みんなのオブザイヤーオブザイヤーを募集中!今年のツイート今年のうちにまとめよう!
23
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
なんか新人賞を通過しないコネデビューというものに壮大な誤解がありそうなのでちょっと連投してみるか……。えっとですね、当然といいますか、○○先生のお友達や○○編集長のお友達である、というだけでノベライズの仕事が回ってる……ということはまずありません。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
たとえばマンガ家さんの場合だと、 1.人気作家のアシスタントをしていて、 2.メディアミックスのコミカライズで初連載もって、 3.オリジナル作品の連載開始、 みたいな段階を踏むケースが(おそらく)けっこうあるんではないかと思いますが、だいたい文字書きもこんな感じで段階踏みます。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
僕のケースだと 1.テープ起こし(偉い先生と偉い作家さんが話した内容を文字に起こす) 2.構成(偉い先生と偉い作家さんが話した内容を文字に起こし、記事に使えるようにする) 3.注釈(偉い先生と偉い作家さんが話した内容をまとめた記事に注釈を付けたり、キャプションをつけたりする)
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
5.インタビュー(偉い先生や偉い作家さんにお話を聞きに言って話をまとめる) 6.ルポ(上と似たような感じだがやや主観が入る。「そこで私はこの疑問を実際に○○先生にぶつけてみることにした」) 7.書評(偉い先生や偉い作家さんについてなんか書く)
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
8.ムック編集(偉い先生や作家さんについての対談やインタビューや書評が載った本がまるごと一冊できあがるまでがんばる。目次を考えたり、原稿を頼んだり、インタビューしにいったりする) と、まあ、だんだん、「誰でも出来る仕事」から、「自分の仕事」になってきてるのがわかると思います。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
で、こんんな風に熟練度というかクエストをこなしておくと、「こいつもそここ文章書けるし、そう簡単に逃げたりもしなさそだし、一回ぐらいやらせてみるか」というフラグが立って、晴れて「コネデビュー」となるわけです。まあ、私の場合、評論畑からなのでややレアケースでしょうが……
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
たぶん、ゲーム業界からデビューした人だって、 最初は、誤字脱字のチェックとかだけしていたのが、次第にサブシナリオを書かせてもらえるようになり、つぎにルート一本任せてもらえるようになり、メインルートを担当し、自分の企画でゲームを出し……と段階踏んでいるのはかわらんと思います。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
なので作家としてコネデビューがしたかったら(それは今更、出版業界になんて衰退産業に飛び込もうという酔狂な決断とイコールなわけですが)、どっかのオフ会かサイン会にでも潜り込んで「ライターを目指しているんでテープ起こしの仕事を探しています」とでも頼めばいいんじゃないでしょうか……。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
まあ、もちろん、それだけやっても最終的に小説の仕事が上手いタイミングで回ってくるかどうかは確率なわけですが、それでもまあ、その確率はけっこう高められるので「確率ゲー」「周回ゲー」であっても、「運ゲー」ではないんじゃないのかなぁという感じです。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
俺の知っている中で一番「いわゆる」コネデビューに近いのって、ぶらじま太郎先生『東京忍者』だけど、ぶらじま先生もイデオンやバイファムの広報でちゃんとお仕事されていたという経緯があるからなぁ……。 p-tina.net/novel_illustra…
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
まあ、僕なんて、作家としてもライターとしても評論家としても中途半端なヤツで(まあ、だからこそコネパワーで生きているとも言えるかもしれませんが)、人様に人生指南する資格なんかありゃしませんので、もっとしっかりした方に補足や訂正をして頂ければと思う次第です。私からは以上です。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@MAEZIMAS 僕の『ラプラスの魔』も、まあコネデビューですね。その前にいろんな実績があったからこそ、長編一本まかせてもらえた。
森瀬 繚@『這い寄る混沌』11/15発売 @Molice
僕の場合、大学卒業目前で忙しかったため辞退しましたけど、最初のノベライズ仕事の誘いが舞い込んだのは、ゲーム関連会社で仕事をしていた友人(非社員)からでした。PBM方面でのあれこれの活動はさておき、プロとしてはPC雑誌やムックの仕事をしていた程度で、特に実績もなく。(・,,,・ ) twitter.com/MAEZIMAS/statu…
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
……この世代の方の「特に実績もなく」を鵜呑みにすると酷い目に遭う気がする…… twitter.com/Molice/status/…
海法 紀光 @nk12
@MAEZIMAS 「業界関係者と知り合い」というのが運のように語られてる場合がありますが、そこも頭を使えば運じゃなくて営業、売り込みによって達成できる部分でもありますね(ストーカーにならんように気をつけつつ)。
會川 昇 @nishi_ogi
私がノベライズ小説書き始めた経緯は電子書籍「ガンヘッド合本版」の特典あとがきに詳しく書きましたが、まああれをコネデビューと思うかどうか、是非読んで自分の目で判断してほしいですね(宣伝 RT @maeQ: @MAEZIMAS
日暮茶坊 @chabohig
自分もまさにこのパターン。シナリオの学校とか行ってないし賞も取ってない。キン肉マンで言うところのジェロニモなのでなんとか周りに置いていかれないように頑張っただけ。ウララーッ! twitter.com/maeq/status/78…
前Q(前田久)@パンダになります @maeQ
ライターとして仕事をしていく中で、「そのうち創作もやってみたいです」みたいなことをアピールしていると、たまに「こんな案件あるけどやってみない?」って話がくるんですよ。そこで実績が残せればオッケー、ダメならアウト。人脈でデビューって、それくらいのシンプルな話だと思うけどな。
残りを読む(3)

コメント

@izanamu 2016-09-26 03:22:12
コネってそもそも "conection" の和語化だから何も間違ってないと思います。
超肉級 @muguzuhycahi 2016-09-26 03:53:07
クリエイター系の仕事は「途中でトンズラされる」「締め切りが守れない人」「パクラーである」リスクがあるから、地道な活動を続けてきた実績とかそれを保証するプロとかが居ると安心して頼めるっていうね。で、仕事を受ける側も「依頼者が逃げる」案件がよくあるので結局お互い、信頼できる人の紹介とか「前回やってくれたひと」とかに決めるのはそりゃ当然
Ukat.U @t_UJ 2016-09-26 12:47:25
コネっていうより、インターンから採用とか、バイトを経て入社ってイメージに近いですね。
しりうす @SiriusArc7 2016-09-26 14:33:48
izanamu せめて綴りは正しく書いて欲しかった
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2016-09-26 15:19:07
漫画家は「持ち込みしていて代原デビュー」みたいな「受賞無しでデビュー」の人が居たという話と「同人やってて出版社にスカウトされた」という話を見たことがある。継続してコンスタントにある程度の質の物を完成させ続けているというのが鍵なのかなぁ
しらたま。@フリーライター @siratama_3gou 2016-09-26 16:14:22
ノベル系の専門学校に行ってましたが、プロの編集に短編を読んで貰う批評会がありました。そこで見込みがあると担当ついてデビューもあり得るのですが、見込み無ければ引っかからないですし、編集ついて物になるかもまた別です。あくまで営利活動の一環ですから、利益にならない事はしないですよ。
瑞樹 @mizuki_windlow 2016-09-26 16:21:28
要するに「下積み実績が認められてのデビュー」ってこでしょ?日本語で言うところの「コネ」とは違うと思うなぁ
ねねっとテックダイナー ぶり姫配信中! @nenet_techdiner 2016-09-26 16:49:15
たぶん、コネっていう一般的な認識と文学界のコネは次元がずれてるんでしょうね。 @chijilepan 氏が上で言ってるような差があるのでしょうけれど、自虐も含めコネなんて言ってないで、文字で勝負をしている人たちなんだからキチンとその状況に名前をつけて対応していけばいいのかなと言うものだと思います。(下積みを経て現場力と人脈を得た…とかさ)
Youmy やっぱりねこが好き @Youmyweb 2016-09-26 17:50:58
……いつの間に、賞を取らないとデビューしちゃいけない世の中になったのだろう(゚o゚;;
なすひこ @nasuhiko_ 2016-09-26 18:32:59
血縁的なコネだとよしもとばななのデビュー時のゴシップを思い出します(当時は「吉本」表記)。何しろ父親は高名な評論家で、デビュー作も父親とゆかりある有名評論家に激賞されたという、外から見ればコネ以外の何物にも見えませんでしたから。が、その後ヒット作家になって父上のほうが「ばななのパパ」と冗談交じりに呼ばれてたわけですが。
なすひこ @nasuhiko_ 2016-09-26 18:37:53
言い始めれば現代だと例えば朝吹真理子も血縁に文筆家が山ほどいるわけで、編集者への取っ掛かりといった意味でのコネは勿論あるでしょう。ですがそれだけで継続依頼が来るわけでも、ましてや著作が売れるわけでもありません。読者は関係ないですもの。血縁の部分は文化資本の多寡が大きいと思います。
nakatsu_s @nakatsu_s 2016-09-26 18:38:18
滝本竜彦さんの元奥さんが作家デビューした話は、詳細を知らないんだけど、前島さんあたりはご存知ではないのかな。私の勘違いかもしれないので教えてもらいたいところもありますが。
なすひこ @nasuhiko_ 2016-09-26 18:41:34
そうした古式ゆかしいコネよりも現代は「有名人」、とりわけ有名芸能人という肩書がデビューにもヒットにもモノを言うと思われます。芥川賞の又吉直樹、セクシー女優の紗倉まな等。問題は本業が忙しいのか往々にして一発屋になってしまうことですが。そう言えばKAGEROUってありましたねww
なすひこ @nasuhiko_ 2016-09-26 18:42:55
あ、あとマンガ家の見田竜介は血縁コネは使ってないと思います。ここ、笑うところです。
ES@toge専用 @hituji2222 2016-09-26 18:50:32
「普通に」が難しいんだよねぇ創作は。普通に打ち合わせ出来て、普通に指定された通りに出来る人間がどれだけ居るかっつうと……ライターだけでなく全般で言える話だね。だから顔馴染みで逃げようがない人に振るのは正解。コネ以前にリスク管理の面がある。
なすひこ @nasuhiko_ 2016-09-26 18:53:31
もう少しマシなこと書くと、TRPG系やサブカル評論系は広義のコネデビューしか道はない。だって公募新人賞とかないもの。文學界はちょっと違うし。
なすひこ @nasuhiko_ 2016-09-26 18:57:31
あとマンガ家の多くは賞取ってても受賞前後にアシとか下積みしてるでしょ。広義のマンガ創作技術を学ぶために(同人出身者は知らん)。
なすひこ @nasuhiko_ 2016-09-26 19:03:10
よく考えたら夏目漱石だって編集者とのコネデビューじゃねぇか。公募新人賞ができる前の作家はみんなコネデビューなんだよ。ちゃぶ台返し。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする