼... 続きを読む
    12050pv 106 10 users 3 2014年11月1日
  • 規制派discaエクパットが魔法少女マギカを借り観てる

    現代人権論にたてば性的描写のゾーニングの徹底こそが漫画文化を守るとになり、観たい人/観たくない人の両方の権利擁護に繋がるのでは?。誰も描くなとは言ってない。 続きを読む
    1499pv 3 2012年1月11日
  • 初代ふたりはプリキュア最強論について #precure #プリキュア

    わずか数秒のこの部分だけを切り取って全プリキュアの戦闘の総括とするのは論として雑すぎる 大体フレプリ映画にもガチカンフー描写がありますしね「初代ふたりはプリキュア最強論について(プリキュアオールスターズ描写中心まとめ)#precure #プリキュア」をトゥギャりました。もちろん初代(+MH)の戦闘シーンは魅力的です 後の作品のように頻繁な個別技バン... 続きを読む
    23113pv 42 4 2020年2月26日
  • 見えるもの/見えないものを絵にする漫画表現の話

    ハンタの念能力描写は、ユリイカの荒木飛呂彦特集に書いた視点論と近づけて考えられる問題ですね。バトル漫画全般にひろげて考えれるので面白いところです。テニプリの描写とかも、非常にビビッド。ドラゴンボール的な「気を感じる」という描写は「むっ、殺気!?」とか「こやつただものではないな・・・・」等々の昔ながらの時代物の描写を肥やしにしてい... 続きを読む
    5428pv 1 6 users 2010年3月12日
  • 「ソ連ではいくら働いても給料が上がらないのでみんなやる気を失って崩壊しました」などという資本主義者のデマには我慢なら..

    ブルガーコフの『巨匠とマルガリータ』には、さっき書いた作家同盟専用レストランや外貨専門店の描写や、作家のキリスト描写をつるし上げる戦闘的無神論者同盟の論文などが出てきて、ソ連の生活感を体験できるのでおすすめである。 続きを読む
    132730pv 978 467 users 114 2016年9月11日
  • 【エヴァ】ブラック特務機関ネルフ

    あと、なんとなく不気味な街並みとかも、Jホラーとエヴァに共通する描写。また、鶴田監督の『踊り場のともだち』で、一瞬男の子の霊が写りこむカットなんかもエヴァっぽいきがする。【エヴァ論】ああいう描写によって、自分を見つめ直すよう誘導されてる。あと、ミサトがシンジに「あなたと一緒に戦いたかった」みたいなことを言うシーンもそう。大人たちが... 続きを読む
    19991pv 51 84 users 2010年6月3日
  • 15年経ったみる∀(ターンエー)ガンダム 第11話~第25話

    と切り返す所といい、ユーモアな描写が溢れる回だと思う。戦闘ばかりではない、こういった生活感があって人間味溢れる描写こそ∀らしさと云えるだろう。ギャロップの機関砲の誘爆で死者が出たり、MS越しで顔見えないから戦えるとふとロランがソシエに告げたり、描写が生々しい。患者さんの足を切断する手術など一見重い描写だが、これも人の生活の一部なのだ... 続きを読む
    4347pv 8 1 user 2014年10月1日
  • ミステリとジェンダー

    創作とフェミニズムを分離しようとする奴らは斎藤美奈子先生の「紅一点論」を読んでアニメの女性描写がいかに杜撰なまま子どもに提供してきたかを学んでこい明智が死んでから出しゃばってくるヒロイン、犯人の女とその周辺の男に至るまでジェンダー観のアップデートを怠ったら人物描写が死ぬことを教えてくれる反面教師的な作品だから 続きを読む
    2405pv 10 2018年12月26日
  • 電撃文庫編集部の三木一馬氏が語る『要素の相対論』

    冒頭~中盤まで世界観説明、キャラクター描写はなるべく親切に書いておきます。そして肝心なこだわりの部分は、わざと不親切に描くのです。とくにこれは人間関係の描写で威力を発揮します。そんな「不親切」な表現の前に、そのキャラクターが相手のことを好きになっているだろうな、と思われる描写を「親切」に描く。そこが大事なのではないかと思う次第で... 続きを読む
    2820pv 13 1 user 2011年11月22日
1 ・・ 25 次へ