2016年8月4日

創作企画 #私のことを君と呼ぶ野良猫 まとめ

『私のことを君と呼ぶ野良猫』をお題とした企画のまとめです。
0
きみのてを @kiminosan

【創作企画】 タグ:#私のことを君と呼ぶ野良猫 期間:~8/2 概要:タグからイメージするものを創作して下さい。小説・絵・詩・写真などなんでもいいです。まとめは作る予定です。ご質問がありましたらリプを送ってください。どうぞお気軽にご参加下さい。

2016-07-29 09:44:40
きみのてを @kiminosan

「人間の恋は面白いね。君もそう思わないかい」と、今さっき振られたばかりの私ににんまりとした顔で野良猫が話しかけてきた。内心ふざけるなと叫びたくなったがそれよりも泣きたい気持ちが強くてその場で泣いてしまった。野良猫は「あーあ」と呟きまた寝入ってしまった。 #私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-29 09:50:30
🐰ྀིぬれぎぬちゃん @mimi_4567

夏の夜更け、缶ビールとサラミをコンビニで買い、フラフラ歩く私を見上げる猫。「君、そのサラミを少し分けてくれないか?」これで何度目かな、と考えながら「いいよ、公園に行こうか」猫もビールを飲むしこんなにお喋りだって、私も初めて知ったよ。もう一回乾杯しよっか。#私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-29 21:46:21
さよ @syrn_

猫を拾った。拾ったといえば語弊があるかもしれないが、彼女を猫というならばこの表現が的確だと思う。黒い毛並みが印象的で、好意を寄せれば鋭い目付きで威嚇をされる。猫にまだ名前はない。名を与えても振り向かないだろう。猫は呑気だ。そして彼女は名乗らない。 #私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-29 22:28:20
九夜月 @oto_no_ya

「ああ、君、君。この辺りに黒猫は住んでいないかね?」上からの声に見上げると、素敵な紳士が塀の上から私を見下ろしていた。蝶ネクタイにこうもり傘。髭の立派な金色の目の猫の紳士が。「近くですよ。ご案内しましょうか?」それが私とあの方との出会いだった。 #私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-29 22:43:43
穴井秋乃 @AnaiAkino

#私のことを君と呼ぶ野良猫 に出会った。厄介事は御免だ、と無視して立ち去ろうとしたが野良猫は「待ちたまえ! そう、君、君の事だよ。少し話がある。お互いにとって利益のある話だ」などと宣う。「君は私を撫でる。私は気持ちがいいし、猫好きな君はとても癒されるだろう? どうだ?」「嫌だ」

2016-07-30 00:37:20
文月撫子 @_______lilylily

夕暮れ。微かに香る雨と、遠くで鳴く蜩。私の長い影だけが歩道に伸びる。「君、そちらは夜ですよ。」と猫が云う、構わず歩き続ける。「これが正解なのよ、嘘は青い。」私は呟く。「にゃおん。夏の夜は儚いね。」 #私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-30 01:00:12
紡実 シロ@つーちゃん @DateBase76

「そこの君、」少し離れた塀の上に白猫がいた。「ああ、久しぶりね。どこにいたの?」 「少し山の向こうまでね。」尻尾を揺らしながら答える。「しばらく見かけないから家を忘れたのかと思ったわ。」 私が歩き出すと白猫もついてくる。「君は昔から大げさだねぇ。」 #私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-30 01:27:08
かな @kanatete

ソレがここに来たのはいつだったか。いつの間にか傍に居て。でも懐くこともなく愛想が良いわけでもなく。半開きの眼の熱い視線。でもお互いにお互いの事は知らんぷり。一度空耳を聞いた気がした。でも空耳とした。「…君」なんて呼ぶキミの事、今でも猫だと思っていたい。 #私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-30 09:41:03
和泉結枝 @0izumiyue0

「君はなかなかの変わり者だね」そうかしら。「普通の人間は、私に気付かないか、気付いても気味悪がるものだよ」こんな素敵な猫さんを気味悪がるなんて、その方が私には不思議だわ。「まあミルクを持ってきてくれるのは助かるし、君とは良い関係でいたいものだね」勿論よ。#私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-30 09:58:18
蟹糖 繭 @kanitau_mayu

「君は猫が嫌いなんじゃないのかい。」どうしてわかったの?「わかるさ、触り方や目付きが違うからね。」ごめんなさい。「謝ることない、でも何で嫌いなら此処に通うんだい?」…猫好きの恋人がね、死んだばかりなの。「…気休めになるかはわからないけど、おいでよ」うん #私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-30 11:22:14
りょぴ。(出戻り) @_Ryopi

「死にたい」と切望する男は姿を消し その場には月に一度 花束が雑に放り投げられるようになった。 #私のことを君と呼ぶ野良猫 pic.twitter.com/RTHFvT9TM4

2016-07-30 15:42:45
拡大
拡大
拡大
拡大
久しぶりに笑ってしまった @takuworld10

「君、はじめまして。僕は話せる猫なんだ」 「何言ってるのよ。こいつは喋ってなんかいないわよ」  私は、猫の首を掴んだ。 「いや、喋ってるだろ。君、聞こえてるだろこの声が、やめろ、そんな強く締めつけるな……」  ほら、喋れなくなった。 #私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-30 16:25:31
🐰ྀིぬれぎぬちゃん @mimi_4567

恋人との通話中、にやけていたらしい。「君、どうした?矢鱈とご機嫌じゃないか」野良猫が目ざとくわたしを見るから、肩をすくめて戯けて見せる。みんなばれているね、そんなに分かりやすいのかなあ。「一緒に暮らそうだって。猫くん、とりあえず今夜はサラミで乾杯ね。」#私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-30 20:05:25
綺想編纂館(朧) @Fictionarys

野良猫の姿が彼と重なって、そっと手を差し出した。「ひとりぼっちで寂しくないの?」思わず呟いた私を映して「君は?」と問う猫の瞳。仕草までそっくりならば、願いをひとつ叶えてほしい。「ねぇ、君はさ」なんて笑って呼ぶ声をもう一度だけ聞かせて。 #私のことを君と呼ぶ野良猫 #twnovel

2016-07-30 22:31:52
陽野あたる@6/24CC福岡O22a @hinoataru07

君、それ以上踏み込んではいけないよと言う声に振り向けば塀の上で寝そべる一匹の猫。人のままでいたいならそれより先に行ってはいけない。世界には超えてはならない理があるのさ、といかにも知った風な口を利く彼。ふと見遣ったその影の尾はゆらり二つに分かたれていた。 #私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-30 22:46:29
砂凪 @sanagi_iganas

土用の猫の日。(長くなったのでスクショで) #私のことを君と呼ぶ野良猫 pic.twitter.com/e39EQAOLbX

2016-07-31 10:40:35
拡大
拡大
拡大
🐰ྀིぬれぎぬちゃん @mimi_4567

虫の知らせみたいに遠回りした裏道。いつもの猫が木から降りられなくなって困った顔をしていた。「君を待っていたんだよ。尻尾が枝に引っかかってこのザマさ。」高所恐怖症の私は慎重にその木を登り始める。迷いなんてこれっぽっちもない。 だって野良猫は私の友達だもの。#私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-07-31 15:24:14
月詞 @luna_0a

「君はなぜ空ばかり見てるの?」 暑さで可笑しくなってしまったのだろうか、黒猫が話しかけてきた。本音を語った所で所詮は夢。相手は猫。 「明日の天気はどうかなってね。それよりアイス食べない?猫さん?」 にゃーと鳴いた猫を抱き抱えてアイスを買いに行った。 #私のことを君と呼ぶ野良猫

2016-08-02 13:24:23
残りを読む(2)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?