「気象業務法」の検索結果

まとめの中から「気象業務法」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • 予報=予知? #御嶽山 噴火についての火山学者・早川由紀夫 @ HayakawaYukio 氏による #気象業務法 ..

    #気象庁 #気象業務法 #御嶽山#気象庁 #気象業務法 #御嶽山〜 #御嶽山 #気象庁 #気象業務法#御嶽山 #気象庁 #気象業務法…" #御嶽山 #気象庁 #気象業務法RT : 気象業務法13条の再改定が必要である。#御嶽山 #気象庁 #気象業務法 〜 "(2)火山現象予報 噴火、降灰等の予報で、静穏な状態が予想される場合や火山現象警報が解除される場合に、「噴火予報」の名称で発表されま... 続きを読む
    5915pv 53 1 2014年9月28日
  • 気象業務法は世界的にみて時代遅れになっていないか?―世界の新たな立法例と政策課題の簡単なまとめ

    韓国で最初(1961年)に制定された「気象業務法」は、日本の気象業務法(1952年)の丸写しに近いものでした。2005年に「気象業務法」を全面的に見直した「気象法」と、新たな「気象観測標準化法」が制定されました。後者は、公的機関が行う気象観測の標準化とその成果の統合的な利用のために政府全体が協働する仕組を定めており、日本の気象業務法の第2章後半... 続きを読む
    2516pv 3 2 users 2018年1月10日
  • 気象業務法第37保全部隊(別称:はれるん隊)の一番長い日

    気象業務法 無粋ついでに。第三十七条には罰則がある。気象業務法で唯一、職員などでない一般の方に実刑の可能性ありとしている(さすがに例は知らない。たぶんないだろう)気象業務法第三十七条に基づき攻撃を受けます(37保全攻撃)。私の友人も重傷を負いました。アメダスに接近する場合は必ずはれるんの人形を身につけて接近して下さい。お気をつけてw気... 続きを読む
    8001pv 91 2 2015年5月23日
  • 改正活火山法を考えた。

    9月27日その日に、間に合うように噴火警報を出すことは不可能だったが、私が指摘しているのは、それにもかかわらず、気象業務法13条でそうしろと定められていることを指摘した。気象庁長官はあのとき、法に定められた義務を履行できなかった。気象庁長官は、一般の利用に適合する噴火警報を出す義務を気象業務報13条で課されている。この活火山法改正は、それ... 続きを読む
    3623pv 20 8 users 7 2015年11月30日
  • 気象予報業務についての考察

    気象業務法第17条は予報しか対象にしてないですよ気温38度超えにゅっと」とツイするのは、気象業務法的にはどんな扱いになるのだろうか?また、大気の諸現象ではなくあくまで下駄という物体の動きの観測ですから、気象業務法の対象外(脱法行為)と考えます。「業務」と「業」の間に法令上の解釈の違いってあるのかな。気象業務が「気象業」ではないのはなぜ... 続きを読む
    2651pv 9 1 2012年6月28日
  • 立入規制と避難を気象庁長官が決めていいのか

    気象業務法を元に戻したい。それとも、2007年12月気象業務法改正の構造的欠陥か。それを、気象業務法をかえて、警戒だけでなく立入規制までするようになった。気象業務法のその2007年12月1日にかえた部分は、上位法である災害対策基本法に違反している。「気象庁は危険性を科学的・客観的に判断しているに過ぎません」その認識は、まったく違う。2007年12月の気象... 続きを読む
    6082pv 42 2 users 2011年2月6日
  • 台風が発生したってウソ画像を発表すると気象業務法違反になる…のかな?

    最近よく気象業務法違反が問題になるね……。気象業務法違反……具体的には、気象業務法46条2号の「17条1項の規定に違反して許可を受けないで予報業務を行つた者」に当たり、50万円以下の罰金に処せられるんじゃないか、ってことみたい。 ちょっと気象業務法17条1項の条文を引いてみようか。わたしが気象業務法17条1項の規定を読んで考えてみた結果を言ってみる... 続きを読む
    2951pv 8 5 users 2014年10月21日
  • 気象庁が負う予報義務ってどの程度のもの?~御嶽山の噴火に関連して(気象業務法13条)

    気象業務法13条本文に定める気象庁の予報義務 - Togetterまとめ から「今回の御嶽山の噴火について、気象庁は気象業務法13条本文に定める地象(火山現象も含む)についての予報義務を果たしていなかった」って意見を見かけたけど、ほんとにそう言えるかな? いま手元に気象業務法に関する資料は置いてないけど、条文から考えたことをつぶやいてみるよ。(1/8)... 続きを読む
    2715pv 18 2 users 2014年9月30日
  • 特別警報や避難勧告などについての法規定をみてみる

    具体的には、気象業務法と災害対策基本法だね。気象庁は気象、地震、津波、高潮、波浪、洪水について予報や警報をしなければならないんだ(気象業務法13条1項)。具体的にどんな種類の予報、警報を出すかは政令(気象業務法施行令4条)に委任されているよ。政令(気象業務法施行令4条)に定めのある各種の注意報の定義をみると注意報も予報の一種であることが... 続きを読む
    3952pv 31 2 users 2014年8月10日
  • 長官の責任、会長の責任

    2007年12月の気象業務法改正は、気象庁がみずから望んでしたものである。気象業務法をすみやかに再改訂して、(地震と同じように)噴火は予知できないと、この国は再確認すべきだ。気象業務法13条に定められた義務を遂行できないまま死者が何十人も出たことについての言及がありそうにみえない。残念なことだ。気象庁長官は、地象についての一般の利用に適合す... 続きを読む
    12786pv 178 9 users 25 2014年9月29日
  • 気象観測してデータをインターネットで公開するには気象庁の許可がいるって、ホント?

    気象業務法6条違反には罰則規定がないみたいだ。気象業務法「第二十六条 気象庁以外の者で、その行つた気象の観測の成果を国内若しくは国外の気象業務を行う機関、船舶又は航空機において受信されることを目的とする無線通信により発表する業務を行おうとするものは、気象庁長官の許可を受けなければならない。」こういうページを掲載する前に気象庁の許可が... 続きを読む
    8361pv 66 2 users 2016年8月28日
  • 特別警報の周知義務は誰にあるか

    改正気象業務法の条文は、これ。災対法を置き去りにしたまま、気象業務法や土砂法を変えてきたために、おかしくなってる。気象業務法で自治体のやることが義務付けられてるの?→<特別警報>3市町、住民への周知せず(毎日新聞) - Y!ニュースその権限がほんとうにほしくて、失敗したときの責任を取る覚悟があるのなら、気象業務法などという自分の土俵では... 続きを読む
    2618pv 29 2 users 2013年9月19日
  • 気象庁の放射能拡散予測を巡る騒動 - SPEEDIは気象庁ではなくて、文科省の所管だ 2011/3/16-4/5

    気象業務法17条はすみやかに廃すべきだ。(ちなみに、気象業務法第17条については、本業で廃止へのロードマップを書いたことがあったりする)【1/3】日本気象学会理事長通知の中身の話をするのを忘れていた。おそらく、この通知は、放射性物質の拡散予測には、気象業務法(~同法施行令)に定める警報とは違って、防災対応の統一性を図るためにシングルボイス... 続きを読む
    7617pv 25 1 user 2011年4月27日
  • じつは、噴火の予報・警報の業務をするには気象庁長官の許可がいる。

    気象業務法の縛りはない(東海アマさん、よかったね)。噴火も、2007年12月の気象業務法改正までは勝手に出してよかった。そうそう、忘れていたけど、気象庁が2007年12月から噴火警報だすことになったから、気象予報士でもないのに噴火警戒を言うと、気象業務法に違反するんだよ。御嶽山爆発のあとの私のツイートなんて、違反しまくりだ。(予報業務の許可) 第1... 続きを読む
    1671pv 9 1 user 2014年10月20日
  • 気象庁の火山監視業務には課題が山積み

    【要旨】気象庁は気象業務法の定めに従って気象警報を発表する。たとえば台風が接近すると大雨警報や暴風警報を発表して住民に警戒を呼びかける。気象業務法気象庁に地震警報を課していないが,噴火警報は課している。2007 年 12 月の法改正でそうなった。しかし2014 年 9 月 27 日に御嶽山が噴火する前に,気象庁は噴火警報どころか噴火予報すら出せなかった。... 続きを読む
    1816pv 11 2017年4月1日
  • 気象庁噴火警戒レベルの功罪

    気象業務法13条の改正、2007年12月 (重要だから何べんも出す)気象業務法 23条 気象庁以外の者は、気象、地震動、火山現象、津波、高潮、波浪及び洪水の警報をしてはならない。 これは、13条に「気象庁は、、、、一般の利用に適合する予報及び警報をしなければならない」とあることと対をなす条文だ。ほんらいは、気象庁が地震増加を粛々と報告して、地元市町村... 続きを読む
    9496pv 115 9 users 20 2014年10月3日
  • 進歩する気象予報と、立ちはだかる法律の壁…「柔軟な対応を」「正確性を守るには規制も必要」など様々な意見が集まる

    研究結果の公表に気象業務法が壁になっているという話。一方で、気象業務法は適当な天気予報が乱立しないための重要な規制となっており難しい。 /このままでいいの?“出せない”天気予報|NHK NEWS WEB個人的に7年ぐらい前から情勢とのミスマッチについてどうなのこれと思ってた気象業務法。趣旨はわかるから情勢にあったように早く変えたほうがいいと思うけど... 続きを読む
    7774pv 7 60 2018年6月7日
  • 御嶽山裁判(第4回)を傍聴してきました。

    レベル2にしなかった過失を問うよりも、結果責任を追求して噴火警報を出すとした気象業務法13条を10年前に戻して噴火警報は出さない(出せない)ように法改正するのが、再びこのような災禍を起こさないために必須です。気象庁は10年前に気象業務法を改正して、一般の利用に適合する噴火警報を出すことをみずからに課しました。しかし、噴火警報ないまま63人が... 続きを読む
    3510pv 2 80 2017年10月10日
  • 気象庁の吾妻山噴火予報

    きょう気象庁が出した吾妻山の火山情報は、気象業務法13条が課している「一般の利用に適合する予報及び警報をしなければならない」義務の履行なのどうなの?吾妻山は噴火すると思ってるの?まだ噴火しないと思ってるの?読んでもわかんないよ。2007年12月の気象業務法改正前のように、噴火の予知できたらしめたもの。でも、たぶんできないだろうから、噴火した... 続きを読む
    4719pv 47 1 user 11 2015年1月15日
  • 御嶽山噴火裁判の訴状と答弁書などを読んで

    論点は予想できたかできなかったかではなく、気象業務法13条が規定する「一般の利用に適合する警報」が出たかどうかだ。出せなかった。出せないまま63人が死んだ。この事実は重い。今後もこの責任を問われることがないように、気象業務法13条をすみやかに元に戻さないといけない。地震警報を出さないのと同じように、噴火警報も出してはならない。そもそも地... 続きを読む
    1936pv 8 2017年11月2日
  • 気象業務に独特の #オープンデータ 推進に向けた議論の歴史

    (31)与える等の手法を採る家父長主義的な民間気象業務政策から脱却するという、より自由主義経済及び法の下の平等に適合した変化を必然的に伴うともされる。また、遅くとも2009年までには、加工性データの無償・無制約の提供は現行の気象業務法の下で実施可能であることも確認されている。(41)、現在、気象庁が直接行っている無償・無制約での加工性データが充... 続きを読む
    1692pv 6 2014年8月25日
  • 御嶽山2014年9月噴火(その3 心肺停止)

    気象業務法13条。2007年12月の改悪。気象業務法13条の2007年12月改悪。気象業務法をすみやかに再改訂して、(地震と同じように)噴火は予知できないと、この国は再確認すべきだ。気象業務法13条がいまのままである限り、川内原発は止まらないね。火山噴火は予知できことになってるんだから。(毒)気象業務法13条に定められた義務を遂行できないまま死者が何十人も... 続きを読む
    61736pv 243 13 users 45 2014年9月28日
  • 御嶽山噴火訴訟(第3回口頭弁論)

    気象庁の火山監視業務には課題が山積み 気象庁はこの失態の責任を取る必要がある。あるいは噴火警報を課した気象業務法が不適切である。もとに戻さなければならない。気象業務法13条 気象庁は、政令の定めるところにより、気象、地象(地震にあつては、地震動に限る。第十六条を除き、以下この章において同じ。)、津波、高潮、波浪及び洪水についての一般の... 続きを読む
    2592pv 10 1 user 2017年7月19日
  • まだ何も起こってはいませんが

    じつは気象業務法施行令には「火山現象注意報」てのがあるんだ。2007年の気象業務法改正のときに他に合わせて形だけ入ったんだが、せっかくあるのだからこれを登山者向けに使うというのも一案かもしれん。そのはじまりは2000年有珠山噴火で、その流れのまま2007年気象業務法改正に至る。日本気象庁は、その禁を犯している。きっと気象庁内部でも評判が悪いに違... 続きを読む
    2394pv 26 1 user 1 2014年10月9日
  • 御嶽山噴火 5遺族が提訴 国と県に賠償を請求

    一方、気象業務法13条で、一般の利用に適合するように噴火警報を出す義務が気象庁に課されています。それにも関わらず噴火警報どころか噴火予報すら出ないまま63人が死亡しました。一般の利用にまったく適合していません。賠償責任が発生します。噴火予知はできないから御嶽山災害の責任を気象庁に問うことはできないと思うのが一般的だろう。登山は自己責任... 続きを読む
    6476pv 43 1 2017年1月17日
1 ・・ 25 次へ