0
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
第11回市議会議長会研究フォーラム2日目 課題討議 「監視権を如何に行使すべきか」 コーディネーター 佐々木信夫中央大学経済学部教授 事例報告者 佐賀和樹藤沢市議会副議長 井上直樹和歌山市議会 議運委員長 嶋崎健二 日田市議会議長 さあ、あと一踏ん張り。まずは、席の確保^^;
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
席の確保が無事終了。 公明党坂戸支部7名横並び^^; 9時よりスタートですが、こういうセミナーって2日目人が少なくなっている気がするのは、僕だけでしょうか( ̄^ ̄) pic.twitter.com/7oOWRB8pKK
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
佐々木)改めて議会の監視権を問うまでもないが、それが問われるのは、何か問題があるから。 佐賀)藤沢市議会、議員はどうあるべきか。100条委員会を通じて。藤沢は、神奈川4番目の都市。鈴木市長。 前市長、3000万円の土地、1億8000万で土地開発公社で購入、無道、価値ない土地。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
疑惑話題になっても100条委員会開かれず。 前市長、保証分裂後、オール与党ではない。 改選後真相究明派の議員多く通り、100条委員会開く。 議会内での引っ張り合いあるが、審議へ進む中、やはりおかしい点が浮上。中途半端な追求許されない。 出頭、証言、調査権の発動、罰則規定。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
証人尋問実施。疑惑が深まっていく。 過去の議事録など、手帳なども証拠と資料提出。鑑定評価し直す。 100条委員会結論。不適切な購入、不当。強い措置求める。土地開発公社から買い戻さない、刑事上の責任に対処など。調査経費約400万円。臨時議会報。 pic.twitter.com/BwOr9Q4gSB
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
議員間討議の始まり 必要にかられてだが、初めて行う。 100条委員会からさらなる議会改革へ。 議会基本条例など関心なかったが、改めて進み始めた。 pic.twitter.com/bv4vU67JaC
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
井上) 付属機関への参画と監視機能 徳川御三家紀州藩として発達した和歌山県。 和歌山市議会では付属機関に積極的に参画、そのあり方には論議ある。基本構想、計画を議決事件に。それまでの審議会参加は止めることに。さらに審議会参加審議へ。 pic.twitter.com/mq5xo9Xzft
拡大
拡大
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
概ね法令規定以外は参画しない方向になるが、卸売市場や廃棄物関係は、残したいが、審議会と議会審議整合性取れるかなど課題となった。 ただ今検討中。 pic.twitter.com/yn2z9HoqIT
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
嶋崎)日田市議会、昨年度、地方創生に対する政策提言について。 日田市、666平方メートル人口7万を切った。筑後川、交通の要所。天領。 地方創生まちひとしごと総合戦略作成の委員会に3名の議員参画。 意見を述べるだけではなく、政策提案も。 常任委員会で現状と課題を検討した。 pic.twitter.com/qZloLOt7SV
拡大
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
基本目標、5つの政策を議会主催で市民との意見交換会(議会報告会の際)。 報告会での班別での会議、そして常任委員会で審議、それぞれで提言。 最終提言書は、全協で確認、周知し、広報。 総合戦略、できたアクションプランに、一部組み込まれる。 その方向性を議会報告会で報告。 pic.twitter.com/1wItWVhhR8
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
佐々木)100条委員会、特定の個人攻撃につながる。それをちゃんと生かす要素は? 佐賀)市長派で、市長を守る立場だったが、綿密な調査に基づく追求があったので、気づきにつながたった。 裏付けあることが大切。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
佐々木)付属機関に議員が入る。監視権の行使、メリット、デメリット。 井上)事前に中意味が分かり視察など対応ができる。審議会と議会の整合性。議会が審議会の方針に縛られる。 佐々木)日本の2元代表制、対立の構造は、特殊。その中では、入らない方がいいという風潮。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
佐々木)議会の地方創生に関わる意義 嶋崎)議会が参画するだけではなく、産官学金行言それぞれの積極的な参加を求めていて、議会が取り残される可能性があった。 後からのチェックも議会が担うところがある。 佐々木)団体自治の意思決定、監視者、住民の代表として政策を提案、意見の集約者
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
議会の4つの役割ある。ただ、2元代表制、一般質問、代表質問はどの程度有効か。法律は、あまり期待していない。本来は議員だけで審議すべき。 どの程度有効か? 佐賀)有効、質疑ではできない、提案という部分を含んでいる。多く結果を生んでいる。 井上)有効だが、会派の数がモノを言う。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
嶋崎)有効だが、立法能力、政策能力が問われる。自ら政策提案、政策をつくる力必要。 大分県中津市議会、本会議場で議員間討議している。 佐々木)地方自治法100条に政務活動費位置づけ。本来監視権の生かすための費用。その有効な使い方の事例は。 政務活動費の使途基準や手引き書の見直し
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
不動産鑑定評価に政務活動費使った。 佐々木)中身より、見える化情報公開の話になっているが、政策、立法活動に生かすなどに使う、公共的に使う方向。 議会報告会、工夫必要だが。 嶋崎)政策研究会を立ち上げ、提言を行なっている。 佐賀)ワールドカフェ方式で実施を試行。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
井上)和歌山市議会では行っていない。そこで聴ける意見が本当に民意なのかとう言う事に疑問。 佐々木)第31次地方制度調査会。議長の議会招集権。時期尚早。しかし、通年議会では、そう言う形。通年議会切り札か? 専決処分なくす事いい事だが、通年化しない事での問題感じない。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
事前の質問票 付属機関と監視権の矛盾。監査委員、選択制に、どうか。議会自身の監視を議会がすべきか。 佐賀)市長部局からの報告に、オール議会で対応、理想だが、テーマによっては、そう言う流れできるかもしれない。 井上)19人の最大会派、まずは、会派で。 pic.twitter.com/VcpcsIwQlG
拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
以上でセミナーは終了。 来年の姫路市議会へ引き渡しで閉会式。 pic.twitter.com/ojfHtZKugf
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする