2011年2月18日

日本による原潜保有の可能性について

前回の16大綱で政府が密かに原潜保有を検討していたという記事が出た。それを巡る考察。米国からヴァージニア級原潜を購入するなどの形であれば、日本が原潜を保有することは不可能ではないだろう。しかしコストと政治というネックはある。
17
fj197099 @fj197099

原潜保有 政府が検討 16年防衛大綱 中国に対抗も断念(http://bit.ly/ep0Q5O)…重要な話である。中国の軍拡に伴い対潜水艦戦能力の向上が求められるのは必須だ。故に昨年防衛大綱でも潜水艦増隻を決めている。だが通常動力(ディーゼル)型潜水艦には致命的欠陥がある。

2011-02-18 11:38:48
fj197099 @fj197099

つまりはこれはバッテリーで動く潜水艦である。電池が切れれば浮上してシュノーケリングしつつディーゼル発電を行って充電をしなければならない。その時は潜水艦は極めて脆弱になるし敵への対処もできない。航行性能に無視できない限界がある。これが日本の持つ通常動力型潜水艦の限界なのである。

2011-02-18 11:40:58
fj197099 @fj197099

近年は非大気依存(AIP)推進という通常動力型潜水艦の航行性能を向上させる新技術も実用化されているが、一定の効果はあるもののやはり限界は存在する。その点、原潜なら核動力で動くから航続距離は無限だ。バッテリーを気にせず敵を高速追撃することも可能である。両者の間には根本的相違がある。

2011-02-18 11:44:24
fj197099 @fj197099

故に、日本政府が16大綱の時点で原潜保有を密かに検討していたとしても驚くには当たらない。おそらく米国ヴァージニア級潜水艦を購入するという発想だったのだろう。しかし原潜の保守管理や運用には特別のノウハウが必要だ。世論の核アレルギーにも配慮する必要がある。故に見送られたのだろう。

2011-02-18 11:46:27
fj197099 @fj197099

16大綱の時点では時期尚早と判断された原潜であるが、ならば今次23大綱の策定でこの点がどう議論されたのか気になる所である。安防懇報告書もこれを取り上げれば面白かったかもしれぬ。将来も防衛大綱改定に辺り安防懇報告書の様なものを出すのであれば、この問題が取り上げられてもおかしくない。

2011-02-18 11:49:25
fj197099 @fj197099

ちなみに付け加えれば、日本には陸上の原子力発電所の運用には長い経験があるし、核動力の米艦船も空母や潜水艦をはじめとして頻繁に寄港している実績がある。コストと政治という二つの障害を除けば、技術的な観点からは日本が原潜運用を出来ないという理由は存在しない。案外可能な話かもしれない。

2011-02-18 12:18:43
fj197099 @fj197099

どうせ原潜は自国生産はできず米国から買うことになるのです。仮に日米間でそうした合意が可能ならばこうした協定の改定にも問題はないと見るべきでしょう。@makkinobo つ「日米原子力協定」:受理された核物質等は、~いかなる軍事的目的のためにも使用してはならないことを規定している。

2011-02-18 12:33:50
fj197099 @fj197099

原潜が通常型より音の問題があるのは事実。しかし米海軍が保有する潜水艦を全て原潜にしているのはどういう訳か。技術的には解決可能という訳です。その米国の原潜を購入すれば問題は余り大きくないでしょう。@PaperWasp14704 どうやら原潜には騒音の問題がある模様です。

2011-02-18 12:47:12
fj197099 @fj197099

政治の問題は仮定の話になり考慮から外します。どうせ断言できるような結論は出てきません。なお原潜発注数が増える事は国防費削減傾向の米国にとってもメリットではあります。@makkinobo いたずらに軍事バランスを刺激する様な性格の兵器を日本が所有することにアメリカが同意するかどうか

2011-02-18 12:51:15
fj197099 @fj197099

ちなみに言うと、その「いたずらに軍事バランスを刺激する様な性格の兵器」=ヴァージニア級攻撃原潜、オハイオ級巡航ミサイル原潜(SSGN)等を米国は近年頻繁にグアム~横須賀等に寄航させています。国際環境の変化が起こりつつあるという与件がある訳です。@makkinobo

2011-02-18 12:54:23

コメント

fj197099 @fj197099 2011年2月18日
言わずもがなとは思うが一応注意。原潜といっても一般に攻撃型原潜(SSN)と戦略原潜(SSBN)及び巡航ミサイル原潜(SSGN)の三種類がある。戦略核兵器を搭載するのはこのうちのSSBN。これはとりあえず問題外。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
上記の議論は通常兵器を搭載するSSNの話である。この点は要注意。尤も論理的には巡航ミサイル搭載可能なSSGNの配備も排除される訳ではない(巡航ミサイル保有に係る専守防衛との関連整理が必要になるが)。
0
モーイージス @namelessaegis 2011年2月18日
我が国が原潜をどのように運用するのかが重要だと思う。性能だけでの原潜導入に関する議論をしても仕方が無い。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
原潜運用のあり方については当然ながら別途考慮する必要があります。ディーゼルと違い攻撃的な運用が出来ることで対潜水艦戦の幅が広がります。それでも基本はISR、潜水艦の探知と追尾が中心でしょう。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
ヴァージニア級には12発のタクティカル・トマホーク巡航ミサイルが搭載できる垂直発射管(VLS)が存在する。日本が巡航ミサイル運用を考慮しない限りこれは不要だ。導入するならVLSを使用不能にする必要があるだろう。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
もう一つの可能性は退役ロサンゼルス級の配備の可能性があるのかどうなのか。この点はよく分からない。中国相手にISR目的なら何とか活用できるとは思うが、どうなのか。
0
モーイージス @namelessaegis 2011年2月18日
敵国潜水艦の追尾なら、音響測定艦の追加整備も良い手だと思います。原潜も整備と乗員の制約がある以上無限に活動できる訳ではありません。必然的に数が必要になり、他の分野にも悪影響が出てしまうでしょう。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
音響測定艦も悪くはないですが、探知は出来ても十分な追尾が可能なのか?この点は疑問です。また、有事となればステルス性の乏しい水上艦は敵の標的になります。やはり潜水艦に利があるかと。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
原潜に代わるもう一つの対潜水艦戦の切り札は無人潜水艇(UUV)です。これはまだ発展段階の技術ですが、UUVで潜水艦を追尾可能になればだいぶ戦略環境が変わるように思います。
0
モーイージス @namelessaegis 2011年2月18日
潜水艦で潜水艦を追尾する場合、ソナーで探知する必要があります。ですがソナーは高速域では探知が難しいので追尾の際はスピードを落とさなければなりません。そうすると原潜のメリットの一つである高速性は必ずしもメリットとは言えなくなります。無限と言える活動時間も日本の周辺海域だけのパトロールなら通常潜でも問題ないでしょう。
0
モーイージス @namelessaegis 2011年2月18日
ちなみに私は現在の戦略環境なら原潜の優先度が低いと言っているだけで将来にわたって原潜が不要だとは思いません。あと潜水艦同士の戦闘ではソナーや魚雷の性能も重要になります。これらは動力に関係がありません。今後は曳航ソナーや先ほど指摘されたUUVを利用した探知技術が重要になるでしょう。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
通常型潜水艦は会敵時の回避に備えどうしてもバッテリーを温存しがちで攻撃的運用に限界があります。原潜はそうした心配がなく積極的追尾も可能です。作戦行動の面で原潜と通常型を比べればあらゆる点で原潜が勝るから米軍は通常型をもはや使用していません。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
コストや核タブーの問題がなければいずれ日本も考慮することになってはいくでしょう。しかしそれでも運用人員の育成やノウハウ蓄積などに時間が掛かるから直ぐにという話ではないでしょう。ただ、現状の中国の軍拡スピードを考慮すれば、なるだけ早期の着手が望ましいとは思いますが。
0
おかきゅう @okq_okq 2011年2月18日
日本の原子力潜水艦の取得については得る物(戦力)も失う物(国際信用)も色々考えられて難しい。 http://togetter.com/li/64317 http://togetter.com/li/64327 http://togetter.com/li/101996
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
ソナーの件はUUVの運用を含むバイ/マルチスタティック技術の発展で革新が起こりつつあります。そういう技術の蓄積も極めて重要で疎かにすべきでありません。原潜とUUVの導入が長期的には課題になると考えています。
0
モーイージス @namelessaegis 2011年2月18日
近年の魚雷は高速化しており、潜水艦自体の運動による回避よりも囮を用いた回避の方が有効です。また米軍以外の原潜保有国は同時に通常潜も保有しています。米国が全て原潜なのは近海を守る必要性に乏しく、外洋に積極的に出ていく戦略を取っているからです。また戦略原潜の護衛や追尾が任務にあるからです。我が国には近海防衛がメインである以上、通常潜で十分と考えられます。
0
本好き猫 @kizineko07 2011年2月18日
SSNは各国と結んでいる原子力協定に違背しないのでしょうか?
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2011年2月18日
違反しますね>SSNは各国と結んでいる原子力協定に違背しないのでしょうか?
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
まあこの辺りの話は分かっていることと思うので念のためですが、近海防衛でも哨戒海域まで高速移動・帰還でき哨戒時間が伸びるというメリットがあります。潜水艦による対潜水艦戦を積極的に挑むことが出来るという利益もあり、コストのネックはあるとしても原潜であることの利点は大きいです。なお魚雷については潜水艦一般の話で特に原潜とは無関係かと。
0
へぼ担当 @hebotanto 2011年2月18日
原子力協定を甘く見すぎ。日米合意「だけ」ではどうにもならない。>「仮に日米間でそうした合意が可能ならばこうした協定の改定にも問題はないと見るべきでしょう。」
1
へぼ担当 @hebotanto 2011年2月18日
詳細はhttp://togetter.com/li/101996他リンク先を参照願いたいが、原子力協定は単に二国間の関係を縛るだけではなく、他国関与への拘束力も持つことの理解が必須。「国籍」概念を理解されたし。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
上記流れで分かるとおりこの話題で政治的障害の話をするつもりは余りなく反論もしませんが、ひとつのポイントは国際関係では不変の規範など何もないということです。日本単独で何かできるとは思いませんが、米国は国際関係のアジェンダ・セッティングではまだまだ強力なパワーを持っています。長い将来を見れば変わるものは変わります。安防懇報告書も言っていますが国家的意思というものが根幹です。
0
へぼ担当 @hebotanto 2011年2月18日
まともに答えるなら、これに対する原子力協定(改定)面からの回答は2つ。1つは「シーバット」方式。もう一つは「対印原子力協定」方式。しかし、後者は「他国既存拒否権」の面からまず有り得ない。各種原子力協定を精査されたし。
0
へぼ担当 @hebotanto 2011年2月18日
私個人、政治的なコメントをするつもりはないが、安全保障を論じる際、「国家的意思」と「国際約束」の関係を無視するのは危険と愚考。また「国際約束」と(米国・他国が考える)「世界秩序」も不可分。兵器としての原潜必要性のみを考えるのなら、それはそれ。なお、これ以上のコメントは控えます。
0
。。。。 @GriffonXXI 2011年2月18日
この間、アルル・ヒロシが、原子力潜水艦について、濃厚なツイート議論を、白熱展開してたが、それか。
0
まきお @makkinobo 2011年2月18日
仮に全ての政治的障害が取り除かれたとして、それでもなお運用面でのデメリットが大きすぎるかと思われます。まず単純に原潜を維持運用する際のコストが通常動力型と比較して跳ね上がることが一点。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
政治の話は仮定の話。ここでは純粋に軍事的合理性の観点からの原潜の意義について考えてみたところです。まあ政府も16大綱で考えたと報道されている訳だし、思考実験としては有用なのではないかと。
0
まきお @makkinobo 2011年2月18日
アメリカよりヴァ級を購入するとの想定ですが、輸入兵器の宿命として稼働率が低くなることが避けられないという点。稼働率の低さを補い、現在以上の戦力を発揮するためには相当数の原潜を輸入することは避けられないかと思われます。
0
へぼ担当 @hebotanto 2011年2月18日
承知しました。>「政治の話は仮定の話。ここでは純粋に軍事的合理性の観点からの原潜の意義について考えてみたところです。」
0
まきお @makkinobo 2011年2月18日
確かに貴殿のおっしゃる原潜の能力は魅力ではありますが、運用コストの増加と稼働率の低下というデメリットを相殺するだけのアドヴァンテージがあるのか?という疑問を持たざるを得ません。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月18日
一つだけ、興味を引くであろう話を追加しておきます。豪州でも原潜導入の話が議論になっています。コストと運用上の問題から否定的な見解は強いようですが、ポイントは議論が提起されている、ということです(http://bit.ly/h40Hhs)。
0
モーイージス @namelessaegis 2011年2月18日
哨戒時間については同意です。魚雷については潜水艦のスピードよりも囮を使った回避が重要であり、原潜のスピードは必ずしも利点ではない(あればいい程度)という意味です。
0
fj197099 @fj197099 2011年2月20日
ちなみに以上で出ていない話であるが、原潜導入のネックになるのは実は国内産業保護という観点もあるかもしれない。現在、潜水艦の建造は二社が交互で行うことで技術を維持しているというが、原潜を米国から購入となれば日本の潜水艦建造技術は途絶える。原潜のライセンス生産等ということができるかどうかも極めて不確かだ。日本で作れるにしても技術習得に時間が掛かりそうである。
0