4
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
塗りのみのを選択して[拡張]押すとパスに分割されるので http://twitpic.com/403p28
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
これをコピーしてPhotoshopファイルにペースト(Photoshop関連の説明はかなり省略ぎみですがメソッドにかいてあるのであとで誘導します) http://twitpic.com/403pqr
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
このシェイプレイヤーをいくつか複製して(色何色でもいいです 区別できれば) http://twitpic.com/403qdu
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
何しようとしてるのかというとフェルト化しようとしてるので 色と重なり関係かんがえて要らないパスをけずったりします 一番下のは間違えて削ったときのための保険です http://twitpic.com/403s26
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
水色とか紫のレイヤーについては外形があればいいのですがクロスのパスなどを削除すると穴あいちゃうので http://twitpic.com/403sph
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
パスを選択して[組み合わせ]ってやると合体されます イラレの完全合体みたいな感じ Photoshopdでもパスに穴あけたり合体したりはできますよ http://twitpic.com/403tay
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
つくるのがめんどいのでメソッドのデータを流用しますが フェルトのテクスチャはこんな感じでつくれるので それを結合コピーでペーストします http://twitpic.com/403ty2
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
そんでクリッピングマスクつくると型抜きできます まず一番わかりやすい水色の部分についてやってます http://twitpic.com/403ucp
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
色はハードライトのべた塗りレイヤーをクリッピングマスクでのせればつけられます  http://twitpic.com/403v4q
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
これをほかのパーツに対してもやるわけです 色はあとから調整できるのでざっくりでいいですよ http://twitpic.com/403w9e
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
湯沸かしのあいだに こんな画像を描いてブラシとして定義(これもメソッドの流用) http://twitpic.com/403xgt
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
不透明度だの回転だのをいじってるとこんなもけもけした描き味に http://twitpic.com/403zmu
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
あとはこのブラシを走らせるためのパスをつくっていきます ベクトルマスクを選択するとパスパネルに そのシェイプレイヤーのベクトルマスクが表示されるので http://twitpic.com/4040wp
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
パスパネルのメニューで[パスを保存]を選択するとパスレイヤーつくれます http://twitpic.com/40420b
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
すべてのパーツについてこれをやります http://twitpic.com/4042ny
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
ベクトルマスクの上で[ctrl]+クリック(たぶんウィンでは右クリ)でメニューがでて[ラスタライズ]選ぶとラスタライズ(ただのレイヤーマスクに変換)できるのでそれやって http://twitpic.com/4043mg
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
ブラシツールのブラシをさっき設定したもけもけブラシにして、パスパネルの[パスにそって描画]をクリックしてみると ブラシの大きさがでかすぎるのでいったんこれは取り消して http://twitpic.com/4044hr
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
ブラシサイズを小さくして 不透明度などもちょっと弱めてからさっきと同じことを3回くらいやると(ボタンを3回クリックということです)輪郭がいいかんじにもけもけになります http://twitpic.com/4045k1
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
ほかの部分についても同じことやって まずは縁をぼんやりさせます http://twitpic.com/4046hk
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
あとはブラシサイズを大きめにしてまたパスに走らせたり、手で描き足したりしてもけもけにします http://twitpic.com/4047or
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
あとは必要に応じてベベルとエンボスで立体感つけていけばOK 立体感つけたあとにまたブラシでもけもけを描き足すといいかも http://twitpic.com/4048je
拡大
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
設定メソッドと同じなので該当ページ探して書き足します
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
イラレのほうは初心者のとこにもさんざん書いてるから省略 フォトショメソッドのほうは フェルトのテクスチャが098、切り抜きが099、マスクいろいろが131、パスが132、ブラシ定義が138くらいかなあ
井上のきあ@GRAPHIC DESIGN METHOD @yue9
(化けたので再度)見たことあるひともいると思うけど こんなのもできるよ(ただしファイルがとんでもなく重いです) http://twitpic.com/404c9j
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする